Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN Rd.7 富士 1回目予選速報


 9月に入って、ようやく都心でも熱帯夜が終わりを告げた週末、富士
でフォーミュラニッポン第7戦の予選が行われた。参加車両21台、そ
こには2台のTMSのマシン(#17 D.シュワガー、#18 黒澤琢弥)の姿
はなかった。
 朝のフリー走行では、#56脇坂寿一が1分17秒591でトップタイム。
#64 トム・コロネルが17秒802、#1 本山哲が17秒854と、17秒台に3
台が入る展開となった。300Rが若干濡れていたため、セッションはウ
エット宣言で行われた。
 どんよりとした曇り空から、雨がパラパラと落ちてくるコンディショ
ンの中、なんとか雨も上がりドライのコンディションで午後1時からの
1回目の公式予選が開始された。
 開始10分後では、#56 脇坂が18秒279、#64 トム・コロネルが18秒
443を、#65 光貞秀俊が18秒565をマーク。以下、#6 M.クルムの18
秒619となっていたが、17分を過ぎ、ラップモニターの一番上には、
#1 本山が18秒045を記録。さらに、5周目では17秒875を出した。
さらに6周目で17秒560と朝のセッションで自ら出したタイムはもち
ろん、#56脇坂のセッションのトップタイムも更新。
 20分を経過し、#64 T.コロネルが17秒417のトップタイムをマー
ク。2番手は本山、3番手には#62 P.ダンブレックが17秒604を出
して浮上。以下、#6 クルムの17秒784、#65 光貞が17秒858という
トップ5に。25分後、#5 田中哲也がBコーナー入り口でスピンし、エ
ンジンストールのため動けずセッションは赤旗中断。
#64-#1-#62-#6-#65-#11のトップ6がこの段階での順位。
 残りは13時31分から21分間でのセッションとなった。
 再開後、#56 脇坂が17秒432で2番手に。
 この頃、300Rとストレートで雨が強くなり、ウエットレースの宣言
が出された。
 残り10分、ヘアピンで#12 飯田章がストップしたため、セッション
2度目の赤旗。
  13時45分から残り10分でセッションが再開。
  だが、トップ3はピットから動かない。雨がコースを濡らしているた
め、2回目にかける模様だ。

(1回目予選暫定結果/トップ10)
#64 トム・コロネル       1'17.417
#56 脇坂寿一              1'17.432
#1  本山哲          1'17.560
#62 ピーター・ダンブレック 1'17.604
#6  ミハエル・クルム       1'17.784
#55 金石勝智              1'17.817
#65 光貞秀俊              1'17.858
#11 立川祐路              1'18.216
#14 道上龍                1'18.475
#20 野田英樹              1'18.762
----------------------------------------------------------------------------
---
JCG00146@nifty.ne.jp
竹下 恵一郎




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース