Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN Rd.6:富士SS・ノート

 15時30分、スケジュール通りに、スペシャルステージが開始された。
相変わらず、厚い雲に覆われて、涼しい風が吹いている。

 まず、予選6位の#20影山 正彦がコースイン。

  2周目のタイムは、1'19.938。
  3周目のタイムは、1'18.???(アナウンスが聞き取れず、不明)
  4周目のタイムは、1'18.048。

 4周目のタイムが、これからアタックするドライバーの目標となる。

 続いて、ランキング2位の#19黒澤 琢弥がコースイン。

  2周目のタイムは、1'19.954。#20影山とほぼ同じペース。
  3周目のタイムは、1'18.347
  4周目のタイムは、1'17.475。大幅にタイムを短縮した。

 続いて、#1ノルベルト・フォンタナがタイヤスモークをあげながら
コースイン。

  2周目のタイムは、1'19.660。
  3周目のタイムは、1'18.239。
  4周目のタイムは、1'17.882。#19黒澤のタイムに届かず、暫定2位。

 続いて、今シーズン好調な#11光貞 秀俊がコースイン。

  2周目のタイムは、1'22.145。
  3周目のタイムは、1'18.738。
  4周目のタイムは、1'18.197。タイムが伸びず、暫定4位。

 続いて、#64高木 虎之介がコースイン。

  2周目のタイムは、1'19.282。
  3周目のタイムは、1'18.728。
  4周目のタイムは、1'17.802。#19黒澤のタイムは更新できず暫定2位。
 これで、#19黒澤のフロント・ロウが確定した。

 最後に、予選で圧倒的な速さを見せた#9ペドロ・デ・ラ・ロサがコース
イン。

  2周目のタイムは、1'18.910。
  3周目のタイムは、1'17.629。#64高木のタイムを上回り暫定2位。
  4周目のタイムは、1'17.280。#19黒澤のタイムを抜いて、ポール
 ポジションを獲得した。


 SSは終了し、上位6位のグリッドは、次のように決定した。


  #9ペドロ・デ・ラ・ロサ  1'17.280
  #19黒澤 琢弥       1'17.475
  #64高木 虎之介      1'17.802
  #1ノルベルト・フォンタナ 1'17.882
  #20影山 正彦       1'18.048
  #11光貞 秀俊       1'18.197
----------
 報告:進藤 泰昭(GEA00555)


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース