Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN-Rd.2:もてぎ ドーピング検査実施される

《フォーミュラニッポンニュース》 4月24日

☆ FN-Rd.2:もてぎ ドーピング検査実施される

第2戦の正式結果にも記されているが、22日にツインリンクもてぎで行われた
フォーミュラ・ニッポンの予選終了後、日本自動車連盟(JAF)により、国内4輪
レースとしては初めてとなるドーピング検査が行われた。
オリンピックなどではお馴染みのこの検査。抜き打ちで数名のドライバーに対し
て行われたが、厳格な検査に受けたドライバーはかなり戸惑ったようだ。

JAFモータースポーツ局によると、検査を実施したのは「FIAとFIM(2輪)でアンチ・
ドーピングの共同声明を出すなど国際的な流れであることと、日本人ドライバー
も海外へ出る機会が多くなったので検査に慣れてもらいたい」という理由からと
のこと。
実際、昨年のFIAイベントで日本人ドライバーが陽性反応となった事実もある。

2輪レースでは昨年から行っており、今後ドライバーやライダーはスポーツ選手
として、ドーピングに対しての知識や認識をきちんと持つ必要があるようだ。 


          /*** FMOTOR4 山川 順治/SDI00976(RIJ) ***/


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース