Archives

  • [—]2020 (99)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN Fuji Rd.7 予選2回目速報

 1回目の予選での赤旗から、当初の14時35分からの2回目の予選が
シビックインターカップの予選を挟んで、10分間遅れての進行となった。
コース上には雨が落ちているため、セッションはウエット宣言で行わる
こととなった。
 低く曇がたれこめた空模様で、背後の山並みはすっかり雲に覆われて
いる。
 #19 影山正美がまずはコースイン。1分48秒757というタイムをラッ
プモニターに提示したのは8分後。#9 R.ファーマンはコースを1周し
た後、ピットに戻る。9分後、#3 川本篤が43秒440を出すが、この2
台のみのタイムしか掲示されない。10分経過でようやく#19 影山正美が
39秒841、#12 飯田章が2分03秒台のタイム。#3 川本は38秒799を出
し、#19 正美が34秒981を出す。13分後、#19 正美が32秒744、#3 川
本が34秒831と2台だけがタイムを更新する。
 15分後、#19正美が30秒115、#3 川本、#9 ファーマンが35秒415、
#20 野田英樹が1分46秒台、#12 飯田が2分03秒台のタイムを刻んで
いるだけだ。
 20分後、#20 野田英樹がヘアピンでスピン。雨の降り方が多くなり、
コースコンディションは1回目よりも悪くなっているようだ。
 25分後、コース上からはマシンが姿を消してしまった。
  セッション終了間近に、#6 クルムが34秒908を記録、#55 金石も
51秒391を記録。9台のマシンの記録だけが2回目のセッションで
残された。

(予選暫定結果)
#64 トム・コロネル       1'17.417
#56 脇坂寿一              1'17.432
# 1 本山哲          1'17.560
#62 ピーター・ダンブレック 1'17.604
# 6 ミハエル・クルム       1'17.784
#55 金石勝智              1'17.817
#65 光貞秀俊              1'17.858
#11 立川祐路              1'18.216
#14 道上龍                1'18.475
#20 野田英樹              1'18.762
# 2 山西康司              1'18.915
#19 影山正美              1'18.992
#10 加藤寛規              1'19.007
#12 飯田章                1'19.046
# 5 田中哲也              1'19.276
# 9 ラルフ・ファーマン     1'19.369
# 3 川本篤                1'19.415
#15 影山正彦              1'19.734
#68 ルベン・デルフラー     1'19.778
#63 柴原真介              1'21.978



----------------------------------------------------------------------------
---
JCG00146@nifty.ne.jp
竹下 恵一郎




トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース