Archives

  • [—]2020 (93)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

FN もてぎ 予選レポート(速報)


 2年目の開催となったもてぎのフォーミュラニッポン。今年は第4戦として
6月中旬のイベントとなった。
 梅雨時の不安定な気候が心配されたが、午前中の公式練習は曇りながら、ド
ライ。24台が出走し、#11野田 英樹が24周目の最後に出した1'35.913がベスト
タイムとなった。

 午後1時10分からの公式予選も、曇り空で各車コースイン。
#1影山正美が真っ先にコースインし、2周目は1'47.922からスタートする。3
周目には1'38.119とまずは38秒台に入れる。そして、#7N.フォンタナが38秒
054でトップに立つ。しかし、4周目に#1影山 正美が37秒176と37秒台に。37
秒台に入れてきたのは、#65T.コロネルの4周目の37秒828、さらに#19黒澤琢
弥も5周目で37秒292、そして#55金石勝智も4周目に37秒260、#5M.グーセン
も37秒266、#64山西康司も5周目に37秒257と更新。だが、6周目に#11野田が
36秒台のタイムを叩きだした。


 10分経過の段階では、
#11 野田 英樹          1'36.941
#65  T.コロネル         1'37.828
# 5  M.グーセン         1'37.028
# 8  本山 哲            1'37.144
# 1  影山 正美           1'37.176
#64  山西 康司           1'37.257
#55  金石 勝智           1'37.260
#19  黒澤 琢弥      1'37.292
# 7  N.フォンタナ       1'37.358
#14  道上 龍             1'37.485


 その後、各車はさらにタイムアップを続け、36秒台での攻防となってくる。
 9周から10周目でのタイムが1回目の山場となった模様だ。 
 20分後には、以下のトップ6となる。

# 7  N.フォンタナ       1'36.136
#11 野田 英樹          1'36.265
#65  T.コロネル         1'36.576
# 8  本山 哲            1'36.899
#19  黒澤 琢弥      1'36.932
#64  山西 康司           1'36.938

 30分近く経過した15周目にこの均衡を破ったのが#11 野田 英樹で、
35秒台の1'35.558に突入した。
 30分後には以下のオーダーとなった。

#11 野田 英樹          1'35.558
# 7  N.フォンタナ       1'36.136
# 5  M.グーセン         1'36.263
#65  T.コロネル         1'36.445
#55  金石 勝智           1'36.510
#19  黒澤 琢弥      1'36.530


 残り20分近く、#65T.コロネルが野田に続いて35秒台をマーク。

#11 野田 英樹          1'35.558
#65  T.コロネル         1'35.959
# 7  N.フォンタナ       1'36.112
# 5  M.グーセン         1'36.263
#18 立川 祐路           1'36.340
# 1  影山 正美      1'36.382

  残り20分を切り、#18立川はさらに自己ベストタイムを更新し、36秒165の4位に。
 ピットレーン入り口の手前でマシンを止めてしまったのは#1影山正美だった。
 残り15分、#19黒澤琢弥は35秒901を22周目に出し、一挙に2位に浮上する。

 残り10分となった段階では、#18立川が18周目に、同タイムを#5グーセンが出すが、
#18立川の方が、先に出していたため上位となった。

#11 野田 英樹          1'35.558
#19 黒澤 琢弥           1'35.901
#65  T.コロネル         1'35.959
# 7  N.フォンタナ       1'36.112
#18 立川 祐路           1'36.165
# 5  M.グーセン         1'36.165

 残り9分で、#7フォンタナが17周目に35秒671を出し、さらに18周目には35秒604
まで上げる。残り5分、#8本山が35秒821と4位に浮上し、トップ6は35秒台となっ
た。残り3分、#64山西康司が35秒678をマーク。3位に割って入る。
 残り2分、今度は#56脇坂寿一が23周目で35秒802を出し、トップ6に滑り込む。
 チェッカーが出た後に、#11野田がさらにベストラップを出し、35秒446とした。

(公式予選、暫定結果)
----------------------------------------------------------------
#11 野田 英樹          1'35.446
# 7  N.フォンタナ       1'35.604
#64  山西 康司           1'35.678
# 5  M.グーセン         1'35.722
#65  T.コロネル         1'35.772
#56 脇坂 寿一           1'35.802

# 8  本山 哲            1'35.821
#19  黒澤 琢弥      1'35.901
#18 立川 祐路           1'36.058
#55  金石  勝智           1'36.274
                ・
        ・
        ・


(正式結果は後ほど掲載される予定です)

***JCG00146  竹下 恵一郎//KEIICHIRO TAKESHITA***


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース