Archives

  • [—]2020 (102)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3_Rd5:SPEEDMASTER SKILLSPEEDリリース

(このリリースは未掲載だったものを載せています)

      全日本F3選手権シリーズ第5戦 富士スピードウェイ
                6月5日/土曜日
                 公式予選
                  
           『2列目から優勝を狙う』
        伊藤大輔(スピードマスターF399ホンダ無限)
           フリー走行3番手/予選4位

 快晴に恵まれた全日本F3選手権第5戦は、再び富士スピードウェイに戻っ
てきた 。ペースに乗り切れず予選7番手、決勝7位という苦渋を味わったあ
の第3戦から1ヶ月ぶりの富士、前戦美祢ラウンドで得た表彰台の勢いをその
ままキープし、リベンジ気分で富士に乗り込んできたわけだ。ここ数戦トヨタ
勢の猛攻を受け厳しい戦いを強いられてきたが、前戦から今回までのインター
バルでマシンにモディファイパーツを加えその効果が注目された。
 今回は金曜日から走りはじめたのだが、午前4番手、午後2番手という結果
を残しまずまずの手応えを得ていた。加えた改造パーツの方向性も正しかった
ことも確認できた。タイム差もトップのフィリップ選手に対して1000分の
2秒差まで迫り、条件さえ揃えばポールポジションを狙える仕上がりを見せて
いたのだ。土曜日に入り、朝のフリー走行においてもスピードマスター
F397ホンダを操る伊藤大輔は、好調を維持していた。トップのビルタネン
選手から遅れることコンマ2秒だが、結果表で伊藤の前後のドライバーたちは
富士ならではのスリップストリームを利用してのタイム。伊藤自身はストレー
トラインスピード向上に有益なスリップストリームに頼らず単独走行で出した
タイムだ。ここは予選でベストなタイミングを見定めて、いっきに勝負を畳み
かけたいところだった。
 そうして迎えた公式予選。上位陣はセッションが開始して10分ほどしてか
らコースイン。その時点のトップタイムはマニング選手の1分27秒777。
そのマニング選手はさらにタイムを更新していくが、伊藤はコースイン3周目
に28秒フラットをマークして3番手に浮上しながらその差を詰めていく。5
週目、フィリップ選手の背後に迫りスリップストリームを活用したものの、ス
トレードエンドで思い通りのラインを走行することができず27秒998を
マークしたものの、今ひとつタイムが伸ばすことができなかった。その後、
チームではピットインさせ、残り5分でニュータイヤに履き替え最後のアタッ
クに送り出した。
 懸命にアタックを繰り返す伊藤であったが、最後のひと絞りが出ない歯がゆ
い数分が続く。その間に巧みにスリップストリームのタイミングをつかんだ松
田選手がタイムを更新、3番手に浮上した。一方、伊藤は周囲にスリップスト
リームを有効に使えそうなマシンも現れず、最後のラップは単独での走行と
なってしまった。渾身の力を振り絞ってアタックした伊藤だったが、タイムは
27秒942。わずかに更新したにすぎず4番手にとどまった。
 好調を維持しポールを取れる力があっただけに、4番手という結果は残念。
しかし、富士のレースでは2列目スタートのドライバーにとっても充分優勝を
狙えるチャンスがあることは知っている。だからこの結果には悲観してはいな
い。明日の決勝は、まさに空中戦の如く、激しいものとなるのは必至だが、
チャンスをつかんで連続表彰台、それも前戦よりひとつ上の段を露骨に狙って
いく。

■公式結果(トップ10)
1:D・マニング   1分27秒217 F399/トヨタ TOM'S
2:S・フィリップ  1分27秒693 F399/無限  INGING
3:松田 次生    1分27秒755 F399/無限 NAKAJIMA HONDA
4:伊藤 大輔    1分27秒942 F399/無限 SPEEDMASTER SKILLSPEED
5:R・ビルタネン  1分27秒994 F399/トヨタ TEAM 5 ZIGEN
6:荒  聖治    1分28秒154 F399/トヨタ TOM'S
7:谷川 達也    1分28秒163 F399/トヨタ PAL SPORT
8:W・エブラヒム  1分28秒325 F399/無限  TODA RACING
9:黒澤 治樹    1分28秒460 F399/無限  LIAN RACING TEAM
10:金石 年弘    1分28秒478 F399/無限  DOME CO LTD

伊藤大輔:「フィリップのスリップを使えた時、もらった! と思いましたが、
ストレートエンドで少しマシンを寄せてきた。その結果、ブレーキングに集中
できずタイムをロスさせてしまった。マシンも午前の仕様と比較するとやや
オーバーステアが出ていて、理想のドライビングをすることができなかった。
なんとか自分を合わせて走ろうとベストを尽くしたんだけど、最後まで乗りこ
なせなかった。自分としては今の仕様でスリップストリームを使わない限りあ
れ以上のタイムは出せなかった。今回はポールにこだわっていただけに、取れ
なかったのは残念だけど、前の富士の時は4列目スタートだったことを考える
と、大きな進歩。チームの努力でマシンの特性を変えて、戦闘力も上がってい
る。予選では負けたけど、明日の決勝では充分チャンスがあるのでじっくりと
前の二人を料理できるよう頑張ります」

百田義弘チーム監督:「ややオーバーステア傾向になったのは意図通りのこと
で、決勝前にどうしても試してみたかったこと。この仕様で フィリップ選手 
のスリップストリームを有効に使いきることができなかったのは残念でした。
富士に来る前に製作した対策パーツの狙いも外れておらず、伊藤もうまくその
新しい仕様のマシンを操ってくれている。4番手というポジションは富士では
まったく問題ない。今から午前の仕様でいくか、または午後のものでいくか伊
藤と話し合い決めます。どちらの仕様でいったとしても、明日は序盤戦から前
の2台に絡んでいくことができれば勝算あると、私は考えています」

深尾栄一チームマネージャー:「明日は熾烈な戦いとなるでしょうが、その中
で伊藤が最後までどんな戦いをしてくれるか楽しみですね。富士はシンプルな
レイアウト故に、その駆け引きがとても難しい。マシンの仕上がりもよく、伊
藤のテンションも高い。ここは伊藤にすべて託す、そんな気持ちで送り出した
い。現在、シリーズ4位ですが同ポイントで他に2名います。また、シリーズ
2番手との差も大きくないので、明日のレースでいっきにシリーズ上位に躍り
出たいですね」

----------------------------------------------------------------------
        全日本F3選手権シリーズ  第5戦富士スピードウェイ
                     6月6日/日曜日決勝レース

           『ベストスタートも実らなかったものの、6位入賞』
   伊藤大輔(スピードマスターF399ホンダ無限)予選4番手/決勝6位

 久しぶりの2列目スタートとなった今回の富士ラウンド、やはり前の方のグ
リッドは見晴らしがいい。前の2台の向こうに表彰台の頂点が見えているんだ
から、それも当たり前か。グリッドに並んでいると、フェンス脇から、4万人
(実は4人だけど)の観客から「大ちゃん」の声援を必死に送ってくれる方も
いて、気分はいやがおうでも盛り上がる。入念な打ち合わせの結果導き出した
セッティングにも、迷いはなし。伊藤のモチベーションも充実。 ここはいっ 
きに、勝負をかけたいところだった。
 ところが現実はそうは甘くなかった。前置きが長い時は、寂しい結果に終
わっている傾向にあることをレポートを目にしている方々はすでに気がついて
いると思うが、実はそのとおり、コース上で伊藤は今回も苦戦を強いられたの
である。スタートこそベストなタイミングでクラッチミート、そして加速して
いき、3番手に浮上。前を行くマニング選手とフィリップ選手に肉迫した。し
かし、1周目の最終コーナー手前のBコーナー立ち上がりで後ろの松田選手に
スリップストリームにつかれてしまう。しかし、これは富士ではよくあるシー
ン、スリップストリームを使いながらトップグループについていき終盤に勝負
をかければよかった。そう思ったのもこの周までだった。
 松田選手が伊藤のスリップストリームから抜け出してくると、そのさらに後
ろから荒選手も2台のスリップストリームから抜け出しいっきに1コーナーで
松田選手、そして伊藤を抜き去ってしまった。前のグループに食らいつこうと
する伊藤だが、そのペースについていけない。逆に後方から追い上げてきたビ
ルタネン選手の追撃をくらい、中盤戦までに6番手にドロップしてしまった。
それでも必死に追いすがる伊藤の存在を無視するかのように、前のグループは
逃げていってしまうのであった。結局、単独で6番手となった伊藤は、そのま
まの順位でフィニッシュ。チームの思惑とはまったく裏腹の展開のまま、レー
スは終わってしまった。
 色々とマシンを改良し続け、進化も確認してきたわけだが、その進化のス
ピードがまだついていけていないことが露呈されてしまった。次はホームグラ
ウンドの鈴鹿だ。なんとかライバルたちに一矢報いたい。特に今回表彰台を独
占したトヨタ勢に対して。

■決勝結果(トップ10)所要時間(タイム差) ベストラップ チーム名
1:D・マニング 31分09秒732 1分28秒453 TOM'S
2:S・フィリップ   02秒104 1分28秒566 INGING
3:荒  聖治     04秒131 1分28秒771 TOM'S
4:松田 次生     09秒178 1分28秒860 NAKAJIMA HONDA
5:R・ビルタネン   10秒973 1分28秒916 TEAM 5 ZIGEN
6:伊藤 大輔     14秒108 1分28秒934 SPEEDMASTER SKILLSPEED
7:金石 年弘     15秒374 1分29秒154 DOME CO LTD
8:井上 智之     25秒895 1分29秒380 TOM'S
9:W・エブラヒム   26秒025 1分29秒369 TODA RACING
10:谷川 達也     26秒521 1分29秒563 PAL SPORT

伊藤大輔:「全力を尽くしたけれど、ついていけなかった。低く見積もってい
るつもりはありませんが、最終コーナーでビルタネンが目の前でミスし、自分
はきれいにまとめてもスリップストリームに入ることすらできなかった。エン
ジンを含めたマシンのトータルバランスについては今回の富士で 確かに良く 
はなっているけど、まだ足りない。序盤戦はスリップストリームの駆け引きか
ら順位を上げるチャンスもあったけど、うまくいかなかったのも最後まで響い
てしまった。そんな中必死についていこうとして無理をして、ミスしてしまう
こともあり、自分のリズムも崩してしまったのも反省点として残りました」

百田義弘チーム監督:「結果として前回のレースと同じような展開になってし
まった。ピットでモニターを観ていると、彼のゲームメイクの未熟さも観られ
たが、それは彼に改善していってもらうとして、マシンの戦闘力をもっと上げ
ないといけない。次のインターバルの間に徹底的にマシンを煮詰めます」

深尾栄一チームマネージャー:「正直、総合的にみて表彰台はかたいなんて
思っていましたが、甘かったですね。まだまだ、やるべきことが多いことを思
い知りました。次は久しぶりの鈴鹿です。伊藤にとってもチームにとっても、
ホームグラウンドですから格好悪いレースはできませんね。それまで約1ヶ月
のインターバルにチームの総合力としてなにが欠けているのか徹底的に見つめ
直し、ひとつひとつ修正させて臨みたい」

NEXT ROUND 7月4日 全日本F3選手権第6戦 鈴鹿サーキット


情報提供:SPEEDMASTER SKILLSPEED
     スピードマスターレーシング事務局
     http://www.speedmaster.co.jp


        *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.ne.jp) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース