Archives

  • [—]2019 (406)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3_Rd.6:鈴鹿F3決勝Report

    金石の粘りは実らず、マニング開幕戦の借りを返し5連勝!

 鈴鹿サーキット上空は、また雲が垂れ込めてきた。
 スタートはPP#1マニングが首位を守り、早くも1周目から2位#55金石との
差を開く。この1周目の速さがマニングの強さの秘訣でもありそうだ。

 1周目 #1マニング-(1.1秒)-#55金石-#64松田-#77伊藤-#87メディアーニ-#9谷川
 2周目 #1マニング-(0.9秒)-#55金石-#64松田-#77伊藤-#87メディアーニ-#17黒澤
 3周目 #1マニング-(0.8秒)-#55金石-#64松田-#77伊藤-#87メディアーニ-#17黒澤
       #55金石がベストラップを更新しながら#1マニングとの差を詰めている
 4周目 #1マニング-(1.1秒)-#55金石-#64松田-#77伊藤-#87メディアーニ-#17黒澤
       トップ争いのバトル期待をしたら#1マニングがすかさずペースアップ
 5周目 #1マニング-(1.1秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
 6周目 #1マニング-(1.4秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
 7周目 #1マニング-(1.4秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
 8周目 #1マニング-(1.2秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
 9周目 #1マニング-(1.3秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
10周目 #1マニング-(1.4秒)-#55金石-(3.7)-#64松田-(0.8)-#77伊藤-(9.9)-#87メディア 
       ーニ-(0.4)-#17黒澤  トップ2車はつかず離れずといったところ
11周目 #1マニング-(1.7秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
       #77伊藤が#64松田に迫っている
12周目 #1マニング-(1.7秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#87メディアーニ-#17黒澤
       #17黒澤が1コーナーで#87メディアーニをパス!#87メディアーニはさらに#3フィ
       リップに追い立てられる
13周目 #1マニング-(1.5秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#17黒澤-#87メディアーニ
14周目 #1マニング-(1.8秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#17黒澤-#87メディアーニ
15周目 #1マニング-(1.1秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#17黒澤-#87メディアーニ
       トップ2の差一気に縮まる
16周目 #1マニング-(0.9秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#17黒澤-#87メディアーニ
FINISH #1マニング-(0.8秒)-#55金石---#64松田-#77伊藤---#17黒澤-#87メディアーニ

 最後まで#55金石が#1マニングを追いかけたが届かず。#1マニングが5連続ポ
ールtoウィンを飾り、今年唯一勝ちを逃した開幕戦鈴鹿での借りを返した。
 このままだと次戦SUGOでチャンピオンが決定する可能性が高い。
 2位金石は「スタートでミスしたのが痛かった」。#64松田も「悔しい」3位。

■決勝結果(暫定)
P--No.Driver----------Car------------------Lap-GoalTime-
 1  1 D.マニング      DallaraF399/3S-GE    17  34'45.983
 2 55 金石  年弘      DallaraF399/MF204B   17  -   0.862
 4 64 松田  次生      DallaraF399/MF204B   17  -   5.573
 3 77 伊藤  大輔      DallaraF399/MF204B   17  -   6.207
 9 17 黒澤  治樹      DallaraF399/MF204B   17  -  25.115
 7 87 M.メディアーニ  DallaraF399/4G93     17  -  28.014
11  3 S.フィリップ    DallaraF399/3S-GE    17  -  28.211
 8  7 荒  聖治        DallaraF399/3S-GE    17  -  30.145
 5  9 谷川  達也      DallaraF399/3S-GE    17  -  31.076
 6  2 W.エブラヒム    DallaraF399/MF204B   17  -  44.384
14 33 小早川受黎      DallaraF399/3S-GE    17  -1'01.336
12  8 井上  智之      DallaraF399/3S-GE    17  -1'02.036
16  5 滑川  健        DallaraF397/3S-GE    17  -1'36.414
13 18 密山  祥吾      DallaraF399/4G93     16  -   1 Lap
10 16 五味  康隆      DallaraF399/3S-GE    14  -   3 Laps
15 71 内山  清士      DallaraF399/3S-GE    13  -   4 Laps
17  4 P.バン・スクートDallaraF397改3S-GE   10  -   7 Laps
18  6 中嶋  廣高      DallaraF398/3S-GE     6  -  11 Laps
----------------------------------------------------------
Fastest Lap #1 D.マニング  2'02.086

    *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685@nifty.ne.jp) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース