Archives

  • [—]2021 (4)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3_Rd.6:鈴鹿F3決勝レポート

   スタートを制したダンブレック4勝目!舘2位でトムス1-2!

 気温も上昇してきた午前11時10分。17周のレースがスタート。
 2列目に並んだ#1ダンブレック、#7舘のトムスコンビがスタートで好ダッ
シュ。やや出遅れたフロントローの#77伊藤、#金石がこれに続く。
 トップ2台は3位以下を徐々に引き離していく。

●5周終了時(Top10)
# 1 P.ダンブレック Dallara F398/3S-GE
# 7 舘  信吾       Dallara F398/3S-GE      -  1.2
#77 伊藤 大輔      Dallara F397/MF204B     -  4.4
#55 金石 年弘      Dallara F398/MF204B     -  4.6
# 2 加藤 寛規      Dallara F398/MF204B     -  6.9
#17 黒澤 治樹      Dallara F397/MF204B     -  8.6
#39 徳田  照幸     Dallara F395改/3S-G     - 11.6
# 4 S.マルティノ   Dallara F397/3S-GE      - 14.0
# 9 谷川 達也      Dallara F397/3S-GE      - 14.8
#33 井出 有治      Dallara F396/3S-GE      - 15.7

 2位#7舘はトップ#1ダンブレックをぴったりとマーク。しかし、差が少し
縮まると、#1ダンブレックがファステストラップを叩き出すという繰り返しで
間隔は変わらず。

 10周目、盛んに3位の座を窺っていた#55金石が、#77伊藤を1コーナー進
入でアウトから攻略して3位に浮上。

●10周終了時(Top10)
# 1 P.ダンブレック Dallara F398/3S-GE
# 7 舘  信吾       Dallara F398/3S-GE      -  1.2
#55 金石 年弘      Dallara F398/MF204B     -  5.4
#77 伊藤 大輔      Dallara F397/MF204B     -  6.0
# 2 加藤 寛規      Dallara F398/MF204B     -  9.5
#17 黒澤 治樹      Dallara F397/MF204B     - 11.1
#39 徳田  照幸     Dallara F395改/3S-G     - 16.3
# 4 S.マルティノ   Dallara F397/3S-GE      - 17.1
# 9 谷川 達也      Dallara F397/3S-GE      - 20.3
#33 井出 有治      Dallara F396/3S-GE      - ??.?

 勢いに乗る#55金石は、11周目ファステストラップ(2'4.140)をマークし
て追い上げるが、#1ダンブレックも13周目にファステストを塗り替えて応酬。
2位#7舘も引き離されており、ダンブレックの壁はやはり厚い。

 15周目、4位に落ちた#77伊藤が意地のファステストラップ(2'04.019)。
トップ3の差は等間隔になり、順位変動は望めそうもない。

 結局誰もダンブレックを脅かすまでには至らず。「スタートがとても良かった。
あとはレースをコントロールするだけだった」と余裕のコメントを残したシリー
ズリーダーの#1ダンブレックが4勝目。チームメイト#7舘が2位。#55金石
が初の表彰台を得た。

●レース結果(Top10 暫定)
# 1 P.ダンブレック Dallara F398/3S-GE
# 7 舘  信吾       Dallara F398/3S-GE      -  1.3
#55 金石 年弘      Dallara F398/MF204B     -  3.9
#77 伊藤 大輔      Dallara F397/MF204B     -  4.7
# 2 加藤 寛規      Dallara F398/MF204B     - 14.1
#17 黒澤 治樹      Dallara F397/MF204B     - 15.1
#39 徳田  照幸     Dallara F395改/3S-G     - 19.7
# 4 S.マルティノ   Dallara F397/3S-GE      - 24.7
# 9 谷川 達也      Dallara F397/3S-GE      - 28.6
#25 長島 正興      Dallara F397/3S-GE      - 30.2


             *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース