Archives

  • [—]2020 (195)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3_Rd.6:鈴鹿F3予選Report

     またもマニング!超短い予選を制し5連続ポール!

 F3の焦点は、4連続のポール・トゥ・ウィンをきめているマニングを誰が
止めるのかということだが、それは非常に難しそうだ。逆に、マニングがどこ
まで勝ち続けるのかを楽しみに見た方がいいのかもしれない。

 午後2時10分、F3の予選が始まった。
 予選開始頃から空が急に暗くなってきた。

 8分経過 西コースでついに雨が降ってきた。各マシンピットへ。
10分経過 #1マニング(2'01.784)-#55金石-#77伊藤-#64松田-#9谷川-#2エブラヒム

 西コースは本降りとなった。路面が濡れ、これ以上のタイムアップは望めそう
もない。実質10分弱、各車2~3周しただけでタイムアタックは終了となった。

18分経過 #64松田が、ずぶ濡れのコースに果敢に挑んで行ったが、あっけなく
         コースアウト。スポンジバリアに突っ込んでしまった。
        ストレートでも大粒の雨が落ちてきた。

20分経過 #2エブラヒムが大雨の中コースイン。
     しかし、1周もせずにピットイン。とても走れる状態ではないようだ。
29分経過 #2エブラヒム再びコースイン。

 #2エブラヒムを除く全車ピットに張りついたままタイムアップ。
 雨により超短い予選となったが、上位グリッドは有力選手がしっかりと占めた。


               *** FMOTOR4F SysOp 北島滋穂(SDI00685) ***



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース