Archives

  • [—]2020 (137)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3_R7 Sugo 記者会見の要約

F3 第7戦記者会見の要約

B.Treluyer「昨日はポールポジションが取れて自分でもビックリしました。
予選前は自分は速くなかったし、3レースぐらい前から抱えていた問題も
あったんですが、ここに来てエンジンの調子も良くなり、ストレートが伸
びない問題も解決できました。『明日は勝てるかもしれない』と思いました。
ハルキ(#7黒澤治樹)は速いし、タイヤの使い方もうまい。レースでも戦略
を立て、それがうまくいった感じです。初優勝はとても嬉しいです。この
ために来日しましたし、やっと実現できました。英語も苦手なのでコミュ
ニケーションがなかなか取れず、最近取れるようになってきました。来週、
ヨーロッパでのレースもあるのでお土産にしたい。来年か2年後にはFN
に上がりたいので、皆さんの前でドライバーとしての証明ができました」

黒澤治樹「ポールポジションがとれそうだった。クルマのバランスも良か
ったし、SUGOのテストからいろいろ足りない部分を、D.マニング、P.ダ
ンブレックという良い教材が居て、ボクにないものは何かとエンジニアと
話してわかりかけて来たものがあった。予選では、100分の何秒かのレベル
のミスがありました。次はPPとって勝ちたいです」

荒 聖治「予選前のフリー走行は最悪で7番手でしたが、予選はなんとか
3位になれました。悔しい反面ホッとした部分はありました。決勝は、も
っとついて行ってバトルというかレースしたかった。離されそうになり、
ペースカーが出た再スタート後のプッシュでミスしてスピンしそうになっ
たりし、納得いかなかったレースです」

JCG00146@nifty.com 竹下 恵一郎 SUGO





トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース