Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3-Rd.4:第4戦筑波決勝速報レポート

☆ 全日本F3選手権第4戦筑波レポート

トイレルイエ、筑波で完勝!佐藤今季日本人初表彰台!

 7日土曜日、第3戦の予選からわずかなインターバルで、午前11時14分から
行われた第3戦の予選では、第3戦に引き続いてポールポジションに#1ブノ
ワ・トレルイエ、2番手に#3ジェレミー・ドゥフォアと同じ顔ぶれがつけた。
3番手には、#64佐藤晋也が日本人最上位で割って入る形となった。

 8日、日曜日かなり暖かい気候となった午後、予定より15分ほど遅れて1時
45分に20台のマシンはピットを離れた。
 予定より20分ほど遅れ、2時5分に45周のレースはスタート。#1トレルイ
エがイン側から再び好スタートをきめ、1コーナーにトップで入る。2番手に
#3ドゥフォア、3番手に日本人トップの#64佐藤、#0 P.モンティン、#2柳田
真孝のオーダーで1コーナーをクリアする。1周目には#1と#3の間は0.6秒。

2周目にはその差は1秒、3周目には1.4秒差とまたしても#1トレルイエの独
走かと思われた。2秒以上の差をつけていた#1トレルイエだったが、18周目の
第2ヘアピンで#18密山祥吾のマシンがクラッシュし、この排除のために19周
目から3周の間セフティーカーランとなる。これで、トップと2位との差は
まったくなくなり、#3ドゥフォアの巻き返しも期待されたが、リスタートも難
なくきめた#1トレルイエが、45周のレースで4秒以上の大差を付け、筑波で2
戦連続のポールtoウインを果たした。


ウイナートレルイエ選手のコメント
「レースに勝つのは優しい事じゃないですよ。昨日、今日とチャレンジを続け
ました。(シリーズで)18ポイント差をつけたけれど、まだまだ(シリーズタ
イトルの)意識なんてないですよ。SCカーでのリスタートはタイヤを温存し
ていたことがよかったようです。(33周と45周の)周回数の差はそんなにタイ
ヤには負担になりませんでした。コースは昨日よりも滑りやすい状態でしたけ
れどね」

入場者数:13,300人

Report :K.Takeshita 


          /*** FMOTOR4 山川 順治/SDI00976(RIJ) ***/


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース