Archives

  • [—]2020 (101)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3-Rd.3::第3戦筑波決勝レース速報レポート

☆ 全日本F3選手権第3戦筑波決勝レース速報レポート

・トレルイエ、ポール・トゥ・ウィンで今季2勝目!

 午前10時20分から行われた第3戦の予選では、開始5分ほどで#4西宮圭一の
マシンが1コーナーでストップし赤旗。さらに残りわずか3分で第2ヘアピン
で1台がストップするなど2回の赤旗でドライバーのコンセントレーションに
影響を与えたようだった。
 だが、余裕で上位グリッドを得た2台は、ポールポジションに#1ブノワ・ト
レルイエ、2番手にジェレミー・ドゥフォア。さらに3番手にも#17P・サン
ドバーグと今回のF3もグリッドも上位3台が外人勢ということなった。

 午後3時30分、晴天のコンディションの中20台がスタート。今年から土日そ
れぞれで1レースずつ開催されることとなったF3で、今日のレースは32周、
明日は45周となっている。スタートで#1トレルイエがイン側からダッシュを
きめ、1コーナーでトップに立つ。2番手に#3ドゥフォア、3番手に#17サン
ドバーグ、4番手は日本人トップの#19澤圭太と1コーナーをクリア。だが、
第1ヘアピンで#9松永章嗣、#37樋口統也の2台がコースをふさいでストップ。
このため、レースは赤旗で再スタートとなった。

 15時33分2度目のコースイン。今回もスタートは#1トレルイエがきめ、#3
ドゥフォア、#17サンドバーグ、#18密山祥吾と続く。4周目にはトップ#1トレ
ルイエは後続に1.9秒差の大差をつけ、30周を終えてしまう。そして31周目第
2ヘアピンで#2柳田真孝、#33小暮卓史がクラッシュし、1台はガードレール
に乗り上げて止まってしまうとアクシデントとなった。このため、レースは赤
旗で中止。30周時点で終了することとなった。


ウイナー、トレルイエ選手のコメント
「2回目のスタートは赤から青に変わるのに、1~2秒かかって驚いて、ミラ
ーをチェックしたら、グリーンに気づいてあわててスタートした。グッドレー
スだったよ(笑)。トラックはスリッピーで狭いコースだったね。昨日はアンダ
ーステアがひどかったけれど、しっかり直してくれて、ポールも取れた。
明日?同じ様なレースになるんじゃないかな?退屈で長いレースになるだろう
ね(笑)」


Report:K.Takeshita 


          /*** FMOTOR4 山川 順治/SDI00976(RIJ) ***/


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース