Archives

  • [—]2020 (137)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第9戦決勝速報レポート


 ドライコンディションの中、午前9時25分から15分間で行われた第9戦の予選で
は、#1ブノワ・トレルイエが5周目に出した1分49秒670で今回もポールポジション
を獲得。路面温度は40度と気温もかなり高いコンディションだった。2番手には#0
パウロ・モンティン、3番手に#3ジェレミー・ドゥフォアと今回も外人勢3人が指定
席と言えるポジションを得て速さを見せつけた。

 午後1時55分から第9戦のレースは14周でスタート。ポールから#1B.トレルイ
エが好スタートをきめる。そのスタート直後の1コーナーで、#17P.サンドバーグ、
#12井出有治、#8田崎紀彦らがコースアウト。#8田崎はコースに復帰するものの、
#12、#17の2台はここでレースを終えてしまう。後方の混乱を後目に、#1トレルイ
エと#0モンティンは快走。2周で#0P.モンティンに1.0秒の差をつける。だが、今
回はセッティングが完璧ではなかったという#1トレルイエは#0モンティンの追撃を
ふりきることはできず、2台のマッチレースとなった。9周目にはその差は0.6秒、
終盤13周目には0.49秒差でファイナルラップを迎える。だが、パッシィングポイン
トの少ないもてぎでは逆転はならず、今回もトップ4は予選グリッド通りという結
果となった。

ウイナー、#1トレルイエ選手のコメント
「難しいレースだった。セットの合っていないところがあって、トラクションのか
からないコーナーもあった。パウロは速かったしプレッシャーになったよ。明日は
セットをうまく合わせてもっと良いレースをしたいね。6勝目?たしかにシリーズ
の可能性はパウロの2勝や、ジェレミーの1勝と比べて大きくなったし、見えてき
た感じはする。あと3,4つ勝てば手に入ると思う。だけど、それは楽ではないし
パウロも速くなって来ている。鈴鹿、SUGOと好きなサーキットだし、可能性は
あると思う。それにはまず明日のレースだけ今は考えて居る」


                                               Report:JCG00146竹下 恵一郎


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース