Archives

  • [—]2019 (474)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3:第4戦MINE決勝リポート

 レーススタート。周回数は28週。オープニングラップ、レヒナーがトップで1
コーナーに。予選2番手の井出はフィリップにかわされ3位へ。以下、トレルイエ、
荒、黒澤。

 3周目、西澤がスピン、コースに復帰。

 6周目、トップのレヒナーと2位のフィリップの差は0.8秒、さらに1.5秒遅れて
井出。
 
 7周目、レヒナーとフィリップの差は0.4秒。フィリップ追撃開始か。
 
 8周目、西澤が最終コーナーでコースアウト、リタイア。
 
 10週目、レヒナーとフィリップの差は0.5秒と広がる。井出はトップまで2.5秒。
 
 11週目、フィリップが一気にレヒナーに迫る。差は0.1秒。井出もペースアップ
トップまで2秒。以下、トレルイエ、荒、黒澤の順位は変わらず。

 13周目、レヒナー、ペースアップ。フィリップとの差は0.5秒に再び開く。。
 
 15周目山口がコースアウト、リタイア。
 
 18周目、井出がファステストラップ。1:26.162。
 
 19周目、トップと2位は、相変わらず、0.5秒前後。出井以下は2秒前後の等間
隔で仕掛けられる距離ではない。

 25周目、2コーナーで11位を走っていた本庄がコースアウトリタイア。
 
 レース終了。結局上位陣の順位は変わらず。レヒナー、全日本F3初優勝。2
位はフィリップ、3位井出、4位トレルイエ、5位荒、6位治樹、7位高木、8
位佐々木、9位平野、10位五味、11位サトウ、12位蜜山、13位峰尾、1
4位土屋。

 FMOTOR4F Sub-SysOP 大西良徳(yoshinori.ohnishi@nifty.com)



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース