Archives

  • [—]2020 (196)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

F3第8戦レースレポート


 F3 第8戦  決勝レポート

 晴天に恵まれた決勝日、気温はかなり上昇し湿度も高い状態で13時15分から
の決勝レースをむかえた。
 ポールポジションから、#1ピーター・ダンブレックが好スタート。
 2コーナーで#77伊藤大輔がコースアウト。アトウッドカーブでも、#8藤原靖
久がコースアウト。
 オープニングラップは、#1ダンブレック、#7舘信吾、#2加藤寛規、#9谷川達也
#17黒澤治樹、#16ルベン・デルフラー、#55金石年弘、#4セバスチャン・マルティノ
#18ダーレン・マニング、#64松田次生のトップ10のオーダー。

 2周目、トップの#1ダンブレックと#7舘の差は2.0秒。
  #1ダンブレックは1分30秒台のコンスタントな走行でジワジワと#7舘との差を
開く。
  #18ダーレン・マニングに黒旗が提示される。

 5周目で、トップ2の差は3.0秒。
 7周目では4.4秒差まで開いた。

 10周目のオーダーは、#1ダンブレックに5.4秒差で#7舘信吾、0.7秒差で#2加藤
寛規、#9谷川達也、#17黒澤治樹、#16ルベン・デルフラー、#55金石年弘、#64松田
次生、#25長島正興、#61荒聖治のトップ10となった。

 11周目にトップの#1ダンブレックは30秒485までペースを落とし、
 12周目も30秒368。これに対して#7舘は12周目に30秒180、さらに13周目にも
30秒198とペースを上げ、14周目にはトップ2台の差は4.4秒となる。

 だが、15周目にトップの#1ダンブレックが29秒台のラップを刻むと、16周目
には#7舘も29秒930をマークし、17周目にはその差は4.9秒まで広がった。

 終盤、23周目には#25長島がアトウッドカーブでコースアウト。

 25周のレースは、ポールToウインで、またしても強さを見せた#1ピーター・ダ
ンブレックの圧勝となった。
 2位には#7舘、3位は#2加藤が入った。


#1 ピーターダンブレック
「木曜、金曜の午前午後の1時間づつの占有走行から全て順調で、その流れを
維持しながらポールポジションが取れた。スタートも成功し、1周目はハード
プッシュして2位との差を広げて、25周を走り切れた。ハッピーなレースウィ
ークになった」

#7 舘信吾
「木曜金曜とあまりよくなくて、(ダンブレックと)1秒離されていた。予選
までにセットを変えて2位に入ったが、この時点でも0.5秒離されていた。レー
スはスタートで前に出ても、抑えられるとは思わなかった。加藤さんより前で
チェッカーを受けられたのはシリーズを考えると良かった」

#2 加藤寛規
「木金は練習からずっと良かった。それで予選に臨んだけれど、タイミングの
差でフロントローを逃した。決勝はチームの調子も上がってきたけれど、思っ
たほど差が無くて、抜くことができなかった」

***JCG00146  竹下 恵一郎//KEIICHIRO TAKESHITA***

/POST


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース