Archives

  • [—]2021 (16)
  • [+]2020 (461)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (248)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

FUJI 1000km

富士1000km記者会見要約

予選終了後の記者会見のコメント(要約)

LMGTPクラス
#1 TOYOTA GT-One
片山右京「結果ポールポジションで本当に良かった。チームのみんな全スタ
ッフに感謝したいです。前評判でトヨタは楽だろうって言われてましたけど、
日産も一生懸命だしBSもテストしてきたんで、かなりハードにやらなきゃい
けないと思いました。クルマもルマン用し、レースラップはコンマいくつか
の差だし、1回目の予選は行ったらオイル出て、後半にリカバーしました。
午後も、オイルが出たし日差しもあったんで。(1回目と2回目の流れにつ
いては)1回目に本当はもっとクルマのバランスをつくって1回で予選を終
わる予定だったんですが、オイルがいっぱい出ていたんでみんなでクオリフ
ァイしようということで、利男さんに代わってもらって土屋さんにその後、
乗ってもらいました。午後は、BSとNISMOのコンビが来ると予想して戦闘態
勢を取っていました。ダウンフォースを減らして15.9秒がターゲットタイム
だったんですが、シュミレーションは16.5秒だったのでコンマ2秒は速かっ
た。ただ、1コーナーからヘアピン立ち上がりまでオイルが出ていたのと、
太陽がまぶしくて100Rの立ち上がりは誰もいないことを祈って、アクセルを
踏んでいました」
土屋圭市「4周ぐらいしか乗っていないですから決勝で慣れたい(笑)ピット
ストップは向こうに合わせたいし、ルマンみたいな余裕は全くないですよ」

GTSクラスPP
#56CHRYSLER VIVER GTS-R
ビンセント・ボッセ「今日は良い結果だったけれどレースは長いんで…。ザビ
エが良いタイムを出してくれてチームとしても喜んでいる。チームの2台の
クルマがカテゴリーの上位2台なのでレースもこの2台の勝負になりそうだ」
ザビエ・ボンビドー「アタックラップはトラフィックもなくて良いラップだっ
たが、1つ2つのミスがあったからもうちょっと良いタイムが出たと思うが、
満足している。27.1秒が出せると昨日のシュミレーションと合っていた。ビ
ンセントと組んで3回目なので、良いコンビネーションでレースができるだ
ろう」

LMGTクラスPP
#81 STPアドバンタイサンGT3R
松田秀士「朝はちょっとトラブルがあって、走り始めてエンジンを新しいのに
載せ換えてたんですが、コースにオイルがいっぱい出ていてライン上の危ない
ところにあって『誰だ?危ないな』って思ってピットに入ってきたら自分だっ
た(笑)赤旗の原因になって申し訳なかったんですが、気づかなかった。予選
タイヤ履いて出ていったら飛び出したりして、午後は切り替えていったらGT
300で勝てたその流れに戻ったかなと思ってる。タイヤも心配ないので、後は
自分たちのミスがなければいける。是非勝ってルマンにいきたい」

GT500クラスPP
#35 マツモトキヨシ・トムススープラ
山路慎一「僕たちは今回GTで使っているタイヤとクルマと同じ体制で、武士
君に加わってもらって昨日今日とみんなでやってきた結果です。今回初めて予
選担当して昨日から今日にかけては個人的には楽しい時間を過ごしています。
アタックの経験は全くないんで、不安材料もあって様子を見ようと行ったら意
外と良い結果でした。スープラの耐久性は鈴鹿1000kmのデータぐらいしかない
し、気温も低いのでコンディションは楽だと思います。長いスタンスの中での
耐久性を証明したい」
土屋武士「まったく初めてのスープラですが、乗りやすいです! 今回、声を
かけていただいてチャンスと思うんでミスをせずに自分のベストを尽くします。
障害は全くないです。チーム国光で鈴鹿1000km、今回もトムスで乗せていただ
いて自分のベストを尽くすのが大事とわかっています」
-------------------------------------------------------------------
JCG00146 竹下 恵一郎



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース