Archives

  • [—]2019 (427)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

十勝24時間レーススタート

 朝のフリー走行から天候は回復に向かい、路面はドライコンディションとな
り、蒸し暑さを感じるほどの気温と晴天だ。1周のフォーメーションラップの
後の午後3時、十勝24時間レースのスタートが切られた。
 オープニングラップは#32日産プリンス千葉GTRファルケンの竹内浩典がト
ップで、2番手は#10エンドレスアドバンGTRの木下みつひろが続く。3番手
にはGTクラストップの#128MTCIポルシェGT-IIの中田雅久、4番手
は#23プリンス東京フジツボGTRの砂子智彦、5番手にGTクラスの#88コラ
ボレーションドナーゲの松田秀士、6番手は#1日産アルティアGT-Rの和
田久、7番手は#8ダイシンアドバンGTRの大八木信行、8番手は#3 PCJ日
本ポルシェクラブの橋村俊英、9番手はクラス2トップの#20RSオガワAD
VANランサーの細野智行、10番手はBPビスコガンマRX-7の三好正己
のオーダーとなった。
 2周目は、トップと2番手の差は3.3秒。#128MTCIが2位に浮上し、
#10エンドレスは3位、以下#23、#88、#1、#8、#3、#20、#33となった。
 7周目の時点では、トップは#128MTCIに変わり、#32との差は2.3秒。
 だが、8周目にこの#128MTCIはピットストップ。
 #32-#88-#10-#23-#1となり、#128はすぐにピットアウトし6位でコ
ースに復帰する

JCG00146 竹下 恵一郎@十勝



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース