Archives

  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Formula Nippon

フォーミュラニッポンレースレポート

シリーズ名:全日本選手権フォーミュラ・ニッポン
大会名:第4戦・ツインリンクもてぎ
距離: 4.850km×43周
予選:6月13日 曇りのち雨 ・観衆:    8000人(主催者発表)
決勝:6月14日 雨        ・観衆:2万4000人(  同  )

2番手グリッドからスタートのT・コロネル選手、4位入賞で3ポイントゲット
公式予選3番手で初のSS進出を果たした山西康司選手は惜しくもリタイア


 4月19日に三重県の鈴鹿サーキットで開幕した98年全日本選手権フォーミュラ・ニ
ッポン(略称:FN)は、5月17日に第2戦が山口県の美祢サーキットで開催され、
以後はF1GPと同様の2週間インターバルで第3戦・富士スピードウェイ(静岡
県)、そして今回の第4戦とハードスケジュールで転戦が続いてきた。今回の舞台は
栃木県のツインリンクもてぎ。昨年開設された新しいサーキットで、FNレースが開
催されるのも今回が2回目。各チームともにデータが少ないなかでの戦いを強いられ
ているが、我がPIAANAKAJIMA RACINGは、ここツインリンクもて
ぎで事前に行われた公式走行会でトップタイムをマークしており、まさに意気揚々と
サーキット入りした。
 今シーズンのFNは、公式予選が雨に見舞われるケースが多かったが“4度目の正
直”で今回はドライコンディションでのセッションとなった。ここまで雨でリズムを
狂わされることが多かった2人のドライバーも、久々のドライ・アタックを楽しんだ
ようで、今年がFNで2シーズン目となる山西康司選手が3番手、全日本F3チャン
ピオンのタイトルを手土産に今シーズンからFNにステップアップしてきたビッグ・
ルーキーのT・コロネル選手が5番手、で2人揃ってスペシャル・ステージ(SS)
に進出した。特に山西選手の走りは見事。ピットからの指示に応えての“ここ一発”
の速さは、まるで今シーズンからF1GPにステップアップしていった高木虎之介選
手を彷彿させるものがあった。
 しかしドライコンディションも束の間、公式予選終了後には雨が降り始めてしまい、
SSはウェットコンディションで行われることになってしまった。いつものように予
選6番手のドライバーから、1台ずつでタイムアタックしていくSSだが、今回のよ
うに雨に見舞われてしまうと、コンディションの良否が運・不運を左右することがあ
る。2番目にコースインしたコロネル選手は3ラップ目に1分49秒570 とベストラッ
プを更新したが、同じセッティングで臨んだ山西選手がアタックした時点ではコース
のウエットコンディションが幾分悪化していたようで、残念ながら1分51秒台に止ま
ってしまう。結局コロネル選手は2番手、山西選手は5番手から決勝レースにスター
トしていくことになったが、ほぼ思いどおりのドライビングが出来たことで2人のド
ライバーも一安心。日曜日は雨、という天気予報にも表情が曇ることはなかった。ド
ライバーだけでなく、エンジニアリングを支えるチームスタッフにとっても、ここま
で苦労してきたマシンの開発・熟成のメニューが間違ったものでないことも確認でき
たことで、安堵の表情が浮かんでいた。
 明けて日曜日は、予想どおり雨。朝一番のフリー走行で、マシンの最終セッティン
グを確認した2人のドライバーが、インターバルの間に、彼らを一層心強くさせるニ
ュースが伝わってきた。我がチームのメンテナンスで全日本F3選手権に参戦してい
る松田次生選手が、今回のサポートイベントとして開催されたシリーズ第5戦で、見
事初優勝を飾ったのだ。特に山西選手にしてみれば鈴鹿レーシング・スクール(SR
S-F)の後輩ということになり、大いに刺激になったことだろう。
 決勝レースも、やはり雨に見舞われてしまった。コロネル選手がフロントローから、
山西選手が3列目からと、ともに今シーズンのベストポジションからのスタートとな
り、さらに濡れた路面に慎重になりすぎたか、ポジションを幾分落としてコロネル選
手は5番手で、山西選手は7番手でオープニングラップを終えることになったが、そ
こから先のレース内容としてはクッキリと明暗を分けることになった。コロネル選手
は着実な走行を重ね、10周目には一旦6番手にポジションを後退させたものの3周後
には再び5番手に復帰した。なおも着実にラップを重ねていたコロネル選手は、レー
ス後半になってコースコンディションが少しずつ良くなっていったのに合わせるよう
に徐々にペースアップ。ラスト10ラップは毎周のように自己のベストラップを書き換
える猛チャージで、41周目には1分49秒512 という自己のベストラップをマークした
が、これはこの日のファステストラップからコンマ2秒差で2番手の速さ。トップ3
の誰よりも速いペースだった。あとわずか及ばず表彰台は逃したものの、堂々たる4
位入賞で、今シーズン2回目のポイントゲットを果たすことになった。一方、不運だ
ったのは山西選手。7番手と少しポジションを下げてオープニングラップを終えた直
後から追い上げを開始したが、雨足はまだまだ強く、路面のウェットコンディション
も酷かったようで、3周目の最終コーナーでスピンオフ。水分をたっぷりと含んだサ
ンドトラップに捕まった山西選手は残念ながらその場でリタイアとなってしまった。
彼にとっては残念無念な結果となったが、予選でのジャンプアップで好感触をつかん
だのは確か。後はリズムを整え直して次戦、シリーズ前半戦を締めくくる鈴鹿ラウン
ドでの好レースを期待したい。


■PIAA NAKAJIMA RACING総監督 中嶋悟のコメント
「山西選手は、公式予選で速さを見せてくれました。トム・コロネル選手は、粘り強
く走り、4位入賞を果たしてくれました。少しずつですが全体の歯車が噛み合ってき
ました。中盤戦、後半戦に向けしっかりとしたパフォーマンスを発揮できるよう最善
を尽くします。」

※次戦は、7月4日~5日三重県鈴鹿サーキットで開催されます。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース