Archives

  • [—]2020 (45)
  • [+]2019 (579)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久 Rd.7 SuperTEC速報

プリンス千葉GTRが逆転で優勝し、
最終戦を待たずしてシリーズタイトルも決定!

 スーパー耐久第7戦SuperTECの決勝レースは、10日の12時00分
から4時間で行われた。昨日の肌寒い曇り空とはうってかわった秋晴れのコ
ンディションだ。スタート時点の気温は26度、路面温度は35度まで上昇し
ていた。
 ポールポジションの#10エンドレスアドバンGTR(木下みつひろ/土屋武
士組)を先頭にローリングラップからのスタートとなる。だが、スタート直
後のヘアピンでは、今回勝てばシリーズタイトルを自力で手にできる#32日
産プリンス千葉GTRファルケン(竹内浩典/田中哲也組)がトップに立っ
ていた。だが、5周目にはランキング2位でこれを追う#8 ダイシンアドバ
ンGTR(福山英朗/大八木信行組)がトップに立ち、8周目には#1 日産A
LTIA GTR(粕谷俊二/桧井保孝組)がトップを奪うという激しい序盤
の争いとなった。
 13周目の1コーナーで快調にクラス2のトップを総合5番手で走行の
#11 三菱プーマランサーエボVI(木下隆之/中谷明彦組)がエンジントラ
ブルでストップ。また、14周目に2回目のピットインを行ったクラスN
の#39 ウェスティンインテグラ(磯田尚孝/尾本直史組)もエンジントラブ
ルからリタイア。さらに20周目にはクラスNの#25 ADVAN ALT
EZZA(織戸学/土屋圭市組)もエンジントラブルでストップと、相次い
でシリーズランキング上位に名を連ねるマシンが戦線を離脱。そしてクラ
ス1でも31周目に#8 ダイシンアドバンGTRがピットインし、そのまま
ガレージに入れられてしまう。ミッショントラブルからエンジンにまで及
んだトラブルでリタイヤとなる。1時間を超え、45周目で#32プリンス千
葉が1回目のピットストップ。48周目に#23プリンス東京フジツボ・GTR
(砂子智彦/山田英二組)もピットストップを行うが、タイヤバーストから
大きく遅れる。50周目の段階ではまだピットストップをしていない#20R
SオガワADVANランサー(小川日出生/細野智行/伊藤勝一組)がトッ
プ。2番手に#32プリンス千葉、3番手が#1アルティアの順。#10エンド
レスも電気系のトラブルから大きな遅れとなり、47周の走行でリタイヤと
なってしまった。66周目には#1アルティアがオイルポンプのトラブルによ
り長いピットストップ。コース上のスカイラインは#32プリンス千葉と#23
プリンス東京の2台という状況となるが、#1アルティアも復帰。
 2時間経過の段階ではトップの#32プリンス千葉は70周を走行。#9MT
CI座間三菱ランサーARC(市村秀明/川崎俊英組)と#20RSオガワが
同一周回でのクラス2トップの総合2番手争い。4番手にクラス2の#2 ア
イフェル・DL・インプレッサ(渋谷勉/荒川雅彦組)5番手に#23プリンス
東京が挽回してきていた。
 3時間経過では、トップは変わらず#32プリンス千葉が103周を周回。92
周目に2回目のピットストップを終えている。2番手は#20RSオガワ、3
番手は#9MTCI座間三菱ランサーで、4番手は#2 アイフェルインプレッ
サ、5番手は#23プリンス東京。
 残り30分の123周目、#32プリンス千葉が3回目のピットストップで
竹内から田中へ交代。
 600kmを超える4時間のレースを制したのは、これで最終戦を待たず
に自力でシリーズタイトルを獲得した#32プリンス千葉。総合2位には
クラス2の#9MTCI座間三菱ランサー、3位に#20 RSオガワADV
ANランサー、4位は#23プリンス東京、5位は#2 アイフェルインプレ
ッサ、6位は#27 WAKO'S BMWM3(牧口規雄/志村久組)、7
位には#30RSオガワADVANディノ(笠原昌二/武井寛史/切替たか
き組)と続く。8位には#26 エンドレスアドバンGMSランサー(川口
法行/添田正/内堀篤史組)、9位はクラス3の優勝 #14 レーシングスパルコ
FD3S(井田雅彦/長島正明組)、10位は#12ハイエストコミュニケーション
エボ(中村啓/大野尊久/富井豊組)となった。
  クラス2、クラス4は最終戦にチャンピオンは持ち越し。
 クラス3は#33 BPビスコガンマrx-7(三好正巳/村松康生組)、
クラスNは#39 ウェスティンインテグラ(磯田尚孝/尾本直史組)が、ライバ
ルのリタイヤからそれぞれチャンプを決定した。
-------------------------------------------------------------------
暫定結果(トップ10)

P  No  Team                              Lap  Diff
1  #32 日産プリンス千葉GTRファルケン   138  
2  # 9 MTCI座間三菱ランサーARC    138      32.690
3  #20 RSオガワADVANランサー      138    1'05.236 
4  #23 プリンス東京フジツボ・GT-R      137    1Lap
5  #2 アイフェル・DL・インプレッサ          137   1Lap
6  #27 WAKO'S BMW M3                       136    2Laps
7  #30RSオガワADVANディノ            134   4Laps
8  #26 エンドレスアドバンGMSランサー     133   5Laps
9  #14 レーシングスパルコFD3S           132   6Laps
10 #12ハイエストコミュニケーションエボ      132   6Laps

 天候:晴れ
 総入場者数: 6,100人(予選日)
       38,800人(決勝日)
JCG00146@nifty.ne.jp 竹下 恵一郎



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース