アーカイブ

SUPER GT

2016年
11月12日(土)

第3戦もてぎ予選記者会見 ヘイキ・コバライネン「目標はチャンピオンシップ」

GT500クラスポールポジション ヘイッキ・コバライネン(LEXUS TEAM SARD)  「最高のの週末です。レースは午後もあしたもあって目標はチャンピオンを獲得することなのでいいスタートを切れたと思います。ポールからのスタートなのでこのチャンスを逃さないようにしたいです。昨年は苦労しましたが、 […]続きを読む »
2016年
11月12日(土)

第3戦もてぎ公式予選結果

1.ヘイッキ・コバライネン 2.佐々木大樹 3.ニック・キャシディ 4.山本尚貴 5.ベルトラン・バゲット 6.千代勝正 7.武藤英紀 8.関口雄飛 9.松浦孝亮 10.大嶋和也 11.ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 12.松田次生 13.小暮卓史 14.立川祐路 15.平川亮 [...] 続きを読む »
2016年
11月03日(木)

第7戦チャン チームワークが成功させたタイヤ無交換作戦で、タイラウンドも大きくポジションアップ! 最終戦に向けての弾みをつける (Arnage)

 悲願の完走を果たした8月末の鈴鹿1000kmレースから約1ヶ月半のインターバルを経て、第7戦となるのはタイラウンド。チャーン・インターナショナル・サーキットで行われるシリーズ唯一の海外戦である。Arnage Racingはこの海外戦も、安岡選手、凜太郎選手のコンビで臨むことになっていた。チームとし […]続きを読む »
2016年
10月28日(金)

第7戦チャンフォトギャラリー


続きを読む »
2016年
10月10日(月)

第7戦チャン 関口/国本組LEXUS RC Fが圧巻のポール・トゥ・ウィンで初優勝! 大嶋/カルダレッリ組が6番手スタートから3位表彰台獲得 (TOYOTA)

 10月9日(日)タイのチャン・インターナショナル・サーキットでSUPER GT第7戦が行われ、ポールポジションからスタートした関口 雄飛/国本 雄資組 WedsSport ADVAN RC F 19号車が後続を大きく引き離しての独走でレースを支配し、初勝利を挙げた。また、大嶋 和也/アンドレア・カ […]続きを読む »
2016年
10月09日(日)

第7戦チャン WedsSport ADVAN RC Fが歓喜の初優勝!! GT300はVivaC 86 MCが今季初勝利

 2016 AUTOBACS SUPER GT第7戦『BURIRAM SUPER GT RACE』決勝レースが、10月9日、チャン・インターナショナル・サーキット(1周4,554km×66周)で行われた。ポールポジションからスタートしたNo.19 WedsSport ADVAN RC F(関口雄飛/ […]続きを読む »
2016年
10月08日(土)

第7戦チャン公式予選 GT500は関口雄飛/国本雄資組が、GT300は土屋武士/松井孝允組がポールポジション

 AUTOBACS SUPER GT第7戦『BURIRAM SUPER GT RACE』の予選が、10月8日、タイのチャン・インターナショナル・サーキット(1周4554m)で行われた。No.19 WedsSport ADVAN RC Fの関口雄飛/国本雄資組がコースレコードでポールポジション(予選1 […]続きを読む »
2016年
09月23日(金)

第6戦鈴鹿 ODYSSEY SLS、「忘れ物を取りに行こう」を合言葉に、チーム一丸で1000㎞レースの完走を勝ち取る! (Arnage)

 「真夏の三連戦」と呼ばれるシーズン中盤の連戦の最後を飾るのは、今年で45回目を迎える「International SUZUKA 1000km」。走行時間が6時間に及ぶ伝統の耐久レースは、Arnage Racingの地元で行われる唯一のレースで、シーズン最大の山場ともいえる。しかし、Arnage R […]続きを読む »
2016年
09月06日(火)

第6戦鈴鹿1000kmフォトギャラリー


続きを読む »
2016年
08月31日(水)

第6戦鈴鹿決勝 接戦を制した#38ZENT RC Fが今季初勝利! GT300は#61BRZが3年ぶりの優勝

スーパーGT第6戦「インターナショナル鈴鹿1000km」の決勝レースが8月28日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、予選8番手からスタートしたは#38ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明組)が今季初優勝。GT300クラスはピット戦略をうまくまとめた予選2番手の#61SUBARU BRZ […]続きを読む »
2016年
08月30日(火)

第6戦鈴鹿 1000kmレースで立川/石浦組38号車が今季初勝利! 伊藤/キャシディ組36号車が2位に入りLEXUS RC Fが1-2フィニッシュ (TOYOTA)

 SUPER GT第6戦鈴鹿1000kmの決勝レースが鈴鹿サーキットで行われ、立川 祐路/石浦 宏明組 ZENT CERUMO RC F 38号車が今季初勝利。伊藤 大輔/ニック・キャシディ組 au TOM'S RC F 36号車が2位で続き、LEXUS RC Fは3年連続の1000kmレース制覇を […]続きを読む »
2016年
08月30日(火)

第6戦鈴鹿決勝記者会見 石浦「立川さんのファーストスティントを見ていて『そんなにですか?! 挽回どころかトップですけど?』って思いました」。井口「伊勢神宮に行っといてよかったです。五千円あれしたんで」

GT500クラス優勝 #38ZENT CERUMO RC F 立川祐路 率直に、こんなに疲れた1000kmは初めてです。最初から最後までスプリントというか、全開で走り続けて、ものすごく1周1周頑張って走ったレースなんで。自分も疲れてきたんですけど、この勝つチャンスをものにしないといけないと思って必死 […]続きを読む »
2016年
08月28日(日)

第6戦鈴鹿決勝 GT500は#38ZENT RC Fが逃げ切る。GT300は#61BRZが終盤逆転で久々の勝利

スーパーGT第6戦「インターナショナル鈴鹿1000km」の決勝レースは#38ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明組)が最後まで逃げ切って今季初優勝。 GT300クラスはピット戦略をうまくまとめた#61SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝組)がこちらも今 […]続きを読む »
2016年
08月28日(日)

第6戦鈴鹿決勝結果

1.立川/石浦 2.伊藤/キャシディ 3.本山/高星 4.大嶋/カルダレッリ 5.関口/国本 6.松田/クインタレッリ 7.山本/伊沢 8.コバライネン/平手 9.松浦/野尻 10.塚越/小暮 11.中嶋/バゲット 12.佐々木/柳田 13.井口/山内 14.嵯峨/中山 15.クート/富田 16.中山/山田 17.谷口/片岡 18.ライアン/藤井 19.山野/坂本 20.黒澤/蒲生 21 [...] 続きを読む »
2016年
08月28日(日)

第6戦鈴鹿決勝途中経過(750km/130Laps)

1.立川/石浦 2.伊藤/キャシディ 3.本山/高星 4.大嶋/カルダレッリ 5.関口/国本 6.松田/クインタレッリ 7.山本/伊沢 8.コバライネン/平手 9.松浦/野尻 10.塚越/小暮 11.中嶋/バゲット 12.佐々木/柳田 13.中山/山田 14.井口/山内 15.山野/坂本 16.クート/富田 17.嵯峨/中山 18.ライアン/藤井 19.谷口/片岡 20.土屋/松井/山下 [...] 続きを読む »
2016年
08月28日(日)

第6戦鈴鹿決勝 雨に乗じて立川祐路がトップに浮上。GT300クラスはアップガレージ86がトップを快走(750km経過時点)

スーパーGT第6戦「インターナショナル鈴鹿1000km」の決勝は規定周回数の4分の3を消化。トップは依然としてGT500が#38ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明組)、GT300は#18UPGARAGE BANDOH 86(中山友貴/山田真之亮組)。しかし途中38号車に対して黄旗区 […]続きを読む »
2016年
08月28日(日)

第6戦鈴鹿決勝途中経過(500km/87Laps)

1.立川/石浦 2.大嶋/カルダレッリ 3.松田/クインタレッリ 4.塚越/小暮 5.伊藤/キャシディ 6.コバライネン/平手 7.本山/高星 8.関口/国本 9.ロシター/平川 10.山本/伊沢 11.松浦/野尻 12.中嶋/バゲット 13.佐々木/柳田 14.中山/山田 15.谷口/片岡 16.土屋/松井/山下 17.山野/坂本 18.高橋/加藤/牧野 19.黒澤/蒲生 20.ライア [...] 続きを読む »
2016年
08月28日(日)

第6戦鈴鹿決勝 相次ぐ上位陣の脱落でGT500はレクサスの1-2-3に!トップは依然として#38ZENT RC F(500km経過時点)

スーパーGT第6戦「インターナショナル鈴鹿1000km」は規定周回数の半分を消化。 依然としてトップはGT500クラスが#38ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明組)、GT300は#18UPGARAGE BANDOH 86(中山友貴/山田真之亮)だ。 レースもいよいよ中盤に入った。 […]続きを読む »
2016年
08月28日(日)

第6戦鈴鹿決勝途中経過(250km/44Laps)

1.立川/石浦 2.安田/オリベイラ 3.本山/高星 4.関口/国本 5.伊藤/キャシディ 6.武藤/ターベイ 7.大嶋/カルダレッリ 8.塚越/小暮 9.松田/クインタレッリ 10.山本/伊沢 11.松浦/野尻 12.コバライネン/平手 13.ロシター/平川 14.中嶋/バゲット 15.佐々木/柳田 16.中山/山田 17.谷口/片岡 18.平中/ビルドハイム 19.山野/坂本 [...] 続きを読む »
2016年
08月28日(日)

第6戦鈴鹿決勝 序盤トップに立ったのは予選8番手の#38ZENT!!

スーパーGT第6戦「インターナショナル鈴鹿1000km」決勝がスタート。 から250kmを消化した時点では#38ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明組)がトップに立っている。 GT300クラスはポールシッターの#18UPGARAGE BANDOH 86(中山友貴/山田真之亮組)が以前 […]続きを読む »
2016年
08月27日(土)

第6戦鈴鹿予選記者会見 中山友貴「武藤さんが隣にいるのが不思議な感じ」

GT500クラス #15ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT 武藤英紀 7月に鈴鹿で行った合同テストでクルマが非常にいいことはわかっていたので、そのセットを今回持ち込みました。走り始めからペースが良くて、これならポール争いができるかな、と早い段階から手ごたえがありました。そこで公式練習で […]続きを読む »
2016年
08月27日(土)

第6戦鈴鹿公式予選 GT500クラスは 武藤英紀/オリバー・ターベイ組が、GT300クラスは中山友貴/山田真之亮組がポールポジション

オートバックス スーパーGT第6戦「インターナショナル鈴鹿1000kmレース」の公式予選が8月27日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、#15ドラゴ モデューロNSX CONCEPT-GT(武藤英紀/オリバー・ターベイ組)が1’47.456のコースレコードを樹立してチーム初のポールポジションを獲得した […]続きを読む »
2016年
08月27日(土)

第6戦鈴鹿公式予選総合結果

1.武藤/ターベイ 2.本山/高星 3.安田/オリベイラ 4.関口/国本 5.松浦/野尻 6.塚越/小暮 7.佐々木/柳田 8.立川/石浦 9.中嶋/バゲット 10.大嶋/カルダレッリ 11.伊藤/キャシディ 12.松田/クインタレッリ 13.山本/伊沢 14.ロシター/平川 [...] 続きを読む »
2016年
08月27日(土)

第6戦鈴鹿ノックアウト予選Q2結果

1.武藤英紀 2.本山哲 3.安田裕信 4.国本雄資 5.松浦孝亮 6.小暮卓史 7.柳田真孝 8.立川祐路 [...] 続きを読む »
2016年
08月27日(土)

第6戦鈴鹿ノックアウト予選Q1結果

1.オリバー・ターベイ 2.佐々木大樹 3.関口雄飛 4.ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 5.野尻智紀 6.石浦宏明 7.高星明誠 8.塚越広大 9.ベルトラン・バゲット 10.大嶋和也 11.伊藤大輔 12.松田次生 13.伊沢拓也 14.ジェームス・ロシター 15.ヘイッキ・コバライネン [...] 続きを読む »
2016年
08月27日(土)

第6戦鈴鹿公式練習 トップタイムは#15ドラゴモデューロNSX

スーパーGT第6戦「インターナショナル鈴鹿1000km」の公式練習が8月27日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、GT500クラスは#15ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT(武藤英紀/オリバー・ターベイ組)、GT300クラスは#2シンティアム・アップル・ロータス(高橋一穂/加藤寛規/牧野任祐 […]続きを読む »
2016年
08月27日(土)

第6戦鈴鹿公式練習結果

1.武藤/ターベイ 2.山本/伊沢 3.関口/国本 4.本山/高星 5.伊藤/キャシディ 6.立川/石浦 7.ロシター/平川 8.塚越/小暮 9.佐々木/柳田 10.松浦/野尻 11.大嶋/カルダレッリ 12.安田/オリベイラ 13.松田/クインタレッリ 14.コバライネン/平手 15.中嶋/バゲット [...] 続きを読む »
2016年
08月26日(金)

レクサスのGT500ニューモデルはLC500に!! 鈴鹿サーキットで初お披露目

GTアソシエイション(GTA)とLEXUS GAZOO Racingは8月26日、鈴鹿サーキットで記者発表会を行い、来シーズンからSUPER GT GT500クラスに、従来の「RC F」に替えて、2016年1月デトロイトモーターショーで発表した新型ラグジュアリークーペ「LC500」をベースとしたレー […]続きを読む »
2016年
08月24日(水)

第5戦富士フォトギャラリー


続きを読む »
2016年
08月24日(水)

第5戦富士 ODYSSEY SLS、チーム一丸で流れを取り戻し、ポジションアップして16位で完走! 次戦鈴鹿1000㎞に向けて弾みをつける (Arnage)

 悔しいリタイヤを喫した前戦菅生ラウンドから、富士ラウンドまでのインターバルは実質10日間。チームは、慌ただしい短期集中のメンテナンスを行なった。幸い外装パーツには傷みがほとんどなかったため、ガレージではリアバンパーの小さな傷を補修し、折損してしまった左側のドライブシャフトを新しいものに交換した。菅 […]続きを読む »
2016年
08月09日(火)

SUPER GT第5戦富士にてAudi R8 LMSが2位表彰台を獲得 (アウディ)

2016/08/08 ・ Audi Team Hitotsuyamaは予選2位からの快走を見せ、トップと僅差の2位でフィニッシュ ・ Team TAISAN SARDは予選12位から粘り強く走り続け、8位入賞を果たす アウディ ジャパン株式会社(本社:東京都品川区、代表取締役社長:斎藤 徹)は新型A […]続きを読む »
2016年
08月08日(月)

第5戦富士 暑さと波乱のレースでLEXUS RC F勢追い上げ叶わず。伊藤/キャシディ組36号車が最上位5位フィニッシュ (TOYOTA)

 8月7日(日)富士スピードウェイでSUPER GT第5戦の決勝レースが行われた。予選で後方に沈んだLEXUS RC F勢は追い上げを図ったが叶わず、伊藤大輔/ニック・キャシディ組のau TOM'S RC F 36号車が最上位の5位フィニッシュという厳しい結果に終わった。  8月6日(土)、7日(日 […]続きを読む »
2016年
08月07日(日)

第5戦富士優勝会見 安田「クルマ労わって走った」小林「記憶に残るレースになった」

GT500クラス 安田裕信(#12カルソニックIMPUL GT-R)  「今年はポールポジション取りながら結果に結びついていなかったので、久々の優勝は嬉しいですね。まさかのセーフティカーでしたが、リスタート後もJPがプッシュしてマージン築いてくれたので、あとはクルマ、エンジン、タイヤを労わりながら走 […]続きを読む »
2016年
08月07日(日)

第5戦富士決勝 待ちに待った勝利!!#12カルソニックGT-Rが独走で富士500kmの雪辱を果たす。GT300は#55ARTA BMW M6が接戦を制す

不運続きの12号車がついに勝った!!! オートバックス スーパーGT第5戦「富士GT300kmレース」の結晶が8月7日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、ポールポジションからスタートした#12カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組)が後続を大きく突き放し、待 […]続きを読む »
2016年
08月07日(日)

第5戦富士決勝結果

1.安田/オリベイラ 2.塚越/小暮 3.山本/伊沢 4.松田/クインタレッリ 5.伊藤/キャシディ 6.松浦/野尻 7.立川/石浦 8.コバライネン/平手 9.大嶋/カルダレッリ 10.関口/国本 11.中嶋/バゲット 12.ロシター/平川 -.本山/千代 -.佐々木/柳田 -.武藤/ターベイ [...] 続きを読む »
2016年
08月07日(日)

第5戦富士 GTA定例会見 坂東代表「GT300は予備予選導入も」

決勝日朝、GTアソシエイション坂東正明代表による定例の会見が行われた。  今回は周辺道路も若干空いている印象だ。リオ・オリンピックと重なっていることもあるのか、観客の入りが気になる。日本のモータースポーツの核となるスーパーGTシリーズの折り返しとなる1戦だが、イベントのあり方などを再考する必要もある […]続きを読む »
2016年
08月07日(日)

第5戦富士フリー走行 トップタイムは#46S Road GT-R。GT300はPPの#55ARTAがここでもトップ

スーパーGT第5戦「富士GT300kmレース」のフリー走行は#46S Road CRAFTSPORTS GT-R(本山哲/千代勝正組)が1’31.006でトップタイム。 GT300クラスはポールシッターの#55ARTA BMW M6 GT3(高木真一/小林崇志組)が1’38.743をセッション前半に […]続きを読む »
2016年
08月07日(日)

第5戦富士フリー走行結果

1.本山/千代 2.大嶋/カルダレッリ 3.松田/クインタレッリ 4.安田/オリベイラ 5.山本/伊沢 6.塚越/小暮 7.佐々木/柳田 8.伊藤/キャシディ 9.武藤/ターベイ 10.立川/石浦 11.松浦/野尻 12.ロシター/平川 13.関口/国本 14.コバライネン/平手 15.中嶋/バゲット [...] 続きを読む »
2016年
08月06日(土)

第5戦富士公式予選 GT-R勢が他を圧する1-2-3!!#12カルソニックGT-Rが今季2回目のPP獲得

オートバックス スーパーGT第5戦「富士GT300kmレース」の公式予選が8月6日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、#12カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組)が第2戦富士に続いて今季2度目のポールポジションを獲得。さらにGT500クラスは上位3台が全て […]続きを読む »
2016年
08月06日(土)

第5戦富士ポールポジション会見 安田「1号車には負けたくない」高木「先行逃げ切りで15秒稼ぐ」

GT500クラス 安田裕信(#12カルソニックIMPUL GT-R)  「前々回の富士、前回の菅生とチェッカーを受けることができていないので、今回は……という気持ちで臨みました。決してクルマの調子は良いわけではありませんでしたが、Q1では自分なりにベストの走りができたと思います。少しオーバーステア気 […]続きを読む »
2016年
08月06日(土)

第5戦富士公式予選総合結果

1.安田/オリベイラ 2.本山/千代 3.松田/クインタレッリ 4.塚越/小暮 5.武藤/ターベイ 6.佐々木/柳田 7.山本/伊沢 8.関口/国本 9.松浦/野尻 10.伊藤/キャシディ 11.大嶋/カルダレッリ 12.立川/石浦 13.コバライネン/平手 14.中嶋/バゲット 15.ロシター/平川 [...] 続きを読む »
2016年
08月06日(土)

第5戦富士ノックアウト予選Q2結果

1.ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ 2.本山哲 3.ロニー・クインタレッリ 4.小暮卓史 5.武藤英紀 6.柳田真孝 7.伊沢拓也 8.関口雄飛 [...] 続きを読む »
2016年
08月06日(土)

第5戦富士ノックアウト予選Q1結果

1.千代勝正 2.安田裕信 3.塚越広大 4.オリバー・ターベイ 5.佐々木大樹 6.国本雄資 7.山本尚貴 8.松田次生 9.野尻智紀 10.伊藤大輔 11.大嶋和也 12.石浦宏明 13.ベルトラン・バゲット 14.ヘイッキ・コバライネン 15.ジェームス・ロシター [...] 続きを読む »
2016年
08月06日(土)

第5戦富士公式練習 トップタイムは#46S Road GT-R

2016スーパーGT第5戦「富士GT300kmレース」が8月6日、静岡県の富士スピードウェイで開幕。 公式練習では#46S Road CRAFTSPORTS GT-R(本山哲/千代勝正組)がトップタイム。 GT300クラスは#55ARTA BMW M6 GT3(高木真一/小林崇志組)がトップだった。 […]続きを読む »
2016年
08月06日(土)

第5戦富士公式練習結果

1.本山/千代 2.安田/オリベイラ 3.武藤/ターベイ 4.伊藤/キャシディ 5.大嶋/カルダレッリ 6.松田/クインタレッリ 7.塚越/小暮 8.立川/石浦 9.関口/国本 10.佐々木/柳田 11.山本/伊沢 12.ロシター/平川 13.松浦/野尻 14.コバライネン/平手 15.中嶋/バゲット [...] 続きを読む »
2016年
08月05日(金)

第4戦SUGO ODYSSEY SLS、ペースがつかめないまま、駆動系のトラブルに見舞われ無念のリタイヤ。次戦の富士で、流れを取り戻す! (Arnage)

 Rd.2から2ヵ月月半、Rd.3オートポリス大会が中止になってしまったために生じた2ヶ月半の長いインターバルが終わり、待ちかねた夏のレースシーズンがようやくやってきた。ガレージではこの期間を利用して、細部にわたってメンテナンスを行い、富士ラウンドで現れた電源系の不安を取り除くべくオルタネーターを新 […]続きを読む »
2016年
07月29日(金)

第4戦SUGOフォトギャラリー


続きを読む »
2016年
07月25日(月)

第4戦SUGO 終盤のLEXUS RC F勢の猛追叶わず。赤旗中断で短縮終了。コバライネン/平手組が2位、立川/石浦組が3位表彰台。GT300クラスでは嵯峨/中山雄一組プリウスが今季初勝利 (TOYOTA)

 SUPER GT第4戦がスポーツランドSUGOで開催。霧雨で濡れた部分も残る状態でのスタートから、最後は日差しが出るコンディションの中、終盤4台のLEXUS RC F勢によるトップ猛追が展開されたが、7周を残しての赤旗中断で惜しくも逆転は叶わず。ヘイッキ・コバライネン/平手晃平組 DENSO KO […]続きを読む »
2016年
07月24日(日)

第4戦SUGO決勝 近藤監督のギャンブルが大成功!!#24フォーラムエンジニアリングGT-Rが今季初勝利。GT300は#31プリウスが優勝

7月24日、宮城県のスポーツランドSUGOで行われたオートバックス スーパーGT第4戦「SUGO GT300kmレース」の決勝は、予選9番手からスタートした#24フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R(佐々木大樹/柳田真孝組)がタイヤ無交換という大胆な作戦を的中させて今季初勝利をものにした。 […]続きを読む »
2016年
07月24日(日)

第4戦優勝会見 佐々木「赤旗なくても勝てた」、中山「チームの力を100%発揮できた」

GT500クラス 佐々木大樹(#24フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R)  「菅生は抜けないコースですし、僕も柳田さんもタイヤを持たせることを得意としているので、タイヤ無交換という作戦が取れたと思います。最後は赤旗という形でレース終了になりましたが、終盤の競り合いがあのまま続いていたとし […]続きを読む »

検索

SUPER GT 最新ニュース