Archives

  • [—]2017 (514)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

PCCJ:ポルシェ カレラカップ ジャパン 2017 第10戦(鈴鹿)決勝レースレポート

ポルシェ カレラカップ ジャパン 2017 第10戦(鈴鹿)決勝レースレポート

プレスインフォメーション 2017年10月07日
鈴鹿。. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2017シリーズ第10戦の決勝を、鈴鹿サーキット(三重県)で2017年10月7日(土)に開催いたしました。

天候:曇り 路面:ドライ 気温:22度/路面温度:24度
            
PCCJ第10戦のポールポジションを獲得したのは、前戦の第9戦から2戦連続となる2017年のPCCJスカラシッププログラムドライバーである#17 上村優太。フロントロウに並ぶのは#23のリザーブドライバーでポルシェモービル1スーパーカップに参戦中のイギリス人、ジョシュ・ウェブスターだ。日英の若手ドライバーに続くセカンドグリッドには3番手の#24 Go MAX、4番手の#99 佐野新世とジェントルマンクラスのドライバーが並ぶ。すでに今年のジェントルマンクラス王者を決めており、このレースで優勝を飾ればオーバーオール(総合)チャンピオンも決定する#9 武井真司は7番手、王者争いのライバルである2016年のPCCJスカラシッププログラムドライバーであった#89 三笠雄一は12番手からのスタートとなった。

16時39分、シグナルがグリーンに変わりグリッドに整列した各車が一斉にスタートを切る。ポールポジションの#17 上村は若干出遅れ、2番手スタートの#23 ウェブスターがトップで1コーナーを抜けていく。#17 上村は、#23 ウェブスターの背後にピタリと着きチャンスをうかがっていた。そして3周目のシケイン手前で#23ウェブスターが犯した一瞬のミスを見逃さず、シケイン1つめの進入でインを指した#17上村はトップを奪い返す。再びオーバーテイクのチャンスを狙う#23ウェブスターは5周目のスプーンカーブで飛び出し万事休す。その後、ギャップをマネージメントして見事優勝を果たした#17 上村は「スタートは慎重になりすぎましたが、鈴鹿での経験値は自分の方があるので絶対に抜けるという自信はありました。それでシケインで勝負に出てトップに立った後は、ゴールまでプッシュしていきました」とレースを振り返る。2014年鈴鹿サーキットレーシングスクールを主席卒業した#17 上村にとって、これが嬉しい鈴鹿でのPCCJ初勝利となった。

2位に終わった#23 ウェブスターは、「フリー走行、予選とも雨だったので、ドライの鈴鹿を初めて走れて楽しかった。今日は上村選手に敗れてしまったが、後ろから彼の走りを研究できたから明日は必ず僕が勝つ」と、今日の雪辱を明日に繋げると、自信をみせた。

3位でフィニッシュしたのは、ジェントルマンクラスのポール・トゥ・ウインを飾った#24 Go MAX。今シーズンの課題となっていたスタートをうまく決めて、単独走行でゴールまでマシンを導いた。「ようやく武井選手の連勝をストップできることができて嬉しいです。今年は不運なレースが続いていましたが、鈴鹿で優勝を飾れたのも良かったと思います」と#24 Go MAXは語る。

#24 Go MAXの背後では、ジェントルマンクラス2位争いを#11 Fukujirouと#9 武井真司が展開。「武井選手が背後にピタリと着いてきていましたので、無我夢中で走りました。その結果、武井選手を抑えることができ、2位フィニッシュは嬉しいです」と、#11 Fukujirouはレースを振り返る。8周目のヘアピンで勝負に出たもののコースアウトを喫して、3位に終わった武井は「あそこで勝負に出たのですがコースアウトしてしまったのですが、コースに戻れてゴールできたのはラッキーだと思っています。明日は、もう少し落ち着いて総合チャンピオンを獲りに行きます」と語る。

第10戦終了後の総合チャンピオン争いは、ランキングトップの#9 武井が170点、2位の#17 上村が158点、3位の#89 三笠が152点となっている。果たして、#9 武井がPCCJ2017シリーズチャンピオンも獲得し、PCCJ史上初のダブルタイトル獲得を成し遂げることになるのか。それとも、若手ドライバーが逆転王者を手中に収めるのか、明日8日に開催されるPCCJ最終戦となる第11戦が注目される。

なお、PCCJ第11戦の決勝レース(10周)は10月8日(日)午前11時15分からスタートを予定する。スターティンググリッドはポールポジションが#23 ウェブスター、2番手は#17 上村優太。3番手は#9 武井、4番手は#47 TAD JUN JUNとジェントルマンクラスのドライバーがセカンドグリッドに並ぶ。
 
ポルシェジャパンKK.・プレスリリース



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース