Archives

  • [—]2018 (524)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

PCCJ:ポルシェ カレラカップ ジャパン 2015 - 第5-6戦 公式予選レポート

MJ15_0150_fine[1]プレスインフォメーション 2015年6月06日

富士. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都目黒区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2015シーズン 第5-6戦公式予選を、富士スピードウェイ(静岡県)にて6月6日(土)に開催いたしました。

天候:くもり 路面:ドライ 気温:19度 路面:20度
ポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)の2015年シーズンが第5戦、第6戦の決勝スターティンググリッドを決める公式予選が6月6日(土)、富士スピードウェイ(静岡県)で行なわれた。第5戦のグリッドは公式予選での各車のベストタイム順、第6戦のグリッドは各車のセカンドベストタイム同士の比較によって決定される。

公式予選は11時00分からの30分間。ここまでの4戦では#15元嶋佑弥と#78近藤翼のポールポジション争いが大きな焦点のひとつとして挙げられてきたが、今回は5日(金)の専有走行で総合トップタイムをマークしている#12久保凜太郎がそのふたりの間にどう割り込んでくるかも新たな見所となる。そして、前評判通りポールポジション争いは熾烈極まりないものとなった。

公式予選開始約10分後、まずは久保が1分43秒881、続いて1分43秒643でトップに立つ。その後ろを、元嶋が1分43秒975、近藤が1分44秒648で追う展開。一発の速さには定評のある近藤だが、前日に投入したブレーキパッドのあたりづけがまだ完全には終えられなかったことが響いたようで、ここでは上位2人からやや離された。

多くのドライバーがタイヤ1セット目でのアタックを終え、ピットに戻ってニュータイヤに交換。そして、残り7分あたりから本当の戦いが始まった。

先陣を切ったのは元嶋で、アタック1周目に1分43秒920を記録。すぐさま、近藤が1分43秒535で2番手に浮上するも、その間、久保はさらなるタイムアップを狙い、1分43秒421まで縮めていた。その後、元嶋は1分43秒586(3番手)、近藤は1分43秒456(2番手)までタイムを削ってきたが、久保には届かない。残り時間は1分を切り、久保の初ポールポジションで決まりかと思われたが、「タイヤのおいしいところはなくなっていましたが、負けられないという気持ちで」最後のアタックに懸けていた元嶋が久保のタイムを0.048秒上回る1分43秒373を叩き出し、第5戦のポールポジションを獲得した。

「いまいちうまく乗れていなくて、ぎりぎりという感じでしたが、まずはポールを獲ることができて良かったです。久保選手、近藤選手との争いになりそうですが、大事にいきたいですね」と元嶋。一方、最後にかわされた久保は「ショックです。やっとポールを獲れたと思っていました」と肩を落としていたが、第1-2戦岡山、第3-4戦富士から明らかにスピードを増してきている印象だ。「ポルシェ、RRというクルマの特性への理解も深まってきましたし、第4戦でタイヤがタレてきているなかでプッシュできたことも自信につながっています。第5戦決勝では早い段階で前に出たい」と力強い。3番手の近藤は「ブレーキのほうはもう問題ありません。クルマのバランスはいいですし、ガンガン攻めていきたい」と追い上げを誓っていた。

ジェントルマンクラスは、1分44秒831の#9武井真司が開幕から5戦連続でポールポジションを獲得。「今回は運もありましたね。セッティングを外してしまって、ごまかしながらのアタックとなり、攻めきれませんでした」と納得のいかない様子だったが、「決勝には修正して臨みたい。ポイントを落とすことのないよう、大事に走りたい」と5連勝に向けて気持ちを入れ替えていた。

PCCJ第5戦決勝は、6日午後3時スタート予定。ここまでスタートをすべて決めている元嶋、初の最前列スタートとなる久保、2列目からの追い上げを期す近藤らを中心にレースは進んでいきそうだが、#19永井宏明、#7星野敏らベテラン勢も虎視眈々。いつにも増して、白熱した展開となりそうだ。

ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

■ポルシェ カレラカップ ジャパン 2015 - 第5-6戦 公式予選結果
Pos. _ Car# _ Class-Pos. _ Driver _ Car Name _ Lap _ Time _ Time/Gap _ Best Time
1 _ 15 _ _ 元嶋 佑弥 _ GARMIN PORSCHE _ 1'43.373 _ 1'43.568
2 _ 12 _ _ 久保 凛太郎 _ TEAM KTOUCH PORSCHE _ 1'43.421 _ 1'43.643
3 _ 78 _ _ 近藤 翼 _ スカイレーシング _ 1'43.456 _ 1'43.535
4 _ 19 _ _ 永井 宏明 _ ナインレーシング _ 1'44.325 _ 1'44.357
5 _ 7 _ _ 星野 敏 _ D'station HAI 991 _ 1'44.688 _ 1'44.989
6 _ 9 _ G _ 武井 真司 _ ビンゴレーシング _ 1'44.831 _ 1'44.846
7 _ 24 _ G _ 剛 覇矢人 _ みきゃん スペンダーGT3 _ 1'45.359 _ 1'45.517
8 _ 51 _ G _ ポール イップ _ KCMG ANNIKA 911 _ 1'45.525 _ 1'45.834
9 _ 2 _ G _ 田島 剛 _ タジマレーシング _ 1'45.575 _ 1'45.842
10 _ 98 _ G _ ゴトウ イカリ _ チームトーエイスピリット _ 1'45.600 _ 1'46.175
11 _ 37 _ G _ 久保田 克昭 _ ハナシマレーシング _ 1'45.653 _ 1'45.702
12 _ 77 _ G _ 浜崎 大 _ Voing Ventiler _ 1'45.875 _ 1'45.956
13 _ 11 _ _ 塚本 奈々美 _ TEAM KTOUCH PORSCHE _ 1'45.955 _ 1'46.119
14 _ 25 _ G _ 内山 清士 _ NK RACING _ 1'45.981 _ 1'46.609
15 _ 10 _ G _ 齋藤 真紀雄 _ ビンゴレーシング _ 1'46.357 _ 1'46.899
16 _ 52 _ G _ 春山 次男 _ はるやまbaby GT3cup _ 1'47.789 _ 1'48.031



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース