Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第7戦もてぎ決勝 ATRA DENAG GT3が全戦優勝!

1112_start.jpg

1112_st1_win.jpg

1112_st2_win.jpg

1112_st3_win.jpg

1112_st4_win.jpg

1112_st4_champ.jpg

1112_sts_win.jpg

1112_goal.jpg

 夜半には雨もあがり、スーパー耐久最終戦は肌寒い天候ながら好天に恵まれた決勝日をむかえた。レーススタートの正午には気温15度、路面温度18度のコンディションとなった。

 シリーズ全戦優勝をめざす#1 ARTA DENAG GT3(田中哲也/新田守男/高木真一組)の新田がスタートもきめる。序盤の20周目総合6番手を走行していたST2クラスのチャンピオンをきめている#11オーリンズ・ランサーEVO・MR(中谷明彦/木下隆之組)の中谷がV字コーナーでクラッシュ。これでST2クラスのトップは#13シーケンシャルエンドレス座間(HINOKI/和田久/大瀧賢治組)の大瀧が浮上する。

 37周目、トップの#1がルーティーンのピットストップ。次のラップには2番手走行の#45 Pixy Spec’s Porche(伊藤真一/羽根幸浩組)がピットインしトップは#1に。72周目に#1は2度目のピットストップでいったんは#45がトップに立つが74周目にピットストップを行い再び#1がリーダーボードのトップに立つ。

 100周のレースは今回も磐石の展開で30秒ほどの大差をつけて圧勝した#1 ARTA DENAG GT3が全戦全勝の快挙を果たした。2位に#45、3位に#28 SEIKO carrera racing PORSCHE 911 GT3(佐々木孝太/井入宏之/宮川やすお組)が入った。これで開幕戦の仙台ハイランド、第6戦のSUGOに続き3度目のミシュラン勢の表彰台独占となった。

 総合7位に入った#13がST2クラスの優勝。ST3クラスはファイナルラップまで攻防が続いた#23 C-WEST ADVAN Z(山田英二/尾本直史/谷口行規組)と#14岡部自動車ディクセル洗剤革命RX-7(杉林健一/小松一臣/入口秀輝組)は#14がトップを奪ったが、暫定表彰後のペナルティから#33 eeiA-ings Z(大井貴之/赤鮫オヤジ組)のクラス優勝に。

 ST4クラスは#10 TUBE FOUR TRUST Cars東海YH.ED.DC5(松本玲二/渡辺明組)が優勝。ここまで4勝で今回は4位入賞の#999 P.MU Racing MACAU YH INTEGRA(山野直也/Henry Ho組)がシリーズチャンピオンを決定した。

総合優勝 ARTA DENAG GT3

#1新田守男「最終戦は勝てたGTも含めていい終わり方ができました。今年は最高のシーズンになりましたね。またやりたくてもきっともう2度とできない全戦優勝だと思います。嬉しいというより今はホッとしたというところですね(笑)」

1112_st1_podium.jpg 1112_st2_podium.jpg 1112_st3_podium.jpg 1112_st4_podium.jpg 1112_sts_podium.jpg

Text & Photo: Keiichiro TAKESHITA



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース