Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第2戦鈴鹿決勝 エンドレスZがポール・トゥ・ウィン!BMW-Z4はジャッキトラブルに泣く

2007スーパー耐久第2戦、鈴鹿500Kmレースの決勝が5月13日、鈴鹿サーキットで行われ、#3エンドレスアドバンZ (影山正美/青木孝行組)が他を圧倒する速さで総合優勝をもぎ取った。
(天候:晴れ コース:ドライ  観客動員数:12,000人)

st_r02_r_start 午後1時30分、87周の長い戦いがスタートした。

ポールポジションのエンドレスZがホールショットを決め、序盤から一気に後続を突き放しにかかる。

2番手には#50ペトロナスBMW Z4、3番手には#23カーチャンネルアドバンZ33がつける。
Z4はスタートドライバーの柳田の懸命の追い上げで一時4秒8まで広げられた差を32周目にはコンマ8秒まで縮めて見せるが、 34周終わりでルーティストップを行った際、左リヤのジャッキが戻らないという、まさかのトラブルで後退。 柳田とハイムランはその後も懸命に追い上げたが、3周ものビハインドはあまりにも大きく、総合11位、 クラス5位まで順位を戻したところで惜しくもチェッカー。上位入賞が見えていただけに残念なレースとなった。

一方の#23カーチャンネルZも、28周終わりでピットインした際にパワステオイルのリークが見つかり、 この修復に時間をとられて総合28位、クラス最下位でレースを終えた。

その他のポルシェ勢はエンドレスZにまったく歯が立たず、 3号車は2位の#8黒豆リボイスGT3に1分59秒もの大差をつけてチェッカーを受け、念願の総合優勝を達成することとなった。

st_r02_r_z

st_r02_r_z4m.jpg

st_r02_r_lancer

st_r02_r_m3

st_r02_r_dc5

ST2クラスは、5番手スタートの#2プローバフジツボインプレッサが一気に3番手にジャンプアップするが、 これにジャンプスタートの裁定が下って2号車はドライブスルーを課せられてしまう。

インプレッサが後退してからは#11オーリンズランサー、#13エクセディシーケンシャルCS、 #12ゼルスランサーEVOワゴンの3台による熾烈なトップ争いが繰り広げられた。

スタート直後から#11オーリンズを激しく追い立てる#13エクセディの背後にじわじわと迫った#12EVOワゴンは、 9周目のスプーンで13号車のインを突いて2位にあがると、11周目の1コーナーで11号車をもかわしてトップに立つ。
11号車はこの11周目からペースが上がらなくなり、12周目には13号車、15周目には20号車にも抜かれてしまう。

ところが一時はクラストップに立った#12EVOワゴンも16周目に失速。
これを17周目に捕らえた#13エクセディシーケンシャルも23周目にターボトラブルに見舞われ、この修復に7周を要してしまう。

一時はクラス4位まで後退したオーリンズだったが、29周終わりで最初のピットストップを行い、 タイヤ4本を交換した後はペースを取り戻し、49周目のヘアピンで#20阪口良平のインを木下隆之が突いてトップを奪い返すと、 その後は順調にトップを快走して開幕2連勝を飾った。

今回最も出入りの多かったのはST-3クラスだった。

オープニングラップをトップで戻ってきたポールシッターの#7アメニティホームRX-7を2周目に#14開成商事RX-7が抜いてトップに立つと、 これを38周目に給油のみの23秒ストップを敢行した#113カルラレーシングZの大井がかわしてトップに立つ。

その後、#7RX-7は45周目にエンジントラブルでリタイヤ。#14RX-7もペースが上がらず、 1スティント目を長めに引っ張った#74アラビアンオアシスZと#27FINAアドバンBMW M3が順位を上げてくる。

#27M3は39周目まで最初のピットストップを引っ張って2位に上がると、 3スティント目を担当した小林且雄が#113伊橋勲を次第に追い詰め、ついに72周目の1コーナーでインに飛び込んでトップを奪い取る。
抜かれた伊橋もしぶとく食い下がり、ファイナルラップで再びテール・トゥ・ノーズ状態に持ち込むが、一歩及ばず、 #27FINAアドバンBMW M3が今季初勝利を挙げることとなった。

ST4は序盤トップに立った#87ケイズオートDC5が10周目の逆バンクでデフトラブルによりスローダウン。 ダンロップ外側のグラベルにストップして以降は#73PSY.A-ONE.ED DC5が最後までトップを守りきって地元での初勝利をあげ、 2位には#4AVANZZA BOMEX アドバン DC5がつけた。

st_r02_st1_podium st_r02_st2_podium st_r02_st3.podium st_r02_st4_podium

スーパー耐久第3戦は、シリーズ最長のサバイバル戦、十勝24時間。
7月14日決勝スタートだ。

Text:Kazuhisa SUEHIRO / Photo: Motorsports Forum



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース