Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

スーパー耐久第5戦十勝24H/NISMOモータースポーツニュースフラッシュ


(C)NISMO

スーパー耐久シリーズ第5戦
十勝24時間レース 
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆
■開催月日:2002年7月19日-21日
■開催場所:十勝スピードウェイ
☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆

■エンドレスアドバンGT-RがS耐4連勝!!
  ファルケン☆GT-Rはミッショントラブルでクラス2位に

【予選】 7月19日
スーパー耐久シリーズ第5戦はシリーズ中最も長い24時間の耐久レースとなる。こ
のレースにはGT車両も参加でき、今年は2台のポルシェが参戦。合計28台がエント
リーした。ニッサン勢は#3エンドレスアドバンGT-R(木下みつひろ/青木孝行/砂子
塾長)、#1ファルケン☆GT-R(竹内浩典/田中哲也/影山正美)の2台が参戦し、総合
優勝を狙う。
15時から予選が行われ、GTクラスの#911ポルシェが2分9秒861のタイムで、総合の
ポールポジションを獲得。S耐グループの中では、#1GT-Rの田中哲也が2分10秒404
でトップ(総合2位)。また#3GT-Rの木下みつひろが2分10秒638で2位(総合3位)とな
った。

【決勝】 7月20-21日
「第9回十勝24時間レース」は、夜間に発生した霧のため初の2パートレースとなっ
た。3万8700人のファンを集めた決勝レース、15時にスタートが切られてしばらく
は、#911ポルシェ、#3GT-R(木下)、#1GT-R(田中)の3台が先頭争いを繰り広げる。
16時半過ぎ、#911ポルシェのピットインのタイミングで#1GT-Rがトップに躍り出
た。やがて#3GT-Rも#911ポルシェを捕らえ2番手に浮上。しかし17時過ぎの54周
目、突然#1GT-Rがスローダウン。竹内はマシンをストップ。「クラッチが切れな
くなってガラガラと音が出た」と竹内はお手上げ状態。これで#3GT-Rがトップに
立ち走行ペースを3~4秒も落としてリスクを避ける作戦に切り替えた。これにより
再び#911ポルシェがトップに返り咲いた。#1GT-Rは、1時間ほどの突貫作業でトラ
ンスミッションを交換し、コースイン。この時点で、トップからは30周遅れの28台
中27位と優勝は絶望的な状況になった。

日が落ちてあたりが闇に包まれた20時あたりから一帯に霧が出始め、やがて霧は濃
くなっていった。霧が回復しそうな気配は一向になくレースは1時52分で打ち切り。
霧が晴れた朝から第2パートとしてレースを再開することになった。第1パートは、
トップが258周を走った#911ポルシェ、1周遅れの2位(S耐クラス1トップ)が#3GT-R。
#1GT-Rは26周遅れの総合18位(S耐クラス1の2位)だった。

第2パートでは、#1GT-Rが瞬く間にトップを奪い、2分15秒前後のペースで走行を続
け、堂々のトップでゴール。2位に#911ポルシェ、3位が#3GT-Rだった。第1/第2パ
ートの合計の結果、総合優勝は#911ポルシェ。総合2位の#3GT-RはS耐クラス1で4連
勝を遂げ、メンテナンススタッフと青木は昨年のダイシンアドバンGT-Rに続き大会
2連勝。これでシリーズポイントでも今回クラス2位の#1GT-Rに7点の差を広げ14点差
とし、後半戦の戦いが非常に楽になった。

■木下みつひろ選手
「総合優勝ではなかったですけど、シリーズ4連勝ができてホッとしています。ファ
ルケンがトラブッたと同時に見え見えなぐらいペースを落としましたね(笑)。大き
なトラブルもなくレースができました」

■青木孝行選手
「強い助っ人(砂子塾長選手)が来てくれて楽なレースができました。これで後半戦
は優位に戦えることになりました。残りで1回勝てば(チャンピオンに)決まり。リー
チですね!」

■決勝結果
(省略させていただきました)

上記の詳細情報は「NISMO official web site」をご覧下さい。



トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース