Archives

  • [—]2019 (1)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUZUKA 10 HOURS

10H:鈴鹿10時間決勝結果

SUZUKA 10 Hours -RIJ- (2018/08/26) Final Race Weather:Fine Course:Dry
2018 Intercontinental GT Challenge Round 3 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoClsCls
Pos
DriverMaker Model
Team
LapTotal_Time
Behind
1888Pro1トリスタン・ヴォーティエ
マロ・エンゲル
ラファエル・マルチェッロ
Mercedes-AMG GT3
Mercedes-AMG Team GruppeM Racing
27610:00'32.584
243Pro2ルイス・ウィリアムソン
マキシミリアン・ゲーツ
アルバロ・パレンテ
Mercedes-AMG GT3
Mercedes-AMG Team Strakka Racing
27631.635
3*6Pro3クリストファー・ハース
マルクス・ウィンケルホック
ケルビン・ファン・デル・リンデ
Audi R8 LMS GT3
Audi Sport Team Absolute Racing
27632.901
466Pro4クリストファー・ミース
ドリス・バンスール
フレディック・ヴェルビッシェ
Audi R8 LMS
AUDI SPORT TEAM WRT
27633.153
500Pro5谷口 信輝
片岡 龍也
小林 可夢偉
Mercedes-AMG GT3
Mercedes-AMG Team GOOD SMILE
2751Lap
608Pro6ヴィンセント・アプリル
アンディ・ソウセック
マックス・ソレット
BENTLEY Continental GT3
Bentley Team M-Sport
2751Lap
744Pro7オリバー・ローランド
エイドリアン・タンベイ
マキシミリアン・ブーク
Mercedes-AMG GT3
Strakka Racing
2751Lap
821Pro8アレッシオ・ピカリエッロ
富田 竜一郎
リチャード・ライアン
Audi R8 LMS
Audi Team Hitotsuyama
2751Lap
917Pro9シェルドン・ファン・デル・リンデ
スチュワート・レオナルド
ジェイク・デニス
Audi R8 LMS
AUDI SPORT TEAM WRT
2751Lap
10*75P-A1ケニー・ハブル
ミカエル・グルニエ
ルカ・ストルツ
Mercedes-AMG GT3
Sun Energy1 Racing
2751Lap
11991Pro10ローレンス・バンスール
ケヴィン・エストレ
マシュー・ジャミネット
Porsche 911 GT3R (991)
CRAFT BAMBOO RACING
2751Lap
12911Pro11ダーク・ヴェルナー
フレデリック・マコヴィッキィ
ロマン・デュマ
Porsche 911 GT3 R
Manthey-Racing
2751Lap
13*28P-A2ニック・フォスター
デイビット・ペレル
吉田 広樹
Ferrari 488 GT3
HubAuto Corsa
2751Lap
1411Pro12平中 克幸
星野 一樹
安田 裕信
NISSAN GT-R NISMO GT3
GAINER
2742Laps
1588Pro13平峰 一貴
マルコ・マペッリ
アンドレア・カルダレッリ
Lamborghini HURACAN GT3
JLOC
2733Laps
168Pro14永井 宏明
嵯峨 宏紀
平手 晃平
Ferrari 488 GT3
ARN Racing
2733Laps
1787P-A3元嶋 佑弥
高橋 翼
飯田 太陽
Lamborghini HURACAN GT3
JLOC
2733Laps
1810Pro15山本 尚貴
武藤 英紀
中嶋 大祐
Honda NSX GT3
Honda Team MOTUL
2724Laps
1954P-A4ティモシー・パパス
シェブロン・ブリークモレン
マーク・ミラー
Porsche 911 GT3 R
Black Swan Racing
2715Laps
2091P-A5ピディ・ビョロムバクティ
飯田 章
トム・プロンクビスト
BMW M6 GT3
SINGHA-Tema AAI
2706Laps
21*34Pro16道上 龍
大津 弘樹
小暮 卓史
Honda NSX GT3
Modulo Drago CORSE
2706Laps
22*13P-A6サン・ジンズ
コンフ・チェン
アドリー・フォング
Audi R8 LMS GT3
Absolute Racing
2706Laps
23*777P-A7木村 武史
横溝 直輝
ケイ・コッツォリーノ
Honda NSX GT3
Carguy Racing
2688Laps
2427Pro17ラビデ・リゴン
マット・グリフィン
ミゲル・モリーナ
Ferrari 488 GT3
HubAuto Corsa
2679Laps
25112Am1佐藤 敦
山下 亮生
久保 宣夫
Mercedes-AMG GT3
SATO,YAMASHITA-SS/Rn-sports
26412Laps
26*37P-A8武井 真司
上村 優太
三笠 雄一
CHVROLET C7 GT3-R
Callaway Competition BINGO RACING
26016Laps
27*18Pro18中山 友貴
小林 崇志
井口 卓人
TOYOTA 86 MC
TEAM UPGARAGE
24630Laps
2877P-A9星野 敏
近藤 翼
ジョノ・レスター
Porsche 911 GT3R (991)
D'station Racing
24630Laps
29*07Pro19ジョーダン・ペッパー
スティーブン・ケイン
ジュール・グーノン
BENTLEY Continental GT3
Bentley Team M-Sport
21759Laps
---- 以上順位認定 ----
-*018Pro-千代 勝正
松田 次生
アレキサンドレ・インペラトーリ
NISSAN GT-R NISMO GT3
KCMG
155121Laps
-2P-A-高橋 一穂
加藤 寛規
濱口 弘
LOTUS EVORA MC
Cars Tokai Dream 28
98178Laps
-23Pro-エドアルド・リベルティ
リチャード・ブラッドレー
オリバー・ジャービス
NISSAN GT-R NISMO GT3
KCMG
95181Laps
-*58Pro-ベン・バーニコート
アンドリュー・ワトソン
カム・レドガー
McLaren 650S
Grage 59
77199Laps
-*7Pro-藤井 誠暢
スヴェン・ミューラー
アール・バンバー
Porsche 911GT3 (TYPE 991)
D'station Racing
72204Laps
-42P-A-ニック・レベンティス
ダビド・フマネッリ
フェリペ・フラガ
Mercedes-AMG GT3
Strakka Racing
22254Laps
  • Fastest Lap: CarNo.66 AUDI SPORT TEAM WRT(Audi R8 LMS) 2'03.709 (251/276)
  • CarNo.34は、鈴鹿10時間Spr.33)(危険なドライブ行為)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.28は、鈴鹿10時間Spr.153)(スタート手順違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.18は、鈴鹿10時間Spr.120)(ピット作業違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.37は、鈴鹿10時間Spr.124)2)c)(ピット作業違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.7は、鈴鹿10時間SPr.33)(衝突行為)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.6は、鈴鹿10時間SPr.33)(衝突行為)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.13は、鈴鹿10時間特別規則第24条(ピットレーン通過速度)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.58は、国際モータースポーツ競技規則付則H項2.4.5.1d)および鈴鹿10時間Spr.33)(青旗無視)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.777は、鈴鹿10時間Spr.41)(最大ドライブ時間超過)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.018は、鈴鹿10時間Spr.41)(最大ドライブ時間超過)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.07は、鈴鹿10時間Spr.33)(接触行為)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.75は、鈴鹿10時間Spr.40)(ピットストップ時間不足)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース