Archives

  • [—]2018 (446)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第3戦富士24時間ウォームアップ 上位クラスはアウディ勢が好調

「富士スーパーテック24時間レース」決勝日、午前10時10分から40分間のウォームアップ走行が行われ、各チーム、決勝に向けてのチェックを行った。

ウォームアップ: ST-XクラストップタイムはJ-Fly Racing R8 ウォームアップ: ST-ZクラストップタイムはDIAMANGO Cayman ウォームアップ: ST-TCRクラストップタイムはL&JR Mars Audi RS3 LMS ウォームアップ: ST-2クラストップタイムは新菱オート☆DIXCELエボⅩ ウォームアップ: ST-3クラストップタイムはDENSO Le Beausset RC350 ウォームアップ: ST-4クラストップタイムはTOM'S SPIRIT 86 ウォームアップ: ST-5クラストップタイムはDXLワコーズNOPROデミオSKY-D

予選ではGTR勢の後塵を拝したアウディR8だが、ここでは#81J-Fly Racing R8が総合のベストタイム。上位3台をR8が占め、これに#777D'station Porscheが続いた。2台のGTRはポールシッター#3ENDLESS GT-Rが5番手、予選2位の#99Y's distraction GTNET GT-Rは出走しなかった。

ST-TCRクラスもアウディ勢が好調。クラスPPの#65L&JR Mars Audi RS3 LMSを筆頭に4台のRS3がシビック勢を抑えた。

熾烈な戦いが予想される注目のST-3、ST-4クラスは、スーパーフォーミュラ、スーパーGTドライバーを揃えた豪華な布陣で臨む#62DENSO Le Beausset RC350(ST-3クラス)と、スーパーGT、F3ドライバーの乗る#86TOM'S SPIRIT 86(ST-4クラス)が他を大きく引き離すタイムをマーク。この2台はトヨタワークスともいえる存在だ。

国内では10年ぶり、富士スピードウェイでは50年振りとなる24時間レースの決勝は、午後3時にスタートを迎える。

Text:Shigeru KITAMICHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース