Archives

  • [—]2018 (522)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

スーパー耐久

S耐:第3戦富士24時間(18時間経過)ST-TCRクラスに変動あり、シビック後退、アウディクラッシュ

午前9時、富士スピードウェイは快晴。霊峰富士が美しい姿を見せている。レース開始から18時間が経過して、トラブルを抱えているマシンはあるものの、ほとんどが走り続けている。

この時間に順位変動があったのはST-TCRクラス。15時間を経過して間もなく、トップを快走していた#97Modulo CIVIC TCRの左フロントタイヤが外れるというアクシデントが発生。修理をして再びコースに送り出すのに1時間以上を要し、大きくポジションを落としてしまった。

これで#75m-1 CARFACTORY RS3 LMSがトップに立ち、2位は#65L&JR Mars Audi RS3 LMSと、アウディのワンツー態勢が整ったが、それも長くは続かず、17時間半を経過したところで、#65アウディRS3が、300Rでクラッシュ。足回りにダメージを負って動けず、車両撤去のためにフルコースイエロー(FCY)となった。

このFCYは、義務となっているメンテナンスタイム(20時間経過までに8分×2回)を消化していないチームにとっては絶好のタイミングとなった。

総合を争うST-Xクラスでは、#99Y's distraction GTNET GT-Rがクラッシュで左フロント部を痛めるが、メンテナンスタイムを使って修復。2周をロスしたが、アウディ2台とGT-Rの三つ巴の戦いが続いている。

ST-3クラスは、#68埼玉トヨペットGreen Brave GR SPORTマークX、#62DENSO Le Beausset RC350、#38muta Racing ADVICS IS 350 TWSの3台による争いが継続中。

ST-2クラスは、#6新菱オート☆DIXCELエボⅩが独走態勢。#17DXLアラゴスタNOPROアクセラSKY-Dを6ラップ引き離している。

ST-5クラスは、#88村上モータースMAZDAロードスターを#37DXLワコーズNOPROデミオSKY-Dが1周遅れで追っている。

Text:Shigeru KITAMICHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース