Archives

  • [—]2018 (543)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:鈴鹿モータースポーツファン感謝デー 新人ドライバー囲み会見 「6年ぶりに平川選手とレースできることがすごく楽しみです」(松下信治)

日本レースプロモーション(JRP)は3月10日、モータースポーツファン感謝デーの開催されている鈴鹿サーキットで今季スーパーフォーミュラにデビューする松下信治と福住仁嶺の囲み会見を行った。JRPでは今シーズンを通じてこの二人のルーキーに焦点を当て、積極的に会見の機会を作っていくとのことだ。

#6松下信治(DOCOMO DANDELION RACING)
4年ぶりに日本のレースに復帰することになり、嬉しく思います。スーパーフォーミュラはレベルの高いレースで、エンジニアとのコミュニケーションも大切だと思うので、テストで集中して溶け込めるよう頑張ります。今シーズンの目標も高く持って、チャンピオンを目指したいです。 去年まで乗っていたF2とは同じダラーラなのでモノコックはほとんど同じだと思いますが、ピレリタイヤとヨコハマタイヤの特性が大きく違います。ピレリはライフが短いのでレースを通じていかにしてタイヤをもたせるかが大事ですが、ヨコハマは毎週全力でプッシュすることが求められます。タイヤをもたせられるかどうかがカギになるF2の方がオーバーテイクは多いと思います。 スーパーフォーミュラは今年から2スペックタイヤになります。ソフトをもたせるのは難しいので、F2の経験が活かせると思います。 平川選手とは6年ぶりに一緒に戦うことになります。彼もGTでチャンピオンを獲るなど一流のドライバーだと思うので、レースをするのがすごく楽しみです。
#15福住仁嶺(TEAM MUGEN)
また日本でレースができることを嬉しく思います。去年まで乗っていたGP3とはレース距離が違うので体力面で不安もありますが、しっかり頑張ります。今年のF2は重量も多くなり、HALOもついたのでとSFは全然違うクルマです。それでもテストではすぐにチームに溶け込めたので、これからしっかり詰めていこうと思います。HALOは乗り込む時に窮屈ですが、走っている時には全然気になりません。 ※第1戦から第5戦まで大きくブランクが開くことに不安がなくはありませんが、F2に集中できると前向きに考えて取り組んでいきます。

※福住はF2と日程がバッティングする第2戦オートポリス、第3戦SUGO、第4戦富士を欠場する予定

まとめ & Photo: Kazuhhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース