Archives

  • [—]2018 (417)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:鈴鹿ファン感謝デー スーパーフォーミュラオープニングラップは#1石浦がトップチェッカー

ルーキー松下大人の対応?!

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー恒例のデモレース、「スーパーフォーミュラ オープニングラップ」が3月11日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、前年チャンピオンの#1石浦宏明(P.MU/CERUMO INGING)がトップでチェッカーを受けた。

7周の決勝がスタートした

序盤トップを走ったルーキーの福住仁嶺(MUGEN)

優勝は石浦宏明(INGING MOTORSPORT)

決勝2位は松下信治(DANDELION RACING)

決勝3位は小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)

オープニングラップは午後1時5分スタート。7周で行われた。

スターティンググリッドはチャンピオンの石浦がポールポジション、ルーキーの#15福住仁嶺(TEAM MUGEN)が2番手、#18小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)が3番手、同じくルーキーの#6松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION)が4番手につき、5番手以下は昨年のランキング順という演出。

スタートでは石浦がそのままトップで1コーナーに飛び込む一方、福住は出遅れて一時5位あたりまで後退したが、2コーナーまでに挽回して2位に復帰、2周目のホームストレートではオーバーテイクボタンを使って石浦を抜き去り、トップに浮上する。

しかし3周目には石浦を抜いて2位に浮上した小林がホームストレートでインから福住を抜いてトップに。その小林を松下が5周目のホームストレートで抜き去ってトップに浮上した。

ファイナルラップに入ると石浦が福住、小林を次々に抜き返して2位に浮上、そのままトップの松下との差を詰めていった。すると松下は最終コーナー立ち上がりでクルマをアウトに寄せ、石浦にトップを譲る形でチェッカーを受けた。3位は小林、福住が4位につけ、今回公開テストに参加した#7オリバー・ローランド(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)が5位だった。

3年ぶりの参戦となる#20平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)は1周目にタイヤ交換を行い、順位は最後尾に落ちながら1'38.090のファステストラップを叩き出している。

なお、一昨年のチャンピオン、#2国本雄資(P.MU/CERUMO INGING)は体調不良のため残念ながら参加を見合わせることになった。

全日本スーパーフォーミュラ選手権の2018シーズンは4月20-21日に同じ鈴鹿サーキットで開幕、明日12日と明後日13日は鈴鹿にとどまって合同テストを実施する。

Text:Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Foumr0


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース