Archives

  • [—]2018 (224)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:鈴鹿ファン感謝デーフリー走行 トップタイムは#18小林可夢偉

鈴鹿ファン感フリー走行: トップタイムは小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)

鈴鹿ファン感フリー走行: 2位は中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)

鈴鹿ファン感フリー走行: 3位は山本尚貴(MUGEN)

鈴鹿ファン感フリー走行: 復帰した平川亮(TEAM IMPUL)は7位

鈴鹿ファン感フリー走行: ルーキーの福住仁嶺(MUGEN)は8位

鈴鹿ファン感フリー走行: ルーキーのオリバー・ローランド(UOMO SUNOCO TEAM LEMANS)は13位

鈴鹿ファン感フリー走行: ルーキーの松下信治(DANDELION RACING)は16位

鈴鹿ファン感フリー走行: テストで参加の本山哲(B-MAX RACING TEAM)は19位

毎年恒例の鈴鹿モータースポーツファン感謝デー2日目の3月11日、スーパーフォーミュラのフリー走行が鈴鹿サーキットフルコースで行われ、#18小林可夢偉(carrozzeria Team KCMG)がトップタイムを記録した。

フリー走行は午前9時より50分間で行われた。

序盤から積極的に周回を重ねたのはルーキーの#15福住仁嶺(TEAM MUGEN)と2015年以来のスーパーフォーミュラ参戦となる#20平川亮(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)の二人。福住は積極果敢な走りで1’37.598を記録し、このセッションでは8番手に付けた。平川も2年間のブランクを感じさせない走りで1’37.431を出し、一時トップに立ってみせた。

しかし平川のタイムはミディアムタイヤで記録されたもの。中盤に入り#18小林がソフトタイムで1’36.566を記録してトップに立つと、#36中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S)、#16山本尚貴(TEAM MUGEN)らが次々にソフトタイヤで好タイムを記録、最終的に平川は7番手で走行を終えた。

もう一人のルーキー、#6松下信治(DOCOMO TEAM DANDELION)は終盤ソフトタイムでアタックを試みたが、他のクルマに行く手を阻まれてこれは不発に終わり、1’38.650で16番手に終わった。

また、3月10日時点のエントリーリストではTBAとなっている#7UOMO SUNOCO TEAM LEMANSにはオリバー・ローランド、#50B-MAX Racing Teamには本山哲が乗り、ローランドは13番手、本山は19番手で走行を終えた。

ファン感謝デーではこのあと午後1時5分より「スーパーフォーミュラ・オープニングラップ」と題したレース形式のデモンストレーションが全19台参加で予定されている。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース