Archives

  • [—]2019 (43)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第10戦もてぎ決勝記者会見 優勝・坪井翔「ファステストラップを狙っていました」

優勝 坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 優勝した坪井翔(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 「もてぎは苦手だったんですが、昨年3連勝して苦手を克服したかなと思っていて、練習から悪くなかったんですが、予選では路面温度が低くなって心配していたんですが、ポールをとれて良かったです。スタートでトップに立ってからはファステストを狙っていたんですが、一度宮田選手に逆転されましたが、取れて良かったです。ここまではいい流れで来ていると思います。あしたもスタートを決めて勝ちます」
2位 宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S)
決勝記者会見: 2位の宮田莉朋(カローラ中京Kuo TEAM TOM'S) 「スタートで行くしかチャンスがないと思っていました。2位になってからはファステストラップだけ狙っていましたが、セクタータイムをうまくまとめることができませんでした。坪井選出比べてセクター4が遅いので改善していきたいと思います」
3位 大湯都史樹(TODA RACING)
決勝記者会見: 3位の大湯都史樹(TODA RACING) 「レースウィークに入って練習から調子が悪かったです。いろいろ改善して予選は涼しかったので予選4位(10戦)、5位(11戦)という結果につなげることができました。4位から3位に上がれて最善は尽くせたと思います。金丸選手が調子良かったので押さえることだけ考えていました」
Nクラス優勝 ジェイク・パーソンズ(NODA RACING)
決勝記者会見: Nクラス優勝のジェイク・パーソンズ(NODA RACING) 「ハッピーな1日でした。岡山と違ってストレートが長いのでロンリーレースになってしまいました。クルマのセッティングに注力していて、安定していいタイムで走れたと思います」
Text & Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース