Archives

  • [—]2017 (541)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:オープニングラップ鈴鹿決勝 チャンピオンの貫禄? ポールポジションから国本雄資が優勝

 全日本スーパーフォーミュラ選手権は5日、ファン感謝デーの行われている鈴鹿サーキットでエキジビションの「オープニングラップ」を行い、ポールポジションからスタートした昨年のチャンピオン国本雄資(P.MU/CERUMO · INGING)が抜きつ抜かれつのレースを演じ優勝した。

sf-ol-start1

sf-ol-start2

sf-ol-1

sf-ol-19

sf-ol-16

 オープニングラップは午後1時過ぎ、昨年のチャンピオンシップの順でグリッドが決められフォーメーションラップが始まった。

 全車グリッドに整列し、ブラックアウトで国本雄資(P.MU/CERUMO · INGING)が好スタートで1コーナーへ向かう。 ここで2位に付けた関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)はシケイン手前で国本をパス、トップに立つ。

 空気を読まない関口は4輪をドリフトしながらストレートを立ち上がるとペースアップ。2周目には2位以下を7秒離して戻ってきた。

 しかし、3周目には130Rで野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)を、シケイン手前で山本尚貴(TEAM無限)を前に出すと、野尻がトップに立ち、スタンドを埋め尽くした観客に抜きつ抜かれつのレースを演じて見せた。

 その後、野尻は5周目には山本をパスしてきた国本にトップを譲ると、結局、国本、関口、山本、野尻の順でゴールを迎えた。

 明日6日からはここ鈴鹿サーキットで2日間の公式テストが行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース