Archives

  • [—]2017 (362)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJもてぎシリーズ

SFJ:第2戦もてぎ 小倉祥太、雨のレースで大差の開幕2連勝! ポールポジションからトップを独走。ベストラップも記録する完全勝利 (Le Beausset)

 ル・ボーセモータースポーツが挑むカテゴリーのひとつ、スーパーFJのもてぎシリーズ第2戦が、4月9日(日)にツインリンクもてぎ(栃木県)で開催され、小倉祥太が出場した。

 開幕戦では予選でポールポジション(PP)から、スタートで2番手となるも、逆転してデビューウインを果たした小倉は、スタートを決めて一歩も譲らず2連勝を遂げることを目指し臨んだ。

予選 4月9日(日)天候/雨 コース状況/ウエット

 前日、土曜日の練習走行は、朝から小雨が続きウエットコンディションだったものの、昼を過ぎると雨がやみ、最後のセッションではライン上がドライコンディションとなり、ウエットタイヤ、ドライタイヤでも好タイムを連発し、順調な仕上がりで、翌日の予選を迎えた。

 明けて日曜日の天候は雨、前日よりも多く雨粒が落ちる小雨状態の中、予選のコースイン。真っ先にコースに飛び出すと、順調にタイムを伸ばしていく。まずは2分21秒台に入れると、次の周には19秒台に。周回を重ねるごとにコースコンディションが良くなっていくことを体感していた小倉は、毎周タイムアタックを続け、狙い通り最終ラップにベストとなる2分17秒441を記録しポールポジションを獲得した。

決勝 4月9日(日)天候/雨 コース状況/ウエット

 予選から4時間を経過して迎えた決勝。時折、雨量は変えるものの雨は降り続くなか、10周先のゴールへのスタートがきられた。

 スムーズなクラッチミートとともに、鋭いダッシュでマシンを進めると、1コーナーをトップでクリア。コーナー毎にその差を広げ、オープニングラップで早くも3秒7にリードを広げる。2周目に2分18秒234を記録し、更にそのリードを7秒に広げ独走へと進む。もはや、敵は後続には無く、ウエットコンディションでの自身のベストな走りへと向かい、毎セクター、毎ラップでのベストタイム更新へと進んでいく。毎周2秒もの差を広げるとともに、ベストタイムを更新し続けると、9周目には予選タイムをも上回る16秒984を記録。最後は28秒58もの大差をつけてチェッカー。ポール ポジションからレースベストラップを記録する完全勝利で、開幕2連勝を達成した。

 次戦は、アカデミーでのチームメイトである上田裕也もいよいよエントリーとなり、チームメイト同士でのトップ争い、チームでのワンツーフィニッシュが期待されるとともに、小倉が3連勝を飾れるか。期待は大いに高まる。

チーム監督 坪松唯夫(Tadao Tsubomatsu)COMMENT
 今回、岡山でF4のレースがあっ為、現地に行くこと出来なかったが、練習や予選での報告を受けていたので安心していた。そうとは言っても、小倉にとっては初めてに近いウエットでの走行とあって不安もあったと思う。実際この時期のウエットコンディションでは路面温度が低くタイヤの温度が上がらないため非常にスリッピーであるが、普段から徹底させている一周目のタイヤのグリップが上がらないうちから限界を見極める練習が生きたことが、オープニングラップの速さに繋がったと思う。
Driver 小倉祥太(Shota Ogura)COMMENT
 予選では前日の雨の走行で良かった時の走りをイメージしてタイムをまとめていきました。段々とコース上の水の量が少なくなっているのは分かっていたので、最終ラップがタイムを出す狙い目だと思いベストタイムを出せました。決勝のフォーメーションラップではリアの熱入れをより意識して温めました。スタートではホイールスピンをしないように意識して、うまくスタートを決めることができました。その後は自分の走りに集中して、予選タイムを上回ることを意識しながら走りました。初めてフォーミュラの雨のレースを第2戦という早い段階で経験できたことは自分にとっていい経験になりタイム差をつけて優勝したことは自信になりました。次も3連勝を目指します。
Le Beausset Motorsports


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース