Archives

  • [—]2017 (37)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJもてぎシリーズ

SFJ:第1戦もてぎ公式予選 小倉祥太(ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC)がポールポジション

 JAF地方選手権スーパーFJもてぎシリーズ第1戦は3月12日ツインリンクもてぎ(1周4.801379km)で公式予選を行い、62号車 小倉祥太(ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC)が2分04秒684で初のポールポジションを獲得した。

sfjm-rd1-q-62 sfjm-rd1-q-14 sfjm-rd1-q-17

 ツインリンクもてぎは早朝氷点下まで冷え込んだが、綺麗に晴れ渡る青空の下、午前8時00分より20分間にわたり公式予選が行われた。

 序盤は地元ル・ボーセの62号車・小倉祥太を先頭に、続くのはZAP勢の3台。朝の冷え込みから路面温度が上がらず各車予選終盤でのアタックに備え入念にタイヤに熱を入れる。

 コンディションから予想された通り、終盤にかけて各車タイムアップ。7〜8周目あたりに各車最速ラップを記録するが8周目に62号車・小倉祥太が一人2分4秒台に入れトップタイムを更新しポールポジションを獲得。

 2位は14号車・大草りき(ZAP・プロスペリテED)で2分05秒538。3位は17号車・小林丈晃(ZAPSPEED ED)で2分05秒934。以降4位7号車・佐藤セルゲイビッチ(ZAP結婚の学校10VED)、5位82号車・片岡聡(ノセレーシング TWS-ED)と続いた。

 第1戦決勝は本日3月12日、12時45分より10周で行われる。

Text & Photo: Hiroshi ICHIMURA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース