Archives

  • [—]2017 (514)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER GT

SGT:第6戦鈴鹿公式予選 バトンのQ1アタックは惜しくも不発!ポールは#24フォーラムエンジニアリングGT-R

スーパーGTのシリーズ戦として開催される最後の鈴鹿1000kmでポールを獲得したのはコンドーレーシング!!

2017オートバックス スーパーGT第6戦「第46回インターナショナル鈴鹿1000km」の公式予選が8月26日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、#24佐々木大樹/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R)が従来のコースレコードを約コンマ4秒上回る1'47.074を記録し、今季初のポールポジションを獲得した。GT300クラスも#25松井孝允/山下健太/近藤翼組(VivaC 86 MC)が82kgものウェイトハンデを物ともせず1'57.543のコースレコードを叩き出してポールポジションをもぎ取った。

gt-rd6-q-union-jack

gt-rd6-q-16

gt-rd6-q-24

gt-rd6-q-19

gt-rd6-q-17

gt-rd6-q-25

gt-rd6-q-18

gt-rd6-q-5

公式予選は午後2時35分よりノックアウト方式で行われた。天候は晴れ。ドライコンディションの下、両クラスとも激しいタイムアタック合戦が繰り広げられた。

予選Q1
今回の Q1で最大の注目点は#16MOTUL MUGEN NSX-GTのタイムアタックを第3ドライバーのジェンソン・バトンが担当したことだろう。バトンは残り時間7分を切ったところでコースインすると、1’48.588とまずまずのタイムを記録するが、チェッカー寸前に#12
ヤン・マーデンボロー(カルソニックIMPUL GT-R)がバトンをコンマ09秒上回ったために9位に転落、惜しくもQ2進出はならなかった。

一方、トップタイムはチェッカー直前に1’47.576を記録した#100山本尚貴(RAYBRIG NSX-GT)。2番手には#19関口雄飛(WedsSport ADVAN LC500)がつけた。

GT300クラスはルーキーの#5藤波清斗(マッハ車検MC86 GTNET)が1'58.680でトップ。#60吉本大樹(SYNTIUM LMcorsa RC F GT3)が2位につけた。

予選Q2
GT500クラスは#12安田裕信(カルソニックIMPUL GT-R)、#24ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R)、#46本山哲(S Road CRAFTSPORTS GT-R)の3台のニッサンGT-Rが接戦を繰り広げる中に#19国本雄資(WedsSport ADVAN LC500)が割って入る展開となり、従来のコースレコードである1'47.456を大幅に上回る1'47.074を叩き出したオリベイラがポール。国本が2番手につけ、ヨコハマタイヤ勢がフロントローを独占することになった。
3位には#17塚越広大(KEIHIN NSX-GT)がつけた。

GT300クラスは61井口卓人(SUBARU BRZ R&D SPORT)、#60飯田章(SYNTIUM LMcorsa RC F GT3)、#18中山友貴(UPGARAGE BANDOH 86)とめまぐるしくトップが入れ替わる展開となったが、最後の最後に1'57.543と唯一57秒台のタイムを記録した#25山下健太(VivaC 86 MC)が昨年牧野任祐が#2ロータスエヴォーラで記録したコースレコード1'57.811を上回って先週のスーパーフォーミュラ第4戦に続き、2週連続でポールポジションを獲得した。2位には#18中山、そして3位には#5坂口夏月(マッハ車検MC86 GTNET)がつけ、終わってみればMC86の1-2-3という結果になった。

最後の鈴鹿1000km、第6戦決勝は明日午後0時30分より173周(1000km)で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Keiichiro TAKESHITA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース