Archives

  • [—]2017 (562)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA

SF:第5戦オートポリス予選会見 「『1周ですよ』てLINEで教えてほしかったわ(笑)」(小林可夢偉)

sf-rd5-q-ps-top3

ポールポジション #40野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
sf-rd5-q-pc-nojiri すごく嬉しいです。やっぱりスーパーフォーミュラの予選でポールってのは優勝よりも別の意味で嬉しさがあるので。もちろんクルマも非常に良くての結果なので、チームにもすごく感謝していますし、この感謝の気持ちを明日のレースでしっかり表せられればいいかなと思います。
(Q1の赤旗について )途中までアタックしちゃってたのですごく嫌でした。そのあと出るかどうか、タイヤが残っているかどうかもわからなかったので。このコースはタイヤがなくなっちゃうとタイムが出なくなるので、そこはすごく不安でした。Q1通れてホッとしました。
(Q2からQ3にかけての変化について)Q2はまだ少し余してしまった部分や、引っかかってしまった部分もあって、本来のタイムを引き出せませんでしたが、Q3は結構頑張りました。
予選2位 #1国本雄資(P.MU/CERUMO · INGING)
sf-rd5-q-pc-kunimoto 2番手でホッとしています。昨日からクルマの調子が良くて。ただもう少しバランスを合わせたかったんですけど、クルマがいいぶんチャレンジできない部分があり、あまりクルマを変えることができずに予選を走ることになりました。最後はまずまずの走りができましたがポールが取れなかったのは残念です。ただ2番手なので、優勝できるチャンスは充分あると思います。しっかりやりきりたいと思います。
(Q2からQ3のタイムアップについて)フリー走行ではセクター3で前に詰まったりでタイムは出ませんでしたが感覚は掴めていました。Q2も第2ヘアピンで7号車に引っかかってかなりロスしてしまったので、あれがなかったらも26秒5ぐらいは行けてたと思います。Q3はトラフィックもなく、バランスもまずまずの中でアタックできたのでコンマ6秒ぐらい上がりました。
予選3位 #18小林可夢偉(KCMG)
sf-rd5-q-pc-kamui Q2終わった時点で「いけるかな?」と思ったのがあんまりよくなくて、守りに入ってしまった部分があってタイムを上げられませんでした。ただ野尻のタイムまでは行けなかったなと思ってます。今週クルマの走りだしはよくなくて、「今週ダメかな?」と思ったんですが、今日クルマを変えたらそこそこ良くなって、予選始まったら「あれ?」というぐらい良くなって、うまくリカバリできて、このポジションに帰ってこられたということが力になると思います。
(ウォームアップを2周したことについて)最初からそう決めていて、逆に他のドライバーが1周でアタックに入っていることを知りませんでした。トムスぐらいかなと思っていました。Q2がうまくいったのでQ3も作戦を変えませんでした。この二人は「バカだな」と思ってたんじゃないですか?(笑)LINEで「1周ですよ」って教えてほしかったなあ(笑)
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース