Archives

  • [—]2018 (3)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第3戦岡山決勝 上位3人のコメント「まだ20分の3終わっただけなので、まだまだ気を抜けません」(#23高星明誠)

優勝 #23高星明誠(B-MAX NDDP F3)
f3-rd3-r-pc-takaboshi 前の2戦と同様、スタートが重要、なおかつヘアピンまで決して気を抜かない、ということを意識して挑みました。スタートはすごく良くて、1コーナーまでに後続を離したので1周目を危なげなく走り終えることが出来ました。そのあともクルマのバランスが良くてファステストも取れたということで、自分にとって非常にいいレースになりましたし、いいレースウィークにできたと思います。
スタートダッシュを決められて、ポイントリーダーで鈴鹿を迎えることはいいことだと思っていますが、まだ20分の3終わっただけなので、まだまだ気を抜けませんし、みんなどんどん速くなってくると思うので、油断せずに気を引き締めてやっていきます。
2位 #12アレックス・パロウ(THREEBOND)
f3-rd3-r-pc-palou 今回は4位からスタートすることになりましたが、1周目が非常に重要であり、90%がそこで決まってしまうと思っていました。とりあえずいいスタートはできましたが、前の坪井選手がスタックしていたので、それを避けるためにタイムをロスしてしまいました。それでも1コーナーまでに2位に上がれたので、とてもいいレースになったと思います。
セクター2はスローな区間なので、いろんなドライビングをトライしていました。そこでブレーキを遅らせてみたところ、ホイールをロックさせてしまい、そこでタイヤにフラットスポットができたので、その後も何度かホイールがロックしてしまいました。
今回初めてのシリーズ、初めての岡山のコースということで大変でしたが、鈴鹿は1ヶ月前にテストで経験しているので、もっといいレースウィークにできると思います。クルマはとてもいいので、今回以上の結果を期待できると思います。
3位 #36宮田莉朋(カローラ中京 KUO TOM'S F314)
f3-rd3-r-pc-miyata 初めてのF3でしたが、開幕戦はペースがよくて、2レース目はスタートで結果が決まってしまった感じで、前でアクシデントがあり運に助けられましたが、今回は本当にスタートとかはあまり考えずに自分のやりたい通りにやろうと思っていました。で今回の3レース目で見つけたことを次に生かそうと設定していたので、そういった意味でも最後までずっとタイムを落とさずに、できたらファステストラップも取りたかったですけども、いいレースウィークになったと思います。
鈴鹿は合同テストでもトップタイムに近いタイムが出ていましたし、今回のレースでロングランでも技術的にそんなに差はないとわかったので、あとは本当にタイヤが冷えた状態の1周目とスタートを決められるように、短い期間ですが考えて臨みたいと思います。
Nクラス優勝 #30DRAGON(B-MAX Racing F306)
f3-rd3-r-pc-dragon 今日は第1レースでアクシデントがあったりしてノーポイントだったので、気持ちを立て直して行こうと思っていました。2レース目はポールスタートで、ニュータイヤを温存していたこともあり、先行逃げ切りで、序盤逃げられれば勝てると思っていました。
正直後ろの順位が入れ替わってからの勝負だと思っていたので、霜野選手が2位に上がったところで平常心を保ちながらプッシュしました。でも相手のラップタイムを聞いていたので、相手が上げればこっちも上げようと。それがうまくできたレースだと思います。
鈴鹿は前回のテストで霜野さんが少し速かったですが、さほど大きな差ではなかったので、自分のベストを尽くせばチャンスはあると思っていますので、勝てるように頑張ります。
Nクラス2位 #77霜野誠友(CMS ADVANTECH F306)
f3-rd3-r-pc-shimono 一言で言うとすごく悔しいレースでした。スタートもエンジンの回転数が少し落ちた感じでいいスタートではなく、後ろから久保田選手とか植田選手が来て、1コーナー回ったところで少しダートに出ちゃって順位を落としました。そのあとヘアピンでCクラスにアクシデントがあって順位を上げることができて、そのあと植田選手をパスすることができました。その時点でDRAGON選手が差をつけていらっしゃったので、なんとか追いつければと思っていたんですが、タイヤの条件など様々な理由で中盤以降厳しくなりました。そういった意味でもF3デビューレースで表彰台に上がることができましたし、速さを見せることもできたかなと思うので、いい週末だったかなと思います。
鈴鹿は国内で唯一走りこましてもらってるサーキットですし、前回のテストも良かったので、なんとか優勝したいと思います。
Nクラス3位 #11植田正幸(Rn 山下製作所 F308)
f3-rd3-r-pc-ueda 第2レースでちょっとアクシデントがあって2位表彰台を逃したので、今回は表彰台に上がらないとと思っていましたが、上の2台とは差があるので、そこをきっちり改善していかないとと思っているので、データなどをみて直していきたいと思います。
鈴鹿の合同テストは霜野さんが速かったんですけども、追いつかない範囲じゃなかったし、よく走っているコースなので、データをしっかりと見直して、自分のスキルも上げていかないと届かないと今回痛感したので、しっかり準備して鈴鹿に行きたいと思います。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース