Archives

  • [—]2017 (541)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第12戦富士決勝会見 「正直ラッキー、という気持ちはあります」(#23高星)

優勝 #23高星明誠(B-MAX Racing Team with NDDP)
f3-rd12-r-pc-takaboshi ありがとうございます(笑)
予選は3位ということで僅差でしたが実際にはタイム以上の差があったと感じていて、鈴鹿からずっと厳しい状況が続いている印象がありました。予選ではフルプッシュしてあそこまでのタイムを出せましたが、まだまだ足りないな、と思います。
決勝に関してはスタートを成功させればいつもの流れで勝てると思っていたのに失敗してしまい、ついていくしかない状況になってしまいましたが、そこでアクシデントが起きて、正直ラッキーという気持ちはありますね。そのあとマシンバランスがすごく悪くて、明日に向けてのことを考えながら走っていた状況ですけど、それでもファステストを取れましたし、レースを通してみれば優勝できて、ファステスト取れてよかったのかな、と思っています。
今はトムスに速さがあるので、マシンバランスをどこまで修正していけるか、に明日も取り組んでいきます。僕の中では次のもてぎがターニングポイントになると思っていて、そこでどれだけポイントを取れるかだと思います。
今日は勝てるような展開にはならないと思っていたので、そこで勝てたのはラッキーだと思います。明日同じ展開には絶対ならないので、自力で追い上げられるように、速さを磨いてレベルアップしていきたいです。
2位 #2大津弘樹(TODA RACING)
f3-rd12-r-pc-otsu 鈴鹿からのインターバルでチームがクルマをすごくよく仕上げてくれたので、金曜日から上位に入ることができました。今日はトムスの2台がアクシデントでいなくなったので表彰台に上がれたんですけど、自分の走りに関してはペースにばらつきもあって、ミスも多かったので、そこは悔しいところです。
前回の富士も前の2台がペナルティだったので、表彰台は自分の力じゃなかったんですけど、自分のレースをして表彰台に上がれたのは嬉しいです。明日も4番手からですが、また表彰台と優勝を目指して頑張ります。
3位 #12アレックス・パロウ(ThreeBond Racing with DRAGO CORSE)
f3-rd12-r-pc-palou 今日は厳しい一日でしたが、運もありました。自分のペースにも問題がなくレースを終えることができ、表彰台に上がれたという点は良かったと思います。予選も悪くはなかったんですが、トムスのペースについていけませんでした。まだまだデータを見直して、細かい部分を詰めていって明日のレースも頑張ります。
明日も5番手からのスタートになりますが、富士では自分たちにスピードがあればまだまだチャンスがあると思うので、トムスとのギャップを詰めるために色々改善していきます。応援に来てくれている家族には優勝するところを見せたいです。特に彼らは日本に来るのが初めてなので、共に喜びを分かち合いたいです。
Nクラス優勝 #30DRAGON(B-MAX RACING TEAM)
f3-rd12-r-pc-dragon 予選はコース外走行ということでペナルティをいただきましたが、スピードそのものはアドバンテージがあったので、決勝もとにかく落ち着いていけば大丈夫だろうという心持ちで臨みました。
一周1台くらいのペースでじっくりやろうと思っていて、トップに立ってからは引き離してやろうというつもりでした。明日はニュータイヤを1セット残しているので、まず今日のアクシデントのようなことがなければ必ず勝てると思います。
Nクラス2位 #11植田正幸(B-MAX with Rn-Sports山下製作所)
f3-rd12-r-pc-ueda 予選はラッキーというか(笑)ポールが二つも取れたので、勝つなら今日だなと思っていたんですけど、スタートで出遅れて、一度トップに返り咲いたんですが、プリウスコーナーでミスがあって、そこで一気にDRAGON選手に詰められて前に行かれてしまいました。そのあとはアレックスとずっとやり合っていて、その間にDRAGON選手に逃げられるばっかり。でもクルマのペース的には最後までタレるようなことはなかったので、明日はスタートに掛けて頑張ります。
Nクラス3位 #5アレックス・ヤン(HuaJiangHU Racing)
f3-rd12-r-pc-yang 今日はとても暑かったですが、成績には非常に満足しています。序盤は慎重にいきましたが、厳しい暑さだったこともあり、後続に次々に抜かれてしまいました。明日も頑張ります。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース