Archives

  • [—]2017 (366)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第6戦富士決勝 総合でアレックス・パロウが、NクラスでDRAGONが優勝

 全日本F3選手権第6戦は13日、富士スピードウェイで決勝を行い、総合でアレックス・パロウ(THREEBOND)がNクラスでDRAGON(B-Max Racing F306)が優勝した。

f3-rd6-r-1vs23

f3-rd6-r-12

f3-rd6-r-23

f3-rd6-r-2

f3-rd6-r-33

f3-rd6-r-30

f3-rd6-r-22

f3-rd6-r-11

f3-rd6-r-goal

f3-rd6-r-winner

f3-rd6-r-podium-winner

f3-rd6-r-podium

f3-rd6-r-podium-winner-n

f3-rd6-r-podium-n

 午前中の予選直後からさらに強さを増した雨は、午後から行われたサポートレース決勝のうち2レースをセーフティーカー先導のまま赤旗チェッカーという結果を強いたが、しかしその雨もF3のコースインが始まる頃には小雨となり、午後3時45分予定通りフォーメーションラップが始まった。

 スタートはポールポジションのアレックス・パロウ(THREEBOND)がトップで1コーナーへ向かう。予選2位の坪井翔(カローラ中京Kuo TOM'S F317)は出遅れ、2位には予選3位の高星明誠(B-MAX NDDP F3)が上がってきた。しかし3位に落ちた坪井はすかさずオープニングラップのダンロップコーナーでインから高星を差し2位にポジションを戻す。

 この間、トップに立ったパロウは1周目に2位以下を2秒9離して戻ってくると、4周目には2位坪井との差を4秒2とさらに開く。

 パロウのぶっちぎりでレースは進行すると思われたが、ここからパロウと坪井のラップタイムが拮抗し始める。

 坪井は8周目にこのレースのファステストラップとなる1分50秒138を出すと3位の高星との差を開きながら、徐々にパロウに接近。9周目にその差を3秒4とすると10周目に周回遅れに詰まったパロウとの差を一気に2秒とし射程に捉えた。

 14周目のストレートでパロウの背後に付いた坪井は1コーナーでインから並びかけるもここは抜けず、逆にリードを広げられてしまう。

 最終15周目は出始めた霧と水しぶきで視界が悪くなる中、1コーナー手前で「ブレーキングをしたらパロウが見えたので前を突っ切ろうと思った」という坪井がパロウのマシンの横っ腹に追突。パロウは最小限のダメージでコースに復帰したが、坪井はコースに復帰するもフロントウイングを壊し万事休す。

 手負いでペースの上がらない坪井はダンロップコーナー立ち上がりで高星にパスされ3位、さらに大津弘樹(TODA FIGHTEX)にも背後まで迫られるがなんとか押さえて3位でゴールに滑り込んだ。しかし、この1コーナーでの接触でペナルティー30秒を加算され8位まで順位を落とすこととなった。

 優勝はパロウで、今季2勝目。2位に入った高星も再車検でインテークシステム制御違反が見つかり失格。大津が繰り上がり2位。3位にイェ・ホンリー(KRC with B-Max F315)。以下、阪口晴南(HFDP RACING F316)、宮田莉朋(カローラ中京Kuo TOM'S F314)、ブルーノ・カルネイロ(AlbirexRT-WILSON)と続いた。

 Nクラスはスタート時、前方で失速したマシンに行く手を阻まれたポールポジションのDRAGON(B-Max Racing F306)が順位を落とす中、トップに立ったのは植田正幸(Rn山下製作所F308)。しかし植田もコカコーラコーナーで前のマシンに詰まった隙に長谷川綾哉(Alb新潟第1ホテルSuger)にパスされ2位に落ちると、ヘアピンでは、DRAGONにかわされた際にイン側の水たまりに乗りスピンし、最後尾まで落ちてしまう。

 その長谷川も3周目のコカコーラコーナーでスピンをし、トップをDRAGONに明け渡すこととなる。

 トップに立ったDRAGONはその後も2位との差を広げ15周を走って今季3勝目。2位には長谷川が、3位には最後尾から追い上げた植田が入った。

 第7戦決勝は明日14日、午前11時25分より21周で行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース