Archives

  • [—]2017 (366)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2016年10月

SUPER FORMULA

SF:2016年シリーズチャンピオン獲得会見 「長いシーズンが終わってホッとしています」#2国本雄資

sf-rd7-r2-ps-champion

ドライバーズチャンピオン #2国本雄資(P.MU/CERUMO INGING SF14)
sf-rd7-r2-pc-kunimoto 長いシーズンが終わってホッとしています。昨シーズン石浦さんがチャンピオンを取って、自分は不甲斐ない結果で苦しいシーズンを過ごして、今年こそはと思ってシーズンオフからいろんなことにトライして、全てを変えないといけないと思って挑んだ今シーズンでした。
開幕戦から2位を取ることができて、岡山の2レースめで優勝することができ、今年やってきたことが少しずつ形になってるという実感があったし、自分の中でも自信がついて、最後のレースも絶対にチャンピオン取ってやる、という強い気持ちで鈴鹿に入ったし、そのためにたくさんのことを準備してやってきました。
第1レースで今までで一番いいレースができました。最高のスタートができて、勝つことができました。第2レースはうまく行かないレースだったんですけど、周りの状況を冷静に見ながら自分のレースをすることができたので、去年悔しい思いをした分、今年のシリーズタイトルがすごく重みがある感じがしますし、すごく嬉しいです。
多分昨シーズンが終わった時点で僕がチャンピオンだと予想した人は誰もいなかったと思います。でも自分は絶対にとってやるんだという強い気持ちがあったから、こうやって取ることができたし、たくさんの方が常に支えてくれたのでこの結果になったのかなと思います。
本当に長くて辛いシーズンでしたが、最後に勝つことができて嬉しいですし、ホッとしています。
チームチャンピオン 立川祐路監督(P.MU/CERUMO INGING SF14)
sf-rd7-r2-pc-tachikawa 昨シーズンは石浦がドライバーズチャンピオンを取ってくれましたが、チームタイトルは逃してしまいました。
今年はもちろんドライバーズタイトルは取るし、それプラスチームタイトルも取るというのを目標にやってきました。
今年は二人とも勝ってるし、タイトルを取ってくれた国本だけでなく、石浦も最後までチャンピオン争いをしてましたし、二人が揃って速いということで、チームとしては一番いい状態になりました。
去年石浦がチャンピオンを取ったことで一番悔しい思いをしたのは国本だと思うし、今年にかける意気込みをものすごく感じたので、チームとしてこれをきちんとサポートしていこうと。去年に関しては国本のクルマに問題があったので、その辺もきちんと解決して、二人でいい戦いをしてもらおうという思いが、こうしていい結果につながったと思います。スタッフ一人一人が頑張ってくれました。今日の結果はすごくうれしく思います。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿レース2決勝会見 「これがスーパーフォーミュラでの最後のシーズンになるかもしれません」#36アンドレ・ロッテラー

sf-rd7-r2-ps-top3

優勝 #41ストフェル・バンドーン(DOCOMO DANDELION M41S SF14)
sf-rd7-r2-pc-vandoorneレースではセーフティーカーが入ってしまうのは仕方のないことだと思います。その度に全車が接近して緊張もします。
ただ僕は先頭だったのでとにかくミスをしないように、後続とのギャップを広げられるようにと気をつけてリスタートしましたし、ターン1までのギャップを作ることに成功したと思います。
2位 #36アンドレ・ロッテラー(VANTELIN KOWA TOM’S SF14)
sf-rd7-r2-pc-lotterer 今は複雑な心境です。このレースで勝っていればチャンピオンが取れたんですけど、シーズンを通じてずっとうまくいっていなかったことを考えれば、そう都合よくも行かないのかなとも思います。今週末の結果には満足しています。
今年のポイントシステムは、大勢の選手にチャンピオンの可能性があり、不安もあったし、個人的にはクレイジーなシステムだと思います。僕も最後の最後にチャンピオンを取り逃がすことがなんどもありましたしね。
もしかしたらこれがスーパーフォーミュラでの最後のシーズンになるかもしれません。アウディがWECを撤退して、今後どうするか決まっていないので。それを考えれば今日の結果を嬉しく思っています。
3位 #1石浦宏明(P.MU/CERUMO INGING SF14)
sf-rd7-r2-pc-ishiura スタートは1レースめより全然よくて納得のいくスタートだったんですけど、ストフェル選手のはそれ以上でびっくりしました。リスタートでももう一つポジションを失って良いレースにできなかったんですけど、2戦とも諦めずに表彰台に上がれたのはポジティブな結果だと思います。チームチャンピオンにも貢献できたので。去年ドライバーズタイトルを取ってから、次はチームタイトルも取れるように、国本も速く走れるようにとみんなで目指してやってきました。本当は僕が撮りたかったし、悔しい気持ちもあるんですけど、チームが目指していたものが全部取れたことは嬉しく思っています。
優勝チーム監督 村岡潔(DOCOMO DANDELION)
sf-rd7-r2-pc-muraoka 最後に勝てるというのは気持ちのいいものですね。来年に繋がってよかったなと思ってます。
ストフェルはすごく苦労したと思います。日本のチームで、日本のカルチャーの中で色々苦労しながらやってきました。チームはワンステップもツーステップもストフェルから勉強してヨーロッパのチームに近づけたかなと思います。そうしてストフェルをF1に送り出せるのはよかったです。
今アンドレのニュースを聞きましたが、こうやってどんどんとスターのいなくなっていくスーパーフォーミュラはやっぱり日本人のスターを育てて行かないと。来年急にお客さんが減ったりしないように頑張らないとと思います。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿決勝レース2 #41バンドーンが今季2勝めを挙げて有終の美を飾る。シリーズチャンピオンは#2国本が獲得

2016全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦「第15回JAF鈴鹿グランプリ」の決勝レース2が10月30日午後、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、予選2位からスタートした#41ストフェル・バンドーン(DOCOMO DANDELION M41S SF14)が今季2勝めを挙げた。
またこれによりシリーズチャンピオンはこのレースを6位でフィニッシュした#2国本雄資(P.MU/CERUMO-INGING SF14)が獲得することとなった。
(天候:晴れ コース:ドライ 観客動員数:21,000人)

sf-rd7-r2-start

sf-rd7-r2-36vs19

sf-rd7-r2-16-crash

sf-rd7-r2-sc

sf-rd7-r2-41

sf-rd7-r2-36

sf-rd7-r2-1

sf-rd7-r2-2

sf-rd7-r2-41-goal

sf-rd7-r2-winner

sf-rd7-r2-podium-winner-director

sf-rd7-r2-podium

sf-rd7-r2-podium-champion

sf-rd7-r2-podium-team-champion

第7戦決勝レース2は午後2時45分より35周で行われた。
見事なスタートを決めてトップに立ったのはバンドーン。ポールポジションの#1石浦宏明(P.MU/CERUMO-INGING SF14)は2位に後退し、予選5位の#36アンドレ・ロッテラー(VANTELIN KOWA TOM’S SF14)が3位にジャンプアップ。逆に予選3位の国本はスタートで出遅れて後続に飲み込まれ、6位に後退してコントロールラインに戻ってきた。

なおこのレースでは最低1回のタイヤ交換が義務付けられており、後方グリッドのドライバーたちが早めにピット作業を済ませて順位を挽回する作戦に出た。
ポイントリーダーながら予選13位に終わった#20関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14)もその一人で、2周めにピットに飛び込んでタイヤ交換を行なったが、同じ周にピットインした#8小林可夢偉(SUNOCO TEAM LEMANS SF14)にピット出口で前を塞がれる格好になってしまい、その目論見は外れてしまった。

トップのバンドーンと2位の石浦はスタートから1秒強の間隔を保って周回を重ね、16周めに2台同時にピットイン、揃って給油とタイヤ交換を行い、そのままバンドーンが前でコースに復帰する。
3位のロッテラーは12周めにタイヤ交換を済ませており、ピットアウトした石浦の背後に一気に迫ってきたが、石浦もスプーンカーブでオーバーテイクボタンを作動させるなどして押さえ込んだ。

するとトップが24周めに入ったところで最後尾スタートの#11伊沢拓也(REAL SF14)がスプーンでクラッシュ、これにより2周にわたってセーフティーカーが導入されることになった。
するとここまでピット作業を引き延ばしていた国本がすかさずピットイン、#10塚越広大(REAL SF14)の後ろ、7位でコースに復帰した。

レースは27周めにリスタート。
うまく加速のタイミングをずらしたバンドーンが石浦を大きく引き離して1コーナーに飛び込む。
石浦の背後には再びロッテラーが迫ってきたが、ここでも石浦はロッテラーの先行を許さなかった。
ところが28周めの最終コーナーで今度は#16山本尚貴(TEAM無限 SF14)がスピン、外側のタイヤバリアに後ろから突っ込んでしまい、2度めのセーフティーカーランの原因を作ってしまった。

2度めのリスタートは32周め。
ここでもバンドーンは危なげなくトップをキープするが、石浦はシケインの立ち上がりでオーバーステアを出してしまい、1コーナーでアウトからロッテラーにかわされて3位に後退してしまった。

2位に浮上したロッテラーはバンドーンを上回るペースで追い上げていく。この時点で国本の順位は6位。ここで優勝すれば逆転チャンピオンも可能な状況となったのだ。
33周を終えた時点でその差は1.1秒に、さらにファイナルラップを迎えた34周終了時点では0.95秒までロッテラーはその差を削り取ったが、あと一歩及ばず、最後はわずか0.726秒差でバンドーンが逃げ切り、第5戦岡山のレース2以来の今季2勝めを獲得した。
2位はロッテラー、3位は石浦という結果になった。
これによりシリーズチャンピオンは6位1.5ポイントを獲得し、トータル33ポイントとした国本のものとなった。
ランキング2位は30ポイントのロッテラー、このレースを8位で終えた関口が28.5ポイントで
3位となった。

スーパーフォーミュラの2017シーズンは現時点では4月15-16に開幕予定だが、この日程が世界耐久選手権(WEC)とバッティングしているため、今後変更になる可能性もある。
またスーパーGTや全日本F3選手権で活躍しているB-MAXが来年から参戦することを明らかにしており、そちらの動向も今後注目していきたいところだ。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

S-FJもてぎシリーズ

SFJ:もてぎシリーズ第5戦決勝 9号車伊藤鷹志(スーパーウインズ花島ED10V)が逆転優勝

 JAF地方選手権スーパーFJもてぎシリーズ第5戦は10月30日、ツインリンクもてぎ(1周4.801379km)で決勝を行い、9号車 伊藤鷹志(スーパーウインズ花島ED10V)が20分49秒839で4番グリッドから逆転優勝を飾った。

ポールポジションの名取鉄平

ポールポジションの名取鉄平

決勝のスタートシーン

決勝のスタートシーン

2周目1コーナーのトップ争い

2周目1コーナーのトップ争い

トップでゴールした名取鉄平だったが

トップでゴールした名取鉄平だったが

優勝した伊藤鷹志

優勝した伊藤鷹志

2位の兒島弘訓

2位の兒島弘訓

3位の津本匠

3位の津本匠

暫定表彰式

暫定表彰式

優勝した伊藤鷹志とチームクルー

優勝した伊藤鷹志とチームクルー

 ツインリンクもてぎは爽やかに晴れ渡り、11時45分よりフォーメーションラップを開始。

 シグナルブラックアウトからスタートするとポールポジションの12号車 名取鉄平(MZ KKS-II 制動屋)が抜群の飛び出し。更に9号車 伊藤鷹志も4番グリッドから絶妙な蹴り出しで1コーナーで3位に浮上する。

 2周目1コーナーでは上位4台が激しい争いを展開するが、トップの名取が落ち着いたレース展開で後続との距離を徐々に広げ始める。更に3位伊藤がレース中盤にやっと2位の2号車 兒島弘訓(小林電工ダイキンWAKO’S)を捉え2位に浮上。その時1位名取は2〜3秒の差を絶妙にコントロールしてファイナルラップまでその差をキープし、ここまでは完璧なレース運びに思えた。

   そのままトップでチェッカーを受けた名取だったが、なんとその直後スタート違反による30秒加算のペナルティが課せられ、2位フィニッシュの伊藤が逆転優勝を飾った。

 2位は2号車 兒島弘訓(小林電工ダイキンWAKO’S)、3位は58号車 津本匠(Rn-sports KKS-II)となった。

 ペナルティでフィニッシュタイムに30秒加算された名取は悔しい9位となったが、来月の日本一決定戦に向けて速さを存分に見せつけた。

伊藤鷹志選手のコメント
優勝した伊藤鷹志

優勝した伊藤鷹志

 スタートのトラクションが良く、いい蹴り出しで3位に浮上出来た。2番手兒島選手の攻略に時間を要してしまったのはタイヤに熱が入るのがやや遅かった為。後半重視のセッティングだったので終盤タイムを上げていけたのは良かったが、名取選手にレースをコントロールされてしまったかな……。名取選手をはじめ西日本の選手は速いしコースへの順応の早さも認めるところ。来月の日本一決定戦でも勝てる様にしっかり準備したい。
Text & Photo: Hiroshi ICHIMURA

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿レース2決勝結果

JAF GRAND PRIX SUZUKA -RIJ- (2016/10/30) Final Race 2 Weather:Fine Course:Dry
2016 SUPER FORMULA Round 7 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCarEngineLapTotal_Time
Behind
141ストフェル・バンドーンDOCOMO DANDELION M41S SF14Honda HR-414E351:08'32.427
236アンドレ・ロッテラーVANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A350.726
31石浦 宏明P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A353.988
419ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A356.471
565ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACING SF14Honda HR-414E358.500
62国本 雄資P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A3513.012
78小林 可夢偉SUNOCO TEAM LEMANS SF14TOYOTA RI4A3514.096
820関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A3515.356
934小暮 卓史DRAGO CORSE SF14Honda HR-414E3518.353
1064中嶋 大祐NAKAJIMA RACING SF14Honda HR-414E3519.180
1118中山 雄一KCMG Elyse SF14TOYOTA RI4A3520.644
1210塚越 広大REAL SF14Honda HR-414E3524.422
134ウィリアム・ブラーフジ・コーポレーションKONDO SF14TOYOTA RI4A3525.317
147ナレイン・カーティケヤンSUNOCO TEAM LEMANS SF14TOYOTA RI4A351'07.306
153ジェームス・ロシターフジ・コーポレーションKONDO SF14TOYOTA RI4A351'19.114
1637中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A351'28.424
---- 以上規定周回数(31Laps)完走 ----
-16山本 尚貴TEAM無限SF14Honda HR-414E278Laps
-11伊沢 拓也REAL SF14Honda HR-414E2213Laps
-40野尻 智紀DOCOMO DANDELION M40Y SF14Honda HR-414E1520Laps
  • Fastest Lap: CarNo.7 ナレイン・カーティケヤン(SUNOCO TEAM LEMANS SF14) 1'39.712 (35/35) 209.66km/h

S-FJもてぎシリーズ

SFJ:もてぎシリーズ第5戦 公式予選 名取 鉄平(MZ KKS-II 制動屋)がポールポジション

 JAF地方選手権スーパーFJもてぎシリーズ第5戦は10月30日ツインリンクもてぎ(1周4.801379km)で公式予選を行い、12号車名取鉄平(MZ KKS-II 制動屋)が2分03秒484でポールポジションを獲得した。

ポールポジションの名取鉄平

ポールポジションの名取鉄平

予選2位の兒島弘訓

予選2位の兒島弘訓

予選3位は津本匠

予選3位は津本匠

予選4位は伊藤鷹志

予選4位は伊藤鷹志

 今回最終戦となる第5戦には来月27日にこのもてぎで行われる日本一決定戦を見据え東西の猛者が集結。今シーズン最多の19台がエントリーリストに名を連ね、大激戦が予想される。

 ツインリンクもてぎは爽やかな秋空の下、午前9時00分より20分間にわたり公式予選が行われた。

 朝は気温がひと桁台まで冷え込んだコンディションの中、各車入念にウォームアップ。クリアラップを狙う者、隊列を組んでスリップを使おうと目論む者、それぞれのスタイルでセッション中盤あたりから各車タイムアップを重ねて行く。

 シリーズ全勝中でここもてぎでは「チン伊藤」で有名な9号車伊藤鷹志(スーパーウインズ花島ED10V)が3番手タイムを出したところで終盤5分あまりを残し一旦ピットイン。ピットアウト後ラストアタックに勝負を賭けセクター1・2をベストベストで駆け抜ける。

 しかしこの直後残り1分半を切った所で4コーナーコース上でマシンがストップし赤旗でセッション中断のまま予選が終了。4番グリッドに甘んじる事に。

 そして赤旗直前にタイムを刻んだ上位3台は全て西日本からの参戦組で関東勢をフロントローから追いやる結果となった。

 ポールポジションは12号車 名取鉄平(MZ KKS-II 制動屋)が2分03秒484。カートのTeam BirelARTからKF部門に参戦し大活躍の16歳だ。2位は2号車 兒島弘訓(小林電工ダイキンWAKO’S)で2分03秒862。3位は58号車 津本匠(Rn-sports KKS-II)で2分04秒032となった。

 4番グリッドにつけた伊藤は「16歳を大人のレースで攻略する」と笑顔でコメントし、レース本番に向け自信をのぞかせていた。

 決勝は本日10月30日、11時45分より10周で行われる。

Text & Photo: Hiroshi ICHIMUEA

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿決勝レース1優勝会見 「レース2もチャレンジャーの気持ちで戦います」#2国本雄資

sf-rd7-r1-ps-top3

優勝 #2国本雄資(P.MU/CERUMO INGING SF14)
sf-rd7-r1-pc-kunimoto なんとか1レースめで優勝することができて。今日のレースはスタートも完璧に決まったし、ペースも良かったので、すごく自信を持って走ることができました。
昨日からちょっとスタートに不安があったんですけど、夜のうちに全て解消して、気合を入れてスタートを狙ったのがうまくいき、非常に満足です。
第2レースは3番からスタートですけど、ポイントランキングトップだし、レース1と同じチャレンジャーの気持ちで強い気持ちを持って戦いたいと思います。
2位 #36アンドレ・ロッテラー(VANTELIN KOWA TOM’S SF14)
sf-rd7-r1-pc-lotterer すごくいいスタートができて2位に上がれたし、本当にいいクルマだったのでいいレースができました。ただ前に近づくとダウンフォースを失ってしまう状況で、オーバーテイクは非常に難しかったです。相手のクルマも非常に速く何一つミスをしなかったので2位は上出来だと思います。
でもまだチャンピオンシップは諦めていません。次のレースも頑張って走ります。
3位 #1石浦宏明(P.MU/CERUMO INGING SF14)
sf-rd7-r1-pc-ishiura 昨日から今朝も入念にスタート練習していたんですけど、完璧ではないスタートで、自分の中では80点ぐらいのスタートになってしまったので、他の二人が100点満点のスタートだったのかなと思います。加速が一瞬遅れてるのがわかっていたので、その時点で気持ちを切り替えて全力でプッシュしましたが、毎ラップコンマ2、3秒負けてるところがありました。それがどこかはわかっているので、しっかり修正してレース2に取り組みます。レース1もそうでしたが、レース2も優勝を狙ってやっていきたいなと思います。
優勝チーム監督 立川祐路(P.MU/CERUMO INGING)
sf-rd7-r1-pc-tachikawa スタート前から、二人ともチャンピオン争いをしているということで複雑な気持ちでした。二人とも予選から調子が良くて、今日のレースに関してはスタートから1コーナーまでが鍵かなと思っていましたが、国本がそのチャンスをものにしたということで。ランキングもトップに上がって、2第共表彰台に上がったのは良かったです。
最近僕もここ(記者会見場)に来る機会が増えました。ドライバーたちとチームスタッフ全員が頑張ってる証拠なので嬉しく思います。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿決勝レース1 抜群のスタートを決めた#2国本が今季2勝めを挙げてランキングトップに浮上!!

王手をかけたのは#2国本!!
全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦「第15回JAF鈴鹿グランプリ」の決勝レース1が10月30日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、予選2番手からスタートした#2国本雄資(P.MU/CERUMO-INGING SF14)が抜群のスタートでトップに立ち、そのまま逃げ切って今季2勝めを挙げ、シリーズポイントでもトップに浮上した。

sf-r07-r1-start

sf-r07-r1-41vs20

sf-r07-r1-2

sf-r07-r1-36

sf-r07-r1-1

sf-r07-r1-2-goal

sf-r07-r1-winner-3rd

sf-r07-r1-winner

sf-r07-r1-podium-winner

sf-r07-r1-podium

決勝日を迎えた鈴鹿サーキットは朝から快晴。
絶好のレース日和のもとで決勝レース1は午前9時45分より19周で行われた。

ホールショットを奪ったのは予選2位の国本。
レース後の会見でスタートへの不安を昨夜解消したと語った国本は動き出しからポールポジションの#1石浦宏明(P.MU/CERUMO-INGING SF14)を抜き去り、そのままトップで1コーナーに飛び込んだ。
続いて予選4位の#36アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S SF14)もインに寄せてきた石浦を1コーナーでアウトからかわして2位に浮上、石浦は3位でコントロールラインに戻ってきた。

1周めから一気に後続を突き放しにかかった国本だったが、ロッテラーも4周めにファステストラップを記録して国本に離されずについていく。
しかし近づけばダウンフォースが抜けてしまう現代のフォーミュラカーの特性から、ロッテラーはいまひとつ国本を捉える決め手を見つけられず、1秒後方で国本のミスを待つしかなかった。
結局レースは最後までノーミスでまとめあげた国本がそのまま逃げ切り、第5戦岡山の決勝レース2以来2度めの勝利をものにした。
2位はロッテラー、3位には石浦がつけた。

一方、ポイントリーダーとして鈴鹿入りしながら今日の決勝をいずれも13番手からスタートすることになった#20関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14)はスタートで10位に浮上すると、2周めに#19ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14)を抜いて9位、そのまま8位の#41ストフェル・バンドーン(DOCOMO DANDELION M41S SF14)のテールに食らいついて熾烈なドッグファイトを展開したが、14周めのシケインでアウトから並びかけた際、立ち上がりでバンドーンのテールをヒットしてしまった。
これによりバンドーンはスピン、関口は8位に浮上する。17周めに一旦はオリベイラに1コーナーでパスされたものの、18周めにはオリベイラが進路を譲ったため、関口は8位でチェッカーを受けた。
しかしレース後にバンドーンとの接触の件で30秒のタイム加算を受けることになり、結局関口は18位に後退、ノーポイントに終わってしまった。

これによりシリーズポイントは優勝した国本が31.5、2位のロッテラーが30、3位の石浦が24となり、国本がトップに浮上。
チャンピオン争いはこれに28ポイントの関口を加えた4名に絞られることになった。
ロッテラーはレース2で最低5位以上、関口は最低2位以上、石浦は優勝が逆転の条件だ。
しかし関口はレース2も13位から、ロッテラーも8位からスタートすることになったため、実質的には国本と石浦、セルモインギングの二人によるマッチレースになる可能性が濃厚。

決勝レース2はこのあと午後2時45分より35周で行われる。
なおこのレース2は例年通り最低1回のタイヤ交換が義務付けられている。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿レース1決勝結果

JAF GRAND PRIX SUZUKA -RIJ- (2016/10/30) Final Race 1 Weather:Fine Course:
2016 SUPER FORMULA Round 7 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCarEngineLapTotal_Time
Behind
12国本 雄資P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A1931'58.809
236アンドレ・ロッテラーVANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A191.772
31石浦 宏明P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A1913.087
440野尻 智紀DOCOMO DANDELION M40Y SF14Honda HR-414E1922.140
537中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A1924.143
665ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACING SF14Honda HR-414E1924.951
734小暮 卓史DRAGO CORSE SF14Honda HR-414E1927.087
819ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A1936.271
98小林 可夢偉SUNOCO TEAM LEMANS SF14TOYOTA RI4A1936.539
1064中嶋 大祐NAKAJIMA RACING SF14Honda HR-414E1936.811
1110塚越 広大REAL SF14Honda HR-414E1937.446
123ジェームス・ロシターフジ・コーポレーションKONDO SF14TOYOTA RI4A1937.904
134ウィリアム・ブラーフジ・コーポレーションKONDO SF14TOYOTA RI4A1942.761
1418中山 雄一KCMG Elyse SF14TOYOTA RI4A1943.071
157ナレイン・カーティケヤンSUNOCO TEAM LEMANS SF14TOYOTA RI4A1943.301
1611伊沢 拓也REAL SF14Honda HR-414E1947.440
1741ストフェル・バンドーンDOCOMO DANDELION M41S SF14Honda HR-414E1948.282
18*20関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A191'05.359
1916山本 尚貴TEAM無限SF14Honda HR-414E181Lap
---- 以上規定周回数(17Laps)完走 ----
  • Fastest Lap: CarNo.36 アンドレ・ロッテラー(VANTELIN KOWA TOM'S SF14) 1'40.221 (4/19) 208.59km/h
  • CarNo.20は、全日本スーパーフォーミュラ選手権統一規則第15条1.(危険なドライブ行為)により、競技結果に30秒を加算した。

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿予選会見 「オンボード映像のDVDを死ぬほど見て研究しました」(#1石浦宏明)

sf-rd7-q-ps-r1-top3 sf-rd7-q-ps-r2-top3

レース1,レース2ポールポジション #1石浦宏明(P.MU/CARUMO-INGING SF14)
sf-rd7-q-pc-ishiura 今回予選で2点を取るというのを目標にやってきたので、まずそこが取れてホッとしていますけど、正直そんなに順調に行くと思ってなかったし、チャンピオンシップも厳しいなと思っていたので、急にチャンスがきてびっくりしている状況でもあります。
前回の菅生がスーパーフォーミュラに復帰させてもらってから初めてというくらい悪いレースになってしまい、そこで一回落ち込んだことでチーム一丸となって、少しでも可能性のあるところは見直してきたし、しっかり準備をしてきて、国本ともクルマのこととかを話し合って2台で共有もできてるし、そういうチームの力で2台揃ってここまでいい勝負ができてると思うので、明日はどうなるかわからないけど、ここまではいい流れが作れてホッとしています。 今まで鈴鹿でポールを取ったことがなくて、鈴鹿で強い山本選手がどうやって走っているのかDVDで見て研究しました。僕らが見ると細かいラインどりやセットアップの方向性もわかるので、結構真剣に繰り返し見て、その成果が現れたのかなと思います。
去年は有利な状態で最終戦にきて、土砂降りの雨ですごくプレッシャーを感じましたが、今回は追うものの強みというか、思い切ってやるだけっていう気持ちできています。もちろん二連覇を狙っていますが、去年よりはだいぶ気楽です。
レース1予選2位,レース2予選3位 #2国本雄資(P.MU/CERUMO INGING SF14)
sf-rd7-q-pc-kunimoto フリー走行の走り始めからすごく調子が良くて、今回はかなりいけるな、と自信がありましたが、フリー走行の最後でニュータイヤを履いた時に思ったようなタイムが出せなくて、予選に向けてセッティングを合わせこんでいきました。
Q1、Q3とも自分の中ではベストの走りができたと思います。クルマもすごく完璧でタイムも上がっていったんですけど、それ以上に石浦さんが速くて、「なんでかな?」という感じです。明日2レースあるので、しっかり集中して、石浦さんにいっぱいお酒を飲ませて準備したいです(笑)
絶対チャンピオンとりたいです。自分の力をフルに出さないと取れないと思うし、そのために一年準備してきたので。明日も強い気持ちで戦うだけです。
レース1予選3位,レース2予選4位 #40野尻智紀(DOCOMO DANDELION M40Y SF14)
sf-rd7-q-pc-nojiri 走り始めからすごく調子が良くて、逆にちょとバランスが取れすぎていたこともあって変に触るに触れない状況になって、予選までになかなか正解というセットアップにたどり着けなかったんですけど、まあまあいいセットアップで走れたかなと思いますし、自分でも力を出し切れたかな、という感じで。チームとコミニュケーションをとりながらいいクルマに仕上げられたと思います。でもやっぱり石浦さんにはまだまだ届かないなというところがあるので、そこは今後見直していこう、ということで。
レース1、レース2ともに上位からのスタートですが、僕自身はタイトルは考えてないし、ただ前を抜こうとするだけ、レースを面白くしたいなと思っているので。チームにもレース1でオーバーテイクボタンを5回使ってやろう、と話していて、そのぐらいロケットぐらいにカッ飛んでいこうと思っているので、ぶつかったらすいません、と。
レース1予選7位,レース2予選2位 #41ストフェル・バンドーン(DOCOMO DANDELION M41S SF14)
sf-rd7-q-pc-vandoorne-1 予選全体を通じては良かったと思うんですけど、レース1で7位に終わったのにはがっかりしました。鈴鹿ではオーバーテイクが難しいので、正直厳しいなと思います。Q2、Q3に向けてクルマをアジャストしたらすごく良くなって、それなりの結果が出せたと思います。石浦選手ともタイムが近いので、いいレースができると思います。
レース2は距離が長く、戦略も大きく影響するので、しっかり考えていい結果を出したいと思います。
チャンスはそれほど大きくはないと思うけど、チャンピオンの可能性はまだあります。石浦さんが2回ポールですけど、僕のペースも悪くないと思います。レース1は7番手で残念ですが、できるだけの走りは見せたいと思います。
浮き沈みは大きかったけど、全体としては素晴らしいシーズンでした。素晴らしい経験もできて、日本に来て本当に良かったと思っています。冬のテストがあまり良くなかったのに、それでも最終戦までチャンピオン争いに残れたのは幸せなことです。
ここで学んだことを是非来年のF1で活かしたいと思います。
まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿公式予選 前年王者の#1石浦が連続ポールを達成。ポイントリーダー#20関口は中団に沈む

#1石浦宏明会心のダブルポール!!
2016全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦「第15回JAF鈴鹿グランプリ」の公式予選が10月29日、三重県の鈴鹿サーキットで行われた。
2レース制で行われる今大会は予選Q1の結果でレース1のスターティンググリッドを決め、レース2は他のレースと同様にQ1、Q2、Q3の結果でグリッドを決める方式が今回も取られたが、レース1、レース2ともに#1石浦宏明(P.MU/CERUMO-INGING SF14)がポールポジションを獲得、ポイントランキングを4位に上げて明日の決勝に臨むことになった。
(天候:晴れ コース:ドライ 観客動員数:13,000人)

sf-rd7-q-ishiura

sf-rd7-q-kunimoto

sf-rd7-q-nojiri

sf-rd7-q-vandoorne

sf-rd7-q-1

sf-rd7-q-2

sf-rd7-q-40

sf-rd7-q-41

sf-rd7-q-ishiura-pp

公式予選は当初予定より5分遅れて午後2時20分よりノックアウト方式で行われた。

予選Q1
Q1は20分間の走行でレース1のグリッドを決めるとともに、上位14名が次のQ2進出の権利を得て、15位以下はそのままレース2のグリッドとなる。
今週末使用できるタイヤは前戦SUGOから持ち越しのユーズドが2セットとニュータイヤ4セットの計6セットだが、大半のチームがこのQ1での2回のアタックでニュータイヤ2セットを使ったようだ。
最初のアタックでは石浦が1’38.438でトップ。以下、#65ベルトラン・バゲット(NAKAJIMA RACING SF14)、#41ストフェル・バンドーン(DOCOMO DANDELION M41S SF14)、#40野尻智紀(DOCOMO DANDELION M40Y SF14)、#20関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14)の順。
このあと各車一般ピットに戻り、残り7分を切ったあたりから2回目のアタックが始まったが、ここでも石浦の速さが際立っており、1’37.453でレース1のポールを獲得。シリーズポイントを20としてランキング5位の#37中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S SF14)に並んだ。
2位にはチームメイトの#2国本雄資(P.MU/CERUMO-INGING SF14)がつけ、野尻が3番手という結果に。
ところがチェッカー提示後に#8小林可夢偉(SUNOCO TEAM LEMANS SF14)がデグナー二つ目で飛び出してタイヤバリアにヒット。小林はこの時点で10位につけていたが、これにより予選Q2に参加できなくなってしまった。
この影響でデグナーが黄旗区間となってしまい、2周目のアタックに入っていたポイントリーダーの関口はペースを落とさざるを得なかったが、13位ギリギリでQ2進出を果たすことになった。

予選Q2
Q2は7分間の走行で上位8名がQ3進出の権利を得る。
大半のドライバーが3セット目のニュータイヤを投入する中、#19ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14)と関口のインパル勢だけがユーズドタイヤでコースイン。
第4戦もてぎでも独自のタイヤ戦略を用いて好結果を得たチームインパルだったが、今回のこの目論見は不発に終わり、オリベイラが10位、関口は走行した中で最下位の13位という結果に終わった。
関口はこれで明日の決勝をいずれも7列目からスタートすることになり、チャンピオン獲得に木信号が灯った格好だ。
一方好調ぶりを見せたのがセルモインギング勢。国本が1’37.364でトップ。石浦が1’37.589で2位につけた。
以下、バンドーン、野尻、バゲット、#64中嶋大祐(NAKAJIMA RACING SF14)、中嶋一貴、アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S SF14)とダンデライアン、ナカジマレーシング、トムスがチーム順に並ぶ結果となった。

予選Q3
Q3も7分間の走行。ここで各チーム4セット目のニュータイヤを投入した。
最初にアタックした国本は1’37.168と大幅なタイムアップを果たしたが、Q1、Q2とトップの石浦はここでも速さを見せ、最初のアタックで1’37.055で国本を上回ると、次の周でも1’37.026までまでタイムを縮めてみせた。
さらにチェッカー直前にバンドーンが1’37.031と石浦にわずか0.005秒差まで迫った。
野尻も1’37.438で4位と、ダンデライアンも好調だ。
これで連続ポールを達成した石浦はシリーズポイントを21とし、中嶋一貴を抜いてランキング4位に浮上、関口との差を7とした。

第7戦決勝は午前9時45分よりレース1が19周で、レース2は午後2時45分より35周で行われる。
果たしてチャンピオンの座を射止めるのは誰なのか、全く予測がつかない状況になってきた。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿公式予選結果

JAF GRAND PRIX SUZUKA -RIJ- (2016/10/29) Knock Out Qualify Weather:Fine Course:Dry
2016 SUPER FORMULA Round 7 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Team
Q1Q2Q3
11石浦 宏明P.MU/CERUMO・INGING SF14
P.MU/CERUMO · INGING
1'37.4531'37.5891'37.026
241ストフェル・バンドーンDOCOMO DANDELION M41S SF14
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
1'38.1531'37.6731'37.031
32国本 雄資P.MU/CERUMO・INGING SF14
P.MU/CERUMO · INGING
1'37.8011'37.3641'37.224
440野尻 智紀DOCOMO DANDELION M40Y SF14
DOCOMO TEAM DANDELION RACING
1'37.8331'37.8771'37.438
536アンドレ・ロッテラーVANTELIN KOWA TOM’S SF14
VANTELIN TEAM TOM’S
1'37.8841'38.0231'37.537
637中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF14
VANTELIN TEAM TOM’S
1'38.0481'38.0201'37.626
765ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACING SF14
NAKAJIMA RACING
1'37.9411'37.8951'37.898
864中嶋 大祐NAKAJIMA RACING SF14
NAKAJIMA RACING
1'38.4911'37.9381'37.961
910塚越 広大REAL SF14
REAL RACING
1'38.7611'38.175
1019ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
1'38.5251'38.208
1116山本 尚貴TEAM無限SF14
TEAM無限
1'38.2881'38.212
1234小暮 卓史DRAGO CORSE SF14
DRAGO CORSE
1'38.2391'38.546
1320関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14
ITOCHU ENEX TEAM IMPUL
1'38.5921'38.795
148小林 可夢偉SUNOCO TEAM LEMANS SF14
SUNOCO TEAM LEMANS
1'38.484absence
1518中山 雄一KCMG Elyse SF14
KCMG
1'38.788
167ナレイン・カーティケヤンSUNOCO TEAM LEMANS SF14
SUNOCO TEAM LEMANS
1'38.916
174ウィリアム・ブラーフジ・コーポレーションKONDO SF14
KONDO RACING
1'39.006
183ジェームス・ロシターフジ・コーポレーションKONDO SF14
KONDO RACING
1'39.076
1911伊沢 拓也REAL SF14
REAL RACING
1'39.469

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿ノックアウト予選Q3結果

JAF GRAND PRIX SUZUKA -RIJ- (2016/10/29) Knock Out Q3 Weather:Fine Course:Dry
2016 SUPER FORMULA Round 7 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCarEngine TimeBehindGapkm/h
11石浦 宏明P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A1'37.026--215.460
241ストフェル・バンドーンDOCOMO DANDELION M41S SF14Honda HR-414E1'37.031 0.005 0.005215.449
32国本 雄資P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A1'37.224 0.198 0.193215.021
440野尻 智紀DOCOMO DANDELION M40Y SF14Honda HR-414E1'37.438 0.412 0.214214.549
536アンドレ・ロッテラーVANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A1'37.537 0.511 0.099214.331
637中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A1'37.626 0.600 0.089214.136
765ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACING SF14Honda HR-414E1'37.898 0.872 0.272213.541
864中嶋 大祐NAKAJIMA RACING SF14Honda HR-414E1'37.961 0.935 0.063213.403

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿ノックアウト予選Q2結果

JAF GRAND PRIX SUZUKA -RIJ- (2016/10/29) Knock Out Q2 Weather:Fine Course:Dry
2016 SUPER FORMULA Round 7 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCarEngine TimeBehindGapkm/h
12国本 雄資P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A1'37.364--214.712
21石浦 宏明P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A1'37.589 0.225 0.225214.217
341ストフェル・バンドーンDOCOMO DANDELION M41S SF14Honda HR-414E1'37.673 0.309 0.084214.033
440野尻 智紀DOCOMO DANDELION M40Y SF14Honda HR-414E1'37.877 0.513 0.204213.586
565ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACING SF14Honda HR-414E1'37.895 0.531 0.018213.547
664中嶋 大祐NAKAJIMA RACING SF14Honda HR-414E1'37.938 0.574 0.043213.453
737中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A1'38.020 0.656 0.082213.275
836アンドレ・ロッテラーVANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A1'38.023 0.659 0.003213.268
---- 以上Q3進出 ----
910塚越 広大REAL SF14Honda HR-414E1'38.175 0.811 0.152212.938
1019ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A1'38.208 0.844 0.033212.867
1116山本 尚貴TEAM無限SF14Honda HR-414E1'38.212 0.848 0.004212.858
1234小暮 卓史DRAGO CORSE SF14Honda HR-414E1'38.546 1.182 0.334212.136
1320関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A1'38.795 1.431 0.249211.602
148小林 可夢偉SUNOCO TEAM LEMANS SF14TOYOTA RI4Aabsence---

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿ノックアウト予選Q1結果

JAF GRAND PRIX SUZUKA -RIJ- (2016/10/29) Knock Out Q1 Weather:Fine Course:Dry
2016 SUPER FORMULA Round 7 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCarEngine TimeBehindGapkm/h
11石浦 宏明P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A1'37.453--214.516
22国本 雄資P.MU/CERUMO・INGING SF14TOYOTA RI4A1'37.801 0.348 0.348213.752
340野尻 智紀DOCOMO DANDELION M40Y SF14Honda HR-414E1'37.833 0.380 0.032213.682
436アンドレ・ロッテラーVANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A1'37.884 0.431 0.051213.571
565ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACING SF14Honda HR-414E1'37.941 0.488 0.057213.447
637中嶋 一貴VANTELIN KOWA TOM’S SF14TOYOTA RI4A1'38.048 0.595 0.107213.214
741ストフェル・バンドーンDOCOMO DANDELION M41S SF14Honda HR-414E1'38.153 0.700 0.105212.986
834小暮 卓史DRAGO CORSE SF14Honda HR-414E1'38.239 0.786 0.086212.799
916山本 尚貴TEAM無限SF14Honda HR-414E1'38.288 0.835 0.049212.693
108小林 可夢偉SUNOCO TEAM LEMANS SF14TOYOTA RI4A1'38.484 1.031 0.196212.270
1164中嶋 大祐NAKAJIMA RACING SF14Honda HR-414E1'38.491 1.038 0.007212.255
1219ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A1'38.525 1.072 0.034212.182
1320関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14TOYOTA RI4A1'38.592 1.139 0.067212.037
1410塚越 広大REAL SF14Honda HR-414E1'38.761 1.308 0.169211.675
---- 以上Q2進出 ----
1518中山 雄一KCMG Elyse SF14TOYOTA RI4A1'38.788 1.335 0.027211.617
167ナレイン・カーティケヤンSUNOCO TEAM LEMANS SF14TOYOTA RI4A1'38.916 1.463 0.128211.343
174ウィリアム・ブラーフジ・コーポレーションKONDO SF14TOYOTA RI4A1'39.006 1.553 0.090211.151
183ジェームス・ロシターフジ・コーポレーションKONDO SF14TOYOTA RI4A1'39.076 1.623 0.070211.002
1911伊沢 拓也REAL SF14Honda HR-414E1'39.469 2.016 0.393210.168
---- 以上基準タイム予選通過 ----

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿フリー走行1回目 前年王者の#1石浦がトップタイム。ポイントリーダー#20関口は4番手

全日本スーパーフォーミュラ選手権第7戦「第15回JAF鈴鹿グランプリ」のフリー走行が10月29日、三重県の鈴鹿サーキットで行われ、#1石浦宏明(P.MU/CERUMO-INGING SF14)が1’38.082でトップタイムを記録した。

sf-rd7-f-1 sf-rd7-f-34 sf-rd7-f-36

2016年のスーパーフォーミュラもいよいよ最終ラウンド。
第7戦は今年もJAF鈴鹿グランプリのタイトルのもと、毎年恒例の2レース制で行われる。

現在のランキングトップはルーキーながら今季2勝を挙げた#20関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14)で28ポイント。
以下、#2国本雄資(P.MU/CERUMO-INGING SF14)が23.5ポイント、3位の#36アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S SF14)が22ポイント、#37中嶋一貴(VANTELIN TEAM TOM’S SF14)20ポイント、#1石浦19ポイント、#41ストフェル・バンドーン(DOCOMO DANDELION M41S SF14)19ポイントと続き、上位12人までにチャンピオンの可能性が残っている。

そうした混戦模様の中、公式予選日朝のフリー走行は爽やかな秋晴れのもと、午前9時10分より60分間で行われた。

序盤トップに立ったのはポイントリーダーの関口で1’39.850。それをバンドーンが開始12分で上回って1’39.354を記録、続いて国本も開始後17分で1’38.972を記録してトップに立った。
バンドーンのチームメイト、#40野尻智紀(DOCOMO DANDELION M40Y SF14)も1’39.359で3位に食い込んできた。
しかしここまでは各チームとも前戦で使用したユーズドタイヤでの走行だ。

残り7分過ぎから始まったニュータイヤでの予選シミュレーションでは様相が一変。
いち早く1’38.309を記録した関口をロッテラーが上回って1’38.294、続いて石浦が1’38.082を記録してトップに躍り出る。
さらに#34小暮卓史(DRAGO CORSE SF14)もチェッカー直前に1’38.164を記録して2位に食い込んできた。
ロッテラーはさらにもう1周アタックを行ったが、1’38.189とわずかに及ばず3位に終り、4位に関口、5位には最後の最後に1’38.360を記録した#8小林可夢偉(SUNOCO TEAM LEMANS SF14)がつけた。
しかし今回もトップから1秒以内に14人がひしめく接戦となっており、午後の公式予選も全く予測がつかない状況だ。

公式予選は午後2時15分よりノックアウト方式で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo:Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:第7戦鈴鹿フリー走行結果

JAF GRAND PRIX SUZUKA -RIJ- (2016/10/29) Free Practice Weather:Fine Course:Dry
2016 SUPER FORMULA Round 7 鈴鹿サーキット 5.807km

Pos No Driver Car Engine Time Behind Gap km/h
1 1 石浦 宏明 P.MU/CERUMO・INGING SF14 TOYOTA RI4A 1'38.082 - - 213.140
2 34 小暮 卓史 DRAGO CORSE SF14 Honda HR-414E 1'38.164 0.082 0.082 212.962
3 36 アンドレ・ロッテラー VANTELIN KOWA TOM’S SF14 TOYOTA RI4A 1'38.189 0.107 0.025 212.908
4 20 関口 雄飛 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14 TOYOTA RI4A 1'38.309 0.227 0.120 212.648
5 8 小林 可夢偉 SUNOCO TEAM LEMANS SF14 TOYOTA RI4A 1'38.360 0.278 0.051 212.538
6 16 山本 尚貴 TEAM無限SF14 Honda HR-414E 1'38.486 0.404 0.126 212.266
7 2 国本 雄資 P.MU/CERUMO・INGING SF14 TOYOTA RI4A 1'38.537 0.455 0.051 212.156
8 7 ナレイン・カーティケヤン SUNOCO TEAM LEMANS SF14 TOYOTA RI4A 1'38.579 0.497 0.042 212.065
9 19 ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ ITOCHU ENEX TEAM IMPUL SF14 TOYOTA RI4A 1'38.619 0.537 0.040 211.979
10 41 ストフェル・バンドーン DOCOMO DANDELION M41S SF14 Honda HR-414E 1'38.681 0.599 0.062 211.846
11 40 野尻 智紀 DOCOMO DANDELION M40Y SF14 Honda HR-414E 1'38.738 0.656 0.057 211.724
12 18 中山 雄一 KCMG Elyse SF14 TOYOTA RI4A 1'38.916 0.834 0.178 211.343
13 65 ベルトラン・バゲット NAKAJIMA RACING SF14 Honda HR-414E 1'39.013 0.931 0.097 211.136
14 37 中嶋 一貴 VANTELIN KOWA TOM’S SF14 TOYOTA RI4A 1'39.024 0.942 0.011 211.112
15 10 塚越 広大 REAL SF14 Honda HR-414E 1'39.116 1.034 0.092 210.917
16 3 ジェームス・ロシター フジ・コーポレーションKONDO SF14 TOYOTA RI4A 1'39.191 1.109 0.075 210.757
17 64 中嶋 大祐 NAKAJIMA RACING SF14 Honda HR-414E 1'39.466 1.384 0.275 210.174
18 11 伊沢 拓也 REAL SF14 Honda HR-414E 1'39.517 1.435 0.051 210.067
19 4 ウィリアム・ブラー フジ・コーポレーションKONDO SF14 TOYOTA RI4A 1'40.291 2.209 0.774 208.445

SUPER GT

SGT:第7戦チャンフォトギャラリー

gt-rd7-kob-001 gt-rd7-kob-002 gt-rd7-kob-003 gt-rd7-kob-004
gt-rd7-kob-005 gt-rd7-kob-006 gt-rd7-kob-007 gt-rd7-kob-008
gt-rd7-kob-009 gt-rd7-kob-010 gt-rd7-kob-011 gt-rd7-kob-012
gt-rd7-kob-013 gt-rd7-kob-014 gt-rd7-kob-015 gt-rd7-kob-016
gt-rd7-kob-017 gt-rd7-kob-018 gt-rd7-kob-019 gt-rd7-kob-020
gt-rd7-kob-021 gt-rd7-kob-022 gt-rd7-kob-023 gt-rd7-kob-024
gt-rd7-kob-025 gt-rd7-kob-026 gt-rd7-kob-027 gt-rd7-kob-028
gt-rd7-kob-029 gt-rd7-kob-030 gt-rd7-kob-031 gt-rd7-kob-032
gt-rd7-kob-033 gt-rd7-kob-034 gt-rd7-kob-035 gt-rd7-kob-036
gt-rd7-kob-037 gt-rd7-kob-038 gt-rd7-kob-039 gt-rd7-kob-040
gt-rd7-kob-041 gt-rd7-kob-042 gt-rd7-kob-043 gt-rd7-kob-044
gt-rd7-kob-045 gt-rd7-kob-046 gt-rd7-kob-047 gt-rd7-kob-048
gt-rd7-kob-049 gt-rd7-kob-050 gt-rd7-kob-051 gt-rd7-kob-052
gt-rd7-kob-053 gt-rd7-kob-054 gt-rd7-kob-055 gt-rd7-kob-056
gt-rd7-kob-057 gt-rd7-kob-058 gt-rd7-kob-059 gt-rd7-kob-060
gt-rd7-kob-061 gt-rd7-kob-062 gt-rd7-kob-063 gt-rd7-kob-064
gt-rd7-kob-065 gt-rd7-kob-066 gt-rd7-kob-067 gt-rd7-kob-068
gt-rd7-kob-069 gt-rd7-kob-070 gt-rd7-kob-071 gt-rd7-kob-072
gt-rd7-kob-073 gt-rd7-kob-074 gt-rd7-kob-075 gt-rd7-kob-076
gt-rd7-kob-077 gt-rd7-kob-078 gt-rd7-kob-079 gt-rd7-kob-080
gt-rd7-kob-081 gt-rd7-kob-082 gt-rd7-kob-083 gt-rd7-kob-084
gt-rd7-kob-085 gt-rd7-kob-086 gt-rd7-kob-087 gt-rd7-kob-088
gt-rd7-kob-089 gt-rd7-kob-090 gt-rd7-kob-091 gt-rd7-kob-092
gt-rd7-kob-093 gt-rd7-kob-094 gt-rd7-kob-095 gt-rd7-kob-096
gt-rd7-kob-097 gt-rd7-kob-098 gt-rd7-kob-099 gt-rd7-kob-100
gt-rd7-kob-101 gt-rd7-kob-102 gt-rd7-kob-103 gt-rd7-kob-104
gt-rd7-kob-105 gt-rd7-kob-106 gt-rd7-kob-107 gt-rd7-kob-108
gt-rd7-kob-109 gt-rd7-kob-110 gt-rd7-kob-111 gt-rd7-kob-112
gt-rd7-kob-113 gt-rd7-kob-114 gt-rd7-kob-115 gt-rd7-kob-116
gt-rd7-kob-117 gt-rd7-kob-118 gt-rd7-kob-119 gt-rd7-kob-120
gt-rd7-kob-121 gt-rd7-kob-122 gt-rd7-kob-123 gt-rd7-kob-124
gt-rd7-kob-125 gt-rd7-kob-
126 gt-rd7-kob-127 gt-rd7-kob-128
gt-rd7-kob-129 gt-rd7-kob-130 gt-rd7-kob-131 gt-rd7-kob-132
gt-rd7-kob-133 gt-rd7-kob-134 gt-rd7-kob-135 gt-rd7-kob-136
gt-rd7-kob-137 gt-rd7-kob-138 gt-rd7-kob-139 gt-rd7-kob-140
gt-rd7-kob-141 gt-rd7-kob-142 gt-rd7-kob-143 gt-rd7-kob-144
gt-rd7-kob-145 gt-rd7-kob-146 gt-rd7-kob-147 gt-rd7-kob-148
gt-rd7-kob-149 gt-rd7-kob-150 gt-rd7-kob-151 gt-rd7-kob-152
gt-rd7-kob-153 gt-rd7-kob-154 gt-rd7-kob-155 gt-rd7-kob-156
gt-rd7-kob-157 gt-rd7-kob-158 gt-rd7-kob-159 gt-rd7-kob-160
gt-rd7-kob-161 gt-rd7-kob-162 gt-rd7-kob-163 gt-rd7-kob-164
gt-rd7-kob-165 gt-rd7-kob-166 gt-rd7-kob-167 gt-rd7-kob-168
gt-rd7-kob-169 gt-rd7-kob-170 gt-rd7-kob-171 gt-rd7-kob-172
gt-rd7-kob-173 gt-rd7-kob-174 gt-rd7-kob-175 gt-rd7-kob-176
gt-rd7-kob-177 gt-rd7-kob-178 gt-rd7-kob-179 gt-rd7-kob-180
gt-rd7-kob-181 gt-rd7-kob-182 gt-rd7-kob-183 gt-rd7-kob-184
gt-rd7-kob-185 gt-rd7-kob-186 gt-rd7-kob-187 gt-rd7-kob-188
gt-rd7-kob-189 gt-rd7-kob-190 gt-rd7-kob-191 gt-rd7-kob-192
gt-rd7-kob-193 gt-rd7-kob-194 gt-rd7-kob-195 gt-rd7-kob-196
gt-rd7-kob-197 gt-rd7-kob-198 gt-rd7-kob-199 gt-rd7-kob-200
gt-rd7-kob-201 gt-rd7-kob-202 gt-rd7-kob-203 gt-rd7-kob-204
gt-rd7-kob-205 gt-rd7-kob-206 gt-rd7-kob-207 gt-rd7-kob-208
gt-rd7-kob-209 gt-rd7-kob-210 gt-rd7-kob-211 gt-rd7-kob-212
gt-rd7-kob-213 gt-rd7-kob-214 gt-rd7-kob-215 gt-rd7-kob-216
gt-rd7-kob-217 gt-rd7-kob-218 gt-rd7-kob-219 gt-rd7-kob-220
gt-rd7-kob-221 gt-rd7-kob-222 gt-rd7-kob-223 gt-rd7-kob-224
gt-rd7-kob-225 gt-rd7-kob-226 gt-rd7-kob-227 gt-rd7-kob-228
gt-rd7-kob-229 gt-rd7-kob-230 gt-rd7-kob-231 gt-rd7-kob-232
gt-rd7-kob-233 gt-rd7-kob-234 gt-rd7-kob-235 gt-rd7-kob-236
gt-rd7-kob-237 gt-rd7-kob-238 gt-rd7-kob-239 gt-rd7-kob-240
gt-rd7-kob-241 gt-rd7-kob-242 gt-rd7-kob-243 gt-rd7-kob-244
gt-rd7-kob-245 gt-rd7-kob-246 gt-rd7-kob-247 gt-rd7-kob-248
gt-rd7-kob-249 gt-rd7-kob-250 gt-rd7-kob-251 gt-rd7-kob-252
gt-rd7-kob-253 gt-rd7-kob-254 gt-rd7-kob-255 gt-rd7-kob-256
gt-rd7-kob-257 gt-rd7-kob-258 gt-rd7-kob-259 gt-rd7-kob-260
gt-rd7-kob-261 gt-rd7-kob-262 gt-rd7-kob-263 gt-rd7-kob-264
gt-rd7-kob-265 gt-rd7-kob-266 gt-rd7-kob-267 gt-rd7-kob-268
gt-rd7-kob-269 gt-rd7-kob-270 gt-rd7-kob-271 gt-rd7-kob-272
gt-rd7-kob-273 gt-rd7-kob-274 gt-rd7-kob-275 gt-rd7-kob-276
gt-rd7-kob-277 gt-rd7-kob-278 gt-rd7-kob-279 gt-rd7-kob-280
gt-rd7-kob-281 gt-rd7-kob-282 gt-rd7-kob-283 gt-rd7-kob-284
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山 ピット作戦と粘りの走りで、終盤まで3番手を走行。ブレーキトラブルで7位に留まるも、最終戦での逆襲を誓う (Le Beausset)

st-rd5-lmb-1

 ル・ボーセ モータースポーツにとって第2シーズンとなる、スーパー耐久シリーズの第5戦が岡山国際サーキット(岡山県)で10月22日(土)〜23日(日)に開催された。引き続き挑むのは2001〜3500ccの二輪駆動車が対象のST-3クラスで、「DENSO Le Beausset RC350」としてレクサスRC350を走らせる。ドライバーも代わらず、嵯峨宏紀と中山雄一、そして山下健太に代わりCドライバーとして平木湧也が前回に続いて起用された。

 前回の富士「SUPER TEC」では、ドライバー、チームともノーミス、ノートラブルで9時間もの長丁場を走り抜き、1年ぶりの優勝を飾る。その結果、ランキングでは2位に上がって、トップとの差は一気に15.5ポイントにまで縮まり、逆転王座の気運も一気に高まった。今回はST-XからST-3のグループ1とST4・5クラスのグループ2がグループ別に分かれてのレース開催。まずは2連勝で、さらにポイント差を詰めるべく臨んだ。

予選 10月22日(土)天候/曇り コース状況/ドライ

 全6戦で争われるスーパー耐久は、残すところ2戦となった。ここまでの4戦はいずれも完走を果たし、前回のレースでは久々の優勝も飾ることに。つかんだムードを離さぬよう、今回も木曜日からテスト走行を開始。金曜日も着実にメニューがこなされ、そしてセットアップも進んでいく。最初の2セッションは主にロングランをかけ、決勝セットを詰めていった一方で、締めくくりのセッションでは予選シミュレーションを行うことに。結果、セッションベストとなる1分40秒302を記録し、この日全体の2番手タイムとなって、あとは本番を迎えるだけとなっていた。

 もう10月も後半ということもあり、あたりは日に日に秋の気配を漂わせるようになり、予選が行われた土曜日は、もはや上着がなくては肌寒さを感じさせるまでに。冷えた空気がエンジンを、よりスムーズに回してくれるのは確実だった。

 この日、最初に「DENSO Le Beausset RC350」のステアリングを握り、Aドライバー予選に挑んだのは嵯峨。路面温度が低いため、ウォームアップを入念に行った後、まずは1分41秒台に入れて、さらに攻め込んだ嵯峨は1分40秒522をマークし、5番手につけた。

 わずか10分のインターバルを経て、Bドライバー予選が行われた。中山はライバル達がコースオープンと同時に一斉にピットを離れていったのに対し、あえて一呼吸置いてからコースイン。嵯峨からのインフォメーションで、思いの外タイヤには熱が入りやすいことをつかんでいた中山は、ウォームアップを1周だけに留めて、さっそくアタックを行い、1分39秒825をマークして、4番手で予選を終了。

 その結果、合算タイムによって「DENSO Le Beausset RC350」は、クラス5番手から決勝レースに挑むことになった。なお、この後に行われたCドライバーセッションには、平木が走行し、自己ベストの1分41秒440をマークして、5番手につけていた。

st-rd5-lmb-2 st-rd5-lmb-3

決勝 10月23日(日)天候/曇りのち晴れ コース状況/ドライ

 日曜日の岡山国際サーキットは、依然として上空に雲を浮かべていたが、その合間には青空も見えるようになり、いくぶん気温も高まっていた。午前中にはグループ2の決勝レースが行われ、それから2時間も経たぬうちにグループ1の決勝レースのスタート進行が始まった。

 スタートを担当するのは中山。1周のローリングラップの後、グリーンシグナルの点灯とともに鋭いダッシュを決めて、オープニングラップのうちに3番手に浮上する。そのまま順位を上げたいところだが、厄介なのは前後にST-2クラスの車両を挟んでいたこと。そのため、しばらくはポジションキープに徹し、なおかつ1分43秒台でコンスタントに周回を重ねていく。

 一時はクラス4番手の車両を背後に置いていたが、徐々に差も広げていった36周目、スタートから1時間を経過して間も無く、中山から嵯峨にバトンタッチ。給油とタイヤ交換を行うが、ピットストップ時間を短縮し、ライバルとの差を縮める為に、タイヤ交換はリヤのみでコースに送り出す。4番手でコース復帰となるも、それは3番手の車両とピットタイミングが異なるため。やがて、3番手にポジションを戻すことになる。

 そして、2時間を経過した76周目、再び中山が乗り込み、タイヤ交換はフロントのみでコース復帰すると、ポジションは3番手をキープ。コンスタントにラップを刻み続け、2番手も狙えることが期待された。ところがゴールまで残り17分となった93周目、ブレーキトラブルが発生しコースオフの無線がピットに。中山は不安定なマシンをコントロールしピットに運び込むと、メカニックの必死の修復により、7番手でレースに復帰。しっかりチェッカーを受けて貴重なポイントを獲得することとなった。

 残念ながら、ランキングトップのチームが優勝を飾ったため、最終戦を待たずしてシリーズチャンピオンは決まってしまったが、「DENSO Le Beausset RC350」は2位をキープ。11月19〜20日に行われる、最終戦オートポリスでは2勝目を狙うとともに、ランキング2位の死守を目指す。

st-rd5-lmb-4 st-rd5-lmb-5 st-rd5-lmb-6 st-rd5-lmb-7

チーム監督 坪松唯夫(Tadao Tsubomatsu)COMMENT
 予選に向けクルマの仕上がりも良く、岡山がホームコースのライバル車に対し、十分戦える状況にあったが、タイトなコーナーが連続する区間での差が響き、遅れが出てしまった。決勝はスタート直後に順位を上げられた事で、当初考え た戦略通りに進み、3番手以内を確定できるポジションを得られていただけに終盤のトラブルは何ともし難い。幸い、ドライブ中だった中山が無傷でクルマをピットに戻せた事で貴重なポイントを獲得できた。
Driver 嵯峨宏紀(koki Saga)COMMENT
 無念ですね。ブレーキトラブルが発生してしまって。順調に3位を走っていたんですが、これがレースですね。チャンピオンの可能性はなくなってしまいましたが、最後のオートポリスでいい結果を残して、来年につながるレースができるように、もう一回チーム全体で、気を引き締めていきたいと思います。チャンピオンを獲得した38号車に対しては、80kgのウエイト差を埋めるべく、チームとセットアップを進めてスピードを上げ、もう少しのところまで来ていますので、また次のレースで進化させられるように頑張りたいと思います。
Driver 中山雄一(Yuichi Nakayama)COMMENT
 作戦はすごくうまくいっていたと思います。ペースは決して良くはなかったのですが、ピットで前に行っていた感じだったので、3位でゴールできたかな、という感触は得られていたので、残念です。今回、ずっと走っている中で、クルマはどれぐらいのバランスが一番速いのか分かってきましたから、そのデータを素に次のオートポリスではセットアップを進めていこうと思っています。今回はちょっと戦闘力が足りなかったので、コース上でもっと前に行けるようなクルマを作っていかないといけないので、そこを意識して走りたいと思います。
Driver 平木湧也(Yuya Hiraki)COMMENT
 練習からチームに走行時間をずいぶん設けてもらったので、ツーリングカーの走り方は勉強できました。Cドライバーの予選でも、自己ベストは出せて、それほど悪いタイムではなかったと思うので、自分の中では少しは成長しているのかなと。レースには出ていませんけど、こうやって見て勉強ができています。最後は残念でしたが、それまでは安心して見ていることもでき、僕もいつセーフティカーが入っても替われるように、準備していました。何が起こるか分からないのが、やっぱりレースなんですね。
Le Beausset Motorsports

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山グループ1決勝 内田/藤井/平峰組が優勝して、チャンピオンも決める

 スーパー耐久シリーズ第5戦は23日、岡山国際サーキットでグループ1(ST-X,ST-1,ST-3,ST-3クラス)の決勝を行いST-Xクラスの内田優大/藤井誠暢/平峰一貴組(スリーボンド日産自動車大学校GT-R)が総合優勝し、ST-Xクラスのチャンピオンに輝くこととなった。

st-rd5-r-start-1

st-rd5-r-24

st-rd5-r-3

st-rd5-r-108

st-rd5-r-777

st-rd5-r-20

st-rd5-r-59

st-rd5-r-505

st-rd5-r-38

st-rd5-r-34

st-rd5-r-68

 グループ1決勝は午後1時40分にローリングラップが始まった。空はどんよりと曇り中秋の美作は肌寒い。

 スタートで飛び出したのはST-Xクラスポールシッターの藤井誠暢(スリーボンド日産自動車大学校GT-R)。2位には佐々木孝太(ARN SLS AMG GT3)が付けていたが、ホイールナットの緩みでピットイン。代わって予選5位から2位に上がったのはチャンピオン争いでの藤井組のライバル山内英輝(ENDLESS・ADVAN・GT-R)。しかし、藤井は山内を上回るペースでみるみると差を広げると18秒をリードして45周目終わりでピットインし内田優大に交代。内田も山内から代わったユーク・タニグチを上回るペースででさらに差を37秒まで広げると70周終わりで、アンカーの平峰一貴にバトンタッチ。平峰はその差を守り切り2位以下をぶっちぎって今季4勝目をチームにもたらした。2位にはタニグチ/山内/峰尾恭輔組が、3位には木村武史/織戸学/Afiq Yazid組(CARGUY)が入った。この優勝で内田/藤井/平峰組は最終戦を待たずして今シーズンのST-Xクラスのチャンピオンを獲得。ここまで5戦中4勝とまさにシリーズを圧倒した。

 ただ1台参加のST-1クラスは、星野敏/荒聖治組(D'station Porsche 991)が完走して優勝した。

 ST-2クラスは、下垣和也/松本武士/近藤説秀組(RSオガワADVANランサー)が終始レースをリードし優勝。2位に入った大澤学/後藤比東至/檜井保孝組(DAMD MOTUL ED WRX STI)が今シーズンもチャンピオンを獲得することとなった。3位には田ヶ原章蔵/奥村佳之/岡本武之組(ビズキューブレーシングランサーX)が入った。

 ST-3クラスで、レースの主導権を握っていたのは堀田誠/阪口良平組(MUTA Racing TWS IS 350)。終盤トップに再浮上するとそのまま優勝した。2位には前嶋秀司/佐々木雅弘組(assetテクノRC350)が入った。堀田/阪口組のチャンピオン争いでのライバル、嵯峨宏紀/中山雄一/平木湧也組(DENSO Le Beausset RC350)は3位に付けていたが、終盤ブレーキトラブルで後退して7位。このため堀田/阪口組が今シーズンのチャンピオンを獲得することとなった。3位には番場琢/平沼貴之/服部尚貴組(埼玉トヨペットGBマークX G's)が入った。

 最終第6戦は地震からの復興なったオートポリスを舞台として11月20日に決勝が行われる。グループ1はここまでで全クラスチャンピオンが決まったが、晩秋の九州での熱い走りに期待したい。

st-rd5-r-podium-stx st-rd5-r-podium-st1 st-rd5-r-podium-st2 st-rd5-r-podium-st3

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroshi ICHIMURA

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山グループ1決勝結果

SUPER TAIKYU RACE in OKAYAMA -RIJ- (2016/10/23) Group 1 Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2016 Super Taikyu Series Round 5 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
LapTotal_Time
Behind
124ST-X1内田 優大
藤井 誠暢
平峰 一貴
スリーボンド日産自動車大学校GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1143:01'09.868
23ST-X2ユーク・タニグチ
山内 英輝
峰尾 恭輔
ENDLESS・ADVAN・GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
11431.681
3108ST-X3木村 武史
織戸 学
Afiq Yazid
CARGUY
Lamborghini HURACAN GT3
1141'09.254
45ST-X4白井 剛
星野 一樹
藤波 清斗
Mach MAKERS GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1141'28.678
589ST-X5モーリス・チェン
吉本 大樹
坂本 祐也
HubAuto Ferrari 488GT3
Ferrari 488 GT3
1131Lap
610ST-X6フィリップ・デベサ
マイケル・グリーン
密山 祥吾
Adenau SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1131Lap
7777ST-11星野 敏
荒 聖治
D'station Porsche 991
PORSCHE 911 GT3 Cup
1104Laps
8112ST-X7佐藤 敦
山下 亮生
久保 宣夫
SATO-SS SLS AMG GT3 Rn-S
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1095Laps
98ST-X8永井 宏明
佐々木 孝太
山脇 大輔
ARN SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1077Laps
10*81ST-X9山田 秀明
青木 孝行
大賀 裕介
Rock254 GTNET
NISSAN GT-R NISMO GT3
1068Laps
1138ST-31堀田 誠
阪口 良平
MUTA Racing TWS IS 350
TOYOTA LEXUS IS350
10410Laps
1234ST-32前嶋 秀司
佐々木 雅弘
assetテクノRC350
TOYOTA LEXUS RC350
10410Laps
1320ST-21下垣 和也
松本 武士
近藤 説秀
RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
10410Laps
1459ST-22大澤 学
後藤 比東至
檜井 保孝
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
10410Laps
1568ST-33番場 琢
平沼 貴之
服部 尚貴
埼玉トヨペットGBマークX G's
TOYOTA MARK X
10311Laps
1614ST-34小松 一臣
杉林 健一
安宅 光徳
岡部⾃動⾞KYOSHIN 195 Z34
NISSAN FAIRLADY Z
10311Laps
1735ST-35加納 政樹
本山 哲
安田 裕信
SKT team motoyama
NISSAN FAIRLADY Z
10311Laps
18505ST-23田ヶ原 章蔵
奥村 佳之
岡本 武之
ビズキューブレーシングランサーX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
10212Laps
197ST-24カルロス 本田
佐藤 勝博
石崎 敦士
恒力技巧☆新菱オートDXLエボⅨ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅸ
10212Laps
2023ST-36輿水 敏明
山崎 学
島澤 隆彦
岡部⾃動⾞ゼロサンMBFネットワークスZ34
NISSAN FAIRLADY Z
10113Laps
2162ST-37嵯峨 宏紀
中山 雄一
平木 湧也
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC350
10113Laps
2239ST-38吉村 一悟
TAD JUN JUN
吉田 広樹
Muta Racing RC350
TOYOTA LEXUS RC350
10014Laps
236ST-25冨桝 朋広
菊地 靖
大橋 正澄
新菱オートDIXCEL EVOⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
8529Laps
24*15ST-39長島 正明
田中 徹
田中 哲也
岡部⾃動⾞DIXCELチームテツヤZ34
NISSAN FAIRLADY Z
7242Laps
---- 以上規定周回数(ST-X:79Laps ST-1:77Laps ST-2:72Laps ST-3:72Laps)完走 ----
-70ST-X-ジェフリー・リー
平中 克幸
J-Fly Racing R8 LMS Ultra
Audi R8 LMS ultra
8430Laps
-25ST-X-テツオ・オギノ
野尻 智紀
飯田 太陽
ケーズフロンティア911 GT3R
PORSCHE 911 GT3
5109Laps
  • Fastest Lap: CarNo.24 藤井誠暢(スリーボンド日産自動車大学校GT-R) 1'31.790 (3/114) 145.232km.h
  • CarNo.15(長島正明)は、スーパー耐久シリーズ2016スポーツ規則第15条(3)(ピットレーン速度違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.81は、スーパー耐久シリーズ2016スポーツ規則第15条(11)(ピット作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科した。

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山グループ2決勝 ST-4クラスは近藤/堤/加藤組、ST-5クラスは古宮/松田/吉本組が優勝

 スーパー耐久シリーズ第5戦は23日、岡山国際サーキットでグループ2(ST-4,ST-5クラス)の決勝を行いST-4クラスでは近藤翼/堤優威/加藤彰彬組(TC CORSE iRacing ROADSTER)が、ST-5クラスでは古宮正信/松田智也/吉本晶哉組(BRP★J'S RACINGホンダカーズ三重北FIT)が優勝した。

st-rd5-r-start

st-rd5-r-41-spin

st-rd5-r-2-spin

st-rd5-r-41-2

st-rd5-r-19vs69

st-rd5-r-54

st-rd5-r-52

st-rd5-r-13

st-rd5-r-19

st-rd5-r-69

st-rd5-r-11

st-rd5-r-winner-provisional

st-rd5-r-podium-st5

st-rd5-r-podium-st4

 グループ2の決勝は午前8時30分スタート。空は厚い雲に覆われ肌寒い中で3時間の決勝レースが始まった。

 ST-4クラスはポールポジションの松井孝允(TOYOTA Team TOM'S SPIRIT 86)がトップで1コーナーへ。予選2位の石川京侍(TAKUMI × HERO'S SSR ings S2000)はスピンし、早くも戦列を離脱。2位には予選3位の山田英二(CUSCO with Key's 86 )が上がってきた。3位に浜野彰彦(ゴーゴーガレージRAMD86 AGE↑AGE↑RACING SSR ings)、4位には予選7位から元嶋佑弥(ENDLESS・ADVAN・86)がつける。

 元嶋は4周目にはヘアピンで浜野をパスし3位に浮上すると、20周終わりに早くもピットイン。小河諒にドライバー交代を行った。

 トップ2台はつかず離れずの間隔を保ってレースは進行するが、松井をパスするほどのスピードは山田には無く、その山田は30周終わりに木下隆之に交代すると、小河に先行を許すこととなる。

 トップの松井は40周目にピットイン。井口卓人にドライバーチェンジすると背後には小河が迫る。

 小河は65周目に、井口が67周目にピットインしてドライバーチェンジすると代わった蒲生を元嶋が1コーナーで先行。

 ここから蒲生は4秒ほどあった元嶋との差を詰め始めると、80周目にはこの2台はテールトゥノーズの争いとなる。

 85周目の1コーナーではついにアウトから並びかけた蒲生が元嶋の前に出ることに成功、トップに立つ。抜かれた元嶋もあきらめず、バックストレッチから続くヘアピンで強引にインに飛び込んだが、この2台は接触。元嶋は再びトップを奪い返すも、接触のダメージを受けた蒲生はこの周の終わりでピットイン。大きく順位を落とし、後味の悪い結末となった。

 レースはマイクナイトでオイルをまいた車両があり、98周目からセーフティーカー(SC)が導入された。残り時間も20分足らずだったため、SCランでレースは終了。トップでゴールしたのは元嶋。2位には、近藤翼/堤優威/加藤彰彬組(TC CORSE iRacing ROADSTER)が、3位には脇阪寿一/脇阪薫一/松田晃司組(埼玉トヨペットGreen Brave 86)が入った。

 表彰式終了後、元嶋は危険なドライブ行為と判定され、村田信博/小河/元嶋組には30秒加算のペナルティーが下された。この結果優勝は、参戦3年目にしてうれしい初優勝となった近藤/堤/加藤組。2位に寿一/薫一/松田組が繰り上がり、村田/小河/元嶋組は3位という結果になった。

 それでも3位に入った村田/小河/元嶋組は13ポイントを加算。110ポイントとし、8位で5ポイントしか加算できなかった選手権2位の松井/井口/蒲生組の89ポイントに対し、大きくリードして最終戦を迎えることとなった。

 ST-5クラスは、古宮正信/松田智也/吉本晶哉組(BRP★J'S RACINGホンダカーズ三重北FIT)と大野尊久/梅本淳一組(BRP★J'S RACINGホンダカーズ浜松北みきゃんFIT)のBRPの2台がトップ争いを展開。順位を入れ替えながらの展開となるが、第3ドライバーとなった終盤、古宮が大野を10秒ほどリード。SCが入り、優勝は古宮/松田/吉本組、2位に大野/梅本組となった。3位には三木孝浩/板垣裕之/大西隆生組(BLOOD SDPORTS WM☆Vitz)が入った。

 2位に入った大野/梅本組は85ポイントとし、ポイントリーダーに浮上。5位に終わった谷川達也/井尻薫/野上達也組(DXLアラゴスタ・NOPROデミオSKY-D)を逆転して最終戦を迎えることとなる。

 最終第6戦は地震からの復興なったオートポリスを舞台として11月20日に決勝が行われる。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山グループ2決勝結果

SUPER TAIKYU RACE in OKAYAMA -RIJ- (2016/10/23) Group 2 Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2016 Super Taikyu Series Round 5 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
LapTotal_Time
Behind
154ST-41近藤 翼
堤 優威
加藤 彰彬
TC CORSE iRacing ROADSTER
MAZDA ROADSTER
983:01'01.230
252ST-42脇阪 寿一
脇阪 薫一
松田 晃司
埼玉トヨペットGreen Brave 86
TOYOTA 86
981.623
3*13ST-43村田 信博
小河 諒
元嶋 佑弥
ENDLESS・ADVAN・86
TOYOTA 86
986.289
427ST-44伊橋 勲
ユウキ
小林 且雄
D'STATION FINA BRZ
SUBARU BRZ
9810.122
540ST-45藤田 竜樹
浜野 彰彦
ナオリュウ
ゴーゴーガレージRAMD86 AGE↑AGE↑RACING SSR ings
TOYOTA 86
971Lap
655ST-46たしろ じゅん
小野田 貴俊
伊藤 毅
SunOasis AUTOFACTRY86
TOYOTA 86
971Lap
758ST-47小林 康一
塩谷 烈州
蘇武 喜和
ウインマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE-R
971Lap
886ST-48松井 孝允
井口 卓人
蒲生 尚弥
TOYOTA Team TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
971Lap
9216ST-49玉江 浩明
山谷 直樹
杉原 直弥
ニールレーシングwithセイコーSSR亜⾐
TOYOTA 86
971Lap
1048ST-410猪股 京介
北川 剛
タカモリ 博士
DIJONエンドレスワコーズNILZZ DC5
Honda INTEGRA TYPE-R
971Lap
1177ST-411山田 英二
木下 隆之
CUSCO with Key's 86
TOYOTA 86
971Lap
12*100ST-412松井 仁志
鵜飼 龍太
山田 遼
アミューズSPV 86
TOYOTA 86
962Laps
13116ST-413長谷川 伸司
吉田 靖之
W.S.ENGINEERING S2000
Honda S2000
962Laps
1412ST-414リク
松井 隆幸
ちゃまきち
シビックTYPE-R☆STA
Honda CIVIC TYPE-R
944Laps
1519ST-51古宮 正信
松田 智也
吉本 晶哉
BRP★J'S RACINGホンダカーズ三重北FIT
Honda FIT 3 RS
935Laps
1636ST-415江原 弘美
連 貴洋
推根 克彦
エンドレスアドバントラストヴィッツ
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
935Laps
1769ST-52大野 尊久
梅本 淳一
BRP★J'S RACINGホンダカーズ浜松北みきゃんFIT
Honda FIT 3 RS
935Laps
1811ST-53三木 孝浩
板垣 裕之
大西 隆生
BLOOD SDPORTS WM☆Vitz
TOYOTA Vitz RS
926Laps
1966ST-54武地 孝幸
植田 正幸
odula MAZDAデミオ15MB
MAZDA DEMIO
926Laps
20*92ST-55遠藤 光博
桝本 隆介
原田 健太
ホンダカーズ桶川・VBOX・セキショウFit
Honda FIT 3 RS
917Laps
21213ST-56東 貴史
原田 学
横尾 優一
Wako's GenesisPURE WM Vitz
TOYOTA Vitz RS
917Laps
2246ST-57井上 恵一
河村 翔
DIJONエンドレスワコーズNILZZ FIT
Honda FIT 2 RS
917Laps
2371ST-58水野 大
黒田 保男
横田 健一郎
ピースMS NUTEC制動屋 Fit RS
Honda FIT 2 RS
908Laps
2437ST-59関 豊
小松 寛子
山本 絵里子
ワコーズDXLアラゴスタNOPROデミオ
MAZDA DEMIO
899Laps
252ST-510松田 秀士
ススム・ナカムラ
山下 將志
ホンダカーズ野崎with CUSCO & FUJITSUBO
Honda FIT 3 RS
8612Laps
2688ST-511村上 博幸
筒井 克彦
脇谷 猛
村上モータースMAZDAロードスターND
MAZDA ROADSTER
8612Laps
274ST-512芝谷 純三
河野 利尚
見並 秀文
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
8414Laps
28*117ST-416太田 重蔵
鶴田 和弥
井入 宏之
W.S.ENGINEERING S2000 TAIKEN
Honda S2000
8216Laps
2917ST-513谷川 達也
井尻 薫
野上 達也
DXLアラゴスタ・NOPROデミオSKY-D
MAZDA DENIO Diesel TURBO
7325Laps
3018ST-417浅野 武夫
森 正行
佐野 新世
Y`s distraction 86
TOYOTA 86
6830Laps
---- 以上規定周回数(ST-4:68Laps ST-5:65Laps)完走 ----
-60ST-4-渋谷 崇
松本 和之
渡辺 忠司
AGENT-1 WMインテグラ
Honda INTEGRA TYPE-R
8810Laps
-93ST-4-小泉 和寛
遠藤 浩二
鈴木 陽
SKR ENGINEERING S2000
Honda S2000
6137Laps
-333ST-4-中島 佑弥
大波 肇
GLORY RACING A-ONE FN2
Honda CIVIC TYPE-R EURO
6137Laps
-41ST-4-植松 忠雄
石川 京侍
太田 達也
TAKUMI × HERO'S SSR ings S2000
Honda S2000
5048Laps
-95ST-4-松井 猛敏
中島 保典
柴田 優作
SPOONリジカラS2000
Honda S2000
absence
  • Fastest Lap: CarNo.77 山田英二(CUSCO with Key's 86 ) 1'43.567 (4/97) 128.792km/h
  • CarNo.100(松井仁志)は、スーパー耐久シリーズ2016スポーツ規則第13条(11)(反則スタート)によりドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.117は、スーパー耐久シリーズ2016スポーツ規則第15条(11)(ピット作業)違反により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.92(桝本隆介)は、スーパー耐久シリーズ2016スポーツ規則第15条(3)(ピットレーン速度違反)により、ドライビングスルーペナルティーを科した。
  • CarNo.13(元嶋佑弥)は、2016岡山国際サーキット4輪レース一般競技規則第4章第18条2.①(危険なドライブ行為)により、決勝結果に30秒を加算した。

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山グループ1公式予選 ST-Xは内田/藤井/平峰組がポールポジション。チャンピオンに王手

 スーパー耐久シリーズ第5戦は22日、岡山国際サーキットでグループ1(ST-X,ST-1,ST-2,ST-3クラス)の公式予選を行いST-Xクラスでは内田優大/藤井誠暢/平峰一貴組(スリーボンド日産自動車大学校GT-R)が、ST-1クラスでは星野敏/荒聖治組(D'station Porsche 991)が、ST-2クラスでは大澤学/後藤比東至/檜井保孝組(DAMD MOTUL ED WRX STI)が、ST-3クラスでは堀田誠/阪口良平組(MUTA Racing TWS IS 350)がポールポジションを獲得した。

 グループ1の公式予選は午後2時40分より、A,Bドライバーとも20分ずつで行われた。時折小雨も舞ったが、両セッションとも路面はほぼドライコンディション。

st-rd5-q-24

st-rd5-q-777

st-rd5-q-59

st-rd5-q-38

 ST-Xクラスでは、Aドライバーのジェントルマン内田優大(スリーボンド日産自動車大学校GT-R)が1分31秒082でトップタイム。Bドライバーではチームメートの藤井誠暢が1分2秒272で2位に付け総合で内田/藤井/平峰一貴組がポールポジションを獲得した。選手権ではチームも2位を大きくリードしてポイントリーダー。このレースで優勝すれば文句なしに今シーズンのチャンピオンが確定する。2位にはBドライバーの平中克幸組(J-Fly Racing R8 LMS Ultra)がコースレコードの1分28秒981でトップタイムをマークしたジェフリー・リー/平中組(J-Fly Racing R8 LMS Ultra)が、3位には永井宏明/佐々木孝太/山脇大輔組(ARN SLS AMG GT3)が入った。選手権で2位に付けているユーク・タニグチ/山内英輝/峰尾恭輔組(ENDLESS・ADVAN・GT-R)は5位。このレースで内田組より上位でゴールしないとチャンピオンを失う厳しい出だしとなった。

 ST-1クラスは、ただ1台参加する星野敏/荒聖治組(D'station Porsche 991)がポールポジション。

 ST-2クラスでは、ポイントリーダーの大澤学/後藤比東至/檜井保孝組(DAMD MOTUL ED WRX STI)がポールポジション。優勝すればこのクラスもこのチームが最終戦を待たずして今シーズンのチャンピオンが決定する。2位には、下垣和也/松本武士/近藤説秀組(RSオガワADVANランサー)が、3位には冨桝朋広/菊地靖/大橋正澄組(新菱オートDIXCEL EVOⅩ)が続いた。

 ST-3クラスでも、ポイントリーダーの堀田誠/阪口良平組(MUTA Racing TWS IS 350)がポールポジション。2位には長島正明/田中徹/田中哲也組(岡部⾃動⾞DIXCELチームテツヤZ34)が、3位には小松一臣/杉林健一/安宅光徳組(岡部⾃動⾞KYOSHIN 195 Z34)が入った。選手権2位の嵯峨宏紀/中山雄一/平木湧也組(DENSO Le Beausset RC350)は5位と出遅れたが、GTドライバー2人を擁するこのチームは決勝では総合力で上位に食い込んでくるはずだ。

 決勝は明日23日、午後1時40分より3時間で争われる。残り2戦。選手権を争う各クラス、各チームとも落とせないレースとなるため、激しい争いが期待される。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroshi ICHIMURA

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山グループ2公式予選 ST-4は松井/井口/蒲生組が、ST-5では村上/筒井/脇谷組がポールポジション

 スーパー耐久シリーズ第5戦は22日、岡山国際サーキットでグループ2(ST-4,ST-5クラス)の公式予選を行いST-4クラスでは松井孝允/井口卓人/蒲生尚弥組(TOYOTA Team TOM'S SPIRIT 86)が、ST-5クラスでは村上博幸/筒井克彦/脇谷猛組(村上モータースMAZDAロードスターND)がポールポジションを獲得した。

st-rd5-q-86 st-rd5-q-88

 第5戦の行われる岡山国際サーキットは朝から雨模様。時折小雨がぱらつき、WET宣言が出されたが、路面はほぼドライ。公式予選の行われる午後1時には薄日も差してきた。Aドライバー、Bドライバーとも20分間の走行を行い、ベストタイムの合算で順位が決する

 ST-4のAドライバーでは松井孝允(TOYOTA Team TOM'S SPIRIT 86)が1分42秒378でトップタイム。Bドライバーでは井口卓人が1分42秒436で2位と2人ともタイムをそろえ、合算でポールポジションを獲得した。

 全日本F3選手権を戦うBドライバーの石川京侍(TAKUMI × HERO'S SSR ings S2000)は両セッションを通してのベストタイム1分42秒321をたたき出すが、チームメートが振るわず植松忠雄/石川京侍/太田達也組(TAKUMI × HERO'S SSR ings S2000)が総合で2位。3位には山田英二/木下隆之組(CUSCO with Key's 86 )が入った。ポイントリーダーの村田信博/小河諒/元嶋佑弥組(ENDLESS・ADVAN・86)は7位と出遅れたため、選手権で2位に付けている松井/井口/蒲生組には上々の出足となった。

 ST-5クラスでは、村上博幸/筒井克彦/脇谷猛組(村上モータースMAZDAロードスターND)がAドライバーの村上がトップタイム、Bドライバーの筒井が2位と合算でポールポジションを獲得した。選手権は5位だが、第2戦で優勝するなど、マシンのポテンシャルは侮りがたく、総合優勝も射程に捉える。2位には選手権で僅差の2位に付ける大野尊久/梅本淳一組(BRP★J'S RACINGホンダカーズ浜松北みきゃんFIT)が、3位には僚友の古宮正信/松田智也/吉本晶哉組(BRP★J'S RACINGホンダカーズ三重北FIT)が入った。ポイントリーダーの谷川達也/井尻薫/野上達也組(DXLアラゴスタ・NOPROデミオSKY-D)は7位と出遅れたが、燃費の良さを生かして決勝では上位に食い込んでくるはずだ。

 グループ2の決勝は明日23日、午前8時30分より3時間で行われる。選手権も佳境に入った。ST-4、ST-5クラスともこのレースでチャンピオン争いの主導権を握るチームはどこになるのであろうか?

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Keiichiro TAKESHITA

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山Cドライバー(グループ1)公式予選結果

SUPER TAIKYU RACE in OKAYAMA -RIJ- (2016/10/22) C Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2016 Super Taikyu Series Round 5 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
1108ST-X1Afiq YazidCARGUY
Lamborghini HURACAN GT3
1'30.129--147.908
210ST-X2密山 祥吾Adenau SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'30.566 0.437 0.437147.194
35ST-X3藤波 清斗Mach MAKERS GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'30.689 0.560 0.123146.995
424ST-X4平峰 一貴スリーボンド日産自動車大学校GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'30.942 0.813 0.253146.586
589ST-X5坂本 祐也 HubAuto Ferrari 488GT3
Ferrari 488 GT3
1'31.127 0.998 0.185146.288
681ST-X6大賀 裕介Rock254 GTNET
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'31.816 1.687 0.689145.190
73ST-X7峰尾 恭輔ENDLESS・ADVAN・GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'32.369 2.240 0.553144.321
825ST-X8飯田 太陽ケーズフロンティア911 GT3R
PORSCHE 911 GT3
1'32.633 2.504 0.264143.910
9112ST-X9久保 宣夫SATO-SS SLS AMG GT3 Rn-S
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'33.333 3.204 0.700142.831
108ST-X10山脇 大輔ARN SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'34.193 4.064 0.860141.526
1114ST-31安宅 光徳岡部⾃動⾞KYOSHIN 195 Z34
NISSAN FAIRLADY Z
1'39.955 9.826 5.762133.368
1239ST-32吉田 広樹Muta Racing RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'40.37610.247 0.421132.809
1335ST-33安田 裕信SKT team motoyama
NISSAN FAIRLADY Z
1'40.44110.312 0.065132.723
1415ST-34田中 哲也岡部⾃動⾞DIXCELチームテツヤZ34
NISSAN FAIRLADY Z
1'41.20411.075 0.763131.722
157ST-21石崎 敦士恒力技巧☆新菱オートDXLエボⅨ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅸ
1'41.20611.077 0.002131.719
166ST-22大橋 正澄新菱オートDIXCEL EVOⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'41.39011.261 0.184131.480
1762ST-35平木 湧也DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'41.44011.311 0.050131.416
1859ST-23檜井 保孝DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
1'41.63711.508 0.197131.161
1920ST-24近藤 説秀RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'42.41712.288 0.780130.162
2068ST-36服部 尚貴埼玉トヨペットGBマークX G's
TOYOTA MARK X
1'42.81412.685 0.397129.659
2723ST-37島澤 隆彦岡部⾃動⾞ゼロサンMBFネットワークスZ34
NISSAN FAIRLADY Z
1'44.03713.908 1.223128.135
31505ST-25岡本 武之ビズキューブレーシングランサーX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'45.23315.104 1.196126.679

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山A,Bドライバー(グループ1)公式予選総合結果

SUPER TAIKYU RACE in OKAYAMA -RIJ- (2016/10/22) A&B Total Qualify Weather:Cloudy Course:Dry
2016 Super Taikyu Series Round 5 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Model
Adriver
Bdriver
Total
Time
Behind
124ST-X1内田 優大
藤井 誠暢
スリーボンド日産自動車大学校GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'31.082
1'29.272
3'00.354-
270ST-X2ジェフリー・リー
平中 克幸
J-Fly Racing R8 LMS Ultra
Audi R8 LMS ultra
1'31.741
1'28.981
3'00.722 0.368
38ST-X3永井 宏明
佐々木 孝太
ARN SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'31.347
1'29.526
3'00.873 0.519
4108ST-X4木村 武史
織戸 学
CARGUY
Lamborghini HURACAN GT3
1'31.374
1'29.582
3'00.956 0.602
53ST-X5ユーク・タニグチ
山内 英輝
ENDLESS・ADVAN・GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'31.718
1'29.492
3'01.210 0.856
625ST-X6テツオ・オギノ
野尻 智紀
ケーズフロンティア911 GT3R
PORSCHE 911 GT3
1'32.250
1'29.678
3'01.928 1.574
75ST-X7白井 剛
星野 一樹
Mach MAKERS GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'31.950
1'30.203
3'02.153 1.799
810ST-X8フィリップ・デベサ
マイケル・グリーン
Adenau SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'32.355
1'30.532
3'02.887 2.533
989ST-X9モーリス・チェン
吉本 大樹
HubAuto Ferrari 488GT3
Ferrari 488 GT3
1'33.390
1'29.551
3'02.941 2.587
1081ST-X10山田 秀明
青木 孝行
Rock254 GTNET
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'33.118
1'29.886
3'03.004 2.650
11112ST-X11佐藤 敦
山下 亮生
SATO-SS SLS AMG GT3 Rn-S
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'32.989
1'31.214
3'04.203 3.849
12777ST-11星野 敏
荒 聖治
D'station Porsche 991
PORSCHE 911 GT3 Cup
1'37.810
1'32.181
3'09.991 9.637
1359ST-21大澤 学
後藤 比東至
DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
1'39.657
1'39.463
3'19.12018.766
1438ST-31堀田 誠
阪口 良平
MUTA Racing TWS IS 350
TOYOTA LEXUS IS350
1'40.419
1'38.941
3'19.36019.006
1520ST-22下垣 和也
松本 武士
RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'40.319
1'39.238
3'19.55719.203
1615ST-32長島 正明
田中 徹
岡部⾃動⾞DIXCELチームテツヤZ34
NISSAN FAIRLADY Z
1'40.326
1'39.306
3'19.63219.278
1714ST-33小松 一臣
杉林 健一
岡部⾃動⾞KYOSHIN 195 Z34
NISSAN FAIRLADY Z
1'39.937
1'39.962
3'19.89919.545
1834ST-34前嶋 秀司
佐々木 雅弘
assetテクノRC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'40.168
1'39.989
3'20.15719.803
1962ST-35嵯峨 宏紀
中山 雄一
DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'40.522
1'39.825
3'20.34719.993
206ST-23冨桝 朋広
菊地 靖
新菱オートDIXCEL EVOⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'41.925
1'39.155
3'21.08020.726
2123ST-36輿水 敏明
山崎 学
岡部⾃動⾞ゼロサンMBFネットワークスZ34
NISSAN FAIRLADY Z
1'41.486
1'39.749
3'21.23520.881
2235ST-37加納 政樹
本山 哲
SKT team motoyama
NISSAN FAIRLADY Z
1'40.979
1'40.642
3'21.62121.267
23505ST-24田ヶ原 章蔵
奥村 佳之
ビズキューブレーシングランサーX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'41.083
1'40.974
3'22.05721.703
2468ST-38番場 琢
平沼 貴之
埼玉トヨペットGBマークX G's
TOYOTA MARK X
1'40.594
1'41.933
3'22.52722.173
257ST-25カルロス 本田
佐藤 勝博
恒力技巧☆新菱オートDXLエボⅨ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅸ
1'41.633
1'41.021
3'22.65422.300
2639ST-39吉村 一悟
TAD JUN JUN
Muta Racing RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'43.570
1'43.020
3'26.59026.236

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山Bドライバー(グループ1)公式予選結果

SUPER TAIKYU RACE in OKAYAMA -RIJ- (2016/10/22) B Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2016 Super Taikyu Series Round 5 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
170ST-X1平中 克幸J-Fly Racing R8 LMS Ultra
Audi R8 LMS ultra
1'28.981--149.816
224ST-X2藤井 誠暢スリーボンド日産自動車大学校GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'29.272 0.291 0.291149.328
33ST-X3山内 英輝ENDLESS・ADVAN・GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'29.492 0.511 0.220148.961
48ST-X4佐々木 孝太ARN SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'29.526 0.545 0.034148.904
589ST-X5吉本 大樹HubAuto Ferrari 488GT3
Ferrari 488 GT3
1'29.551 0.570 0.025148.863
6108ST-X6織戸 学CARGUY
Lamborghini HURACAN GT3
1'29.582 0.601 0.031148.811
725ST-X7野尻 智紀ケーズフロンティア911 GT3R
PORSCHE 911 GT3
1'29.678 0.697 0.096148.652
881ST-X8青木 孝行Rock254 GTNET
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'29.886 0.905 0.208148.308
95ST-X9星野 一樹Mach MAKERS GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'30.203 1.222 0.317147.787
1010ST-X10マイケル・グリーンAdenau SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'30.532 1.551 0.329147.250
11112ST-X11山下 亮生SATO-SS SLS AMG GT3 Rn-S
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'31.214 2.233 0.682146.149
12777ST-11荒 聖治D'station Porsche 991
PORSCHE 911 GT3 Cup
1'32.181 3.200 0.967144.615
1338ST-31阪口 良平MUTA Racing TWS IS 350
TOYOTA LEXUS IS350
1'38.941 9.960 6.760134.735
146ST-21菊地 靖新菱オートDIXCEL EVOⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'39.15510.174 0.214134.444
1520ST-22松本 武士RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'39.23810.257 0.083134.332
1615ST-32田中 徹岡部⾃動⾞DIXCELチームテツヤZ34
NISSAN FAIRLADY Z
1'39.30610.325 0.068134.240
1759ST-23後藤 比東至DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
1'39.46310.482 0.157134.028
1823ST-33山崎 学岡部⾃動⾞ゼロサンMBFネットワークスZ34
NISSAN FAIRLADY Z
1'39.74910.768 0.286133.643
1962ST-34中山 雄一DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'39.82510.844 0.076133.542
2014ST-35杉林 健一岡部⾃動⾞KYOSHIN 195 Z34
NISSAN FAIRLADY Z
1'39.96210.981 0.137133.359
2134ST-36佐々木 雅弘assetテクノRC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'39.98911.008 0.027133.323
2235ST-37本山 哲SKT team motoyama
NISSAN FAIRLADY Z
1'40.64211.661 0.653132.458
23505ST-24奥村 佳之ビズキューブレーシングランサーX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'40.97411.993 0.332132.022
247ST-25佐藤 勝博恒力技巧☆新菱オートDXLエボⅨ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅸ
1'41.02112.040 0.047131.961
2568ST-38平沼 貴之埼玉トヨペットGBマークX G's
TOYOTA MARK X
1'41.93312.952 0.912130.780
2639ST-39TAD JUN JUNMuta Racing RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'43.02014.039 1.087129.400

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山Aドライバー(グループ1)公式予選結果

SUPER TAIKYU RACE in OKAYAMA -RIJ- (2016/10/22) A Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2016 Super Taikyu Series Round 5 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
124ST-X1内田 優大スリーボンド日産自動車大学校GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'31.082--146.360
28ST-X2永井 宏明ARN SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'31.347 0.265 0.265145.936
3108ST-X3木村 武史CARGUY
Lamborghini HURACAN GT3
1'31.374 0.292 0.027145.893
43ST-X4ユーク・タニグチENDLESS・ADVAN・GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'31.718 0.636 0.344145.346
570ST-X5ジェフリー・リーJ-Fly Racing R8 LMS Ultra
Audi R8 LMS ultra
1'31.741 0.659 0.023145.309
65ST-X6白井 剛Mach MAKERS GTNET GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'31.950 0.868 0.209144.979
725ST-X7テツオ・オギノケーズフロンティア911 GT3R
PORSCHE 911 GT3
1'32.250 1.168 0.300144.507
810ST-X8フィリップ・デベサAdenau SLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'32.355 1.273 0.105144.343
9112ST-X9佐藤 敦SATO-SS SLS AMG GT3 Rn-S
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
1'32.989 1.907 0.634143.359
1081ST-X10山田 秀明Rock254 GTNET
NISSAN GT-R NISMO GT3
1'33.118 2.036 0.129143.160
1189ST-X11モーリス・チェンHubAuto Ferrari 488GT3
Ferrari 488 GT3
1'33.390 2.308 0.272142.743
12777ST-11星野 敏D'station Porsche 991
PORSCHE 911 GT3 Cup
1'37.810 6.728 4.420136.293
1359ST-21大澤 学DAMD MOTUL ED WRX STI
SUBARU WRX STI
1'39.657 8.575 1.847133.767
1414ST-31小松 一臣岡部⾃動⾞KYOSHIN 195 Z34
NISSAN FAIRLADY Z
1'39.937 8.855 0.280133.392
1534ST-32前嶋 秀司assetテクノRC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'40.168 9.086 0.231133.084
1620ST-22下垣 和也RSオガワADVANランサー
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'40.319 9.237 0.151132.884
1715ST-33長島 正明岡部⾃動⾞DIXCELチームテツヤZ34
NISSAN FAIRLADY Z
1'40.326 9.244 0.007132.875
1838ST-34堀田 誠MUTA Racing TWS IS 350
TOYOTA LEXUS IS350
1'40.419 9.337 0.093132.752
1962ST-35嵯峨 宏紀DENSO Le Beausset RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'40.522 9.440 0.103132.616
2068ST-36番場 琢埼玉トヨペットGBマークX G's
TOYOTA MARK X
1'40.594 9.512 0.072132.521
2135ST-37加納 政樹SKT team motoyama
NISSAN FAIRLADY Z
1'40.979 9.897 0.385132.016
22505ST-23田ヶ原 章蔵ビズキューブレーシングランサーX
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'41.08310.001 0.104131.880
2323ST-38輿水 敏明岡部⾃動⾞ゼロサンMBFネットワークスZ34
NISSAN FAIRLADY Z
1'41.48610.404 0.403131.356
247ST-24カルロス 本田恒力技巧☆新菱オートDXLエボⅨ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION Ⅸ
1'41.63310.551 0.147131.166
256ST-25冨桝 朋広新菱オートDIXCEL EVOⅩ
MITSUBISHI LANCER EVOLUTION X
1'41.92510.843 0.292130.790
2639ST-39吉村 一悟Muta Racing RC350
TOYOTA LEXUS RC350
1'43.57012.488 1.645128.713

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山Cドライバー(グループ2)公式予選結果

SUPER TAIKYU RACE in OKAYAMA -RIJ- (2016/10/22) C Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2016 Super Taikyu Series Round 5 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
195ST-41柴田 優作SPOONリジカラS2000
Honda S2000
1'43.026--129.393
241ST-42太田 達也TAKUMI × HERO'S SSR ings S2000
Honda S2000
1'43.199 0.173 0.173129.176
358ST-43蘇武 喜和ウインマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE-R
1'43.234 0.208 0.035129.132
413ST-44元嶋 佑弥ENDLESS・ADVAN・86
TOYOTA 86
1'43.480 0.454 0.246128.825
586ST-45蒲生 尚弥TOYOTA Team TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
1'43.934 0.908 0.454128.262
6216ST-46杉原 直弥ニールレーシングwithセイコーSSR亜⾐
TOYOTA 86
1'44.031 1.005 0.097128.143
7117ST-47井入 宏之W.S.ENGINEERING S2000 TAIKEN
Honda S2000
1'44.106 1.080 0.075128.050
854ST-48加藤 彰彬TC CORSE iRacing ROADSTER
MAZDA ROADSTER
1'44.675 1.649 0.569127.354
927ST-49小林 且雄D'STATION FINA BRZ
SUBARU BRZ
1'45.041 2.015 0.366126.910
1052ST-410松田 晃司埼玉トヨペットGreen Brave 86
TOYOTA 86
1'45.629 2.603 0.588126.204
1193ST-411鈴木 陽SKR ENGINEERING S2000
Honda S2000
1'45.880 2.854 0.251125.905
1240ST-412ナオリュウゴーゴーガレージRAMD86 AGE↑AGE↑RACING SSR ings
TOYOTA 86
1'46.188 3.162 0.308125.540
1355ST-413伊藤 毅SunOasis AUTOFACTRY86
TOYOTA 86
1'46.850 3.824 0.662124.762
1448ST-414タカモリ 博士DIJONエンドレスワコーズNILZZ DC5
Honda INTEGRA TYPE-R
1'47.394 4.368 0.544124.130
1512ST-415ちゃまきちシビックTYPE-R☆STA
Honda CIVIC TYPE-R
1'47.518 4.492 0.124123.987
1618ST-416佐野 新世Y`s distraction 86
TOYOTA 86
1'48.915 5.889 1.397122.396
1760ST-417渡辺 忠司AGENT-1 WMインテグラ
Honda INTEGRA TYPE-R
1'49.282 6.256 0.367121.985
1888ST-51脇谷 猛村上モータースMAZDAロードスターND
MAZDA ROADSTER
1'49.954 6.928 0.672121.240
1936ST-418推根 克彦エンドレスアドバントラストヴィッツ
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
1'50.748 7.722 0.794120.371
2019ST-52吉本 晶哉BRP★J'S RACINGホンダカーズ三重北FIT
Honda FIT 3 RS
1'51.328 8.302 0.580119.743
2111ST-53大西 隆生BLOOD SDPORTS WM☆Vitz
TOYOTA Vitz RS
1'51.360 8.334 0.032119.709
2292ST-54原田 健太ホンダカーズ桶川・VBOX・セキショウFit
Honda FIT 3 RS
1'52.347 9.321 0.987118.657
23213ST-55横尾 優一Wako's GenesisPURE WM Vitz
TOYOTA Vitz RS
1'52.547 9.521 0.200118.447
2417ST-56野上 達也DXLアラゴスタ・NOPROデミオSKY-D
MAZDA DENIO Diesel TURBO
1'52.708 9.682 0.161118.277
252ST-57山下 將志ホンダカーズ野崎with CUSCO & FUJITSUBO
Honda FIT 3 RS
1'52.902 9.876 0.194118.074
264ST-58見並 秀文THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
1'57.13114.105 4.229113.811

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山A,Bドライバー(グループ2)公式予選総合結果

SUPER TAIKYU RACE in OKAYAMA -RIJ- (2016/10/22) A&B Total Qualify Weather:Cloudy Course:Dry
2016 Super Taikyu Series Round 5 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Model
Adriver
Bdriver
Total
Time
Behind
186ST-41松井 孝允
井口 卓人
TOYOTA Team TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
1'42.378
1'42.436
3'24.814-
241ST-42植松 忠雄
石川 京侍
TAKUMI × HERO'S SSR ings S2000
Honda S2000
1'43.310
1'42.321
3'25.631 0.817
377ST-43山田 英二
木下 隆之
CUSCO with Key's 86
TOYOTA 86
1'42.648
1'43.307
3'25.955 1.141
440ST-44藤田 竜樹
浜野 彰彦
ゴーゴーガレージRAMD86 AGE↑AGE↑RACING SSR ings
TOYOTA 86
1'43.064
1'43.091
3'26.155 1.341
5117ST-45太田 重蔵
鶴田 和弥
W.S.ENGINEERING S2000 TAIKEN
Honda S2000
1'42.776
1'43.395
3'26.171 1.357
695ST-46松井 猛敏
中島 保典
SPOONリジカラS2000
Honda S2000
1'43.378
1'43.015
3'26.393 1.579
713ST-47村田 信博
小河 諒
ENDLESS・ADVAN・86
TOYOTA 86
1'43.493
1'42.995
3'26.488 1.674
855ST-48たしろ じゅん
小野田 貴俊
SunOasis AUTOFACTRY86
TOYOTA 86
1'43.360
1'43.152
3'26.512 1.698
927ST-49伊橋 勲
ユウキ
D'STATION FINA BRZ
SUBARU BRZ
1'43.479
1'43.314
3'26.793 1.979
1054ST-410近藤 翼
堤 優威
TC CORSE iRacing ROADSTER
MAZDA ROADSTER
1'43.156
1'43.675
3'26.831 2.017
1158ST-411小林 康一
塩谷 烈州
ウインマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE-R
1'43.298
1'43.560
3'26.858 2.044
12216ST-412玉江 浩明
山谷 直樹
ニールレーシングwithセイコーSSR亜⾐
TOYOTA 86
1'44.346
1'42.634
3'26.980 2.166
1352ST-413脇阪 寿一
脇阪 薫一
埼玉トヨペットGreen Brave 86
TOYOTA 86
1'43.649
1'43.667
3'27.316 2.502
1448ST-414猪股 京介
北川 剛
DIJONエンドレスワコーズNILZZ DC5
Honda INTEGRA TYPE-R
1'44.380
1'43.551
3'27.931 3.117
1593ST-415小泉 和寛
遠藤 浩二
SKR ENGINEERING S2000
Honda S2000
1'44.763
1'44.153
3'28.916 4.102
16100ST-416松井 仁志
鵜飼 龍太
アミューズSPV 86
TOYOTA 86
1'44.942
1'44.436
3'29.378 4.564
1760ST-417渋谷 崇
松本 和之
AGENT-1 WMインテグラ
Honda INTEGRA TYPE-R
1'44.932
1'44.917
3'29.849 5.035
18333ST-418中島 佑弥
大波 肇
GLORY RACING A-ONE FN2
Honda CIVIC TYPE-R EURO
1'44.733
1'45.289
3'30.022 5.208
1912ST-419リク
松井 隆幸
シビックTYPE-R☆STA
Honda CIVIC TYPE-R
1'46.227
1'44.392
3'30.619 5.805
20116ST-420長谷川 伸司
吉田 靖之
W.S.ENGINEERING S2000
Honda S2000
1'46.225
1'44.634
3'30.859 6.045
2118ST-421浅野 武夫
森 正行
Y`s distraction 86
TOYOTA 86
1'46.527
1'45.545
3'32.072 7.258
2236ST-422江原 弘美
連 貴洋
エンドレスアドバントラストヴィッツ
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
1'48.079
1'47.523
3'35.60210.788
2388ST-51村上 博幸
筒井 克彦
村上モータースMAZDAロードスターND
MAZDA ROADSTER
1'48.515
1'49.056
3'37.57112.757
2469ST-52大野 尊久
梅本 淳一
BRP★J'S RACINGホンダカーズ浜松北みきゃんFIT
Honda FIT 3 RS
1'48.738
1'49.294
3'38.03213.218
2519ST-53古宮 正信
松田 智也
BRP★J'S RACINGホンダカーズ三重北FIT
Honda FIT 3 RS
1'49.797
1'49.223
3'39.02014.206
262ST-54松田 秀士
ススム・ナカムラ
ホンダカーズ野崎with CUSCO & FUJITSUBO
Honda FIT 3 RS
1'50.281
1'48.855
3'39.13614.322
2766ST-55武地 孝幸
植田 正幸
odula MAZDAデミオ15MB
MAZDA DEMIO
1'49.942
1'50.320
3'40.26215.448
2892ST-56遠藤 光博
桝本 隆介
ホンダカーズ桶川・VBOX・セキショウFit
Honda FIT 3 RS
1'50.595
1'50.600
3'41.19516.381
2917ST-57谷川 達也
井尻 薫
DXLアラゴスタ・NOPROデミオSKY-D
MAZDA DENIO Diesel TURBO
1'50.568
1'50.940
3'41.50816.694
304ST-58芝谷 純三
河野 利尚
THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
1'49.192
1'53.278
3'42.47017.656
3111ST-59三木 孝浩
板垣 裕之
BLOOD SDPORTS WM☆Vitz
TOYOTA Vitz RS
1'50.684
1'51.854
3'42.53817.724
3246ST-510井上 恵一
河村 翔
DIJONエンドレスワコーズNILZZ FIT
Honda FIT 2 RS
1'50.702
1'53.954
3'44.65619.842
3337ST-511関 豊
小松 寛子
ワコーズDXLアラゴスタNOPROデミオ
MAZDA DEMIO
1'51.672
1'54.652
3'46.32421.510
3471ST-512水野 大
黒田 保男
ピースMS NUTEC制動屋 Fit RS
Honda FIT 2 RS
1'53.489
1'53.017
3'46.50621.692

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山Bドライバー(グループ2)公式予選結果

SUPER TAIKYU RACE in OKAYAMA -RIJ- (2016/10/22) B Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2016 Super Taikyu Series Round 5 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
141ST-41石川 京侍TAKUMI × HERO'S SSR ings S2000
Honda S2000
1'42.321--130.284
286ST-42井口 卓人TOYOTA Team TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
1'42.436 0.115 0.115130.138
3216ST-43山谷 直樹ニールレーシングwithセイコーSSR亜⾐
TOYOTA 86
1'42.634 0.313 0.198129.887
413ST-44小河 諒ENDLESS・ADVAN・86
TOYOTA 86
1'42.995 0.674 0.361129.432
595ST-45中島 保典SPOONリジカラS2000
Honda S2000
1'43.015 0.694 0.020129.406
640ST-46浜野 彰彦ゴーゴーガレージRAMD86 AGE↑AGE↑RACING SSR ings
TOYOTA 86
1'43.091 0.770 0.076129.311
755ST-47小野田 貴俊SunOasis AUTOFACTRY86
TOYOTA 86
1'43.152 0.831 0.061129.235
877ST-48木下 隆之CUSCO with Key's 86
TOYOTA 86
1'43.307 0.986 0.155129.041
927ST-49ユウキD'STATION FINA BRZ
SUBARU BRZ
1'43.314 0.993 0.007129.032
10117ST-410鶴田 和弥W.S.ENGINEERING S2000 TAIKEN
Honda S2000
1'43.395 1.074 0.081128.931
1148ST-411北川 剛DIJONエンドレスワコーズNILZZ DC5
Honda INTEGRA TYPE-R
1'43.551 1.230 0.156128.737
1258ST-412塩谷 烈州ウインマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE-R
1'43.560 1.239 0.009128.725
1352ST-413脇阪 薫一埼玉トヨペットGreen Brave 86
TOYOTA 86
1'43.667 1.346 0.107128.593
1454ST-414堤 優威TC CORSE iRacing ROADSTER
MAZDA ROADSTER
1'43.675 1.354 0.008128.583
1593ST-415遠藤 浩二SKR ENGINEERING S2000
Honda S2000
1'44.153 1.832 0.478127.992
1612ST-416松井 隆幸シビックTYPE-R☆STA
Honda CIVIC TYPE-R
1'44.392 2.071 0.239127.699
17100ST-417鵜飼 龍太アミューズSPV 86
TOYOTA 86
1'44.436 2.115 0.044127.646
18116ST-418吉田 靖之W.S.ENGINEERING S2000
Honda S2000
1'44.634 2.313 0.198127.404
1960ST-419松本 和之AGENT-1 WMインテグラ
Honda INTEGRA TYPE-R
1'44.917 2.596 0.283127.060
20333ST-420大波 肇GLORY RACING A-ONE FN2
Honda CIVIC TYPE-R EURO
1'45.289 2.968 0.372126.612
2118ST-421森 正行Y`s distraction 86
TOYOTA 86
1'45.545 3.224 0.256126.304
2236ST-422連 貴洋エンドレスアドバントラストヴィッツ
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
1'47.523 5.202 1.978123.981
232ST-51ススム・ナカムラホンダカーズ野崎with CUSCO & FUJITSUBO
Honda FIT 3 RS
1'48.855 6.534 1.332122.464
2488ST-52筒井 克彦村上モータースMAZDAロードスターND
MAZDA ROADSTER
1'49.056 6.735 0.201122.238
2519ST-53松田 智也BRP★J'S RACINGホンダカーズ三重北FIT
Honda FIT 3 RS
1'49.223 6.902 0.167122.051
2669ST-54梅本 淳一BRP★J'S RACINGホンダカーズ浜松北みきゃんFIT
Honda FIT 3 RS
1'49.294 6.973 0.071121.972
2766ST-55植田 正幸odula MAZDAデミオ15MB
MAZDA DEMIO
1'50.320 7.999 1.026120.838
2892ST-56桝本 隆介ホンダカーズ桶川・VBOX・セキショウFit
Honda FIT 3 RS
1'50.600 8.279 0.280120.532
2917ST-57井尻 薫DXLアラゴスタ・NOPROデミオSKY-D
MAZDA DENIO Diesel TURBO
1'50.940 8.619 0.340120.162
3011ST-58板垣 裕之BLOOD SDPORTS WM☆Vitz
TOYOTA Vitz RS
1'51.854 9.533 0.914119.180
3171ST-59黒田 保男ピースMS NUTEC制動屋 Fit RS
Honda FIT 2 RS
1'53.01710.696 1.163117.954
324ST-510河野 利尚THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
1'53.27810.957 0.261117.682
3346ST-511河村 翔DIJONエンドレスワコーズNILZZ FIT
Honda FIT 2 RS
1'53.95411.633 0.676116.984
3437ST-512小松 寛子ワコーズDXLアラゴスタNOPROデミオ
MAZDA DEMIO
1'54.65212.331 0.698116.272

スーパー耐久

S耐:第5戦岡山Aドライバー(グループ2)公式予選結果

SUPER TAIKYU RACE in OKAYAMA -RIJ- (2016/10/22) A Driver Qualifying Weather:Cloudy Course:Dry
2016 Super Taikyu Series Round 5 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
186ST-41松井 孝允TOYOTA Team TOM'S SPIRIT 86
TOYOTA 86
1'42.378--130.212
277ST-42山田 英二CUSCO with Key's 86
TOYOTA 86
1'42.648 0.270 0.270129.869
3117ST-43太田 重蔵W.S.ENGINEERING S2000 TAIKEN
Honda S2000
1'42.776 0.398 0.128129.707
440ST-44藤田 竜樹ゴーゴーガレージRAMD86 AGE↑AGE↑RACING SSR ings
TOYOTA 86
1'43.064 0.686 0.288129.345
554ST-45近藤 翼TC CORSE iRacing ROADSTER
MAZDA ROADSTER
1'43.156 0.778 0.092129.230
658ST-46小林 康一ウインマックステインワコーズDC5☆KRP
Honda INTEGRA TYPE-R
1'43.298 0.920 0.142129.052
741ST-47植松 忠雄TAKUMI × HERO'S SSR ings S2000
Honda S2000
1'43.310 0.932 0.012129.037
855ST-48たしろ じゅんSunOasis AUTOFACTRY86
TOYOTA 86
1'43.360 0.982 0.050128.974
995ST-49松井 猛敏SPOONリジカラS2000
Honda S2000
1'43.378 1.000 0.018128.952
1027ST-410伊橋 勲D'STATION FINA BRZ
SUBARU BRZ
1'43.479 1.101 0.101128.826
1113ST-411村田 信博ENDLESS・ADVAN・86
TOYOTA 86
1'43.493 1.115 0.014128.809
1252ST-412脇阪 寿一埼玉トヨペットGreen Brave 86
TOYOTA 86
1'43.649 1.271 0.156128.615
13216ST-413玉江 浩明ニールレーシングwithセイコーSSR亜⾐
TOYOTA 86
1'44.346 1.968 0.697127.756
1448ST-414猪股 京介DIJONエンドレスワコーズNILZZ DC5
Honda INTEGRA TYPE-R
1'44.380 2.002 0.034127.714
15333ST-415中島 佑弥GLORY RACING A-ONE FN2
Honda CIVIC TYPE-R EURO
1'44.733 2.355 0.353127.284
1693ST-416小泉 和寛SKR ENGINEERING S2000
Honda S2000
1'44.763 2.385 0.030127.247
1760ST-417渋谷 崇AGENT-1 WMインテグラ
Honda INTEGRA TYPE-R
1'44.932 2.554 0.169127.042
18100ST-418松井 仁志アミューズSPV 86
TOYOTA 86
1'44.942 2.564 0.010127.030
19116ST-419長谷川 伸司W.S.ENGINEERING S2000
Honda S2000
1'46.225 3.847 1.283125.496
2012ST-420リクシビックTYPE-R☆STA
Honda CIVIC TYPE-R
1'46.227 3.849 0.002125.494
2118ST-421浅野 武夫Y`s distraction 86
TOYOTA 86
1'46.527 4.149 0.300125.140
2236ST-422江原 弘美エンドレスアドバントラストヴィッツ
TOYOTA Vitz GRMN Turbo
1'48.079 5.701 1.552123.343
2388ST-51村上 博幸村上モータースMAZDAロードスターND
MAZDA ROADSTER
1'48.515 6.137 0.436122.848
2469ST-52大野 尊久BRP★J'S RACINGホンダカーズ浜松北みきゃんFIT
Honda FIT 3 RS
1'48.738 6.360 0.223122.596
254ST-53芝谷 純三THE BRIDE FIT
Honda FIT 3 RS
1'49.192 6.814 0.454122.086
2619ST-54古宮 正信BRP★J'S RACINGホンダカーズ三重北FIT
Honda FIT 3 RS
1'49.797 7.419 0.605121.413
2766ST-55武地 孝幸odula MAZDAデミオ15MB
MAZDA DEMIO
1'49.942 7.564 0.145121.253
282ST-56松田 秀士ホンダカーズ野崎with CUSCO & FUJITSUBO
Honda FIT 3 RS
1'50.281 7.903 0.339120.880
2917ST-57谷川 達也DXLアラゴスタ・NOPROデミオSKY-D
MAZDA DENIO Diesel TURBO
1'50.568 8.190 0.287120.567
3092ST-58遠藤 光博ホンダカーズ桶川・VBOX・セキショウFit
Honda FIT 3 RS
1'50.595 8.217 0.027120.537
3111ST-59三木 孝浩BLOOD SDPORTS WM☆Vitz
TOYOTA Vitz RS
1'50.684 8.306 0.089120.440
3246ST-510井上 恵一DIJONエンドレスワコーズNILZZ FIT
Honda FIT 2 RS
1'50.702 8.324 0.018120.421
3337ST-511関 豊ワコーズDXLアラゴスタNOPROデミオ
MAZDA DEMIO
1'51.672 9.294 0.970119.375
3471ST-512水野 大ピースMS NUTEC制動屋 Fit RS
Honda FIT 2 RS
1'53.48911.111 1.817117.463

FUJI 1000km | SUPER FORMULA | その他

FIA WEC:第7戦富士6時間 接戦を制しトヨタが念願の今季初勝利!!

ラスト3分に泣いたルマン24時間の敗戦から4ヶ月、トヨタTS050がついに勝った!!

2016 FIA 世界耐久選手権(WEC)第7戦「富士 6 時間耐久レース」が10月14〜16日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、#6TOYOTA GAZOO Racing(ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ/小林可夢偉組)が僅か1.439秒差で#8AUDI SPORT TEAM JOEST(ルーカス・ディ・グラッシ/ロイック・デュバル/オリバー・ジャービス組)を退け、今季初勝利を飾った。
(天候:晴れ コース:ドライ 観客動員数:金曜6,000人/土曜14,500人/日曜32,700人/大会総入場者数53,200人)

wec-fuji-01

wec-fuji-02

wec-fuji-03

wec-fuji-04

wec-fuji-05

wec-fuji-06

wec-fuji-07

wec-fuji-08

wec-fuji-09

wec-fuji-10

wec-fuji-11

WECが復活して今年で5回目を迎える富士6時間は大会三日間を通じて好天に恵まれ、絶好のレース日和のもとで14日にフリープラクティス、15日に公式予選、16日に決勝レースが行われた。

15日の予選はドライバー2名のベストラップの平均でスターティンググリッドを決めるというWEC独特の方式で行われ、1’23.570を記録した#8アウディがポールポジション、1’23.595の#1PO CHE TEAM(ティモ・ベルンハルト/マ=ク・ウェバー/ブレンダン・ハートレー組)が2番手につけ、トヨタ勢は#5(アンソニー・デビットソン/セバスチャン・ブエミ/中嶋一貴)が3位、#6(ステファン・サラザン/マイク・コンウェイ/小林可夢偉組)が4位という結果になったが、いずれもトップからはコンマ2秒差につけており、決勝での巻き返しが大いに期待できる状況だ。

そして16日午前11時にスタートした6時間の決勝レースでは、ポールポジションの#8アウディ8が序盤からトップに立ち、それを#1ポルシェ、#6トヨタが2位争いを展開しながら追う展開に。#5トヨタは4位につける。
スタートドライバーは#8ジャービス、#1ウェバー、#6小林、#5中嶋だ。
一方#7アウディは16周目の13コーナーでコースアウトした後に突如スローダウン、フロントのハイブリッドシステムのトラブルで惜しくも戦列を去る結果に。

#8アウディは33周目に最初のピットイン。#5トヨタは35周目、#6トヨタは36周目、ポルシェは2台とも37周目にピットへ。
その後もアウディ、トヨタ、ポルシェの順でピット作業が行われながらレースは進行していく。
残り1時間を切ってもトップの#8アウディと2位の#6トヨタの差は6〜8秒を推移する接戦だ。

そして迎えた最終スティント。
#8アウディは210周目に最後のピット作業を行い、給油とニュータイヤへの交換を行ってデュバルが連続で2スティントを走る作戦に出た。
一方#6トヨタは214周目にピットイン。こちらは給油のみで小林がそのままドライブを続行。この作戦が功を奏し#8アウディの前でコースインすることに成功した。
#1ポルシェは220周目にピットイン。今シーズンで引退を表明しているウェバーに交代して左側2本のタイヤを交換して出て行った。
この時点での順位は1位#6トヨタ、2位#8アウディ、3位#1ポルシェ。
221周終えた段階での#6トヨタのリードは8.920秒だった。

ここから#8アウディが猛追撃を開始。
デュバルは1周あたり0.3〜0.7秒のペースで#6小林との差を削り取りながら周回を重ねていく。
しかし#6小林もタンクが軽くなるにつれて次第にペースを上げ、懸命にトップをひた走る。
そして両者が244周目に入ったところで6時間が経過、これがファイナルラップとなった。
この時点で両者の差は1.7秒。
1コーナーで、ヘアピンで、ダンロップで、着実に小林の背後に迫るデュバルだったが、そこに周回遅れが立ちはだかり、デュバルはついに小林攻略の糸口を見つけられないままチェッカーを受けることになってしまった。
逃げ切った#6トヨタと2位#8アウディの差は僅か1.439秒。
まさに死闘と呼ぶにふさわしい6時間だった。
トヨタの勝利は2014年のバーレーン以来2年ぶり。ホームコースである富士で雪辱を果たした格好だ。
中嶋一貴の乗る#5トヨタも4位で完走した。

この他日本勢では中野信治がドライブした#45マノー(オレカ05/日産)が29位(LMP2クラス11位)、山岸大のドライブした#50ラルブルコンペティション(シボレーコルベット)が30位(LMGTE Amクラス6位)だった。

FIA世界耐久選手権はこのあと舞台を上海サーキットに移して第8戦を行う。
11月6日決勝だ。

Text:Kazuhisa SUEHIRO
Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER GT

SGT:第7戦チャン 関口/国本組LEXUS RC Fが圧巻のポール・トゥ・ウィンで初優勝! 大嶋/カルダレッリ組が6番手スタートから3位表彰台獲得 (TOYOTA)

 10月9日(日)タイのチャン・インターナショナル・サーキットでSUPER GT第7戦が行われ、ポールポジションからスタートした関口 雄飛/国本 雄資組 WedsSport ADVAN RC F 19号車が後続を大きく引き離しての独走でレースを支配し、初勝利を挙げた。また、大嶋 和也/アンドレア・カルダレッリ組 WAKO'S 4CR RC F 6号車が6番手スタートから追い上げ、3位表彰台を獲得した。

コンビとして初、チームにも初優勝をもたらした関口雄飛/国本雄資と、3位表彰台を獲得した大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ

コンビとして初、チームにも初優勝をもたらした関口雄飛/国本雄資と、3位表彰台を獲得した大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ

 10月8日(土)、9日(日)の両日、タイの東北部ブリーラムに位置するチャン・インターナショナル・サーキットで、SUPER GT第7戦「BURIRAM SUPER GT RACE」が開催された。

 前戦鈴鹿1000kmから1ヶ月半ほどのインターバルを経て迎える第7戦は、今年で3回目を迎えるSUPER GTタイラウンド。昨年は6月の第3戦として実施されたが、今年は初年度と同じ10月の第7戦としての開催。

 全8戦で行われる2016年のSUPER GT。本来であれば今大会は最終戦のひとつ前ということで、ウェイトハンデは半減して戦われるはずであったが、春の第3戦オートポリスが熊本地震の影響でキャンセルとなり、最終大会もてぎの土曜日に代替戦が開催されることとなったため、タイラウンドは、フルウェイトハンデを搭載しての最後のレースとなる。

 LEXUS勢は前戦鈴鹿1000kmで待望の今季初勝利を収め、ドライバーズランキングでも2位から6位までを占めている。今大会を含め残り3戦。ポールポジションも含めれば最大63ポイントを獲得出来るため、まだまだどのチームにも逆転タイトルの可能性が残されている。ウェイトハンデ半減、ノーハンデで戦われる最後の2連戦へ向け、LEXUS勢は少しでも多くのポイントを稼ぐべく臨んだ。

 日本の国内は秋の風で涼しさを感じるようになってきたものの、タイは10月でも暑さは厳しい。タイトル争いに向け、文字通りの「熱い」戦いが繰り広げられた。

◆予選◆

 8日(土)は前夜の激しい雷雨で、朝の公式練習走行時はまだ濡れているところも残っていたが、その後、天候は回復し、路面は完全にドライに。

 予選が始まる午後3時前には、空を再び雲が覆い、気温、路面温度とも午前中に比べるとやや下がってきたものの、それでも気温30度、路面温度38度で蒸し暑いコンディションの下で午後3時からノックアウト方式の予選が開始された。

 GT500クラスは午後3時20分から15分間のQ1が開始。国本がQ1を担当した19号車を先頭に、やや遅れて各車コースイン。国本がまず1分24秒台に入れてトップに立つと、6号車の大嶋がこれを塗り替え、コースレコードを更新するタイムでトップへ。KeePer TOM'S RC F 37号車の平川亮も24秒台と好タイムをマーク。

 このQ1では、大嶋の6号車がトップ。平川の37号車が3番手、国本の19号車が4番手につけ、Q2進出を決めた。

 その一方で、重いウェイトハンデに苦しんだDENSO KOBELCO SARD RC F 39号車が10番手、ZENT CERUMO RC F 38号車が11番手、au TOM'S RC F 36号車が15番手とタイムを伸ばせず、Q2進出ならず。明日の決勝での追い上げを目指すこととなった。

 午後4時5分からのQ2(12分)は、気温28度、路面温度は33度まで下がる中でセッション開始。ここでも19号車の関口が先頭でコースイン。じっくりと周回を重ねながらタイヤを温めていった。

 その後、他の車両も全車コースインし、アタック開始。セッション終盤に目まぐるしくタイムが塗り替えられていく中、関口が6周目のアタックでトップ浮上。終了直前にライバルの追い上げを受けるも19号車のタイムを上回ることはなく、関口/国本組の19号車がこのコンビとしては初めて、チームとしてもドライコンディションでは初となるポールポジションを獲得した。

 アンドレア・カルダレッリがアタックした6号車が6番手、ジェームス・ロシターの37号車が7番手につけ、明日の決勝に臨むこととなった。

 GT300クラスでは、Q1を担当したTOYOTA PRIUS apr GT 31号車の中山雄一が、残り3分を切ったあたりでこれまでのコースレコードを更新するトップタイムをマーク。ライバルはこれを上回ることはなく、31号車はトップでQ2進出を決めた。  TOYOTA PRIUS apr GT 30号車が19番手、SYNTIUM LMcorsa RC F GT3 60号車は24番手でQ1敗退となった。

 Q2(12分間)は嵯峨が31号車のアタックを担当。8番手のタイムをマークし、4列目のグリッドを獲得した。

◆決勝◆

 9日(日)は朝から好天に恵まれ、気温35度、路面温度44度というタイらしい暑い気候の下で午後3時に66周で争われる決勝レースのスタートが切られた。

 ポールポジションの19号車関口は、序盤から順調に後続との差を広げていった。その後方では、7番手スタートの37号車ロシターが次々に前車をパスしていき、9周目終了時には4位までポジションアップ。6番手グリッドからスタートで順位を落とした6号車の大嶋もポジションを取り戻し、テール・トゥ・ノーズでの5位争いを展開した。

 首位を行く関口の19号車は、ファステストタイムを更新しながら後続との差を広げていき、28周目終了の時点でその差は約10秒まで広がった。

 レースが半分に近づき、給油とドライバー交代、タイヤ交換のために続々ピットへと入っていく中、首位独走中の19号車は最終セクターで突然左リアタイヤが損傷。幸運にもすぐにピットインできたため、車体へのダメージはなく、タイムロスも最小限でコースへと復帰した。

 その後、残りの全車がピットインした時点で、首位を行く国本の19号車と2位との差は11秒に。加えて、2位につけていた車両がピット作業時に違反があったとしてペナルティを受けることとなり、更に後方との差は大きくなった。

 このペナルティにより、平手からタイヤ無交換作戦でヘイッキ・コバライネンに交代した39号車が表彰台圏内の3位に浮上。これを大嶋からカルダレッリへと交代した6号車が追う形となり、2台が僅差で表彰台を争うことに。

 タイヤが厳しくなってきた39号車に対し、やや速さで勝る6号車は再三にわたって39号車を攻め、50周目についに6号車が先行。4位に落ちた39号車は、更にペースが落ち、ポジションを落とすこととなってしまった。

 首位を行く19号車の国本は、最大で25秒ほどあった2位との差を活かし、タイヤをセーブしながらポジションを堅持。終盤には数秒差まで2位の車両に詰め寄られたものの、首位の座を守りきってトップチェッカー。6年目のチーム、そして関口にとってもGT500クラスで初めてとなる優勝を飾った。

 レースを通して速さを見せた6号車は3位でチェッカーを受け、今季初となる表彰台を獲得。終盤ポジションを落とすも39号車が7位、前半見事な追い上げで4位まで浮上もペナルティで順位を落とした37号車が、その後再び追い上げ9位フィニッシュ。ポイント獲得を果たした。

 この結果、残り2戦が2日間で行われるもてぎへ向け、ドライバーズランキングでは首位と10ポイント差の2位に浮上した6号車、そこから1ポイント差で38号車と39号車、そして今大会の優勝でランキング5位に浮上した19号車と続き、LEXUS RC F勢はランキング2位から5位を占め、首位との差を縮めて残りの2戦での逆転タイトルに挑むこととなった。

 GT300クラスでは、嵯峨がスタートを担当した31号車が序盤、パワーを活かしたFIA-GT勢の先行を許し、一時は10位まで後退。しかし、燃料が軽くなるとポジションを取り戻していき、スタートとほぼ同じポジションで中山雄一へとドライバー交代を行った。

 31号車の後半を担当した中山雄一も、燃料が軽くなる終盤を待ち着実に周回を重ねていき、残り20周を切ったあたりからペースアップ。残り10周あまりになったところで、前車に追いつき、その前の車両も含めた、3台での5位争いを展開した。  数周に渡るバトルの末に、これを制した31号車は5位でフィニッシュ。ドライバーズランキングでは5位へと後退したが、首位との差は10ポイントと充分に逆転可能な位置で、もてぎでの最後の2戦に臨む。

 30号車は着実に走りきり14位でフィニッシュ。60号車は終盤、他車のアクシデントに巻き込まれレースを終えることとなった(23位完走扱い)。

圧勝のポール・トゥ・ウィンで初勝利を挙げた関口 雄飛/国本 雄資組 WedsSport ADVAN RC F 19号車

圧勝のポール・トゥ・ウィンで初勝利を挙げた関口 雄飛/国本 雄資組 WedsSport ADVAN RC F 19号車

6番手グリッドから追い上げ3位表彰台を獲得した大嶋 和也/アンドレア・カルダレッリ組 WAKO'S 4CR RC F 6号車

6番手グリッドから追い上げ3位表彰台を獲得した大嶋 和也/アンドレア・カルダレッリ組 WAKO'S 4CR RC F 6号車

WedsSport ADVAN RC F 19号車 ドライバー 関口雄飛:
 決勝直前のウォームアップ走行でも国本選手と話し合ってセッティングを変えた結果トップタイムを出せて、自信を持ってスタートした。序盤は思っていたより後続がついてきたが、5周くらいしたら離れ始め、こちらの方がペースが良いのが分かったので、出来るだけギャップを広げようとプッシュした。スティントの後半、燃料が軽くなってきたのでペースを上げて、タイヤを使い切って戻ろうと思っていた矢先にタイヤが損傷してしまった。まだ幾つかコーナーが残っていたが、幸運にも最終セクターだったので、無線でピットに戻ることを伝え、何とか上手くピットへ戻り、タイムロスを最小限に抑えられたのは良かった。国本選手も同じタイヤで、走る周回数も同じくらいだったので心配だったが、後続のトラブルで差が25秒ほどに広がったので、ギャップを見ながら、国本選手が上手くタイヤをマネージメントしてくれた。勝てて良かった。僕にとってはGT500での初表彰台で初優勝となるが、ここまで本当に長かった。支えてくれたチームや関係者、ファンの方々に感謝している。
WedsSport ADVAN RC F 19号車 ドライバー 国本雄資:
 良いクルマとタイヤを作ってきてくれたチーム、TRD、横浜タイヤのおかげで勝つことが出来、本当に感謝している。今週末は走り始めから調子が良く、順調にレースを戦うことが出来た。最初のスティントではピットインの予定よりもやや早めにタイヤのトラブルに見舞われてしまったが、関口選手が10秒近いギャップを作ってくれていたし、大きなタイムロス無くコースに復帰することが出来た。12号車のトラブルで後続との差が25秒になったので、タイヤのことだけを考え、1周あたり1秒から2秒くらいペースを落として、タイヤを極力滑らさないように心掛けて走った。最終的にギャップを全て使い切ることになったが、本当に勝ちを意識して戦ったレースだったので、色々不安もあったが、自分を見失わないように集中して最後まで走り切った。チームにとっての初優勝に貢献できたのはとても嬉しい。
WAKO'S 4CR RC F 6号車 ドライバー 大嶋和也:
 今回は車の調子が本当に良く、ウェイトハンデを全く感じさせないよう走りが出来たが、スタートでちょっと混乱を避けるのにポジションを落としてしまった。それを取り戻すのに少し時間がかかってしまったのが悔しいが、そこから落ち着いてしっかりポジションを上げて行けたのは良かったと思っている。シリーズの面でも、ランキング2位に上がることが出来た。首位との差はまだ10点あるとは言え、まだまだチャンスのある位置だし、残っている2戦は得意とするもてぎなので、前向きに考えている。
WAKO'S 4CR RC F 6号車 ドライバー アンドレア・カルダレッリ:
 このタイラウンドを戦う前の目標は出来る限り上位でフィニッシュすることだったが、3位というのは充分な結果だ。最後は後続に大きなギャップを付けてフィニッシュ出来たが、簡単なレースではなかった。昨日からクルマの調子は良かったが、ウェイトハンデを考えても、今回は可能な限り最良のリザルトだと思う。次のもてぎは2レースあるので、ハードな週末になると思うが、もちろん目標は逆転タイトル獲得であり、そのために全力を尽くす。
トヨタ自動車株式会社
モータースポーツマーケティング部

SUPER GT

SGT:第7戦チャン WedsSport ADVAN RC Fが歓喜の初優勝!! GT300はVivaC 86 MCが今季初勝利

 2016 AUTOBACS SUPER GT第7戦『BURIRAM SUPER GT RACE』決勝レースが、10月9日、チャン・インターナショナル・サーキット(1周4,554km×66周)で行われた。ポールポジションからスタートしたNo.19 WedsSport ADVAN RC F(関口雄飛/国本雄資組)が、歓喜のチーム初優勝を果たした。(観客:2万7,948人)

gt-rd7-r-start-300

gt-rd7-r-start-500

gt-rd7-r-19

gt-rd7-r-15

gt-rd7-r-6

gt-rd7-r-25

gt-rd7-r-3

gt-rd7-r-55

 SUPER GTシリーズの唯一の海外戦であるタイでの第7戦は、日本の夏のような気温30度の好天の下、日本と同様にメインスタンドに多くの応援団の応援合戦があるなかでスタートした。

 決勝スタートではポールポジションのNo.19 WedsSport ADVAN RC Fの関口雄飛が好スタートを切り、後続のNo.15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT(武藤英紀)とNo.12 カルソニックIMPUL GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ)が追いすがる。だが、No.19 WedsSport ADVAN RC Fはわずか4周で4秒弱という差を付けるハイペースで周回を刻み、後続をぐんぐんと引き離していく。

 そしてレース折り返しの33周目。No.19 WedsSport ADVAN RC Fも間もなくピットインのタイミングで左リアタイヤがバースト。だが、関口はRC Fを巧みにコントロールして、そのままピットイン。幸いにもマシンに大きな破損はなくタイヤ交換だけで、トップのままコースに戻った。この後、No.19 WedsSport ADVAN RC Fの国本雄資は、関口が稼いだマージンを活かし、タイヤをいたわって走行。見事にポール・トゥ・ウインを達成してみせた。

 この優勝はチームにとっても関口雄飛にとっても、GT500クラスでの初勝利。また、国本雄資にとっては2勝目となった。レクサスRC Fは前戦鈴鹿に続いて連勝で、今季2勝目。

 2位にはNo.12 カルソニックIMPUL GT-Rのピット作業違反もあって、No.15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GTが入った。このレースでGT500クラスにデビューした19歳の牧野任祐がきっちり2位をキープしてゴール。周囲の褒め言葉にも「やはり悔しい」とコメントしていた。

 GT300クラスもポールポジションのNo.25 VivaC 86 MC(土屋武士)が、一時No.3 B-MAX NDDP GT-R(星野一樹)にトップを譲るも、ピットのタイミングで逆転。終盤にNo.3 B-MAX NDDP GT-R(ヤン・マーデンボロー)に迫られるも、No.25 VivaC 86 MC(松井孝允)がそのまま逃げ切って、今季初優勝となった。

■優勝選手コメント

No.19 WedsSport ADVAN RC F [GT500]

関口雄飛
 「朝のフリー走行では昨日とフィーリングが違っていてちょっと不安がありました。でもチームと相談してセットを変えてもらったら、8分間のウォームアップではトップタイムをマークでき、自信を持ってレースに臨むことができました。スタートしてから5周くらいしたら、2位のクルマが離れていったので、自分のペースが一番速いと確信しました。自分の走行の最後でバーストしてしまいましたが、コースの後半だったのでロスを抑えることができました。国本(雄資)選手とのコンビで初表彰台が初優勝となりましたが本当に良かったです」
国本雄資
 「今週は走り始めからクルマの調子も良くて、セッティングを変えたら変えたなりの反応をしてくれました。今日は関口(雄飛)選手が10秒くらいギャップを築いてくれて、ピットアウトした時にはそれが15秒になっていて、さらに2位がペナルティで遅れて、後続との差がさらに大きくなっていました。それでもタイヤマネージメントだけは怠らず、結果的にはギャップをすべて使い切ることになりましたが、チームの初優勝に立ちあうことができて嬉しいです」

No.25 VivaC 86 MC [GT300]

土屋武士
 「昨日の予選では(松井)孝允との(自分のタイム)差が大きくて、ドライバーとして複雑な気持ちもありましたが、データを分析して自分自身もインプルーブすることができました。今日のレースは、最後は孝允とマーデンボロー(3号車)の勝負になると思っていましたが、本当にその通りになりました。最後で燃料ポンプにトラブルがあって、ガス欠の心配もありましたが、そのまま勝負と思って走らせ続けました。孝允の走りがここ(優勝会見)に導いてくれ、本当に嬉しいです」
松井孝允
 「やっと勝てました。勝ちたかったレースで勝つことができて、本当に嬉しいです。昨日、予選が終わってからもチームスタッフが、夜遅くまで掛かってクルマを仕上げてくれました。今朝のフリー走行では僕のミスからスピンして、また余計な作業を強いることになりましたが、決勝までにはキッチリと直してくれました。本当にチームのスタッフに感謝したいです。あと、日本から駆け付けてくれた多くのファンの皆さんにも感謝したいですね。このチームで勝つことができて、本当に嬉しいです」
Text: GTアソシエイション
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

Super FJ Dream Cup Race

SFJ:ドリームカップレース鈴鹿決勝 角田裕毅がポールトゥウイン! 今年も16歳が表彰台の頂点に

 F1日本GPのサポートとしてスーパーFJで行われるドリームカップレースは9日、三重県の鈴鹿サーキット(1周・5.807km)で決勝を行い、ポールポジションの角田裕毅(制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ)が、スタートでトップに立つと、2位以下を引き離し、8周・18分47秒377で優勝した。

マシンに乗り込んだ角田裕毅

マシンに乗り込んだ角田裕毅

マシンに乗り込んだ浦田裕喜

マシンに乗り込んだ浦田裕喜

マシンに乗り込んだ津本匠

マシンに乗り込んだ津本匠

8周の決勝レースがスタートした

8周の決勝レースがスタートした

優勝した角田裕毅

優勝した角田裕毅

2位の浦田裕喜

2位の浦田裕喜

3位の津本匠

3位の津本匠

優勝して手を挙げる角田裕毅

優勝して手を挙げる角田裕毅

表彰式

表彰式

 決勝は午前10時より8周で行われた。朝方まで降った雨は上がったが、路面はウェット。全車ウェットタイヤを履いて決勝に臨んだ。

 フォーメーションラップでは、グリーンランプが点灯する前にポールポジションの角田裕毅(制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ)がグリッドを離れ、後続も角田に続くアクシデントが発生。しかしこれはフラッグを振ってスタートを促したオフィシャルの合図があったためで、全ドライバーにペナルティーはなし。

 スタートを制したのはポールポジションの角田。無難な蹴り出しでトップで1コーナーへ。予選2位の鶴賀義幸(結月ゆかりレーシングZAP SPEED 10V)はストールして動き出しが鈍く後続に飲まれた。予選5位の浦田裕喜(RISEONE-EAGLE AKILAND KKSⅡ TODA)は「フライング気味でした」というものの素晴らしいスタートを決めアウトから一気に2位に躍り出た。3位には予選順位のまま山内飛侑(藤井工務店勝男武士号KK-SⅡ)が付け、4位・八巻渉(中日本自動車短期大学MOLECULE KK-SⅡ)、5位・上村昌史(ガレージ茶畑10V ED)、6位・大原佳祐(自動車工房MYST KKSⅡ制動屋)と続く。

 トップに立った角田は1周目に2位を1秒2離してコントロールラインに戻ってくると、その後も2位の浦田より1秒前後速いタイムでその差を広げ独走態勢を築く。

 2位の浦田は角田には付いていけなかったものの、3位の山内よりは速かったため単独走行。

 トップの角田は、乾き始めた路面でタイヤをセーブしつつ安全マージン取りながら8周を走りきり、2位以下を7秒5離すと、レース前の宣言通り、ぶっちきりでドリームカップを制した。2位には浦田が入った。

 3位に入ったのはオーバーテークショーを演じた津本匠(Rn-Sports KKSⅡ制動屋)。予選9位からスタートで7位に上がると、セクター1ではときに優勝した角田を上回るペースで前車を追走。3周目のダンロップコーナーで八巻を捕らえ6位。4周目のヘアピンでは大原をパスして5位。6周目のスプーンコーナーでは上村を、130Rで山内がコースアウトしたため一気に3位と表彰台圏内まで駆け上がってきた。

 4位には上村が、5位には山内が、6位には大原が入った。

 今年も昨年の阪口晴南に続き16歳が表彰台の頂点に立った。角田裕毅。若きヒーローが鈴鹿のドリームカップで誕生した。

決勝トップ3ドライバーのコメント

優勝 角田裕毅
優勝・角田裕毅

優勝・角田裕毅

 「最初から逃げていこうとプッシュしていきました。もうちょっと離したかったんでですが、タイヤのこともあったのでセーブしました。浦田選手がウェットでは速かったので気にしていましたが、離れていきました。クルマは走りやすかったです。路面はドライタイヤの方が速かったと思います。ドライタイヤの人がいたら危なかったですね。F1の表彰台は感動はしませんでしたが、かっこよかったです」
決勝2位 浦田裕喜
2位・浦田裕喜

2位・浦田裕喜

 「スタートが決まって予選5位から2位に上がりました。フライング気味だったので心配してたんですがペナルティーが出なくて良かったです。そこから角田選手を追ったんですが、スピードが足りませんでした。昨日の予選でF1のタイヤカスに乗せてクラッシュしましたが、その影響はなかったと思います」
決勝3位 津本匠
3位・津本匠

3位・津本匠

 「スタートで予選9位から7位に上がりました。八巻選手をダンロップで、大原選手はヘアピンで、上村選手をスプーンで抜き、山内選手が130Rでコースアウトしたので3位に上がれました。ウェットの路面は好きで、クルマの調子は良かったです。八巻選手をスムーズにパスできなかったのが痛かったです。表彰台は感動しました」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Eiji TAKEUCHI
Yoshinori OHNISHI

Super FJ Dream Cup Race

SFJ:ドリームカップレース鈴鹿決勝結果

F1 JAPANESE GRAND PRIX -RIJ- (2016/10/09) Final Race Weather:Cloudy Course:Wet
2016 Super FJ Dream Cup Race 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireLapTotal_Time
Behind
161角田 裕毅制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ
MYST KK-S2
YH818'47.377
234浦田 裕喜RISEONE-EAGLE AKILAND KKSⅡ TODA
MYST KK-S2
YH87.521
358津本 匠Rn-Sports KKSⅡ制動屋
MYST KK-S2
YH812.909
445上村 昌史ガレージ茶畑10V ED
TOKYO R&D RD10V
YH816.025
55山内 飛侑藤井工務店勝男武士号KK-SⅡ
MYST KK-S2
YH816.610
659大原 佳祐自動車工房MYST KKSⅡ制動屋
MYST KK-S2
YH821.138
710鶴賀 義幸結月ゆかりレーシングZAP SPEED 10V
TOKYO R&D RD10V
YH827.938
888八巻 渉中日本自動車短期大学MOLECULE KK-SⅡ
MYST KK-S2
YH829.321
92兒島 弘訓小林電工ダイキンWAKO'SコウゲRS
MYST KK-S2
YH830.649
1027阪本 一世阪本一世@チョコボERS
MYST KK-S2
YH832.089
1144前川 涼輔関西国際大学 with TAKE FIRST
MYST RD10V
YH838.090
1277勝木 崇文Daka M Project FORMスキル
TOKYO R&D RD10V
YH838.317
1331廣島 嵩真TAKE FIRST・HIROWORKS 10V
TOKYO R&D RD10V
YH839.920
1436長谷川 綾哉アルビ新潟第一ホテル隆工務店開志学園ED
TOKYO R&D RD10V
YH840.042
1537細田 輝龍アルビメークウィナーLIVING GALLERY GIA ED
TOKYO R&D RD10V
YH840.429
1629宮島 雄太アキランドイーグルスポーツKK-SⅡ
MYST KK-S2
YH845.939
1755板倉 慎哉AMORE・TOKYO・VINTAGE・R&D10V・Fracing
TOKYO R&D RD10V
YH846.967
1821塩田 龍二Raise UP07ED
WEST 07J
YH847.366
1935齋藤 海斗アルビビヨンドOJM GIA ED
MYST KK-S2
YH81'18.343
  • Fastest Lap: CarNo.61 角田裕毅(制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ) 2'20.094 (2/8) 149.22km/h

PORSCHE CARRERA CUP JAPAN

PCCJ:ポルシェ カレラカップ ジャパン2016 第10戦 予選 レポート

mj16_0162_fine1   鈴鹿市. ポルシェ ジャパン株式会社(本社:東京都港区 代表取締役社長:七五三木 敏幸)とポルシェカレラカップジャパン(PCCJ)委員会は、ポルシェ カレラカップ ジャパン 2016 第10戦 予選を鈴鹿サーキット(三重県)にて、2016年10月8日(土)に開催いたしました。

3月の合同テストから始まったポルシェ カレラカップ ジャパン(PCCJ)の2016年シーズンもいよいよ大円団を迎える今大会は、F1日本グランプリのサポートレースとして開催される。金曜日に行われた2回の練習走行では、多くのカレラカップパイロット達がいつもとは違う路面に悩み、コースアウトやスピンが続出。ほとんどのPCCJ大会はスーパーGTの共催レースとして開催されているのだが、この週末はF1グランプリのサポートレースと言う事もありF1が使用するタイヤのラバーで覆われた路面とPCCJの指定タイヤであるミシュランタイヤとのマッチングが悪いのではと言うコメントが多くのチーム関係者から発せられた。

第9戦鈴鹿の勝利によって、すでにオーバーオールクラスのチャンピオンを獲得した#77近藤翼も「グリップが無くタイヤが空転するため、内圧がすぐに高くなってしまう」と苦戦した様子も、さすがのトップタイムで実力を見せつけた。2番時計を記録したのは6月の富士スピードウェイで行われたポルシェ カレラカップ アジア(PCCA)ラウンドで2連勝を果たし、その賞典としてゲスト参戦している#88ユアン・ボーだ。今週末、鈴鹿入りする前にも来日してテストを行うなど万全の態勢で臨んだ#88ボーは、「幅も狭くて難しいが、攻略しがいのあるコース」と日本が誇るグランプリサーキットの印象を語った。3番手には#77近藤と同じく前戦でジェントルマンクラスのチャンピオンを決めた#7星野敏が続いた。

PCCJ2016 第10戦(鈴鹿)公式予選
天候:曇り 路面:ドライ

東海地方は週末を通して雨との予報が出ていたが、夜半から降り始めた秋雨も夜が明ける頃には止んでいた。F1日本グランプリの予選が終わり、暫しの静寂が鈴鹿サーキットを包んでいた午後3時半、PCCJ第10戦の予選はタイムスケジュール通りにスタート。昨日は口を揃えて「酷かった」と路面を確認すべく、グリーンシグナル直後から21台の911 GT3 Cupはコースに出て行った。

上位陣のターゲットタイムは金曜日に#78近藤が記録した全体ベストタイム、2分07秒420。その#78近藤は1回目のアタックで7秒台を出した次のアタックで鈴鹿でのPCCJレコードラップに迫る2分5秒839で2位以下に約2秒の差を付けてトップに立つ。#78近藤とともにフロントローに並ぶ権利をかけて激しい争いを繰り広げたのは#88ボーと#14三笠の2台。まずは#88ボーが7秒台前半で2番につけるが、予選開始から12分が過ぎ、ほとんどの車がピットインしたタイミングで#14三笠は2セット目のニュータイヤを投入。その甲斐もあり残り10分になる頃に2分07秒119で#88ボーを上回る。#14三笠はタイヤをセーブすべくコースから出て行ったが、最後の最後に2セット目を投入した#88ボーはその直後に2分07秒004で#14三笠を上回った。

#14三笠に並んで2列目からスタートするのは#7星野。その後ろに続くのは、#9武井真司、#98IKARI GOTO、#24Go Max、#32永井秀貴といずれも強力なドライバーが虎視眈眈と日曜日の決勝でのジャンプアップを狙う。

PCCJ第10戦の決勝レースは10月09日の11時15分から10周で争われます。

PCCJ 第10戦公式予選結果

Pos. Car# Driver (Class) Car Name Time
1 、78 近藤 翼O スカイレーシング 2'05.839
2 、88 ユアン・ボーO Team Carrera Cup Asia 2'07.004
3、14 三笠 雄一O GARMIN PORSCHE 2'07.119
4、7 星野 敏 G D’station 991 2'07.828
5、9 武井 真司O BINGO RACING 2'07.949
6、98 IKARI GOTO G チームトーエイスピリット 2'08.122
7、24 Go Max G みきゃん スペンダー GT3 2'08.265
8、32 永井 秀貴 G ナインレーシング 2'08.517
9、25 内山 清士 G エヌケーレーシング 2'08.890
10、6 米倉 正憲G GRacing 2'09.146
11、7 TAD JUN JUN G muta racing 2’0 9.146
12、10 齋藤 真紀雄 G BINGO RACING 2'09.465
13、77 浜崎 大G GRacingVentiler 2'09.506
14、2 田島 剛G タジマレーシング 2’09.511
15、 99 佐野 新世G SKAD PORSCHE 2’09.779
16、66 ブライアン リーG GTO Racing 2'10.134
17、51 NAORYU G TEAM NAORYU 991 2'11.686
18、52 春山 次男G はるやまRacing TEAM 2’12.025
19、 36 宇佐美 貴章G ミツワオートGT3カップ 2’13.626
20、 19 Yuri HAYASHI G ナインレーシング
21、23 滝澤智幸 G イエローコーン
------- 以上予選通過 -------

ポルシェジャパンKK.・プレスリリース

SUPER GT

SGT:第7戦チャン公式予選 GT500は関口雄飛/国本雄資組が、GT300は土屋武士/松井孝允組がポールポジション

 AUTOBACS SUPER GT第7戦『BURIRAM SUPER GT RACE』の予選が、10月8日、タイのチャン・インターナショナル・サーキット(1周4554m)で行われた。No.19 WedsSport ADVAN RC Fの関口雄飛/国本雄資組がコースレコードでポールポジション(予選1位)を獲得。GT300クラスではNo.25 VivaC 86 MCの土屋武士/松井孝允組が、こちらもコースレコード、さらにチャンで2年連続のクラス・ポールポジションとなった。両車は、10月9日の決勝レースをそれぞれスターティンググリッドのクラス最前列からスタートする。

gt-rd7-q-19 gt-rd7-q-25

 SUPER GTの予選はノックアウト方式で、Q1、Q2という2回の走行で行われる。ただ、Q1で所定の順位以下の場合は、Q2を走れない(ノックアウト)という厳しい予選方式だ。GT500クラスでは15台のうち、Q2に進出できるのは8台となる。

 南国タイではあるが、この日のサーキット上空は雲が多く気温も30度程度。こちらとしては過ごしやすい気候となった。

 GT500クラスのQ1は、予定通り15時20分より15分間の走行がスタート。ここではNo.6 WAKO'S 4CR RC Fの大嶋和也がすばらしい走りを見せ、2014年に記録されたコースレコード(1分24秒704)を更新する1分24秒462で、このセッションの1位となった。2番手にはNo.8 ARTA NSX CONCEPT-GTの野尻智紀が入った。一方、日産GT-R勢では昨年のこの大会で優勝したNo.46 S Road CRAFTSPORTS GT-R(千代勝正)の6位が最高位と厳しいQ1だった。

 Q2は16時05分から12分とQ1より厳しい条件となる。先手はQ1を8番手とギリギリ通過のNo.12 カルソニックIMPUL GT-R。ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラのアタックタイムは1分24秒466でQ1のトップタイムをさらに更新し、ライバルのアタックを待つ。これを上回るスーパーラップを叩き出したのがNo.19 WedsSport ADVAN RC Fの関口雄飛。終了間際に1分24秒307をマークして、見事に自身GT500で初となるポールポジションを決めて見せた。

 また、このレースでGT500クラスにデビューした19歳の牧野任祐(No.15 ドラゴ モデューロ NSX CONCEPT-GT)は果敢な走りを披露し、2位となる1分24秒340を記録。これにはライバルの各チームのピットからも大きなどよめきが起こった。

 関口のポールポジションはGT300時代に1回、そして今回はGT500クラスで初のポールポジションとなった。LEXUS TEAM WedsSport BANDOHにとっては2012年以来の2回目、レクサスRC Fとっては今季3回目のポールポジションだ。

 GT300クラスは、Q1でNo.31 TOYOTA PRIUS apr GTの中山雄一がレコードタイムを更新する1分32秒884でトップとなる。だが、Q2ではNo.25 VivaC 86 MCの松井孝允がそれをさらに書き換える1分32秒102を叩き出し、逆転でクラス・ポールポジションとなった。チームとしては、昨年に続くチャン・インターナショナル・サーキットでのポールポジションとなった。

■ポールポジション選手コメント

No.19 WedsSport ADVAN RC F [GT500]

関口雄飛
 「朝の公式練習からクルマの調子は良かったのですが、Q1を走った国本(雄資)選手から『ちょっと(パフォーマンスが)足りない』と報告があったので、路面温度も下がっていたことからQ2にはセッティングを変更して臨みました。そして国本選手からのインフォメーション通りに走ったら、トップタイムをマークすることができました。でも重要なのは、明日のレース。今日午前の練習走行でロング(長距離走行)の確認できているので、あとは自分たちの走りをして優勝したいです」

No.25 VivaC 86 MC [GT300]

松井孝允
 「公式練習からクルマの調子は良くて、それも状況を訊かれたら『調子いいです!』とした言いようがないくらいに調子が良かった。ただQ2に向けては、少しだけタイヤの内圧を調整して行ったら、クルマは完璧でもうバッチリ決まっていました。ドライバーとしてはポールを獲ることができて嬉しいのですが、これが(チームで今季)3回目で、ここまで結果(優勝)が残せていないので、とにかく明日のレースでは絶対に勝ちたい。勝てるように最善の策をとってがんばります」
Text: GTアソシエイション
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

Super FJ Dream Cup Race

SFJ:ドリームカップレース鈴鹿公式予選 ポールポジションは角田裕毅。「ぶっちぎりで優勝します」

 F1日本GPのサポートとしてスーパーFJで行われるドリームカップレースは8日、三重県の鈴鹿サーキット(1周・5.807km)で公式予選を行い、角田裕毅(制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ)が2分22秒379でポールポジションを獲得した。

コースイン前の角田裕毅

コースイン前の角田裕毅

コースイン前の鶴賀義幸

コースイン前の鶴賀義幸

コースイン前の山内飛侑

コースイン前の山内飛侑

ウエットタイヤでコースインした角田裕毅

ウエットタイヤでコースインした角田裕毅

ポールポジションの角田裕毅

ポールポジションの角田裕毅

予選2位の鶴賀義幸

予選2位の鶴賀義幸

予選3位の山内飛侑

予選3位の山内飛侑

 今年もF1日本GPのサポートレースとしてスーパーFJドリームカップレースが組み込まれた。各7サーキットで行われている地方選手権から30歳未満の若武者19人が鈴鹿サーキットに集結し、しのぎを削る。

 昨夜から降り始めた雨は、降ったりやんだりを繰り返していたが、公式予選の行われる午前10時30分前には上がった。上空も明るくなってきたが、路面はほぼウェット。セッションは乾きつつある路面で進行した。

 廣島嵩真(TAKE FIRST・HIROWORKS 10V)、前川涼輔(関西国際大学 with TAKE FIRST)、板倉慎哉(AMORE・TOKYO・VINTAGE・R&D10V・Fracing)、塩田龍二(Raise UP07ED)、勝木崇文(Daka M Project FORMスキル)の5人はドライタイヤを、他の14人のドライバーはウェットタイヤを選択して西コースからコースインし、予選が始まった。

 序盤、ウェットタイヤ勢が上位を占めるが、セッション終盤にはドライタイヤに利があると読んだ多くのドライバーがピットインしてドライタイヤに交換。

 中盤までは上村昌史(ガレージ茶畑10V ED)が2分24秒689でトップに立っていたが、これを逆転したのは早々にドライタイヤに交換した角田裕毅(制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ)。ドライタイヤの皮むきが終わると、周回ごとにタイムを短縮し、終了10分前あたりに2分23秒234をたたき出しトップに立った。

 角田は手綱を緩めること無くさらにアタックを続行。次周2分22秒705を出すと、終了間際には2分22秒379までタイムを伸ばし、2位以下を1秒583離しぶっちぎりでポールポジションを獲得した。

 2位に入ったのは終始ウェットタイヤでアタックを続行した鶴賀義幸(結月ゆかりレーシングZAP SPEED 10V)。終了間際に一気にタイムを縮め2分23秒962と、2位に付けていた山内飛侑(藤井工務店勝男武士号KK-SⅡ)を僅差で逆転した。

 3位は山内、4位に上村。終盤クラッシュしたものの5位が浦田裕喜(RISEONE-EAGLE AKILAND KKSⅡ TODA)。6位に大原佳祐(自動車工房MYST KKSⅡ制動屋)が続いた。

 ポールポジションを獲得した角田は、5月に16歳になり限定Aライセンスを取得したばかり。7月に2レース制で行われた岡山国際サーキットのスーパーFJで連勝すると、8月にスポット参戦したここ鈴鹿のFIA-F4ではいきなり2位に入賞し、周囲を驚かせた。

 決勝レースは明日9日、午後10時より8周で行われる。角田がポールから逃げ切るのか? 意外な伏兵が現れるのか? F1と同じ表彰台に上がる3人は誰になるのであろうか? 興味は尽きない。

予選トップ3ドライバーのコメント

ポールポジション 角田裕毅
ポールポジション・角田裕毅

ポールポジション・角田裕毅

 「最初はレインタイヤが速いとわかっていたのでコース状況を見ていました。1~2コーナーは完全に乾いていたので、レインは良くないと思い、早めにピットインしました。ドライタイヤの皮むきから始めて、徐々にタイムアップしていきました。雨が降ったら終わりなので賭けではありましたが、運が良かったです。あしたは晴れのようですしドライのフリー走行は良かったので、ぶっちぎって優勝したいです」
予選2位 鶴賀義幸
予選2位・鶴賀義幸

予選2位・鶴賀義幸

 「路面が難しくてみんな迷っていましたね。タイヤは最初から最後までウェットでした。1~2コーナーは乾いていましたが、他は濡れていました。ポールはドライタイヤみたいですが運転でなんとかしようと頑張りました。途中、5番手から10番手に落ちたのでやっぱりだめかと思ってたら、2番手だったので自分でもびっくりしました。あしたはできるだけ頑張ってプッシュして表彰台を狙います」
予選3位 山内飛侑
予選3位・山内飛侑

予選3位・山内飛侑

 「レインでスタートして途中でドライに代えました。去年はFIAーF4に出ていて、スーパーFJは初めて乗りました。トップからは1秒以上離されているのでただただ悔しいです。あしたは切り替えて、スタートを決め、優勝を狙っていきます」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Eiji TAKEUCHI
Yoshinori OHNISHI

Super FJ Dream Cup Race

SFJ:ドリームカップレース鈴鹿公式予選結果

F1 JAPANESE GRAND PRIX -RIJ- (2016/10/08) Qualifying Weather:Cloudy Course:Wet
2016 Super FJ Dream Cup Race 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
161角田 裕毅制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ
MYST KK-S2
2'22.379--146.828
210鶴賀 義幸結月ゆかりレーシングZAP SPEED 10V
TOKYO R&D RD10V
2'23.962 1.583 1.583145.213
35山内 飛侑藤井工務店勝男武士号KK-SⅡ
MYST KK-S2
2'24.029 1.650 0.067145.146
445上村 昌史ガレージ茶畑10V ED
TOKYO R&D RD10V
2'24.316 1.937 0.287144.857
534浦田 裕喜RISEONE-EAGLE AKILAND KKSⅡ TODA
MYST KK-S2
2'24.463 2.084 0.147144.710
659大原 佳祐自動車工房MYST KKSⅡ制動屋
MYST KK-S2
2'24.520 2.141 0.057144.653
788八巻 渉中日本自動車短期大学MOLECULE KK-SⅡ
MYST KK-S2
2'24.644 2.265 0.124144.529
831廣島 嵩真TAKE FIRST・HIROWORKS 10V
TOKYO R&D RD10V
2'24.688 2.309 0.044144.485
958津本 匠Rn-Sports KKSⅡ制動屋
MYST KK-S2
2'24.757 2.378 0.069144.416
1027阪本 一世阪本一世@チョコボERS
MYST KK-S2
2'25.074 2.695 0.317144.100
1144前川 涼輔関西国際大学 with TAKE FIRST
MYST RD10V
2'25.327 2.948 0.253143.849
1237細田 輝龍アルビメークウィナーLIVING GALLERY GIA ED
TOKYO R&D RD10V
2'25.933 3.554 0.606143.252
1336長谷川 綾哉アルビ新潟第一ホテル隆工務店開志学園ED
TOKYO R&D RD10V
2'27.364 4.985 1.431141.861
1429宮島 雄太アキランドイーグルスポーツKK-SⅡ
MYST KK-S2
2'27.476 5.097 0.112141.753
152兒島 弘訓小林電工ダイキンWAKO'SコウゲRS
MYST KK-S2
2'27.549 5.170 0.073141.683
1677勝木 崇文Daka M Project FORMスキル
TOKYO R&D RD10V
2'27.718 5.339 0.169141.521
1735齋藤 海斗アルビビヨンドOJM GIA ED
MYST KK-S2
2'31.965 9.586 4.247137.566
1821塩田 龍二Raise UP07ED
WEST 07J
2'34.79212.413 2.827135.053
1955板倉 慎哉AMORE・TOKYO・VINTAGE・R&D10V・Fracing
TOKYO R&D RD10V
2'53.45231.07318.660120.524
---- 以上基準タイム(130% - 3'07.000)予選通過 ---

Super FJ Dream Cup Race

SFJ:ドリームカップレース鈴鹿フリー走行結果

F1 JAPANESE GRAND PRIX -RIJ- (2016/10/07) Free Practice Weather:Fine Course:Dry
2016 Super FJ Dream Cup Race 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCar
Maker Model
TimeBehindGapkm/h
161角田 裕毅制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ
MYST KK-S2
2'14.903--154.965
25山内 飛侑藤井工務店勝男武士号KK-SⅡ
MYST KK-S2
2'15.031 0.128 0.128154.818
359大原 佳祐自動車工房MYST KKSⅡ制動屋
MYST KK-S2
2'15.186 0.283 0.155154.640
434浦田 裕喜RISEONE-EAGLE AKILAND KKSⅡ TODA
MYST KK-S2
2'15.202 0.299 0.016154.622
52兒島 弘訓小林電工ダイキンWAKO'SコウゲRS
MYST KK-S2
2'15.303 0.400 0.101154.507
688八巻 渉中日本自動車短期大学MOLECULE KK-SⅡ
MYST KK-S2
2'15.763 0.860 0.460153.983
745上村 昌史ガレージ茶畑10V ED
TOKYO R&D RD10V
2'15.768 0.865 0.005153.977
858津本 匠Rn-Sports KKSⅡ制動屋
MYST KK-S2
2'16.160 1.257 0.392153.534
977勝木 崇文Daka M Project FORMスキル
TOKYO R&D RD10V
2'16.394 1.491 0.234153.271
1044前川 涼輔関西国際大学 with TAKE FIRST
MYST RD10V
2'16.405 1.502 0.011153.258
1155板倉 慎哉AMORE・TOKYO・VINTAGE・R&D10V・Fracing
TOKYO R&D RD10V
2'16.495 1.592 0.090153.157
1210鶴賀 義幸結月ゆかりレーシングZAP SPEED 10V
TOKYO R&D RD10V
2'16.524 1.621 0.029153.125
1331廣島 嵩真TAKE FIRST・HIROWORKS 10V
TOKYO R&D RD10V
2'17.047 2.144 0.523152.540
1427阪本 一世阪本一世@チョコボERS
MYST KK-S2
2'17.599 2.696 0.552151.928
1529宮島 雄太アキランドイーグルスポーツKK-SⅡ
MYST KK-S2
2'18.361 3.458 0.762151.092
1636長谷川 綾哉アルビ新潟第一ホテル隆工務店開志学園ED
TOKYO R&D RD10V
2'18.439 3.536 0.078151.007
1737細田 輝龍アルビメークウィナーLIVING GALLERY GIA ED
TOKYO R&D RD10V
2'18.443 3.540 0.004151.002
1821塩田 龍二Raise UP07ED
WEST 07J
2'21.174 6.271 2.731148.081
1935齋藤 海斗アルビビヨンドOJM GIA ED
MYST KK-S2
2'24.464 9.561 3.290144.709

SUPER FORMULA

SF:第6戦SUGOフォトギャラリー

sf-rd06-kob-001-2 sf-rd06-kob-002-2 sf-rd06-kob-003-2 sf-rd06-kob-004-2
sf-rd06-kob-005-2 sf-rd06-kob-006-2 sf-rd06-kob-007-2 sf-rd06-kob-008-2
sf-rd06-kob-009-2 sf-rd06-kob-010-2 sf-rd06-kob-011-2 sf-rd06-kob-012-2
sf-rd06-kob-013-2 sf-rd06-kob-014-2 sf-rd06-kob-015-2 sf-rd06-kob-016-2
sf-rd06-kob-017-2 sf-rd06-kob-018-2 sf-rd06-kob-019-2 sf-rd06-kob-020-2
sf-rd06-kob-021-2 sf-rd06-kob-022-2 sf-rd06-kob-023-2 sf-rd06-kob-024-2
sf-rd06-kob-025-2 sf-rd06-kob-026-2 sf-rd06-kob-027-2 sf-rd06-kob-028-2
sf-rd06-kob-029-2 sf-rd06-kob-030-2 sf-rd06-kob-031-2 sf-rd06-kob-032-2
sf-rd06-kob-033-2 sf-rd06-kob-034-2 sf-rd06-kob-035-2 sf-rd06-kob-036-2
sf-rd06-kob-037-2 sf-rd06-kob-038-2 sf-rd06-kob-039-2 sf-rd06-kob-040-2
sf-rd06-kob-041-2 sf-rd06-kob-042-2 sf-rd06-kob-043-2 sf-rd06-kob-044-2
sf-rd06-kob-045-2 sf-rd06-kob-046-2 sf-rd06-kob-047-2 sf-rd06-kob-048-2
sf-rd06-kob-049-2 sf-rd06-kob-050-2 sf-rd06-kob-051-2 sf-rd06-kob-052-2
sf-rd06-kob-053-2 sf-rd06-kob-054-2 sf-rd06-kob-055-2 sf-rd06-kob-056-2
sf-rd06-kob-057-2 sf-rd06-kob-058-2 sf-rd06-kob-059-2 sf-rd06-kob-060-2
sf-rd06-kob-061-2 sf-rd06-kob-062-2 sf-rd06-kob-063-2 sf-rd06-kob-064-2
sf-rd06-kob-065-2 sf-rd06-kob-066-2 sf-rd06-kob-067-2 sf-rd06-kob-068-2
sf-rd06-kob-069-2 sf-rd06-kob-070-2 sf-rd06-kob-071-2 sf-rd06-kob-072-2
sf-rd06-kob-073-2 sf-rd06-kob-074-2 sf-rd06-kob-075-2 sf-rd06-kob-076-2
sf-rd06-kob-077-2 sf-rd06-kob-078-2 sf-rd06-kob-079-2 sf-rd06-kob-080-2
sf-rd06-kob-081-2 sf-rd06-kob-082-2 sf-rd06-kob-083-2 sf-rd06-kob-084-2
sf-rd06-kob-085-2 sf-rd06-kob-086-2 sf-rd06-kob-087-2 sf-rd06-kob-088-2
sf-rd06-kob-089-2 sf-rd06-kob-090-2 sf-rd06-kob-091-2 sf-rd06-kob-092-2
sf-rd06-kob-093-2 sf-rd06-kob-094-2 sf-rd06-kob-095-2 sf-rd06-kob-096-2
sf-rd06-kob-097-2 sf-rd06-kob-098-2 sf-rd06-kob-099-2 sf-rd06-kob-100-2
sf-rd06-kob-101 sf-rd06-kob-102 sf-rd06-kob-103 sf-rd06-kob-104
sf-rd06-kob-105 sf-rd06-kob-106 sf-rd06-kob-107 sf-rd06-kob-108
sf-rd06-kob-109 sf-rd06-kob-110 sf-rd06-kob-111 sf-rd06-kob-112
sf-rd06-kob-113 sf-rd06-kob-114 sf-rd06-kob-115 sf-rd06-kob-116
sf-rd06-kob-117 sf-rd06-kob-118 sf-rd06-kob-119 sf-rd06-kob-120
sf-rd06-kob-121 sf-rd06-kob-122 sf-rd06-kob-123 sf-rd06-kob-124
sf-rd06-kob-125 sf-rd06-kob-126 sf-rd06-kob-127 sf-rd06-kob-128
sf-rd06-kob-129 sf-rd06-kob-130 sf-rd06-kob-131 sf-rd06-kob-132
sf-rd06-kob-133 sf-rd06-kob-134 sf-rd06-kob-135 sf-rd06-kob-136
sf-rd06-kob-137 sf-rd06-kob-138 sf-rd06-kob-139 sf-rd06-kob-140
sf-rd06-kob-141 sf-rd06-kob-142 sf-rd06-kob-143 sf-rd06-kob-144
sf-rd06-kob-145
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

検索

最新ニュース