Archives

  • [—]2017 (313)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

2016年3月

SUPER FORMULA

SF:第2回公式合同テスト岡山2回目結果

第2回公式合同テスト -RIJ- (2016/03/31) Official Testing 2 Weather:Cloudy Course:Dry
2016 SUPER FORMULA Official Joint Testing 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCarEngine TimeBehindGapkm/h
116山本 尚貴TEAM無限 Honda HR-414E1'12.902--182.859
237中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA RI4A1'13.330 0.428 0.428181.792
341ストフェル・バンドーンDOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda HR-414E1'13.352 0.450 0.022181.737
419ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA RI4A1'13.394 0.492 0.042181.633
536アンドレ・ロッテラーVANTELIN TEAM TOM’STOYOTA RI4A1'13.593 0.691 0.199181.142
63ジェームス・ロシターKONDO RACINGTOYOTA RI4A1'13.622 0.720 0.029181.071
78小林 可夢偉SUNOCO Team LeMansTOYOTA RI4A1'13.643 0.741 0.021181.019
865ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACINGHonda HR-414E1'13.647 0.745 0.004181.009
920関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA RI4A1'13.663 0.761 0.016180.970
1010塚越 広大REAL RACINGHonda HR-414E1'13.700 0.798 0.037180.879
117ナレイン・カーティケヤンSUNOCO Team LeMansTOYOTA RI4A1'13.727 0.825 0.027180.813
121石浦 宏明P.MU / CERUMO · INGINGTOYOTA RI4A1'13.789 0.887 0.062180.661
1311伊沢 拓也REAL RACINGHonda HR-414E1'14.021 1.119 0.232180.095
1440野尻 智紀DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda HR-414E1'14.040 1.138 0.019180.049
152国本 雄資P.MU / CERUMO · INGINGTOYOTA RI4A1'14.074 1.172 0.034179.966
1618中山 雄一KCMGTOYOTA RI4A1'14.242 1.340 0.168179.559
1764中嶋 大祐NAKAJIMA RACINGHonda HR-414E1'14.626 1.724 0.384178.635
1834小暮 卓史DRAGO CORSEHonda HR-414E1'14.692 1.790 0.066178.477
194ウィリアム・ブラーKONDO RACINGTOYOTA RI4A1'14.996 2.094 0.304177.753
2005武藤 英紀HONDA Test CarHonda HR-414E1'15.122 2.220 0.126177.455

SUPER FORMULA

SF:第2回公式合同テスト岡山1回目結果

第2回公式合同テスト -RIJ- (2016/03/31) Official Testing 1 Weather:Fine Course:Dry
2016 SUPER FORMULA Official Joint Testing 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCarEngine TimeBehindGapkm/h
119ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA RI4A1'13.228--182.045
236アンドレ・ロッテラーVANTELIN TEAM TOM’STOYOTA RI4A1'13.466 0.238 0.238181.455
316山本 尚貴TEAM無限 Honda HR-414E1'13.555 0.327 0.089181.236
440野尻 智紀DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda HR-414E1'13.564 0.336 0.009181.214
565ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACINGHonda HR-414E1'13.644 0.416 0.080181.017
637中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA RI4A1'13.752 0.524 0.108180.752
72国本 雄資P.MU / CERUMO · INGINGTOYOTA RI4A1'13.873 0.645 0.121180.456
834小暮 卓史DRAGO CORSEHonda HR-414E1'13.893 0.665 0.020180.407
910塚越 広大REAL RACINGHonda HR-414E1'14.146 0.918 0.253179.791
1018中山 雄一KCMGTOYOTA RI4A1'14.278 1.050 0.132179.472
1141ストフェル・バンドーンDOCOMO TEAM DANDELION RACINGHonda HR-414E1'14.291 1.063 0.013179.440
121石浦 宏明P.MU / CERUMO · INGINGTOYOTA RI4A1'14.439 1.211 0.148179.084
137ナレイン・カーティケヤンSUNOCO Team LeMansTOYOTA RI4A1'14.483 1.255 0.044178.978
144ウィリアム・ブラーKONDO RACINGTOYOTA RI4A1'14.543 1.315 0.060178.834
158小林 可夢偉SUNOCO Team LeMansTOYOTA RI4A1'14.566 1.338 0.023178.779
1620関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA RI4A1'14.623 1.395 0.057178.642
1711伊沢 拓也REAL RACINGHonda HR-414E1'14.760 1.532 0.137178.315
1864中嶋 大祐NAKAJIMA RACINGHonda HR-414E1'14.783 1.555 0.023178.260
193ジェームス・ロシターKONDO RACINGTOYOTA RI4A1'15.240 2.012 0.457177.177
2005武藤 英紀HONDA Test CarHonda HR-414E1'19.456 6.228 4.216167.776

スーパー耐久

S耐:SKRエンジニアリング2016年スーパー耐久参戦概要(SKR ENGINEERING)

 SKRエンジニアリング(埼玉県新座市)は、2016年シーズンもスーパー耐久シリーズへ参戦することが決定しました。最激戦区のST-4 クラスにて、チャンピオンを目刺しチーム一丸となって頑張って参ります。是非とも#93 SKR ENGINEERING S2000への応援の程、宜しくお願い申し上げます。

  • Entrant : SKR ENGINEERING
  • Address : 埼玉県新座市片山3-10-54
  • Website : http://www.skr-eg.com/
  • Racing Results :
    • 2014スーパー耐久シリーズST4 クラス シリーズ2位(1勝)
    • 2015スーパー耐久シリーズST4 クラス シリーズ8位(1勝)

Message :
 SKRエンジニアをいつも応援頂き、有難う御座います。2014年シーズンにシリーズ2位を獲得し、昨年は念願のチャンピオンを目指し挑んで参りましたが、速さは魅せたものの、表彰台は最終戦優勝のみに留まり、シリーズ8位と非常に不本意な結果となりました。この悔しさをバネに、今シーズンは2005年シーズンST-2チャンピオンで経験豊富な小泉和寛選手と、昨年のGR 86/BRZ Raceクラブマンシリーズチャンピオン遠藤浩二選手を新たに迎え入れ、念願のチャンピオンを獲得すべく全力で挑んで参ります。皆様の暖かい御支援と御協力の程、宜しくお願い申し上げます。#93 新生SKR ENGINEERINGに是非ご期待ください。

SKR ENGINEERING 代表 代倉 賢

参戦体制

EntrantSKR ENGINEERING
MaintenanceSKR ENGINEERING
ClassST-4
VehicleHONDA S2000 AP1
Car NameSKR ENGINEERING S2000
Car No.#93
SupervisorSatoshi Shirakura
EngineerMotohiro Yamada
DriverKazuhiro Koizumi / Akira Suzuki / Koji Endo / Futoshi Someya / Takashi Oi
Race QueenRena Kiyohara / Iori Takizawa

ドライバープロフィール

A Driver : 小泉 和寛(Kazuhiro Koizumi)
st-skr-koizumi Racing Results :
2005 スーパー耐久ST-2チャンピオン
2015 K4-GP 10時間耐久GP2クラス優勝
2015 スーパー耐久ST-3 シリーズ3位
B Driver : 鈴木 陽(Akira Suzuki)
st-skr-suzuki Racing Results :
2011 4 輪レースデビュー
2015 スーパー耐久ST-4 シリーズ8位
2015 スーパー耐久ST-4 最終戦優勝
C Driver : 遠藤 浩二(Koji Endo)
st-skr-endo Racing Results :
2015 スーパー耐久 ST-2 シリーズ6位
2015 GR 86/BRZ Race クラブマンシリーズチャンピオン
Rd.1 Motegi C Driver : 染谷 太(Futoshi Someya)
Racing Results :
2014 JAF GT66 シリーズチャンピオン
(2016 スーパー耐久デビュー)
Rd.1 Motegi D Driver : 大井 貴之(Takashi Oi)
Racing Results :
2000 スーパー耐久ST-3 チャンピオン
2001 スーパー耐久 ST-3 チャンピオン
2005 ニュル24 時間クラス優勝<
2007 スーパー耐久 ST-3 チャンピオン
SKR ENGINEERING

Japanese F3

JF3:第2回合同テスト岡山 山下健太が総合でトップタイム。千代勝正が続く

 朝から春らしく気温も上がり絶好のコンディションでテストはスタート。

 コースアウトによる車両回収の中断こそあったものの、各車順調に周回を重ねた。

 しかしセッション終盤の各車アタックに入るタイミングで牧野任祐がダブルヘアピンで燃料ポンプのトラブルでストップ。結局牧野はアタックすることなく午前のセッションを終えることとなる。

 午前のセッショントップタイムは1'22.326の山下健太、二番手にVWエンジンの千代勝正、三番手に坪井翔と続き午前のセッションは終了する。

 2時間のインターバルを経て始まった午後のセッションは厚い雲に覆われだす空模様の下スタート。

 セッションも半分を過ぎようとした頃からパラパラと小雨が降りだし、残り1時間となる頃から雨足が強まり山口大陸が1コーナーでコースアウト。車両回収のためセッションは中断に。

 そのタイミングで全車レインタイヤに履き替え残りのセッションはウエットでのテストになる。

 結局雨は止むもののドライにはならず、多くのドライバーが午前のタイムでそのまま総合ベストタイムとなる結果に。

 次回は4月12日の鈴鹿でのテストが開幕前最後のテストとなる。

総合トップ・山下健太(TEAM TOM'S F312)

総合トップ・山下健太(TEAM TOM'S F312)

総合2位・千代勝正(B-MAX NDDP F3)

総合2位・千代勝正(B-MAX NDDP F3)

総合3位・ヤン・マーデンボロー(B-MAX NDDP F3)

総合3位・ヤン・マーデンボロー(B-MAX NDDP F3)

総合4位・坪井翔(TEAM TOM'S F314)

総合4位・坪井翔(TEAM TOM'S F314)

総合5位・石川京侍(TODA FIGHTEX)

総合5位・石川京侍(TODA FIGHTEX)

総合6位・佐々木大樹(B-MAX NDDP F3)

総合6位・佐々木大樹(B-MAX NDDP F3)

総合7位・大津弘樹(HFDP RACING F312)

総合7位・大津弘樹(HFDP RACING F312)

総合8位・阪口晴南(HFDP RACING F312)

総合8位・阪口晴南(HFDP RACING F312)

総合9位・牧野任祐(TODA FIGHTEX)

総合9位・牧野任祐(TODA FIGHTEX)

総合10位・三浦愛(EXEDY B-Max Racing F312)

総合10位・三浦愛(EXEDY B-Max Racing F312)

総合11位・山口大陸(タイロク・エクシード28号)

総合11位・山口大陸(タイロク・エクシード28号)

Nクラス総合トップ・片山義章(Petit Lemans Racing F306)

Nクラス総合トップ・片山義章(Petit Lemans Racing F306)

Nクラス総合2位・DRAGON(B-Max Racing team F308)

Nクラス総合2位・DRAGON(B-Max Racing team F308)

Nクラス総合3位・アレックス・ヤン(Hanashima Racing F306)

Nクラス総合3位・アレックス・ヤン(Hanashima Racing F306)

Text & Photo: Hiroyuki MINAMI

Japanese F3

JF3:第2回合同テスト岡山総合結果

第2回合同テスト -RIJ- (2016/03/30) Total Testing Weather:Fine-Rainy Course:Dry-Wet
2016 Japanese Fomura3 Championship Joint Testing 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Model
TireSession1
Session2
TimeBehindkm/h
1361山下 健太TEAM TOM'S F312
Dallara F312
YH*1'22.326
1'22.926
1'22.326-161.927
2232千代 勝正B-MAX NDDP F3
Dallara F315
YH*1'22.575
1'23.209
1'22.575 0.249161.439
3223ヤン・マーデンボローB-MAX NDDP F3
Dallara F314
YH1'23.164
*1'22.765
1'22.765 0.439161.068
4374坪井 翔TEAM TOM'S F314
Dallara F314
YH*1'22.884
1'23.194
1'22.884 0.558160.837
525石川 京侍TODA FIGHTEX
Dallara F312
YH*1'22.976
1'23.450
1'22.976 0.650160.659
6216佐々木 大樹B-MAX NDDP F3
Dallara F312
YH*1'23.171
1'23.978
1'23.171 0.845160.282
787大津 弘樹HFDP RACING F312
Dallara F312
YH*1'23.252
1'23.914
1'23.252 0.926160.126
878阪口 晴南HFDP RACING F312
Dallara F312
YH*1'23.502
1'23.558
1'23.502 1.176159.646
9129牧野 任祐TODA FIGHTEX
Dallara F312
YH1'23.693
*1'23.643
1'23.643 1.317159.377
10310三浦 愛EXEDY B-Max Racing F312
Dallara F312
YH*1'23.913
1'24.706
1'23.913 1.587158.865
112811山口 大陸タイロク・エクシード28号
Dallara F316
YH*1'24.210
1'24.805
1'24.210 1.884158.304
1278N1片山 義章Petit Lemans Racing F306
Dallara F306
YH*1'24.923
1'25.884
1'24.923 2.597156.975
1330N2ドラゴンB-Max Racing team F308
Dallara F306
YH*1'26.546
1'27.990
1'26.546 4.220154.031
145N3アレックス・ヤンHanashima Racing F306
Dallara F306
YH*1'28.109
1'29.072
1'28.109 5.783151.299

Japanese F3

JF3:第2回合同テスト岡山2回目結果

第2回合同テスト -RIJ- (2016/03/30) Official Testing 2 Weather:Fine-Rainy Course:Dry-Wet
2016 Japanese Fomura3 Championship Joint Testing 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
Engine TireTimeBehindGapkm/hLap
1221ヤン・マーデンボローB-MAX NDDP F3
Dallara F314
Volkswagen A41YH1'22.765--161.06820/29
2362山下 健太TEAM TOM'S F312
Dallara F312
TOYOTA TOM'S TAZ31YH1'22.926 0.161 0.161160.75527/21
3373坪井 翔TEAM TOM'S F314
Dallara F314
TOYOTA TOM'S TAZ31YH1'23.194 0.429 0.268160.23832/40
4234千代 勝正B-MAX NDDP F3
Dallara F315
Volkswagen A41YH1'23.209 0.444 0.015160.20915/38
525石川 京侍TODA FIGHTEX
Dallara F312
TODA TR-F301YH1'23.450 0.685 0.241159.74621/37
676阪口 晴南HFDP RACING F312
Dallara F312
Honda MF204DYH1'23.558 0.793 0.108159.53929/48
7127牧野 任祐TODA FIGHTEX
Dallara F312
TODA TR-F301YH1'23.643 0.878 0.085159.37719/34
888大津 弘樹HFDP RACING F312
Dallara F312
Honda MF204DYH1'23.914 1.149 0.271158.86329/48
9219佐々木 大樹B-MAX NDDP F3
Dallara F312
Volkswagen A41YH1'23.978 1.213 0.064158.74220/30
10310三浦 愛EXEDY B-Max Racing F312
Dallara F312
TOYOTA TOM'S TAZ31YH1'24.706 1.941 0.728157.37720/33
112811山口 大陸タイロク・エクシード28号
Dallara F316
TOYOTA TOM'S TAZ31YH1'24.805 2.040 0.099157.19420/21
1278N1片山 義章Petit Lemans Racing F306
Dallara F306
TOYOTA TOM'S 3S-GEYH1'25.884 3.119 1.079155.2199/32
1330N2ドラゴンB-Max Racing team F308
Dallara F306
TOYOTA TOM'S 3S-GEYH1'27.990 5.225 2.106151.50413/15
145N3アレックス・ヤンHanashima Racing F306
Dallara F306
TOYOTA TOM'S 3S-GEYH1'29.072 6.307 1.082149.66319/35

Japanese F3

JF3:第2回合同テスト岡山1回目結果

第2回合同テスト -RIJ- (2016/03/30) Official Testing 1 Weather:Fine Course:Dry
2016 Japanese Fomura3 Championship Joint Testing 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Maker Model
Engine TireTimeBehindGapkm/hLap
1361山下 健太TEAM TOM'S F312
Dallara F312
TOYOTA TOM'S TAZ31YH1'22.326--161.92714/47
2232千代 勝正B-MAX NDDP F3
Dallara F315
Volkswagen A41YH1'22.575 0.249 0.249161.43951/51
3373坪井 翔TEAM TOM'S F314
Dallara F314
TOYOTA TOM'S TAZ31YH1'22.884 0.558 0.309160.83739/43
424石川 京侍TODA FIGHTEX
Dallara F312
TODA TR-F301YH1'22.976 0.650 0.092160.65952/52
5225ヤン・マーデンボローB-MAX NDDP F3
Dallara F314
Volkswagen A41YH1'23.164 0.838 0.188160.29516/48
6216佐々木 大樹B-MAX NDDP F3
Dallara F312
Volkswagen A41YH1'23.171 0.845 0.007160.28251/51
787大津 弘樹HFDP RACING F312
Dallara F312
Honda MF204DYH1'23.252 0.926 0.081160.12650/51
878阪口 晴南HFDP RACING F312
Dallara F312
Honda MF204DYH1'23.502 1.176 0.250159.64647/53
9129牧野 任祐TODA FIGHTEX
Dallara F312
TODA TR-F301YH1'23.693 1.367 0.191159.28225/32
10310三浦 愛EXEDY B-Max Racing F312
Dallara F312
TOYOTA TOM'S TAZ31YH1'23.913 1.587 0.220158.86544/45
112811山口 大陸タイロク・エクシード28号
Dallara F316
TOYOTA TOM'S TAZ31YH1'24.210 1.884 0.297158.30431/42
1278N1片山 義章Petit Lemans Racing F306
Dallara F306
TOYOTA TOM'S 3S-GEYH1'24.923 2.597 0.713156.97534/35
1330N2ドラゴンB-Max Racing team F308
Dallara F306
TOYOTA TOM'S 3S-GEYH1'26.546 4.220 1.623154.03120/34
145N3アレックス・ヤンHanashima Racing F306
Dallara F306
TOYOTA TOM'S 3S-GEYH1'28.109 5.783 1.563151.29947/53

FS125東地域

FSE:第1戦もてぎ 佐藤蓮がポールトゥウインで初戦を制す!

決勝のスターティンググリッド

決勝のスターティンググリッド

優勝した佐藤蓮(FLAX motor sports)

優勝した佐藤蓮(FLAX motor sports)

2位の宮下源都(VITEC Racing)

2位の宮下源都(VITEC Racing)

3位の小川颯太(FLAX motor sports)

3位の小川颯太(FLAX motor sports)

優勝した佐藤蓮(FLAX motor sports)

優勝した佐藤蓮(FLAX motor sports)

表彰式

表彰式

 2016年全日本カート選手権FS125部門東地域の第1戦が3月27日、ツインリンクもてぎの北ショートコースで行われ、佐藤蓮(FLAX motor sports)が優勝した。

 全日本カート選手権KF部門と併催の今大会では、土曜日にタイムトライアルを行い、日曜日に予選、決勝を行う2DAYS開催となった。タイムトライアル、予選を経て決勝のグリッドが決定されるが、3つのセッション通して1セットのタイヤで走らなければならず、速さだけではなく決勝を見据えたタイヤマネージメント能力が求められる。

 決勝ではポールポジションの佐藤がホールショットを決め、宮下源都(VITEC racing)、小川颯太(FLAX motor sports)がそれに続く形で決勝の火蓋が切られた。佐藤がスタートを決めたことで、佐藤必勝パターンの逃げ切りになるかと思われたが、3台は1秒以内のタイムギャップで接近したまま、後続との差を広げていきながらレース終盤へと突入した。佐藤がじりじりと宮下との間に差をつけ始めたところで、宮下と小川の2位争いが始まり佐藤は安全圏へと逃げてしまう。最終的に佐藤は2秒のマージンを築きポールトゥウィンを飾った。2位争いを制したのは宮下、3位に小川という順位でのチェッカーとなった。

佐藤蓮のコメント
 「タイムトライアルから決勝まで終始グリップ不足に悩まされました。決勝ではなんとかタイムを刻んで勝つことができました。このまま5連勝をして東西統一戦を待たずにチャンピオンを決めたいと思います」
Text & Photo: Hideshi KIKUYAMA

KF

KF:第1,2戦もてぎ 第1戦は高橋悠之が復帰後初、第2戦はルーキーの名取鉄平が優勝!

 2016年オートバックス全日本カート選手権KF部門の第1戦、第2戦が3月27日、ツインリンクもてぎの北ショートコースで行われ、第1戦を高橋悠之(TONYKART RACING TEAM JAPAN)が、第2戦を名取鉄平(Team Birel ART)が優勝した。

 2016年シリーズの開幕戦となる今大会、土曜日に行われたタイムトライアルではトップ4をルーキーが独占するという驚きの幕開けとなった。タイムトライアルの順位をもとに行われる予選ヒートでは、ルーキーの角田裕毅(DoragoCORSE)が第1戦・第2戦ともにトップでチェッカーを受け、決勝ヒートのポールポジションを獲得した。

【第1戦】 高橋悠之復帰後初優勝

第1戦優勝、第2戦3位の高橋悠之(TONYKART RACING TEAM JAPAN)

第1戦優勝、第2戦3位の高橋悠之(TONYKART RACING TEAM JAPAN)

第1戦2位の大草りき(スクーデリアLCT)

第1戦2位の大草りき(スクーデリアLCT)

第1戦3位の角田裕毅(Drago CORSE)

第1戦3位の角田裕毅(Drago CORSE)

第1戦の表彰式

第1戦の表彰式

第1戦の決勝、ポールポジションの角田が好スタートを決め、レース序盤は角田と3番手スタートの菅波冬悟(SUCCEED SPORTS Jr.)がレースをリードするが、スタートで出遅れていた2番手スタートの高橋が前との距離を一気に縮め2台をパスしてトップに躍り出る。その後高橋は後続を引き離し独走状態を築き、後続との距離を保ったままトップでチェッカーを受ける。昨年全日本カート選手権KF部門に復帰した高橋は、復帰後初優勝となった。2番手にはタイムトライアルでトップタイムをマークしながらも、予選ヒートでトラブルに見舞われリタイアした大草りき(スクーデリアLCT)が22番グリッドから怒涛の追い上げを果たした。3番手にはポールスタートの角田となり、ルーキー二人が表彰台を飾った。

高橋悠之のコメント
 「予選の段階から無駄にタイヤを使わずに落ち着いてレースをすれば勝てるという自信はありました。ブリヂストンを履くドライバーとして、表彰台の頂点に立てことをとてもうれしく思います。次戦瑞浪では守りに入らず攻めの姿勢で挑みたいです」

【第2戦】 ルーキー名取鉄平デビューウィンを飾る

第2戦のスタートシーン

第2戦のスタートシーン

第2戦優勝の名取鉄平(Team Birel ART)

第2戦優勝の名取鉄平(Team Birel ART)

第2戦2位の三宅淳詞(TOYOTA YAMAHA RT)

第2戦2位の三宅淳詞(TOYOTA YAMAHA RT)

第2戦の表彰式

第2戦の表彰式

 第1戦同様にホールショットを決めた角田だったが、オープニングラップで3番手スタートの高橋にトップを奪われてしまう。そのまま2台がレースをリードしていくが、レース中盤に角田がトップを奪い返したことでレースが動く。角田と高橋がバトルを展開していたことで後続集団が追いつき、三宅淳詞(TOYOTA YAMAHA RT)と名取の2台がトップ争いの集団から抜け出す。その後名取は三宅を攻略すると突き放しにかかり、そのままトップでチェッカーを受けた。今季よりKFにステップアップした名取にとって、デビュー大会でのうれしい初優勝となった。2位には三宅が3位には高橋が入った。

名取鉄平のコメント
 「素晴らしいタイヤを作ってくれたブリヂストンタイヤさん、素晴らしい車を作ってくれたビレルアートさんに対して感謝しかありません。予選ではコースアウトをしてしまうなど、KFの激しさや厳しさを痛感しましたが、優勝することができてよかったです。次戦の瑞浪は得意なコースではありませんが、しっかりと練習をして挑みたいです」

Text & Photo: Hideshi KIKUYAMA

SUPER GT

SGT:公式テスト富士総合結果

公式テスト富士 -RIJ- (2016/03/26-27) Total Testing Weather:Cloudy,Fine Course:Wet,Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoClsCls
Pos
DriverCar
Model
TireSession1
Session2
Session3
Session4
TimeBehindkm/h
1385001立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'28.692
*1'27.936
1'29.007
1'29.084
1'27.936-186.804
2125002安田 裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS1'28.244
*1'27.938
1'28.228
1'29.163
1'27.938 0.002186.800
3395003ヘイッキ・コバライネン
平手 晃平
DENSO KOBELCO SARD RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.208
*1'28.024
1'28.369
1'28.854
1'28.024 0.088186.617
4375004ジェームス・ロシター
平川 亮
KeePer TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.038
*1'28.534
1'28.637
1'28.860
1'28.534 0.598185.542
565005大嶋 和也
アンドレア・カルダレッリ
WAKO'S 4CR RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.243
1'28.785
*1'28.553
1'29.122
1'28.553 0.617185.502
6175006塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'29.643
*1'28.660
1'29.043
1'28.854
1'28.660 0.724185.279
7365007伊藤 大輔
ニック・キャシディ
au TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.398
*1'28.712
1'29.213
1'29.969
1'28.712 0.776185.170
815008松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'29.455
1'28.923
*1'28.840
1'30.361
1'28.840 0.904184.903
9245009佐々木 大樹
柳田 真孝
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH1'30.223
1'29.294
*1'28.845
1'29.647
1'28.845 0.909184.893
101550010武藤 英紀
オリバー・ターベイ
ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'30.079
1'29.144
*1'28.869
1'29.741
1'28.869 0.933184.843
114650011本山 哲
千代 勝正
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'29.584
*1'29.045
1'29.223
1'29.935
1'29.045 1.109184.478
12850012松浦 孝亮
野尻 智紀
ARTA NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'30.158
1'29.344
1'29.155
*1'29.137
1'29.137 1.201184.287
131950013関口 雄飛
国本 雄資
WedsSport ADVAN RC F
TOYOTA LEXUS RC F
YH1'29.863
1'29.493
1'29.316
*1'29.214
1'29.214 1.278184.128
1410050014山本 尚貴
伊沢 拓也
RAYBRIG NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'30.893
*1'29.233
1'29.289
1'29.293
1'29.233 1.297184.089
156450015中嶋 大祐
ベルトラン・バゲット
Epson NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
DL1'30.188
*1'30.105
1'30.687
1'30.892
1'30.105 2.169182.307
1633001星野 一樹
ヤン・マーデンボロー
B-MAX NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'37.315
*1'36.151
1'36.850
1'36.611
1'36.151 8.215170.844
1773002ヨルグ・ミューラー
荒 聖治
Studie BMW M6
BMW M6 GT3
YH1'37.636
1'37.000
*1'36.194
1'37.199
1'36.194 8.258170.767
18653003黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG-GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'38.096
1'37.318
*1'36.772
1'37.839
1'36.772 8.836169.747
19613004井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL1'37.866
1'37.659
*1'36.926
1'38.314
1'36.926 8.990169.478
20883005織戸 学
平峰 一貴
青木 孝行
マネパランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'38.323
*1'36.978
1'38.407
1'38.844
1'36.978 9.042169.387
21313006嵯峨 宏紀
中山 雄一
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BS1'39.213
1'37.974
*1'37.056
1'37.921
1'37.056 9.120169.251
22213007リチャード・ライアン
藤井 誠暢
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
DL1'37.812
1'37.559
1'37.491
*1'37.062
1'37.062 9.126169.240
23553008高木 真一
小林 崇志
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS1'37.405
*1'37.147
1'37.726
1'38.319
1'37.147 9.211169.092
24253009土屋 武士
松井 孝允
VivaC 86 MC
TOYOTA 86 MC
YHabsence
absence
1'38.341
*1'37.178
1'37.178 9.242169.038
251130010平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
GAINER TANAX AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
DL1'37.895
1'37.397
*1'37.222
1'37.647
1'37.222 9.286168.962
26230011高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'37.613
1'37.963
1'37.253
*1'37.238
1'37.238 9.302168.934
27030012アンドレ・クート
富田 竜一郎
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL1'38.381
1'37.596
*1'37.358
1'38.246
1'37.358 9.422168.726
288730013細川 慎弥
佐藤 公哉
ピエール・カッファー
triple aランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'37.803
*1'37.396
1'37.789
1'37.920
1'37.396 9.460168.660
2936030014柴田 優作
田中 篤
清原 章太
RUNUP Group&DOES GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'38.147
*1'37.427
1'38.562
1'37.683
1'37.427 9.491168.606
303030015永井 宏明
佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'38.906
1'39.480
1'38.679
*1'37.434
1'37.434 9.498168.594
315130016都筑 晶裕
新田 守男
脇阪 薫一
JMS LMcorsa 488 GT3
Ferrari 488 GT3
YH1'38.270
1'38.332
*1'37.453
1'37.468
1'37.453 9.517168.561
32430017谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'37.748
1'37.673
*1'37.539
1'37.545
1'37.539 9.603168.413
331830018中山 友貴
山田 真之亮
UPGARAGE BANDOH 86
TOYOTA 86 MC
YH1'38.360
1'38.535
*1'37.770
1'37.824
1'37.770 9.834168.015
343330019山野 直也
ヨルグ・ベルグマイスター
Excellence Porsche
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'38.555
*1'37.823
1'38.083
1'38.012
1'37.823 9.887167.924
356330020エイドリアン・ザウグ
横溝 直輝
峰尾恭輔
ケイ・コッツォリーノ
LAMBORGHINI TEAM DIRECTION
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'45.321
absence
1'38.765
*1'38.106
1'38.10610.170167.439
36930021阪口 良平
吉田 広樹
ディラン・ダーダエル
GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'39.869
1'39.043
1'38.182
*1'38.177
1'38.17710.241167.318
3711130022植田 正幸
鶴田 和弥
エヴァRT初号機Rn-s AMG GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'40.216
*1'38.752
1'39.076
1'39.158
1'38.75210.816166.344
384830023高森 博士
田中 勝輝
井上 恵一
DIJON Racing GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH2'03.338
absence
1'40.428
*1'38.911
1'38.91110.975166.077
396030024飯田 章
吉本 大樹
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'41.022
*1'40.149
1'40.926
1'40.641
1'40.14912.213164.024

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第2戦鈴鹿決勝 浦田裕喜が大荒れのレースを制して初優勝!

 スーパーFJ鈴鹿シリーズ第2戦は27日、同地の西コースで決勝を行い、ポールポジションからスタートした浦田裕喜(RISONE-MYST KKSⅡTODA)が一時順位を落とすもセーフーティーカーが入る荒れたレースを制して初優勝を飾った。

sfjs-rd2-r-start

sfjs-rd2-r-sc

sfjs-rd2-r-restart

sfjs-rd2-r-7vs34

sfjs-rd2-r-34

sfjs-rd2-r-7

sfjs-rd2-r-77

sfjs-rd2-r-winner

 決勝スタートは午後2時。上空に雲が広がり夕刻は雨予報と天候は下り坂だが、レースを通して雨が落ちることはなかった。

 スタートはポールポジション、浦田裕喜(RISONE-MYST KKSⅡTODA)の動き出しが鈍く、無難なスタートを決めた予選2位の大井偉史(スキルスピード10V)、同3位の大石裕基(大石工務店イーグル)にパスされ3位に落ちる。

 トップに立ったのは大井だが、大石と浦田の3台はテールトゥノーズ。2周目にはスプーン進入で浦田が前を走る大石に並びかけ2位に上がることに成功。しかし、その後方では、中段争いを繰り広げていた5台がスプーンで絡むアクシデントが発生。早くもセーフティーカー(SC)が導入されることとなった。

 処理する台数が多いためSCは9周を回ってようやくピットイン。10周目から残り5周でレースが再開されることとなった。

 再開後は、トップ大井と2位浦田が僅差での行き詰まる攻防を繰り広げる。3位大石と4位に上がってきたHIROSHI(ミスト・セキグチ・制動屋)も接近戦。

 そして最終ラップ。2位の浦田がスプーンを立ち上がったストレートで前を走る大井のスリップに付き、ついに130R手前で前に出ることに成功。その後も大井の追撃を振り切り、初優勝を飾ることとなった。

 その後方で3位争いを繰り広げていた大石とHIROSHIは最終ラップに入った直後のストレートで接触。コースアウトしてここでレースを終えることとなった。これで3位に繰り上がってきたのが、SC後に前を走る2台を抜いて5位まで上がっていた勝木崇文(Daka M Project FORMスキル)だった。

 4位には板倉慎哉(AMORE TOKYO☆表参道☆10V F)、5位に加納亨介(テイクファースト・オミッターズ10V ED)、6位に村瀬和也(ミスト・関口・制動屋・勝男武士号)が入った。

 第3戦は7月3日、鈴鹿サーキット東コースで行われる。

sfjs-rd2-r-podium

優勝 浦田裕喜(RISONE-MYST KKSⅡTODA)
 「スタートをしくじりましたが、それ以外は前回より良かったと思います。SCの時は、早く退いてくれないかなと思っていました。ずっとブロックされてて抜くのはスプーン2個目か、130Rと思っていました。ストレートでスリップに付き、130R手前で前に出ました。今年はこのシリーズに1年間出てチャンピオンを狙います」
2位 大井偉史(スキルスピード10V)
 「課題は多いです。130R手前で前に出られてしまいました。あと1周少なかったら……。次は負けません」
3位 勝木崇文(Daka M Project FORMスキル)
 「スタートはポジションキープでした。デグナーで飛び出してしまい順位を落としましたが、SC後に2台をパスしました。最後はクラッシュがあったのでぼくには幸運でした。巻き込まれなくて良かったです」
Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum
Yoshinori OHNISHI

SUPER GT

SGT:公式テスト富士セッション4 トップは#39デンソーサードRC F、同タイムで#17ケーヒンNSXが続く。GT300はここでも#3マーデンボローがトップタイム。#25Vivac86も3番手と大健闘

3月26-27日の二日間で行われていた2016スーパーGT公式テスト富士。
27日午後から行われた最後のセッションは#39DENSO KOBELCO SARD RC F(ヘイッキ・コバライネン/平手晃平組)と#17KEIHIN NSX CONCEPT-GT(塚越広大/小暮卓史組)が同タイムで並ぶ接戦となり、先にタイムを出した#39サードがトップとなった。
GT300クラスは今週末好調な#3B-MAX NDDP GT-Rがここでもトップタイムを記録した。

GT500クラストップのヘイッキ・コバライネン/平手晃平組(DENSO KOBELCO SARD RC F)

GT500クラストップのヘイッキ・コバライネン/平手晃平組(DENSO KOBELCO SARD RC F)

GT500クラス2位の塚越広大/小暮卓史組(KEIHIN NSX CONCEPT-GT)

GT500クラス2位の塚越広大/小暮卓史組(KEIHIN NSX CONCEPT-GT)

GT500クラス3位のジェームス・ロシター/平川亮組(KeePer TOM'S RC F)

GT500クラス3位のジェームス・ロシター/平川亮組(KeePer TOM'S RC F)

GT300クラストップの星野一樹/ヤン・マーデンボロー組(B-MAX NDDP GT-R)

GT300クラストップの星野一樹/ヤン・マーデンボロー組(B-MAX NDDP GT-R)

GT300クラス2位のリチャード・ライアン/藤井誠暢組(Hitotsuyama Audi R8 LMS)

GT300クラス2位のリチャード・ライアン/藤井誠暢組(Hitotsuyama Audi R8 LMS)

GT300クラス3位の土屋武士/松井孝允組(VivaC 86 MC)

GT300クラス3位の土屋武士/松井孝允組(VivaC 86 MC)

公式テスト富士最後の走行となるセッション4は、午後1時30分からのセーフティーカー訓練に続いて午後1時45分より120分間で行われた。
朝から好天に恵まれたこともあり、気温、路面温度とも昨日の寒さよりは幾分緩和されたものの、終盤にはやはり厳しい冷え込みの中での走行となった。

GT500クラスは#60SYNTIUM LMcorsa RC F GT3のエンジンブローによる最初の赤旗中断が明けてから10分後に#39平手が1’28.854でトップに立つと、その約20分後に#17塚越が同じく1’28.854を叩き出した。
今週末下位に甘んじていたNSX勢だったが、最後の最後に17号車は何かを掴んだようだ。
3番手にはジェームス・ロシターの駆る#37KeePer RC Fが1’28.860とトップから僅か1000分の6秒差の好タイムを叩き出して3番手に食い込むが、37号車はその直後にプリウスコーナーでコースオフ、2度目の赤旗中断の原因を作ってしまった。
午前中トップタイムを記録した#12カルソニックIMPUL GT-Rはこのセッション7位ながら、トップからは僅かコンマ3秒差につけた。
結局このセッションでもGT500クラスはトップから1秒以内に11台入り、再来週の開幕戦、再来月の第2戦での熱戦が大いに期待できそうな結果となった。

GT300クラスは終了30分前にまたしてもマーデンボローが1’36.611と2位以下をコンマ45秒突き放す非凡な速さをみせてトップに立ち、改めて好調ぶりを見せつける結果になった。
新型のR8を投入した#21Hitotsuyama Audi R8 LMSもリチャード・ライアンが序盤トップに立つなど光るものを見せて2位に付け、3位にはなんと今朝持ち込まれたばかりの#25VivaC 86 MCが1’37.178のタイムで続き、不眠不休で修復に当たったチームスタッフの熱意にチーム代表の土屋武士がドライビングで報いる形となった。

2016オートバックス スーパーGTは再来週の4月9-10日に岡山国際サーキットでいよいよ開幕戦を迎える。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER GT

SGT:公式テスト富士4回目結果

■GT500クラス

公式テスト富士 -RIJ- (2016/03/27) Official Testing 4 Weather:Fine Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT500 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
139ヘイッキ・コバライネン
平手 晃平
DENSO KOBELCO SARD RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'28.854--184.874
217塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'28.854 0.000 0.000184.874
337ジェームス・ロシター
平川 亮
KeePer TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'28.860 0.006 0.006184.862
438立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.084 0.230 0.224184.397
56大嶋 和也
アンドレア・カルダレッリ
WAKO'S 4CR RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.122 0.268 0.038184.318
68松浦 孝亮
野尻 智紀
ARTA NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'29.137 0.283 0.015184.287
712安田 裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS1'29.163 0.309 0.026184.233
819関口 雄飛
国本 雄資
WedsSport ADVAN RC F
TOYOTA LEXUS RC F
YH1'29.214 0.360 0.051184.128
9100山本 尚貴
伊沢 拓也
RAYBRIG NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'29.293 0.439 0.079183.965
1024佐々木 大樹
柳田 真孝
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH1'29.647 0.793 0.354183.239
1115武藤 英紀
オリバー・ターベイ
ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'29.741 0.887 0.094183.047
1246本山 哲
千代 勝正
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'29.935 1.081 0.194182.652
1336伊藤 大輔
ニック・キャシディ
au TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.969 1.115 0.034182.583
141松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'30.361 1.507 0.392181.791
1564中嶋 大祐
ベルトラン・バゲット
Epson NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
DL1'30.892 2.038 0.531180.729

■GT300クラス

公式テスト富士 -RIJ- (2016/03/27) Official Testing 4 Weather:Fine Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT300 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
13星野 一樹
ヤン・マーデンボロー
B-MAX NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'36.611--170.030
221リチャード・ライアン
藤井 誠暢
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
DL1'37.062 0.451 0.451169.240
325土屋 武士
松井 孝允
VivaC 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH1'37.178 0.567 0.116169.038
47ヨルグ・ミューラー
荒 聖治
Studie BMW M6
BMW M6 GT3
YH1'37.199 0.588 0.021169.002
52高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'37.238 0.627 0.039168.934
630永井 宏明
佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'37.434 0.823 0.196168.594
751都筑 晶裕
新田 守男
脇阪 薫一
JMS LMcorsa 488 GT3
Ferrari 488 GT3
YH1'37.468 0.857 0.034168.535
84谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'37.545 0.934 0.077168.402
911平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
GAINER TANAX AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
DL1'37.647 1.036 0.102168.226
10360柴田 優作
田中 篤
清原 章太
RUNUP Group&DOES GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'37.683 1.072 0.036168.164
1118中山 友貴
山田 真之亮
UPGARAGE BANDOH 86
TOYOTA 86 MC
YH1'37.824 1.213 0.141167.922
1265黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG-GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'37.839 1.228 0.015167.896
1387細川 慎弥
佐藤 公哉
ピエール・カッファー
triple aランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'37.920 1.309 0.081167.757
1431嵯峨 宏紀
中山 雄一
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BS1'37.921 1.310 0.001167.756
1533山野 直也
ヨルグ・ベルグマイスター
Excellence Porsche
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'38.012 1.401 0.091167.600
1663エイドリアン・ザウグ
横溝 直輝
ケイ・コッツォリーノ
LAMBORGHINI TEAM DIRECTION
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'38.106 1.495 0.094167.439
179阪口 良平
吉田 広樹
ディラン・ダーダエル
GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'38.177 1.566 0.071167.318
180アンドレ・クート
富田 竜一郎
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL1'38.246 1.635 0.069167.201
1961井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL1'38.314 1.703 0.068167.085
2055高木 真一
小林 崇志
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS1'38.319 1.708 0.005167.077
2188織戸 学
平峰 一貴
青木 孝行
マネパランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'38.844 2.233 0.525166.189
2248高森 博士
田中 勝輝
井上 恵一
DIJON Racing GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'38.911 2.300 0.067166.077
23111植田 正幸
鶴田 和弥
エヴァRT初号機Rn-s AMG GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'39.158 2.547 0.247165.663
2460飯田 章
吉本 大樹
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'40.641 4.030 1.483163.222

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第2戦鈴鹿決勝結果

鈴鹿クラブマンレース第2戦 -RIJ- (2016/03/27) Final Race Weather:Cloudy Course:Dry
2016 S-FJ鈴鹿シリーズ Round 2 鈴鹿サーキット(西コース) 3.475km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireLapTotal_Time
Behind
134浦田 裕喜RESEONE-MYST KKSⅡ TODA
MYST KK-S2
YH1427'29.814
27大井 偉史スキルスピード10V
TOKYO R&D RD10V
YH140.389
377勝木 崇文Daka M Project FORMスキル
TOKYO R&D RD10V
YH145.846
455板倉 慎哉AMORE TOKYO☆表参道☆10V F
TOKYO R&D RD10V
YH148.800
548加納 亨介テイクファースト・オミッターズ10V ED
TOKYO R&D RD10V
YH149.386
65村瀬 和也ミスト・関口・制動屋・勝男武士号
MYST KK-S2
YH1413.824
729宮島 雄太磨田自転車アキランドイーグルスポーツ
MYST KK-S2
YH1418.474
821HIROSHIミスト・セキグチ・制動屋
MYST KK-S2
YH131Lap
9*22大石 裕基大石工務店イーグル
MYST KK-S
YH131Lap
---- 以上規定周回数(90% - 12Laps)完走 ----
-43鈴木 智之K&G C72 FUN☆SCOOP 10V
TOKYO R&D RD10V
YH113Laps
-25濱野 隆一ロコリス★スキルスピード10V
TOKYO R&D RD10V
YH113Laps
-8前川 涼輔TAKE FIRST 10V
TOKYO R&D RD10V
YH113Laps
-19永井 秀貴NINE RACING・KKSⅡ MYST
MYST KK-S2
YH113Laps
  • Fastest Lap: CarNo.34 浦田裕喜(RISTONE-MYST KKSⅡTODA) 1'23.032 (14/14) 150.66km/h
  • CarNo.22は、2016鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則書第57条~1)(危険なドライブ行為)により、競技結果に40秒を加算した。

SUPER GT

SGT:公式テスト富士セッション3 好調#12カルソニックGT-Rがここでもトップ。GT300トップは#7Studie BMW

2016スーパーGT公式テスト富士、二日目の走行が3月27日に静岡県の富士スピードウェイで始まった。
午前中のセッション3では#12カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組)が昨日に続いて好調ぶりをみせ、1’28.228でトップ。
GT300クラスはここでもFIA-GT3勢がトップ3を占め、#7Studie BMW M6(荒聖治/ヨルグ・ミューラー組)が1’36.194でトップだった。

GT500クラストップは安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(カルソニックIMPUL GT-R)

GT500クラストップは安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(カルソニックIMPUL GT-R)

GT500クラス2位はヘイッキ・コバライネン/平手晃平組(DENSO KOBELCO SARD RC F)

GT500クラス2位はヘイッキ・コバライネン/平手晃平組(DENSO KOBELCO SARD RC F)

GT500クラス3位は大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組(WAKO'S 4CR RC F)

GT500クラス3位は大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組(WAKO'S 4CR RC F)

GT300クラストップはヨルグ・ミューラー/荒聖治組(Studie BMW M6)

GT300クラストップはヨルグ・ミューラー/荒聖治組(Studie BMW M6)

GT300クラス2位は黒澤治樹/蒲生尚弥組(LEON CVSTOS AMG-GT)

GT300クラス2位は黒澤治樹/蒲生尚弥組(LEON CVSTOS AMG-GT)

GT300クラス3位は星野一樹/ヤン・マーデンボロー組(B-MAX NDDP GT-R)

GT300クラス3位は星野一樹/ヤン・マーデンボロー組(B-MAX NDDP GT-R)

徹夜で修復された土屋武士/松井孝允組(GT300クラス・VivaC 86 MC)はこの日から走行

徹夜で修復された土屋武士/松井孝允組(GT300クラス・VivaC 86 MC)はこの日から走行

ピットウォークには大勢のファンが訪れた

ピットウォークには大勢のファンが訪れた

公式テスト二日目を迎えた富士スピードウェイは朝から快晴。
寒さも幾分和らいだ印象の中、昨日に続いて朝早くからたくさんのレースファンがコースサイドに詰めかけた。
そうした中、セッション3は午前9時より120分間で行われた。

昨日の午前中にトップタイム、午後も2番手と、今週末好調ぶりをみせつけているチームインパルはここでも速さをみせ、走行開始から30分あまりでオリベイラが1’28.277を記録してトップに立つと、セッション終盤には安田が1’28.228とタイムを縮めてそのままトップで走行を終えた。
2番手につけたのは#39デンソーサードRC F。
ヘイッキ・コバライネンがセッション序盤に1’28.369を記録、これがそのままベストタイムとなった。
一方ホンダ勢最上位は#15ドラゴモデューロNSXの7位。
しかしトップとの差はわずか0.815秒であり、本番との気温、路面温度の差などを合わせて考えれば、そう悲観した結果ではないのかもしれない。
終わってみればトップの12号車から12位の#46S Road GT-Rまでが1秒以内に収まっており、今シーズンも接戦につぐ接戦が期待できそうだ。

GT300クラスはやはりFIA-GT3勢の速さが目立っており、セッション序盤に1’36.194を記録した#7Studie BMWがそのままトップに。
以下#65LEON AMG-GT、#3B-MAX NDDP GT-Rと続いてJAF-GT勢最上位の#61スバルBRZが4番手。
しかし7号車と61号車の差はわずか0.732秒であり、これからの巻き返しに期待がかかる。
なお、61号車は今回井口卓人のみがドライブしている。山内英輝は先日富士で行われたニュルブルクリンク24時間使用のスバルWRXのテストでクラッシュした影響で肋骨にヒビが入っていることが判明したため、このテストへは不参加となった。
また、先週の岡山テストでクラッシュした影響でテスト一日目には参加していなかった#25ViVac86MCは、今朝ようやく完成した車両をそのまま富士に持ち込み、このセッションから走行に参加している。
クラッシュのダメージは相当なものだったようで、フロント周りはほぼ全てのパーツを交換することになったようだ。
セッション3では1’38.341とまずまずのタイムを記録して18位に付けた。

スーパーGT公式テストはこのあと午後1時30分よりセーフティーカー訓練を行い、それに続いて120分間のセッション4が行われる予定だ。

Text:Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER GT

SGT:公式テスト富士3回目結果

■GT500クラス

公式テスト富士 -RIJ- (2016/03/27) Official Testing 3 Weather:Fine Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT500 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
112安田 裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS1'28.228--186.186
239ヘイッキ・コバライネン
平手 晃平
DENSO KOBELCO SARD RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'28.369 0.141 0.141185.889
36大嶋 和也
アンドレア・カルダレッリ
WAKO'S 4CR RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'28.553 0.325 0.184185.502
437ジェームス・ロシター
平川 亮
KeePer TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'28.637 0.409 0.084185.327
51松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'28.840 0.612 0.203184.903
624佐々木 大樹
柳田 真孝
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH1'28.845 0.617 0.005184.893
715武藤 英紀
オリバー・ターベイ
ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'28.869 0.641 0.024184.843
838立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.007 0.779 0.138184.556
917塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'29.043 0.815 0.036184.482
108松浦 孝亮
野尻 智紀
ARTA NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'29.155 0.927 0.112184.250
1136伊藤 大輔
ニック・キャシディ
au TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.213 0.985 0.058184.130
1246本山 哲
千代 勝正
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'29.223 0.995 0.010184.109
13100山本 尚貴
伊沢 拓也
RAYBRIG NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'29.289 1.061 0.066183.973
1419関口 雄飛
国本 雄資
WedsSport ADVAN RC F
TOYOTA LEXUS RC F
YH1'29.316 1.088 0.027183.918
1564中嶋 大祐
ベルトラン・バゲット
Epson NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
DL1'30.687 2.459 1.371181.137

■GT300クラス

公式テスト富士 -RIJ- (2016/03/27) Official Testing 3 Weather:Fine Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT300 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
17ヨルグ・ミューラー
荒 聖治
Studie BMW M6
BMW M6 GT3
YHR1'36.194--170.767
265黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG-GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'36.772 0.578 0.578169.747
33星野 一樹
ヤン・マーデンボロー
B-MAX NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'36.850 0.656 0.078169.611
461井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL1'36.926 0.732 0.076169.478
531嵯峨 宏紀
中山 雄一
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BS1'37.056 0.862 0.130169.251
611平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
GAINER TANAX AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
DL1'37.222 1.028 0.166168.962
72高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'37.253 1.059 0.031168.908
80アンドレ・クート
富田 竜一郎
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL1'37.358 1.164 0.105168.726
951都筑 晶裕
新田 守男
脇阪 薫一
JMS LMcorsa 488 GT3
Ferrari 488 GT3
YH1'37.453 1.259 0.095168.561
1021リチャード・ライアン
藤井 誠暢
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
DL1'37.491 1.297 0.038168.496
114谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'37.539 1.345 0.048168.413
1255高木 真一
小林 崇志
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS1'37.726 1.532 0.187168.090
1318中山 友貴
山田 真之亮
UPGARAGE BANDOH 86
TOYOTA 86 MC
YH1'37.770 1.576 0.044168.015
1487細川 慎弥
佐藤 公哉
ピエール・カッファー
triple aランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'37.789 1.595 0.019167.982
1533山野 直也
ヨルグ・ベルグマイスター
Excellence Porsche
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'38.083 1.889 0.294167.479
169阪口 良平
吉田 広樹
ディラン・ダーダエル
GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'38.182 1.988 0.099167.310
1725土屋 武士
松井 孝允
VivaC 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH1'38.341 2.147 0.159167.039
1888織戸 学
平峰 一貴
青木 孝行
マネパランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'38.407 2.213 0.066166.927
19360柴田 優作
田中 篤
清原 章太
RUNUP Group&DOES GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'38.562 2.368 0.155166.665
2030永井 宏明
佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'38.679 2.485 0.117166.467
2163エイドリアン・ザウグ
横溝 直輝
ケイ・コッツォリーノ
LAMBORGHINI TEAM DIRECTION
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'38.765 2.571 0.086166.322
22111植田 正幸
鶴田 和弥
エヴァRT初号機Rn-s AMG GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'39.076 2.882 0.311165.800
2348高森 博士
田中 勝輝
井上 恵一
DIJON Racing GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'40.428 4.234 1.352163.568
2460飯田 章
吉本 大樹
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'40.926 4.732 0.498162.761
  • 'R'マークはコースレコード(1'36.519)を非公式に上回りました。

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第2戦鈴鹿公式予選 浦田裕喜が初ポールポジション

 スーパーFJ鈴鹿シリーズ第2戦は27日、同地の西コースで公式予選を行い、浦田裕喜(RISONE-MYST KKSⅡTODA)が初ポールポジションを獲得した。

sfjs-rd2-q-34 sfjs-rd2-q-7 sfjs-rd2-q-22

 ワンデーレースで行われる鈴鹿クラブマン第2戦。スーパーFJ第2戦の公式予選が午前9時5分より15分間で行われた。鈴鹿は朝から春の陽気でぽかぽかと暖かいが、桜の名所でもある「サーキットの桜」はつぼみは膨らんでいるものの開花にはまだ数日を要しそうだ。

 予選は3周目に大石裕基(大石工務店イーグル)が1分23秒456でトップに立つ。4周目には大井偉史組(クラス・スキルスピード10V)が2分22秒873で逆転してトップに。5周目には浦田裕喜(RISONE-MYST KKSⅡTODA)が1分22秒591でトップに立つものの7周目には大石が1分22秒479でこれを逆転し再びトップに立った。

 しかし8周目に浦田が1分22秒184でトップに立つと、これに1000分の8秒差で大井が2位に続く。大石は3位に落ちた。

 大井はポールポジションを狙ってアタックを続けるも自身のタイムを更新できず。逆に、浦田は最終11周目に1分22秒100までタイムを縮め、初のポールポジションを獲得することとなった。

 大井は2位、3位に大石が続き、以下勝木崇文(Daka M Project FORMスキル)、加納亨介(テイクファースト・オミッターズ10V ED)、HIROSHI(ミスト・セキグチ・制動屋)の予選結果となっている。

 決勝は本日27日、午後2時より14周で行われる予定だ。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Motorsports Forum

S-FJ鈴鹿シリーズ

SFJ:第2戦鈴鹿公式予選結果

鈴鹿クラブマンレース第2戦 -RIJ- (2016/03/27) Qualifying Weather:Fine Course:Dry
2016 S-FJ鈴鹿シリーズ Round 2 鈴鹿サーキット(西コース) 3.475km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/hLap
134浦田 裕喜RISONE-MYST KKSⅡTODA
MYST KK-S2
YH1'22.100--152.37511/11
27大井 偉史スキルスピード10V
TOKYO R&D RD10V
YH1'22.192 0.092 0.092152.2058/11
322大石 裕基大石工務店イーグル
MYST KK-S
YH1'22.436 0.336 0.244151.7548/11
477勝木 崇文Daka M Project FORMスキル
TOKYO R&D RD10V
YH1'22.510 0.410 0.074151.61811/11
548加納 亨介テイクファースト・オミッターズ10V ED
TOKYO R&D RD10V
YH1'22.878 0.778 0.368150.9458/10
621太田 浩ミスト・セキグチ・制動屋
MYST KK-S2
YH1'22.967 0.867 0.089150.78310/11
743鈴木 智之K&G C72 FUN☆SCOOP 10V
TOKYO R&D RD10V
YH1'23.276 1.176 0.309150.22311/11
855板倉 慎哉AMORE TOKYO☆表参道☆10V F
TOKYO R&D RD10V
YH1'23.392 1.292 0.116150.0146/11
925濱野 隆一ロコリス★スキルスピード10V
TOKYO R&D RD10V
YH1'23.508 1.408 0.116149.80611/11
1019永井 秀貴NINE RACING・KKSⅡ MYST
MYST KK-S2
YH1'23.767 1.667 0.259149.3438/11
118前川 涼輔TAKE FIRST 10V
TOKYO R&D RD10V
YH1'23.977 1.877 0.210148.96910/11
12*5村瀬 和也ミスト・関口・制動屋・勝男武士号
MYST KK-S2
YH1'24.313 2.213 0.336148.37610/10
1329宮島 雄太磨田自転車アキランドイーグルスポーツ
MYST KK-S2
YH1'24.821 2.721 0.508147.48710/10
  • CarNo.5は、2016鈴鹿クラブマンレースシリーズ規則書第54条~1)(黄旗中のスピン)により、3グリッド降格とする。

SUPER GT

SGT:公式テスト富士セッション2 新人マーデンボローがコースレコード超えを達成して#3B-MAX GT-RがGT300トップに!GT500クラスは#38ZENT RC Fがトップ

富士スピードウェイで行なわれている2016スーパーGT公式テストのセッション2は#38ZENT CERUMO RC F(立川祐路/石浦宏明組)が1’27.936でトップ。わずか1,000分の2秒差で午前中トップの#12カルソニックIMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組)が続くという接戦となった。
GT300クラスはFIA-GT3勢が上位10台を独占する中、#3B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ヤン・マーデンボロー組)が昨年のポールタイムを上回る1’36.151を叩き出してトップだった。

GT500クラストップの立川祐路/石浦宏明組(ZENT CERUMO RC F)

GT500クラストップの立川祐路/石浦宏明組(ZENT CERUMO RC F)

GT500クラス2位の安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(カルソニックIMPUL GT-R)

GT500クラス2位の安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(カルソニックIMPUL GT-R)

GT500クラス3位のヘイッキ・コバライネン/平手晃平組(DENSO KOBELCO SARD RC F)

GT500クラス3位のヘイッキ・コバライネン/平手晃平組(DENSO KOBELCO SARD RC F)

GT300クラストップの星野一樹/ヤン・マーデンボロー組(B-MAX NDDP GT-R)

GT300クラストップの星野一樹/ヤン・マーデンボロー組(B-MAX NDDP GT-R)

GT300クラス2位の織戸学/平峰一貴/青木孝行組(マネパランボルギーニGT3)

GT300クラス2位の織戸学/平峰一貴/青木孝行組(マネパランボルギーニGT3)

GT300クラス3位のヨルグ・ミューラー/荒聖治組(Studie BMW M6)

GT300クラス3位のヨルグ・ミューラー/荒聖治組(Studie BMW M6)

公式テスト2回目の走行は午後2時より混走110分、専有走行各クラス10分で行われたが、コースオープンしてすぐに#12カルソニックGT-Rがコカコーラコーナー手前でメカニカルトラブルによりストップしてしまい、赤旗中断となってしまった。
12号車は先週の岡山でも2回トラブルに見舞われており、開幕に向けて不安の残る状況となっている。
セッションは車両回収ののに2時11分に再開。
すると富士をホームコースとするレクサス勢が相次いで上位に。
最初にトップに立ったのは#37KeePerトムスRC Fで1’28.534だったが、立川祐路のドライブする#38ZENTセルモRC Fがセッション半ば過ぎに1’28.173、1’27.936とタイムを縮めてトップに立った。
そこへ修復を終えてコースに復帰した12号車が食い込んできて、専有走行の終盤に1’27.398と僅差に迫ってきた。
3番手にはヘイッキ・コバライネンが1’28.024を叩き出した#39DENSO KOBELCO SARD RC Fがつけた。

一方、ハイブリッドシステムを下ろして身軽になったNSX勢は今回も下位に沈む。
最上位は#17KEIHIN NSX CONCEPT-GTの5位だが、他の4台は全て10位以下という結果に終わった。

GT300クラスは午後の走行でもFIA-GT3車両が上位を独占。
しかし今期のGT3はこれまでと違ってストレートスピードだけでなくコーナリング性能も格段に向上しているように見える。
特にJLOCが今季から投入したランボルギーニ・ウラカンは織戸学が1’36.978とコースレコードまであとコンマ4秒という好タイムを記録して見せた。
しかしそれをはるかに上回るタイムを叩き出したのが今季から3号車をドライブすることになったルーキーのヤン・マーデンボローだ。
彼は1’36.151と従来のレコードをコンマ4近く上回る好タイムでトップに立ち、その非凡な才能をこのセッションで見せつけた。

対するJAF-GT勢は#61SUBARU BRZ R&D SPORTの11位が最高という厳しい状況。
タイムも1’37.659と1.5秒もの差をつけられた。

なお今回、事前にエントリーしていた車両のうち#26Team TAISAN、#86braille Audi R8 LMs、そして#108Direction Racingらが直前になってエントリーを取り消している。
一説には先日発生したベルギーでのテロ事件が物流に影響を及ぼした結果とも言われている。

スーパーGT公開テストは明日27日も同じく富士スピードウェイにて午前午後2回のセッションが予定されている。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER GT

SGT:公式テスト富士2回目結果

■GT500クラス

公式テスト富士 -RIJ- (2016/03/26) Official Testing 2 Weather:Fine Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT500 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
138立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'27.936--186.804
212安田 裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS1'27.938 0.002 0.002186.800
339ヘイッキ・コバライネン
平手 晃平
DENSO KOBELCO SARD RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'28.024 0.088 0.086186.617
437ジェームス・ロシター
平川 亮
KeePer TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'28.534 0.598 0.510185.542
517塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'28.660 0.724 0.126185.279
636伊藤 大輔
ニック・キャシディ
au TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'28.712 0.776 0.052185.170
76大嶋 和也
アンドレア・カルダレッリ
WAKO'S 4CR RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'28.785 0.849 0.073185.018
81松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'28.923 0.987 0.138184.731
946本山 哲
千代 勝正
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'29.045 1.109 0.122184.478
1015武藤 英紀
オリバー・ターベイ
ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'29.144 1.208 0.099184.273
11100山本 尚貴
伊沢 拓也
RAYBRIG NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'29.233 1.297 0.089184.089
1224佐々木 大樹
柳田 真孝
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH1'29.294 1.358 0.061183.963
138松浦 孝亮
野尻 智紀
ARTA NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'29.344 1.408 0.050183.860
1419関口 雄飛
国本 雄資
WedsSport ADVAN RC F
TOYOTA LEXUS RC F
YH1'29.493 1.557 0.149183.554
1564中嶋 大祐
ベルトラン・バゲット
Epson NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
DL1'30.105 2.169 0.612182.307

■GT300クラス

公式テスト富士 -RIJ- (2016/03/26) Official Testing 2 Weather:Fine Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT300 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
13星野 一樹
ヤン・マーデンボロー
B-MAX NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YHR1'36.151--170.844
288織戸 学
平峰 一貴
青木 孝行
マネパランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'36.978 0.827 0.827169.387
37ヨルグ・ミューラー
荒 聖治
Studie BMW M6
BMW M6 GT3
YH1'37.000 0.849 0.022169.348
455高木 真一
小林 崇志
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS1'37.147 0.996 0.147169.092
565黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG-GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'37.318 1.167 0.171168.795
687細川 慎弥
佐藤 公哉
ピエール・カッファー
triple aランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'37.396 1.245 0.078168.660
711平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
GAINER TANAX AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
DL1'37.397 1.246 0.001168.658
8360柴田 優作
田中 篤
清原 章太
RUNUP Group&DOES GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'37.427 1.276 0.030168.606
921リチャード・ライアン
藤井 誠暢
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
DL1'37.559 1.408 0.132168.378
100アンドレ・クート
富田 竜一郎
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL1'37.596 1.445 0.037168.314
1161井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL1'37.659 1.508 0.063168.206
124谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'37.673 1.522 0.014168.182
1333山野 直也
ヨルグ・ベルグマイスター
Excellence Porsche
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'37.823 1.672 0.150167.924
142高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'37.963 1.812 0.140167.684
1531嵯峨 宏紀
中山 雄一
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BS1'37.974 1.823 0.011167.665
1651都筑 晶裕
新田 守男
脇阪 薫一
JMS LMcorsa 488 GT3
Ferrari 488 GT3
YH1'38.332 2.181 0.358167.054
1718中山 友貴
山田 真之亮
UPGARAGE BANDOH 86
TOYOTA 86 MC
YH1'38.535 2.384 0.203166.710
18111植田 正幸
鶴田 和弥
エヴァRT初号機Rn-s AMG GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'38.752 2.601 0.217166.344
199阪口 良平
吉田 広樹
ディラン・ダーダエル
GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'39.043 2.892 0.291165.855
2030永井 宏明
佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'39.480 3.329 0.437165.127
2160飯田 章
吉本 大樹
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'40.149 3.998 0.669164.024
  • 'R'マークはコースレコード(1'36.519)を非公式に上回りました。

SUPER GT

SGT:公式テスト富士1回目結果

■GT500クラス

公式テスト富士 -RIJ- (2016/03/26) Official Testing 1 Weather:Fine Course:Wet-Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT500 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
112安田 裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS1'28.244--186.152
238立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'28.692 0.448 0.448185.212
337ジェームス・ロシター
平川 亮
KeePer TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.038 0.794 0.346184.492
439ヘイッキ・コバライネン
平手 晃平
DENSO KOBELCO SARD RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.208 0.964 0.170184.140
56大嶋 和也
アンドレア・カルダレッリ
WAKO'S 4CR RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.243 0.999 0.035184.068
636伊藤 大輔
ニック・キャシディ
au TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'29.398 1.154 0.155183.749
71松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'29.455 1.211 0.057183.632
846本山 哲
千代 勝正
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'29.584 1.340 0.129183.368
917塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'29.643 1.399 0.059183.247
1019関口 雄飛
国本 雄資
WedsSport ADVAN RC F
TOYOTA LEXUS RC F
YH1'29.863 1.619 0.220182.798
1115武藤 英紀
オリバー・ターベイ
ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'30.079 1.835 0.216182.360
128松浦 孝亮
野尻 智紀
ARTA NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'30.158 1.914 0.079182.200
1364中嶋 大祐
ベルトラン・バゲット
Epson NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
DL1'30.188 1.944 0.030182.140
1424佐々木 大樹
柳田 真孝
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH1'30.223 1.979 0.035182.069
15100山本 尚貴
伊沢 拓也
RAYBRIG NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'30.893 2.649 0.670180.727

■GT300クラス

公式テスト富士 -RIJ- (2016/03/26) Official Testing 1 Weather:Fine Course:Wet-Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT300 class 富士スピードウェイ 4.563km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
13星野 一樹
ヤン・マーデンボロー
B-MAX NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'37.315--168.800
255高木 真一
小林 崇志
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS1'37.405 0.090 0.090168.644
32高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'37.613 0.298 0.208168.285
47ヨルグ・ミューラー
荒 聖治
Studie BMW M6
BMW M6 GT3
YH1'37.636 0.321 0.023168.245
54谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'37.748 0.433 0.112168.053
687細川 慎弥
佐藤 公哉
ピエール・カッファー
triple aランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'37.803 0.488 0.055167.958
721リチャード・ライアン
藤井 誠暢
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
DL1'37.812 0.497 0.009167.943
861井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL1'37.866 0.551 0.054167.850
911平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
GAINER TANAX AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
DL1'37.895 0.580 0.029167.800
1065黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG-GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'38.096 0.781 0.201167.456
11360柴田 優作
田中 篤
清原 章太
RUNUP Group&DOES GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'38.147 0.832 0.051167.369
1251都筑 晶裕
新田 守男
脇阪 薫一
JMS LMcorsa 488 GT3
Ferrari 488 GT3
YH1'38.270 0.955 0.123167.160
1388織戸 学
平峰 一貴
青木 孝行
マネパランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'38.323 1.008 0.053167.070
1418中山 友貴
山田 真之亮
UPGARAGE BANDOH 86
TOYOTA 86 MC
YH1'38.360 1.045 0.037167.007
150アンドレ・クート
富田 竜一郎
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL1'38.381 1.066 0.021166.971
1633山野 直也
ヨルグ・ベルグマイスター
Excellence Porsche
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'38.555 1.240 0.174166.676
1730永井 宏明
佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'38.906 1.591 0.351166.085
1831嵯峨 宏紀
中山 雄一
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BS1'39.213 1.898 0.307165.571
199阪口 良平
吉田 広樹
ディラン・ダーダエル
GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'39.869 2.554 0.656164.483
20111植田 正幸
鶴田 和弥
エヴァRT初号機Rn-s AMG GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'40.216 2.901 0.347163.914
2160飯田 章
吉本 大樹
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'41.022 3.707 0.806162.606
2263エイドリアン・ザウグ
横溝 直輝
峰尾 恭輔
TBN
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'45.321 8.006 4.299155.969
2348高森 博士
田中 勝輝
井上 恵一
DIJON Racing GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH2'03.33826.02318.017133.185

SUPER GT

SGT:公式テスト富士セッション1 GT500トップは#12カルソニックGT-R、GT300も#3B-MAX GT-Rがトップに

スーパーGTの2016シーズン2回目の公式テストが3月26日、富士スピードウェイで始まった。
最初のセッションでトップに立ったのは#12カルソニック IMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組)で1’28.244。
GT300クラスは#3B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ヤン・マーデンボロー組)で1’37.315だった。

GT500クラストップの安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(カルソニックIMPUL GT-R)

GT500クラストップの安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(カルソニックIMPUL GT-R)

新スポンサーを獲得してカラーリングを一新した伊藤大輔/ニック・キャシディ組(GT500クラス・au TOM'S RC F)は6位

新スポンサーを獲得してカラーリングを一新した伊藤大輔/ニック・キャシディ組(GT500クラス・au TOM'S RC F)は6位

GT300クラストップの星野一樹/ヤン・マーデンボロー組(B-MAX NDDP GT-R)

GT300クラストップの星野一樹/ヤン・マーデンボロー組(B-MAX NDDP GT-R)

先週の岡山国際サーキットに続いて今週は富士スピードウェイで行われるスーパーGT公式テスト。
寒波が押し寄せた影響で今週末の富士は3月下旬とは思えない寒さに見舞われ、金曜には降雪まで見られる状況となり、走行への影響が懸念されたものの、初日の今日は雲が多めながらまずまずの好天に恵まれ、早朝から多くのファンがスタンドやパドックに詰めかける中、午前10時から最初のセッションが120分間で行われた。

雪の影響で開始時点の路面はまだ濡れていたため、序盤はウェット宣言の出される中での走行となった。
この影響からか開始20分足らずでTeam DIRECTIONの#63ランボルギーニ・ウラカンが1コーナーでクラッシュしたため赤旗中断となったが、セッション再開後には次第に路面は乾いていき、セッション中盤以降は完全なドライコンディションとなった。

赤旗中断時点でのトップは#64エプソンNSXで1’32.713。しかし走行が再開されるやいなや#12カルソニックGT-Rが1'28.931でトップに立ち、その後も1'28.517、1'28.244と順調にタイムを縮めて午前の走行を締めくくった。
2位から6位までにはレクサス勢が続く。
2位は#38ZENTセルモRC F、3位には#37KeePerトムスRC Fがつけ、25日にKDDIをメインスポンサーに迎えると発表したばかり#36auトムスRC Fも1’29.398とまずまずのタイムで6番手につけた。

一方、岡山テストで今一つの結果だったホンダ勢は終わってみれば#17ケーヒンの9位を最高に11位、12位、13位、15位と今回も苦しいスタートとなっている。

岡山ではJAF-GT勢に席巻された感のあったGT300クラスは、今回は#3B-MAX NDDP GT-R、#55ARTA BMW M6 GT3が1位、2位を占め、マザーシャシーの#2シンティアム・アップル・ロータスが3位とFIA-GT3がやや先行する形となった。
メカニカルトラブルにより岡山テストではセッション1しか走れなかった#7Studie BMW M6も今回は4位とまずまずの位置につけている。
一方、岡山テスト二日目にクラッシュした#25VivaC 86 MCは現在も藤沢のガレージで修復作業を継続中とのことで、今日現在は富士に姿を現していない。
こちらは日曜からの参加を目指して懸命の作業を行っている模様だ。

スーパーGT公式テストはこの後午後2時よりセッション2が混走110分間、専有走行が各クラス10分間で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Hiroyuki MINAMI

KF

KF:期待のルーキー名取鉄平(Team Birel ART)インタビュー「夢はF1ドライバー」

2016年オートバックス全日本カート選手権 KF部門
Team Birel ART No.11 名取鉄平 インタビュー

 いよいよ2016年オートバックス全日本カート選手権の開幕が明日に迫った。

 レーシングカートといえば、費用面や環境面において実際にプレイするには敷居が高いと言われるモータースポーツにおいて、多くのレースファン、モータースポーツファンが趣味の一環として楽しむことができる、もっとも間口が広く、裾野を担うカテゴリーであると同時に、プロのレーシングドライバーを目指す青少年達が最初にドライブするレーシングマシンでもある。

 そんなレーシングカートにおいて、国内で開催されるカートレースの最高峰に位置するのが全日本カート選手権 KF部門だ。KF部門は、フレーム(車体)、エンジン、タイヤと各々のメーカーがブランドの威信を掛けて戦うプロフェッショナルクラスで、タイヤメーカー3社(BS・DL・YH)が参入し開発競争を繰り広げており、これは世界的に見ても日本だけの特徴だ。

 そんな国内カートレース最高峰カテゴリーに、将来の夢はF1ドライバーと言う、この春高校1年生になる1人のドライバーが今年から挑戦する。レーシングカートの魅力、夢を叶える為の努力、今年に懸ける意気込みなどについて話を聞いてみた。

プロフィール

  • Team BirelART(チームビレルアート)
  • No.11 名取 鉄平(なとりてっぺい)
  • 2000年9月11日生まれ 15歳

レース戦歴

2008APG CUPミニカデットクラスに初参戦
2009APG CUP ミニカデットクラス シリーズ4位
2010APG CUP カデットオープンクラス シリーズ5位
2011JAFジュニアカート選手権FP-Jrカデットクラスシリーズ2位(5戦中2勝)APG CUP カデットオープンクラス シリーズチャンピオン(8戦中7勝)
2012JAFジュニアカート選手権FP-Jrクラス参戦APG CUP YAMAHA SSクラス シリーズチャンピオン(6戦中4勝)
2013JAFジュニアカート選手権FP-Jrクラス シリーズ4位(5戦中1勝)CIK-FIA アジア・パシフィック選手権 FP-Jrクラス優勝鈴鹿選手権シリーズ YAMAHA SSクラス シリーズチャンピオン
2014JAF地方カート選手権 FS-125クラス シリーズ3位PETRONAS Challenge CUP シリーズチャンピオン(10戦中4勝)ROK CUP INTERNATIONAL FINAL 世界大会 Junior ROKクラス6位
2015JAF全日本カート選手権FS-125クラス シリーズ6位

Q&A

kf-16-03-25_0001

kf-16-03-25_0002

kf-16-03-25_0003

kf-16-03-25_0004

kf-16-03-25_0005

kf-16-03-25_0006

kf-16-03-25_0007

kf-16-03-25_0008

Q.カートを始めたきっかけは?

A.5才の時、家族で富士スピードウェイにスーパーフォーミュラを見に行きました。その帰り道に立ち寄ったオートパラダイス御殿場というカートコースで、初めてレーシングカートを見たのがきっかけです。それから僕は「これに乗りたい」と思い、2年間両親に言い続け、SLライセンスが取得できる小学校2年生の5月に、念願のカートを買ってもらいました。

Q.レーシングカートの魅力とはなんですか?

A.日常生活では味わうことのできない、スリルと興奮を与えてくれます。ドライブすることはなによりも楽しく、カートを買ってもらった夏休みは28日間もコースに通い続けたほどです。また、優勝した時の達成感は他の何物にも代え難いです。

Q.あなたにとってレーシングカートとはどのような存在ですか?

A.15歳という今までの僕の人生をカートなしで語ることができないほど、僕にとってなくてはならない存在です。

Q.あなたの将来の夢はなんですか?

A.もちろん夢はF1ドライバーです!

Q.夢を実現させるためにクリアしなければならない課題はなんですか?課題解決のためにどのような取り組みをしていますか?

A.F1ドライバーになるという夢を叶える為、僕は今年、鈴鹿サーキット・レーシングスクール・フォーミュラ(SRS-Formula)に入校しまた。HONDAの育成ドライバーとして、F3、GP3、GP2、F1への駆け上がっていきたいです。その為には、SRSでスカラシップを獲得し、FIA-F4へのステップアップを確実にしなければなりません。とにかくライバル達を抑えて勝つことが重要ですが、僕はSRS-F受講生の中で最年少のため、経験も浅く、練習時間も少ないので、1セッション1セッションを大切にして、限られた時間の中でしっかりと経験を積み、実践していくことに集中しています。

Q. モータースポーツはサーキットに行かないと練習ができない為、練習時間が限られてしまいますが、サーキットでの練習走行以外に、日常生活において取り組んでいることや意識していることはありますか?

A. 日々のトレーニングです。KFにステップアップしたことでマシンは速くなり、グリップも増えました。横Gなど体への負荷が大きくなり、体力や筋力など不足している部分があります。ですので、専属トレーナーに指導を受けながら、自分の足りない所を強化することに専念しています。他には海外のレース動画をたくさん見て、多くのことを学び、レースで実践できるよう心がけています。

Q. レースにおいて勝敗を分ける”差”はなんだと思いますか?また、ライバルに対してその差をつける努力や取り組みはありますか?

A. レースウィークを通じていかにに自分流れを引き寄せられるかが重要だと思ってます。運や流れを自分に引き寄せられるような、考え方や行動を心がけています。そして勝つことが何よりも大切ですが、1番学ぶことが多いのは負けたレースです。負けてしまった要因をしっかりと突き止め、勝つためになにが足りなかったを考え、次のレースまでには改善するようにしています。

Q.理想とするドライバーはいますか? もしくは理想のドライバー像は?

A.どの車に乗っても速くて、世界のトップカテゴリーの上位で戦える強いドライバーです。回りに影響を与えられるようなドライバーになりたいです。

Q.今シーズンの意気込みと、応援してくれるファンに一言お願いします。

.A.アライヘルメット様、R’S DESIGN様にスポンサードをして頂き、今年もBirelARTのワークスドライバーとして、日本最高峰のKFクラスに参戦できることを感謝しています。今年BirelARTはKF復活の年となります。Birelには8年間お世話になっていますので、恩返しができるように僕の持てる全てを出し切って1戦1戦を大切に戦い、シリーズチャンピオンを目指して頑張っていきますので、応援宜しくお願いします!

Text & Photo: Hideshi KIKUYAMA

SUPER GT

SGT:公式テスト岡山フォトギャラリー

2016gt-okayamatest_001 2016gt-okayamatest_002 2016gt-okayamatest_003 2016gt-okayamatest_004
2016gt-okayamatest_005 2016gt-okayamatest_006 2016gt-okayamatest_007 2016gt-okayamatest_008
2016gt-okayamatest_009 2016gt-okayamatest_010 2016gt-okayamatest_011 2016gt-okayamatest_012
2016gt-okayamatest_013 2016gt-okayamatest_014 2016gt-okayamatest_015 2016gt-okayamatest_016
2016gt-okayamatest_017 2016gt-okayamatest_018 2016gt-okayamatest_019 2016gt-okayamatest_020
2016gt-okayamatest_021 2016gt-okayamatest_022 2016gt-okayamatest_023 2016gt-okayamatest_024
2016gt-okayamatest_025 2016gt-okayamatest_026 2016gt-okayamatest_027 2016gt-okayamatest_028
2016gt-okayamatest_029 2016gt-okayamatest_030 2016gt-okayamatest_031 2016gt-okayamatest_032
2016gt-okayamatest_033 2016gt-okayamatest_034 2016gt-okayamatest_035 2016gt-okayamatest_036
2016gt-okayamatest_037 2016gt-okayamatest_038 2016gt-okayamatest_039 2016gt-okayamatest_040
2016gt-okayamatest_041 2016gt-okayamatest_042 2016gt-okayamatest_043 2016gt-okayamatest_044
2016gt-okayamatest_045 2016gt-okayamatest_046 2016gt-okayamatest_047 2016gt-okayamatest_048
2016gt-okayamatest_049 2016gt-okayamatest_050 2016gt-okayamatest_051 2016gt-okayamatest_052
2016gt-okayamatest_053 2016gt-okayamatest_054 2016gt-okayamatest_055 2016gt-okayamatest_056
2016gt-okayamatest_057 2016gt-okayamatest_058 2016gt-okayamatest_059 2016gt-okayamatest_060
2016gt-okayamatest_061 2016gt-okayamatest_062 2016gt-okayamatest_063 2016gt-okayamatest_064
2016gt-okayamatest_065 2016gt-okayamatest_066 2016gt-okayamatest_067 2016gt-okayamatest_068
2016gt-okayamatest_069 2016gt-okayamatest_070 2016gt-okayamatest_071 2016gt-okayamatest_072
2016gt-okayamatest_073 2016gt-okayamatest_074 2016gt-okayamatest_075 2016gt-okayamatest_076
2016gt-okayamatest_077 2016gt-okayamatest_078 2016gt-okayamatest_079 2016gt-okayamatest_080
2016gt-okayamatest_081 2016gt-okayamatest_082 2016gt-okayamatest_083 2016gt-okayamatest_084
2016gt-okayamatest_085 2016gt-okayamatest_086 2016gt-okayamatest_087 2016gt-okayamatest_088
2016gt-okayamatest_089 2016gt-okayamatest_090 2016gt-okayamatest_091 2016gt-okayamatest_092
2016gt-okayamatest_093 2016gt-okayamatest_094 2016gt-okayamatest_095 2016gt-okayamatest_096
2016gt-okayamatest_097 2016gt-okayamatest_098 2016gt-okayamatest_099 2016gt-okayamatest_100
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER GT

SGT:公式テスト岡山総合結果

■GT500 Class

公式テスト岡山 -RIJ- (2016/03/19-20) Total Testing Weather:Wet,Dry Course:Cloudy,Fine
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCar
Model
TireSession1
Session2
Session3
Session4
TimeBehindkm/h
16大嶋 和也
アンドレア・カルダレッリ
WAKO'S 4CR RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'20.392
*R1'18.877
1'19.010
1'19.432
R1'18.877-169.007
237ジェームス・ロシター
平川 亮
KeePer TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'20.744
1'19.521
*R1'18.918
1'19.470
R1'18.918 0.041168.920
336伊藤 大輔
ニック・キャシディ
TBN
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'20.198
*1'19.349
1'19.424
1'19.917
1'19.349 0.472168.002
412安田 裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS1'19.776
1'19.782
1'19.647
*1'19.397
1'19.397 0.520167.901
539ヘイッキ・コバライネン
平手 晃平
DENSO KOBELCO SARD RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'20.730
1'19.559
*1'19.498
1'20.051
1'19.498 0.621167.687
638立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'21.751
1'20.070
*1'19.650
1'19.794
1'19.650 0.773167.367
7100山本 尚貴
伊沢 拓也
RAYBRIG NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'28.485
*1'19.736
1'20.026
1'20.812
1'19.736 0.859167.187
824佐々木 大樹
柳田 真孝
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH1'21.104
1'20.050
*1'19.876
1'20.060
1'19.876 0.999166.894
91松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'21.896
*1'20.034
1'20.576
1'20.436
1'20.034 1.157166.564
108松浦 孝亮
野尻 智紀
ARTA NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'21.706
1'20.883
*1'20.059
1'20.974
1'20.059 1.182166.512
1146本山 哲
千代 勝正
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'21.039
*1'20.326
1'30.068
1'21.299
1'20.326 1.449165.959
1217塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'21.425
*1'20.374
1'20.498
1'21.368
1'20.374 1.497165.860
1319関口 雄飛
国本 雄資
WedsSport ADVAN RC F
TOYOTA LEXUS RC F
YH1'22.280
1'20.570
*1'20.400
1'21.195
1'20.400 1.523165.806
1415武藤 英紀
オリバー・ターベイ
ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'23.155
*1'20.728
1'20.952
1'20.816
1'20.728 1.851165.132
1564中嶋 大祐
ベルトラン・バゲット
Epson NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
DL1'23.345
1'21.799
1'24.832
*1'21.530
1'21.530 2.653163.508
  • 'R'マークは従来のコーレコード(1'19.008)を非公式に上回りました。

■GT300 Class

公式テスト岡山 -RIJ- (2016/03/19-20) Total Testing Weather:Wet,Dry Course:Cloudy,Fine
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCar
Model
TireSession1
Session2
Session3
Session4
TimeBehindkm/h
188織戸 学
平峰 一貴
青木 孝行
マネパランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'28.600
1'28.051
*R1'26.045
1'28.326
R1'26.045 7.168154.928
218中山 友貴
山田 真之亮
TBN
TOYOTA 86 MC
YH1'34.190
1'27.891
*R1'26.526
1'28.890
R1'26.526 7.649154.067
311平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
GAINER TANAX AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
DL1'29.624
1'29.906
*1'26.834
1'27.288
1'26.834 7.957153.521
42高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'27.612
1'28.117
*1'26.838
1'27.844
1'26.838 7.961153.513
561井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL1'29.728
1'27.621
*1'26.923
1'28.463
1'26.923 8.046153.363
63星野 一樹
ヤン・マーデンボロー
B-MAX NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'30.245
1'27.647
*1'27.024
1'27.628
1'27.024 8.147153.185
725土屋 武士
松井 孝允
VivaC 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH1'27.889
1'27.613
*1'27.151
1'29.282
1'27.151 8.274152.962
865黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG-GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'31.277
1'27.797
*1'27.233
1'27.612
1'27.233 8.356152.818
921リチャード・ライアン
藤井 誠暢
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
DL1'36.699
1'28.957
*1'27.299
1'27.363
1'27.299 8.422152.703
104谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'29.571
1'27.869
*1'27.305
1'27.558
1'27.305 8.428152.692
1131嵯峨 宏紀
中山 雄一
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BSabsence
1'27.521
*1'27.352
absence
1'27.352 8.475152.610
1287細川 慎弥
佐藤 公哉
山西 康司
triple aランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'35.736
1'29.826
*1'27.392
1'27.878
1'27.392 8.515152.540
1355高木 真一
小林 崇志
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS1'29.557
*1'27.654
1'28.181
1'28.053
1'27.654 8.777152.084
1451都筑 晶裕
新田 守男
TBN
Ferrari 488 GT3
YH1'28.414
1'28.131
1'27.737
*1'27.705
1'27.705 8.828151.996
150アンドレ・クート
富田 竜一郎
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL1'29.348
*1'27.790
1'27.805
1'28.031
1'27.790 8.913151.849
1630永井 宏明
佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'30.106
*1'27.909
1'27.976
absence
1'27.909 9.032151.643
1733山野 直也
ヨルグ・ベルグマイスター
Excellence Porsche
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'29.467
1'29.160
*1'27.942
1'28.011
1'27.942 9.065151.586
1863エイドリアン・ザウグ
横溝 直輝
峰尾 恭輔
ケイ・コッツォリーノ
TBN
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'29.405
1'28.387
1'28.390
*1'27.963
1'27.963 9.086151.550
19111植田 正幸
鶴田 和弥
Rn-sports AMG GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'31.082
1'29.770
*1'28.076
1'29.711
1'28.076 9.199151.356
2022和田 久
城内 政樹
アールキューズSLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
YH1'30.373
1'30.419
*1'28.143
1'29.319
1'28.143 9.266151.241
21360柴田 優作
田中 篤
清原 章太
RUNUP Group&DOES GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'29.102
1'28.922
1'29.445
*1'28.144
1'28.144 9.267151.239
227ヨルグ・ミューラー
荒 聖治
Studie BMW M6
BMW M6 GT3
YH*1'28.641
absence
absence
absence
1'28.641 9.764150.391
2360飯田 章
吉本 大樹
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'30.994
1'31.308
*1'28.732
1'29.174
1'28.732 9.855150.237
249阪口 良平
吉田 広樹
GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R
YH11'18.888
no time
1'29.430
*1'29.074
1'29.07410.197149.660
2548高森 博士
田中 勝輝
池上 真
TBN
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'30.216
1'29.755
*1'29.354
1'29.845
1'29.35410.477149.191
2650安岡 秀徒
久保 凜太郎
加納 政樹
ODYSSEY SLS
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
YH1'31.047
*1'29.988
1'30.098
1'29.992
1'29.98811.111148.140
275玉中 哲二
山下 潤一郎
TBN
TOYOTA 86 MC
YH1'31.505
*1'30.364
1'30.890
1'32.812
1'30.36411.487147.523
  • 'R'マークは従来のコーレコード(1'26.532)を非公式に上回りました。

SUPER GT

SGT:公式テスト岡山4回目結果

■GT500クラス

公式テスト岡山 -RIJ- (2016/03/20) Official Testing 4 Weather:Fine Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT500 class 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
112安田 裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS1'19.397--167.901
26大嶋 和也
アンドレア・カルダレッリ
WAKO'S 4CR RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'19.432 0.035 0.035167.827
337ジェームス・ロシター
平川 亮
KeePer TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'19.470 0.073 0.038167.746
438立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'19.794 0.397 0.324167.065
536伊藤 大輔
ニック・キャシディ
TBN
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'19.917 0.520 0.123166.808
639ヘイッキ・コバライネン
平手 晃平
DENSO KOBELCO SARD RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'20.051 0.654 0.134166.529
724佐々木 大樹
柳田 真孝
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH1'20.060 0.663 0.009166.510
81松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'20.436 1.039 0.376165.732
9100山本 尚貴
伊沢 拓也
RAYBRIG NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'20.812 1.415 0.376164.961
1015武藤 英紀
オリバー・ターベイ
ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'20.816 1.419 0.004164.952
118松浦 孝亮
野尻 智紀
ARTA NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'20.974 1.577 0.158164.631
1219関口 雄飛
国本 雄資
WedsSport ADVAN RC F
TOYOTA LEXUS RC F
YH1'21.195 1.798 0.221164.183
1346本山 哲
千代 勝正
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'21.299 1.902 0.104163.972
1417塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'21.368 1.971 0.069163.833
1564中嶋 大祐
ベルトラン・バゲット
Epson NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
DL1'21.530 2.133 0.162163.508

■GT300クラス

公式テスト岡山 -RIJ- (2016/03/20) Official Testing 4 Weather:Fine Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT300 class 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
111平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
GAINER TANAX AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
DL1'27.288--152.722
221リチャード・ライアン
藤井 誠暢
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
DL1'27.363 0.075 0.075152.591
34谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'27.558 0.270 0.195152.251
465黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG-GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'27.612 0.324 0.054152.157
53星野 一樹
ヤン・マーデンボロー
B-MAX NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'27.628 0.340 0.016152.129
651都筑 晶裕
新田 守男
TBN
Ferrari 488 GT3
YH1'27.705 0.417 0.077151.996
72高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'27.844 0.556 0.139151.755
887細川 慎弥
佐藤 公哉
山西 康司
triple aランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'27.878 0.590 0.034151.697
963エイドリアン・ザウグ
横溝 直輝
ケイ・コッツォリーノ
TBN
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'27.963 0.675 0.085151.550
1033山野 直也
ヨルグ・ベルグマイスター
Excellence Porsche
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'28.011 0.723 0.048151.467
110アンドレ・クート
富田 竜一郎
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL1'28.031 0.743 0.020151.433
1255高木 真一
小林 崇志
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS1'28.053 0.765 0.022151.395
13360柴田 優作
田中 篤
清原 章太
RUNUP Group&DOES GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'28.144 0.856 0.091151.239
1488織戸 学
平峰 一貴
青木 孝行
マネパランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'28.326 1.038 0.182150.927
1561井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL1'28.463 1.175 0.137150.694
1618中山 友貴
山田 真之亮
TBN
TOYOTA 86 MC
YH1'28.890 1.602 0.427149.970
179阪口 良平
吉田 広樹
GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'29.074 1.786 0.184149.660
1860飯田 章
吉本 大樹
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'29.174 1.886 0.100149.492
1925土屋 武士
松井 孝允
VivaC 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH1'29.282 1.994 0.108149.311
2022和田 久
城内 政樹
アールキューズSLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
YH1'29.319 2.031 0.037149.249
21111植田 正幸
鶴田 和弥
Rn-sports AMG GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'29.711 2.423 0.392148.597
2248高森 博士
田中 勝輝
池上 真
TBN
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'29.845 2.557 0.134148.376
2350安岡 秀徒
久保 凜太郎
加納 政樹
ODYSSEY SLS
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
YH1'29.992 2.704 0.147148.133
245玉中 哲二
山下 潤一郎
TBN
TOYOTA 86 MC
YH1'32.812 5.524 2.820143.632

SUPER GT

SGT:公式テスト岡山セッション4 両クラストラブル続出で3度の赤旗中断。トップタイムは#12カルソニックGT-R

スーパーGT公式テスト岡山、最後の走行となるセッション4は#12カルソニック IMPUL GT-R(安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組)が1’19.397でトップタイム。
しかし12号車はセッション中盤にアトウッドカーブの立ち上がりでトラブルによりストップしており、今後に課題の残る二日間となったようだ。
GT300クラスは#11GAINER TANAX AMG GT3(平中克幸/ビヨン・ビルドハイム組)が1’27.288でトップだった。
(天候:晴れ コース:ドライ 入場者数:土曜日4,890人/日曜日9,698人/総入場者数14,588人)

大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組(GT500クラス・WAKO'S 4CR RC F)

大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組(GT500クラス・WAKO'S 4CR RC F)

ジェームス・ロシター/平川亮組(GT500クラス・KeePer TOM'S RC F)

ジェームス・ロシター/平川亮組(GT500クラス・KeePer TOM'S RC F)

安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(GT500クラス・カルソニックIMPUL GT-R)

安田裕信/ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ組(GT500クラス・カルソニックIMPUL GT-R)

織戸学/平峰一貴/青木孝行組(GT300クラス・マネパランボルギーニGT3)

織戸学/平峰一貴/青木孝行組(GT300クラス・マネパランボルギーニGT3)

平中克幸/ビヨン・ビルドハイム組(GT300クラス・GAINER TANAX AMG GT3)

平中克幸/ビヨン・ビルドハイム組(GT300クラス・GAINER TANAX AMG GT3)

中山友貴/山田真之亮組(GT300クラス・TBN)

中山友貴/山田真之亮組(GT300クラス・TBN)

ピットウォーク

ピットウォーク

公式テスト二日目の最後の走行となるセッション4は、午後1時30分からのスタート練習に続いて1時45分から行われた。
午前中の走行が始まってすぐにトラブルで止まってしまった#46S Road GT-Rもスタート練習こそ欠席したものの、45分からのテスト走行には最初から参加することができた。

ところが始まって10分あまりで#25VivaC 86 MCがアトウッドカーブで飛び出し、まっすぐクラッシュバリアに突っ込んでしまい、赤旗中断となってしまう。
乗っていた土屋武士は無事だったが、25号車はそのまま走行を終えることになった。

セッションは午後2時15分頃に再開。
それから程なくしてオリベイラが1’19.397を記録して#12カルソニックGT-Rがトップに立った。
するとその20分後、今度は#55ARTA BMW M6からオイル漏れが発生。1コーナー周辺のオイル処理のために2度目の赤旗が出される。
55号車はそのまま回収されて修復作業に入ったが、セッション終盤になって漸くコース復帰を果たした。

開幕前の最初の公式テスト、しかも最後の走行ということもあり、各チーム様々なトライをしていたのだろうか、このセッションではその後もトラブルが相次ぐ。
初日の午後にトップタイムを記録したaprの2台もトラブルからセッション終了を待たずして撤収作業に入り、午後3時過ぎにはトップタイムを記録していた12号車もメカニカルトラブルからアトウッドカーブの先でストップ、3度目の赤旗の原因となってしまった。
しかし12号車は車両回収後直ちに修復作業に着手、30分後には再びコースに姿を現した。

このように3度もの赤旗中断があったため、セッションは当初予定より10分延長され、午後3時55分にチェッカー。
中盤以降はほぼ全チームがロングランに入ったこともあり、タイムの更新は見られず、そのまま12号車がトップタイムとなった。
2位には#6ワコーズRC F、3位には#37KeePer RC Fと昨日から好調な2台がつけ、NSX勢最上位は9位の#100レイブリックNSXと、ホンダ勢にとっては厳しい二日間となったようだ。

GT300クラスは今季新たにメルセデスAMG GT3を投入した#11ゲイナーTANAX AMG GT3が5周目に1’27.288を記録してトップに立ち、そのまま精力的に53周を走り込んだ。
2番手にはこれまた新型のアウディR8を持ち込んだ#21Hitotsuyama Audi R8 LMSが1’27.363で続き、こちらも新型AMG GT3にスイッチした#4グッドスマイル 初音ミク AMGが3番手と、ここではFIA-GT3が上位6台までを占めた。
JAF-GT勢トップは#2シンティアム・アップル・ロータスで7位だった。

スーパーGTはこのあと富士スピードウェイに舞台を移し、3月26-27日に開幕前最後の公式テストを実施する。

Text:Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER GT

SGT:公式テスト岡山セッション3 トップタイムは#37KeePer、GT−R勢はトラブルに泣く

岡山国際サーキットで行われているスーパーGT公式テストは3月20日も引き続いて行われ、午前中の走行では#37KeePer TOM'S RC F(ジェームス・ロシター/平川亮組)がトップタイム。
セッション中盤に平川が1’18.918と昨日の大嶋和也に続いてコースレコードを上回るタイムを記録した。
GT300クラスは今季初登場のランボルギーニ・ウラカンを走らせる#88マネパ ランボルギーニ GT3(織戸学/平峰一貴/青木孝行組)がトップで、こちらも1’26.045と昨年のレコードタイムを上回ってきた。

公式テスト二日目の午前の走行は9時10分に、セーフティーカーの訓練を実施するところから始まった。
ところがこの際、#12カルソニックGT-Rがグリッド上でストップしてしまい、そのままピットに押し戻される結果に。
さらにその直後、#24フォーラムエンジニアリングGT-Rが1周もしないうちに頭からガレージに戻ってくると、ホームストレート上では#46S Road GT-Rがストップと、ニッサンGT-R勢に相次いでメカニカルトラブルが発生する事態となった。
この際、46号車がコース上にオイルを撒いてしまったため、セッションはグリーンフラッグが出てすぐに赤旗中断となってしまった。

セッションは9時33分に再開。
ガレージで修復作業を行っているGT-R勢のうち12号車と24号車は程なくしてコースに復帰したが、46号車のダメージは一番深刻だったようで、結局最後まで走行しないまま午前は終了した。
唯一トラブルを免れた#1モチュールGT-Rだったが、この日のタイムは1’20.576がベストと、12番手タイムに終わっている。
GT-R勢最上位は12号車の5位だった。

思わぬトラブルに出足をくじかれたGT-R勢とは対照的に、今日も好調ぶりを見せたのがレクサス勢だ。
ニック・キャシディの駆る#36トムスが22周めに1’19.424でトップに立つと、昨日の午後にtップタイムを記録した大嶋和也も31周めに1’19.377を記録して#6ワコーズRC Fをトップに押し上げる。更にその10分後、平川が1’18.918とこのセッションのトップタイムを叩き出して見せた。

今季ハイブリッドシステムを外して新たなスタートを切ったNSX勢はこの日もタイムが上がらず下位に沈む。
最上位は#100レイブリックNSXの8位で1’20.026がベスト。
午後の走行でどこまで挽回できるかに注目だ。

GT300クラスは初日こそJAF-GT勢に上位独占を許したが、このセッションでは#88マネパランボルギーニGT3がトップタイムを記録したほか、#11ゲイナーTANAX AMG GT3が3位、#3B-MAX NDDP GT-3が6位とFIA-GT3勢が健闘、ほぼ互角の様相になった。
なお88号車と2番手の#18トヨタ86MCはそれぞれ1’26.045、1’26.526を記録、昨年までのコースレコードである1’26.532をそろって上回っている。

スーパーGT公式テストはこのあと午後1時30分より、岡山県警も参加してのスタート練習に続いて120分間のセッション4が行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER GT

SGT:公式テスト岡山3回目結果

■GT500クラス

公式テスト岡山 -RIJ- (2016/03/20) Official Testing 3 Weather:Fine Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT500 class 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
137ジェームス・ロシター
平川 亮
KeePer TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'18.918--168.920
26大嶋 和也
アンドレア・カルダレッリ
WAKO'S 4CR RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'19.010 0.092 0.092168.723
336伊藤 大輔
ニック・キャシディ
TBN
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'19.424 0.506 0.414167.843
439ヘイッキ・コバライネン
平手 晃平
DENSO KOBELCO SARD RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'19.498 0.580 0.074167.687
512安田 裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS1'19.647 0.729 0.149167.374
638立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'19.650 0.732 0.003167.367
724佐々木 大樹
柳田 真孝
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH1'19.876 0.958 0.226166.894
8100山本 尚貴
伊沢 拓也
RAYBRIG NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'20.026 1.108 0.150166.581
98松浦 孝亮
野尻 智紀
ARTA NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'20.059 1.141 0.033166.512
1019関口 雄飛
国本 雄資
WedsSport ADVAN RC F
TOYOTA LEXUS RC F
YH1'20.400 1.482 0.341165.806
1117塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'20.498 1.580 0.098165.604
121松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'20.576 1.658 0.078165.444
1315武藤 英紀
オリバー・ターベイ
ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'20.952 2.034 0.376164.675
1464中嶋 大祐
ベルトラン・バゲット
Epson NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
DL1'24.832 5.914 3.880157.144
1546本山 哲
千代 勝正
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'30.06811.150 5.236148.008

■GT300クラス

公式テスト岡山 -RIJ- (2016/03/20) Official Testing 3 Weather:Fine Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT300 class 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
188織戸 学
平峰 一貴
青木 孝行
マネパランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'26.045--154.928
218中山 友貴
山田 真之亮
TBN
TOYOTA 86 MC
YH1'26.526 0.481 0.481154.067
311平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
GAINER TANAX AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
DL1'26.834 0.789 0.308153.521
42高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'26.838 0.793 0.004153.513
561井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL1'26.923 0.878 0.085153.363
63星野 一樹
ヤン・マーデンボロー
B-MAX NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'27.024 0.979 0.101153.185
725土屋 武士
松井 孝允
VivaC 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH1'27.151 1.106 0.127152.962
865黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG-GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'27.233 1.188 0.082152.818
921リチャード・ライアン
藤井 誠暢
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
DL1'27.299 1.254 0.066152.703
104谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'27.305 1.260 0.006152.692
1131嵯峨 宏紀
中山 雄一
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BS1'27.352 1.307 0.047152.610
1287細川 慎弥
佐藤 公哉
山西 康司
triple aランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'27.392 1.347 0.040152.540
1351都筑 晶裕
新田 守男
TBN
Ferrari 488 GT3
YH1'27.737 1.692 0.345151.940
140アンドレ・クート
富田 竜一郎
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL1'27.805 1.760 0.068151.823
1533山野 直也
ヨルグ・ベルグマイスター
Excellence Porsche
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'27.942 1.897 0.137151.586
1630永井 宏明
佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'27.976 1.931 0.034151.528
17111植田 正幸
鶴田 和弥
Rn-sports AMG GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'28.076 2.031 0.100151.356
1822和田 久
城内 政樹
アールキューズSLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
YH1'28.143 2.098 0.067151.241
1955高木 真一
小林 崇志
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS1'28.181 2.136 0.038151.175
2063エイドリアン・ザウグ
横溝 直輝
ケイ・コッツォリーノ
TBN
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'28.390 2.345 0.209150.818
2160飯田 章
吉本 大樹
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'28.732 2.687 0.342150.237
2248高森 博士
田中 勝輝
池上 真
TBN
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'29.354 3.309 0.622149.191
239阪口 良平
吉田 広樹
GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'29.430 3.385 0.076149.064
24360柴田 優作
田中 篤
清原 章太
RUNUP Group&DOES GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'29.445 3.400 0.015149.039
2550安岡 秀徒
久保 凜太郎
加納 政樹
ODYSSEY SLS
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
YH1'30.098 4.053 0.653147.959
265玉中 哲二
山下 潤一郎
TBN
TOYOTA 86 MC
YH1'30.890 4.845 0.792146.670

SUPER GT

SGT:公式テスト岡山セッション2 レクサス勢が上位独占!#6大嶋がコースレコードを上回る

岡山国際サーキットで行われているスーパーGT公式テストのセッション2はレクサス勢が1-2-3という結果に。大嶋和也がコースレコードを上回る1’18.877を記録した#6WAKO'S 4CR RC F(大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組)がトップだった。

大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組(GT500クラス・WAKO'S 4CR RC F)

大嶋和也/アンドレア・カルダレッリ組(GT500クラス・WAKO'S 4CR RC F)

伊藤大輔/ニック・キャシディ組(GT500クラス・TBN)

伊藤大輔/ニック・キャシディ組(GT500クラス・TBN)

ジェームス・ロシター/平川亮組(GT500クラス・KeePer TOM'S RC F)

ジェームス・ロシター/平川亮組(GT500クラス・KeePer TOM'S RC F)

高橋一穂/加藤寛規組(GT300クラス・シンティアム・アップル・ロータス)

高橋一穂/加藤寛規組(GT300クラス・シンティアム・アップル・ロータス)

嵯峨宏紀/中山雄一組(GT300クラス・TOYOTA PRIUS apr GT)

嵯峨宏紀/中山雄一組(GT300クラス・TOYOTA PRIUS apr GT)

土屋武士/松井孝允組(GT300クラス・VivaC 86 MC)

土屋武士/松井孝允組(GT300クラス・VivaC 86 MC)

午後の走行は2時から混走110分、各クラス専有走行が10分づつで行われた。
上空からは強い日差しが降り注ぐ完全なドライコンディションとなり、各チーム50〜60周を走り込み、開幕戦に向けての貴重なデータを収集していた。

午前中は#12カルソニックGT-Rがトップタイムを記録していたが、午後に入るとレクサス勢が好タイムを連発、開始早々には平川亮の駆る#37KeePer RC Fが1’19.534といきなり午前のオリベイラのタイムを上回ると、その後も快調にタイムを縮めていった。
そしてセッション中盤には1’19.254を記録した#6ワコーズRC Fがトップに。
メインスポンサーが変わり、カラーリングも一新された6号車は、その後も安定したペースで周回を重ね、最後の専有走行では大嶋が1’18.877と昨年の第1戦で平川が記録した1’19.008を上回ってこの日の走行を締めくくった。
2番手には新人ニック・キャシディを擁する#36トムスRC Fが、3番手には#37KeePer RC F、4番手には#39デンソーサードRC Fがつけ、終わってみればレクサスRC Fが上位を独占する結果となった。
ニッサンGT-R最上位は午前中トップの#12カルソニックの6位、今季からハイブリッドシステムを降ろしたことでその影響に注目が集まるNSX勢では#100レイブリックが5番手と健闘した。

GT300クラスは午前中ノータイムに終わった#31TOYOTA PRIUS apr GT(嵯峨宏紀/中山雄一組)が一転して40周を走り込み、セッション中盤に1’27.521を記録してクラストップに躍り出た。2番手には#25VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝允組)、3番手には#61SUBARU BRZ R&D SPORT(井口卓人/山内英輝組)とJAF-GT勢が1-2-3という結果に。
今季ブランパンGTシリーズに参戦する高星明誠に代わってニッサンGTアカデミー出身のヤン・マーデンボローを迎え入れた#3B-MAX NDDP GT-R(星野一樹/ヤン・マーデンボロー組)がFIA-GT3勢トップの4位につけた。
また、今季GTデビューを果たした山田真之亮の乗るアップガレージwith坂東の#18トヨタ86(中山友貴/山田真之亮組)はクラス9番手、清原章大の加わった#360RUNUP Group&DOES GT-R(柴田優作/田中 篤/清原章太組)は15番手だった。

スーパーGT公式テストは明日も引き続き岡山国際サーキットで午前9時より行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Hiroyuki MINAI

SUPER GT

SGT:公式テスト岡山2回目結果

■GT500クラス

公式テスト岡山 -RIJ- (2016/03/19) Official Testing 2 Weather:Cloudy Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing 500 class 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
16大嶋 和也
アンドレア・カルダレッリ
WAKO'S 4CR RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BSR1'18.877--169.007
236伊藤 大輔
ニック・キャシディ
TBN
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'19.349 0.472 0.472168.002
337ジェームス・ロシター
平川 亮
KeePer TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'19.521 0.644 0.172167.639
439ヘイッキ・コバライネン
平手 晃平
DENSO KOBELCO SARD RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'19.559 0.682 0.038167.559
5100山本 尚貴
伊沢 拓也
RAYBRIG NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'19.736 0.859 0.177167.187
612安田 裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS1'19.782 0.905 0.046167.090
71松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'20.034 1.157 0.252166.564
824佐々木 大樹
柳田 真孝
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH1'20.050 1.173 0.016166.531
938立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS1'20.070 1.193 0.020166.489
1046本山 哲
千代 勝正
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI1'20.326 1.449 0.256165.959
1117塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'20.374 1.497 0.048165.860
1219関口 雄飛
国本 雄資
WedsSport ADVAN RC F
TOYOTA LEXUS RC F
YH1'20.570 1.693 0.196165.456
1315武藤 英紀
オリバー・ターベイ
ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'20.728 1.851 0.158165.132
148松浦 孝亮
野尻 智紀
ARTA NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS1'20.883 2.006 0.155164.816
1564中嶋 大祐
ベルトラン・バゲット
Epson NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
DL1'21.799 2.922 0.916162.970
  • 'R'マークは従来のコーレコード(1'19.008)を非公式に上回りました。

■GT300クラス

公式テスト岡山 -RIJ- (2016/03/19) Official Testing 2 Weather:Cloudy Course:Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Official Testing GT300 class 岡山国際サーキット 3.703km

PosNoDriverCar
Maker Model
TireTimeBehindGapkm/h
131嵯峨 宏紀
中山 雄一
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BS1'27.521--152.315
225土屋 武士
松井 孝允
VivaC 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH1'27.613 0.092 0.092152.156
361井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL1'27.621 0.100 0.008152.142
43星野 一樹
ヤン・マーデンボロー
B-MAX NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'27.647 0.126 0.026152.096
555高木 真一
小林 崇志
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS1'27.654 0.133 0.007152.084
60アンドレ・クート
富田 竜一郎
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL1'27.790 0.269 0.136151.849
765黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG-GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'27.797 0.276 0.007151.837
84谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'27.869 0.348 0.072151.712
918中山 友貴
山田 真之亮
TBN
TOYOTA 86 MC
YH1'27.891 0.370 0.022151.674
1030永井 宏明
佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH1'27.909 0.388 0.018151.643
1188織戸 学
平峰 一貴
青木 孝行
マネパランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'28.051 0.530 0.142151.399
122高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH1'28.117 0.596 0.066151.285
1351都筑 晶裕
新田 守男
TBN
Ferrari 488 GT3
YH1'28.131 0.610 0.014151.261
1463エイドリアン・ザウグ
横溝 直輝
峰尾 恭輔
TBN
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'28.387 0.866 0.256150.823
15360柴田 優作
田中 篤
清原 章太
RUNUP Group&DOES GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'28.922 1.401 0.535149.916
1621リチャード・ライアン
藤井 誠暢
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
DL1'28.957 1.436 0.035149.857
1733山野 直也
ヨルグ・ベルグマイスター
Excellence Porsche
PORSCHE 911 GT3 R
YH1'29.160 1.639 0.203149.515
1848高森 博士
田中 勝輝
池上 真
TBN
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH1'29.755 2.234 0.595148.524
19111植田 正幸
鶴田 和弥
Rn-sports AMG GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH1'29.770 2.249 0.015148.499
2087細川 慎弥
佐藤 公哉
山西 康司
triple aランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH1'29.826 2.305 0.056148.407
2111平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
GAINER TANAX AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
DL1'29.906 2.385 0.080148.275
2250安岡 秀徒
久保 凜太郎
加納 政樹
ODYSSEY SLS
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
YH1'29.988 2.467 0.082148.140
235玉中 哲二
山下 潤一郎
TBN
TOYOTA 86 MC
YH1'30.364 2.843 0.376147.523
2422和田 久
城内 政樹
アールキューズSLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
YH1'30.419 2.898 0.055147.434
2560飯田 章
吉本 大樹
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH1'31.308 3.787 0.889145.998
-9阪口 良平
吉田 広樹
GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R
YHno time---
-7ヨルグ・ミューラー
荒 聖治
Studie BMW M6
BMW M6 GT3
YHabsence---

SUPER GT

SGT:公式テスト岡山1回目結果

■GT500クラス

公式テスト岡山 -RIJ- (2016/03/19) Official Testing 1 Weather:Cloudy Course:Wet-Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Ofiicial Testing GT500 class 岡山国際サーキット 3.703km

Pos No Driver Car
Maker Model
Tire Time Behind Gap km/h
1 12 安田 裕信
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ
カルソニックIMPUL GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
BS 1'19.776 - - 167.103
2 36 伊藤 大輔
ニック・キャシディ
TBN
TOYOTA LEXUS RC F
BS 1'20.198 0.422 0.422 166.224
3 6 大嶋 和也
アンドレア・カルダレッリ
WAKO'S 4CR RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS 1'20.392 0.616 0.194 165.822
4 39 ヘイッキ・コバライネン
平手 晃平
DENSO KOBELCO SARD RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS 1'20.730 0.954 0.338 165.128
5 37 ジェームス・ロシター
平川 亮
KeePer TOM'S RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS 1'20.744 0.968 0.014 165.100
6 46 本山 哲
千代 勝正
S Road CRAFTSPORTS GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI 1'21.039 1.263 0.295 164.499
7 24 佐々木 大樹
柳田 真孝
フォーラムエンジニアリングADVAN GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
YH 1'21.104 1.328 0.065 164.367
8 17 塚越 広大
小暮 卓史
KEIHIN NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS 1'21.425 1.649 0.321 163.719
9 8 松浦 孝亮
野尻 智紀
ARTA NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS 1'21.706 1.930 0.281 163.156
10 38 立川 祐路
石浦 宏明
ZENT CERUMO RC F
TOYOTA LEXUS RC F
BS 1'21.751 1.975 0.045 163.066
11 1 松田 次生
ロニー・クインタレッリ
MOTUL AUTECH GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT500
MI 1'21.896 2.120 0.145 162.777
12 19 関口 雄飛
国本 雄資
WedsSport ADVAN RC F
TOYOTA LEXUS RC F
YH 1'22.280 2.504 0.384 162.018
13 15 武藤 英紀
オリバー・ターベイ
ドラゴモデューロNSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS 1'23.155 3.379 0.875 160.313
14 64 中嶋 大祐
ベルトラン・バゲット
Epson NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
DL 1'23.345 3.569 0.190 159.947
15 100 山本 尚貴
伊沢 拓也
RAYBRIG NSX CONCEPT-GT
Honda NSX CONCEPT-GT
BS 1'28.485 8.709 5.140 150.656

 

■GT300クラス

公式テスト岡山 -RIJ- (2016/03/19) Official Testing 1 Weather:Cloudy Course:Wet-Dry
2016 AUTOBACS SUPER GT Ofiicial Testing GT300 class 岡山国際サーキット 3.703km

Pos No Driver Car
Maker Model
Tire Time Behind Gap km/h
1 2 高橋 一穂
加藤 寛規
シンティアム・アップル・ロータス
LOTUS EVORA MC
YH 1'27.612 - - 152.157
2 25 土屋 武士
松井 孝允
VivaC 86 MC
TOYOTA 86 MC
YH 1'27.889 0.277 0.277 151.678
3 51 都筑 晶裕
新田 守男
TBN
Ferrari 488 GT3
YH 1'28.414 0.802 0.525 150.777
4 88 織戸 学
平峰 一貴
青木 孝行
マネパランボルギーニGT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH 1'28.600 0.988 0.186 150.460
5 7 ヨルグ・ミューラー
荒 聖治
Studie BMW M6
BMW M6 GT3
YH 1'28.641 1.029 0.041 150.391
6 360 柴田 優作
田中 篤
清原 章太
RUNUP Group&DOES GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH 1'29.102 1.490 0.461 149.613
7 0 アンドレ・クート
富田 竜一郎
GAINER TANAX GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
DL 1'29.348 1.736 0.246 149.201
8 63 エイドリアン・ザウグ
横溝 直輝
峰尾 恭輔
TBN
Lamborghini HURACAN GT3
YH 1'29.405 1.793 0.057 149.106
9 33 山野 直也
ヨルグ・ベルグマイスター
Excellence Porsche
PORSCHE 911 GT3 R
YH 1'29.467 1.855 0.062 149.002
10 55 高木 真一
小林 崇志
ARTA BMW M6 GT3
BMW M6 GT3
BS 1'29.557 1.945 0.090 148.853
11 4 谷口 信輝
片岡 龍也
グッドスマイル初音ミクAMG
Mercedes-Benz AMG GT3
YH 1'29.571 1.959 0.014 148.829
12 11 平中 克幸
ビヨン・ビルドハイム
GAINER TANAX AMG GT3
Mercedes-Benz AMG GT3
DL 1'29.624 2.012 0.053 148.741
13 61 井口 卓人
山内 英輝
SUBARU BRZ R&D SPORT
SUBARU BRZ GT300
DL 1'29.728 2.116 0.104 148.569
14 30 永井 宏明
佐々木 孝太
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
YH 1'30.106 2.494 0.378 147.946
15 48 高森 博士
田中 勝輝
池上 真
TBN
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH 1'30.216 2.604 0.110 147.765
16 3 星野 一樹
ヤン・マーデンボロー
B-MAX NDDP GT-R
NISSAN GT-R NISMO GT3
YH 1'30.245 2.633 0.029 147.718
17 22 和田 久
城内 政樹
アールキューズSLS AMG GT3
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
YH 1'30.373 2.761 0.128 147.509
18 60 飯田 章
吉本 大樹
SYNTIUM LMcorsa RC F GT3
TOYOTA LEXUS RC F GT3
YH 1'30.994 3.382 0.621 146.502
19 50 安岡 秀徒
久保 凜太郎
加納 政樹
ODYSSEY SLS
Mercedes-Benz SLS AMG GT3
YH 1'31.047 3.435 0.053 146.417
20 111 植田 正幸
鶴田 和弥
Rn-sports AMG GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH 1'31.082 3.470 0.035 146.360
21 65 黒澤 治樹
蒲生 尚弥
LEON CVSTOS AMG-GT
Mercedes-Benz AMG GT3
YH 1'31.277 3.665 0.195 146.048
22 5 玉中 哲二
山下 潤一郎
TBN
TOYOTA 86 MC
YH 1'31.505 3.893 0.228 145.684
23 18 中山 友貴
山田 真之亮
TBN
TOYOTA 86 MC
YH 1'34.190 6.578 2.685 141.531
24 87 細川 慎弥
佐藤 公哉
山西 康司
triple aランボルギーニ GT3
Lamborghini HURACAN GT3
YH 1'35.736 8.124 1.546 139.245
25 21 リチャード・ライアン
藤井 誠暢
Hitotsuyama Audi R8 LMS
Audi R8-LMS
DL 1'36.699 9.087 0.963 137.859
26 9 阪口 良平
吉田 広樹
GULF NAC PORSCHE 911
PORSCHE 911 GT3 R
YH 11'18.888 9'51.276 9'42.189 19.636
- 31 嵯峨 宏紀
中山 雄一
TOYOTA PRIUS apr GT
TOYOTA PRIUS
BS absence - - -

 

SUPER GT

SGT:公式テスト岡山セッション1 #12カルソニックGT-Rがトップ!

スーパーGT2016年最初の公式テストが3月19日、岡山国際サーキットで開始された。
この日午前に行われたセッション1では1’19.776を記録した#12カルソニックIMPUL GT-R(ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ/安田裕信組)がトップタイム。
昨年度全日本F3チャンピオンのニック・キャシディを新たに起用した#36トムス RC F(伊藤大輔/ニック・キャシディ組)が1’20.198で2番手につけた。

セッション1は午前9時30分より120分間で行われた。
昨夜から降り続いていた雨は上がり、上空にはわずかながら晴れ間も見えてきていたが、開始時点の路面はまだセミウェットの状態。
このため、開始前にはウェット宣言が出されたものの、セッションが進むにつれて次第に路面コンディションは上向き、それに従ってラップタイムも上がっていった。
GT500クラスは昨年シリーズ参戦した全15台が参加。
その中でも12号車はコースオープンから積極的に周回を重ねて56周を消化、常にタイミングモニターの最上段に位置し続けた。

GT300クラスは昨年に続いてマザーシャシーベースのエヴォーラを走らせる#2シンチアム・アップル・ロータス(高橋一穂/加藤寛規組)が1’27.612でトップ。2番手には#25VivaC 86 MC(土屋武士/松井孝允組)が1’27.889で続き、JAF-GT勢が1-2を占めた。
こちらのクラスはFIA-GT3勢を中心に今年からニューモデルを投入したチームが多く、例年以上に魅力的なラインナップとなっている。
その中の一つ、日本初上陸のフェラーリ488GT3を走らせた#51LM corsa(都筑晶裕/新田守男組)はこのセッションで1’28.414を記録して3番手につけ、好調な滑り出しを見せている。

公式テストはこのあと午後2時よりセッション2が130分間で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

FS125東地域 | FS125西地域 | KF

KART:2016年日本カート選手権の開幕迫る

 もっともシンプルな構造のレーシングマシンと言われるレーシングカート。国内外を問わず、F1やSUPER GT、SUPER FORMULAなどで活躍するドライバーの多くが、そのキャリアをレーシングカートにてスタートさせており、モータースポーツの登竜門とも言われるカテゴリーだ。

 日本国内では、プロのレーシングドライバーを目指す多くの若者達が、日本自動車連盟(JAF)が制定する「日本カート選手権」に参戦しており、レベルの高い見応えあるレースが繰り広げられている。

 日本カート選手権は、「全日本カート選手権」「地方カート選手権」「ジュニアカート選手権」の3つの選手権で構成されており、大まかには以下のような部門分けとなっている。

 全日本カート選手権は、KF部門とFS-125部門の2部門で構成されており、KF部門は1大会2レース制の5大会10戦で競われる国内最高峰のカートレース。FS-125部門は、東西の2地域に分かれそれぞれ5戦を実施したのちに、東西統一競技大会を実施する全6戦で争われる。

 地方選手権は、東地域と西地域の2つに分かれてそれぞれでチャンピオンシップを争う年間5戦のシリーズ戦で、ローカルレースと全日本カート選手権の中間に位置するカテゴリー。FS-125部門とFP-3部門という2つの部門で開催される。

 ジュニア選手権は15歳以下のドライバーたちが、ジュニア日本一を争うシリーズ戦で、東西に分かれてそれぞれ5戦を戦ったのち、東西統一競技会を開催する年間6戦で争われる。年齢別にFP-Jr部門とFP-Jr Cadets部門の2つの部門で開催される。

 日本カート選手権の中でも注目なのは、最高峰クラスである全日本カート選手権のKF部門だ。KF部門は国際カート委員会(CIK-FIA)が制定したレースカテゴリーのひとつで、国際レースにおいてもダイレクトドライブカート(変速装置のないカート)の最高峰に位置している。このKF部門ではドライビング技術はもちろんのこと、マシン、エンジン、タイヤ、チーム力、そのどれかひとつが欠けても決して勝つことができない、とてもハイレベルな戦いが繰り広げられており、レースに関わる全ての人達がその技術とプライドを掛けて争う熾烈な部門になる。

 そんな全日本カート選手権KF部門の2016年シーズンが、3月27日ツインリンクもてぎ北ショートコース(栃木県)にて開幕する。今シーズンは、昨年シリーズチャンピオンを獲得した阪口晴南がFIA-F4へとステップアップする為、ディフェンディングチャンピオン不在での選手権となるが、新チームの参戦や新たにKFへとステップアップしてくるドライバーがおり、昨年惜しくもタイトルを取り逃した者、経験の1年として多くを学んだ者、伸び盛りのルーキーと、それぞれの意地とプライドを懸けた負けられない戦いの行方がどうなるのか非常に楽しみだ。

 今もてぎ大会では全日本カート選手権KF部門の他に、全日本カート選手権FS125部門・東地域、地方カート選手権・東地域、ジュニアカート選手権・東地域が併催で行われる。これらのカテゴリーについても、KF部門同様に今もてぎ大会が開幕戦となる。

 日本カート選手権では、未来の日本のモータースポーツ界を背負って立つであろう若きレーサー達がしのぎを削りながら頂点を目指している。抜きつ抜かれつの激しいバトルを是非その目で見届けて欲しい。

2016年日本カート選手権カレンダー

全日本カート選手権 KF部門

3月26日~27日第1戦・第2戦ツインリンクもてぎ北ショートコース
6月18日~19日第3戦・第4戦フェスティカサーキット瑞浪
7月9日~10日第5戦・第6戦茂原ツインサーキット東コース
9月17日~18日第7戦・第8戦スポーツランドSUGO西コース
10月22日~23日第9戦・第10戦鈴鹿サーキット国際南コース

全日本カート選手権   FS-125部門東地域
地方カート選手権    FS-125部門東地域・FP-3部門東地域
ジュニアカート選手権 FP-Jr部門東地域・FP-Jr Cadets部門東地域

3月26日~27日第1戦ツインリンクもてぎ北ショートコース
5月21日~22日第2戦本庄サーキット
7月9日~10日第3戦茂原ツインサーキット東コース
7月30日~31日第4戦カートソレイユ最上川
9月17日~18日第5戦スポーツランドSUGO西コース

全日本カート選手権 FS-125部門西地域
地方カート選手権 FS-125部門西地域・FP-3部門西地域
ジュニアカート選手権 FP-Jr部門西地域・FP-Jr Cadets部門西地域

4月16日~17日第1戦琵琶湖スポーツランド
5月28日~29日第2戦オートパラダイス御殿場
6月18日~19日第3戦フェスティカサーキット瑞浪
7月23日~24日第4戦神戸スポーツサーキット
8月27日~28日第5戦中山カートウェイ

全日本カート選手権 FS-125部門東西統一競技会
ジュニアカート選手権 FP-Jr部門・FP-Jr Cadets部門東西統一競技会

10月22日~23日東西統一競技会鈴鹿サーキット国際南コース
Text: Hideshi KIKUYAMA

SUPER FORMULA

SF:公式合同テスト鈴鹿2日目 中嶋大祐がトップも0秒1以内に3人が続く

 昨日の雨天から打って変わって翌15日、快晴に恵まれた鈴鹿サーキットで2日目のスーパーフォーミュラ合同テストが行われた。

 午前1回、午後1回のセッションともコースアウト・クラッシュなどで何回か赤旗が提示されたが大きなアクシデントもなく無事終了した。

 トップタイムをマークしてきたのは中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)。自身、マシンとも着実に成長を続けテストとはいえドライ路面で初めてのリーダーとなった。2位には小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)、3位に石浦宏明(P.MU / CERUMO · INGING)、4位にアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)が付けたが上位4人は0秒1以下にひしめく僅差の争いでテストを締めくくった。

 公式合同テストはこの後、岡山国際サーキットに舞台を移し、3月31日、4月1日に開催される。

午前の走行中S字でクラッシュした山本尚貴(TEAM無限 )

午前の走行中S字でクラッシュした山本尚貴(TEAM無限 )

アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)

アンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)

野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

野尻智紀(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

松下信治(HONDA Test Car)

松下信治(HONDA Test Car)

関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

関口雄飛(ITOCHU ENEX TEAM IMPUL)

石浦宏明(P.MU / CERUMO · INGING)

石浦宏明(P.MU / CERUMO · INGING)

中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)

中嶋大祐(NAKAJIMA RACING)

ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

ストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)

ジェームス・ロシター(KONDO RACING)

ジェームス・ロシター(KONDO RACING)

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER FORMULA

第1回公式合同テスト鈴鹿総合結果(3/14-15)

第1回公式合同テスト -RIJ- (2016/03/14-15) Total Testing Weather:Rainy/Fine Course:Wet/Dry
2016 SUPER FORMULA 1st Official Testing 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCarTireSession1
Session2
Session3
TimeBehindkm/h
164中嶋 大祐NAKAJIMA RACINGYH2'01.110
1'37.569
*1'36.706
1'36.706-216.173
28小林 可夢偉SUNOCO Team LeMansYH2'00.226
1'37.567
*1'36.728
1'36.728 0.022216.124
31石浦 宏明 P.MU / CERUMO · INGINGYH2'00.264
1'37.894
*1'36.771
1'36.771 0.065216.028
436アンドレ・ロッテラーVANTELIN TEAM TOM’SYH1'58.761
1'37.360
*1'36.773
1'36.773 0.067216.023
540野尻 智紀DOCOMO TEAM DANDELION RACINGYH2'03.910
1'37.788
*1'36.942
1'36.942 0.236215.646
63ジェームス・ロシターKONDO RACINGYH2'00.264
1'38.067
*1'37.011
1'37.011 0.305215.493
719ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラITOCHU ENEX TEAM IMPULYH2'03.165
1'38.187
*1'37.015
1'37.015 0.309215.484
82国本 雄資P.MU / CERUMO · INGINGYH2'03.238
1'37.664
*1'37.106
1'37.106 0.400215.282
934小暮 卓史DRAGO CORSEYH2'03.675
1'38.281
*1'37.262
1'37.262 0.556214.937
1041ストフェル・バンドーンDOCOMO TEAM DANDELION RACINGYH2'03.848
1'37.708
*1'37.322
1'37.322 0.616214.804
1118中山 雄一KCMGYH2'01.985
1'38.969
*1'37.413
1'37.413 0.707214.604
1237中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’SYH2'00.727
1'37.671
*1'37.446
1'37.446 0.740214.531
1320関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULYH2'03.093
1'37.786
*1'37.490
1'37.490 0.784214.434
1411伊沢 拓也REAL RACINGYH2'03.314
*1'37.655
1'37.784
1'37.655 0.949214.072
1565ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACINGYH2'00.472
1'38.370
*1'37.959
1'37.959 1.253213.408
1616山本 尚貴TEAM無限 YH2'04.967
1'40.822
*1'38.259
1'38.259 1.553212.756
174ウィリアム・ブラーKONDO RACINGYH2'00.513
*1'38.295
1'38.623
1'38.295 1.589212.678
187ナレイン・カーティケヤンSUNOCO Team LeMansYH2'01.998
*1'39.219
absence
1'39.219 2.513210.698
1910塚越 広大REAL RACINGYH*2'01.317
absence
absence
2'01.31724.611172.319

SUPER FORMULA

第1回公式合同テスト鈴鹿走行3回目結果(3/15)

第1回公式合同テスト -RIJ- (2016/03/15) Official Testing 3 Weather:Fine Course:Dry
2016 SUPER FORMULA 1st Official Joint Testing 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCarEngine TimeBehindGapkm/hLap
164中嶋 大祐NAKAJIMA RACINGHONDA HR-414E1'36.706--216.17342/43
28小林 可夢偉SUNOCO Team LeMansTOYOTA RI4A1'36.728 0.022 0.022216.12440/44
31石浦 宏明 P.MU / CERUMO · INGINGTOYOTA RI4A1'36.771 0.065 0.043216.02835/40
436アンドレ・ロッテラーVANTELIN TEAM TOM’STOYOTA RI4A1'36.773 0.067 0.002216.02345/47
540野尻 智紀DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA HR-414E1'36.942 0.236 0.169215.64643/44
63ジェームス・ロシターKONDO RACINGTOYOTA RI4A1'37.011 0.305 0.069215.49339/46
719ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA RI4A1'37.015 0.309 0.004215.48438/47
82国本 雄資P.MU / CERUMO · INGINGTOYOTA RI4A1'37.106 0.400 0.091215.28227/28
934小暮 卓史DRAGO CORSEHONDA HR-414E1'37.262 0.556 0.156214.93737/38
1041ストフェル・バンドーンDOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA HR-414E1'37.322 0.616 0.060214.80434/36
1118中山 雄一KCMGTOYOTA RI4A1'37.413 0.707 0.091214.60443/44
1237中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA RI4A1'37.446 0.740 0.033214.53138/42
1320関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA RI4A1'37.490 0.784 0.044214.43444/45
1411伊沢 拓也REAL RACINGHONDA HR-414E1'37.784 1.078 0.294213.79041/42
1505松下 信治HONDA Test CarHONDA HR-414E1'37.862 1.156 0.078213.6194/30
1665ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACINGHONDA HR-414E1'37.959 1.253 0.097213.4088/19
1716山本 尚貴TEAM無限 HONDA HR-414E1'38.259 1.553 0.300212.75624/26
184ウィリアム・ブラーKONDO RACINGTOYOTA RI4A1'38.623 1.917 0.364211.97122/32
-7ナレイン・カーティケヤンSUNOCO Team LeMansTOYOTA RI4Aabsence----
-10塚越 広大REAL RACINGHONDA HR-414Eabsence----

SUPER FORMULA

SF:第1回公式合同テスト鈴鹿走行2回目結果(3/15)

第1回公式合同テスト -RIJ- (2016/03/15) Official Testing 2 Weather:Fine Course:Dry
2016 SUPER FORMULA 1st Official Joint Testing 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCarEngine TimeBehindGapkm/hLap
136アンドレ・ロッテラーVANTELIN TEAM TOM’STOYOTA RI4A1'37.360--214.72127/29
28小林 可夢偉SUNOCO Team LeMansTOYOTA RI4A1'37.567 0.207 0.207214.26521/32
364中嶋 大祐NAKAJIMA RACINGHONDA HR-414E1'37.569 0.209 0.002214.26123/37
411伊沢 拓也REAL RACINGHONDA HR-414E1'37.655 0.295 0.086214.07236/37
52国本 雄資P.MU / CERUMO · INGINGTOYOTA RI4A1'37.664 0.304 0.009214.05232/33
637中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA RI4A1'37.671 0.311 0.007214.03733/36
741ストフェル・バンドールンDOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA HR-414E1'37.708 0.348 0.037213.95639/40
820関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA RI4A1'37.786 0.426 0.078213.78528/29
940野尻 智紀DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA HR-414E1'37.788 0.428 0.002213.78138/39
101石浦 宏明 P.MU / CERUMO · INGINGTOYOTA RI4A1'37.894 0.534 0.106213.54928/29
113ジェームス・ロシターKONDO RACINGTOYOTA RI4A1'38.067 0.707 0.173213.17321/24
1219ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA RI4A1'38.187 0.827 0.120212.91230/33
1334小暮 卓史DRAGO CORSEHONDA HR-414E1'38.281 0.921 0.094212.70823/28
144ウィリアム・ブラーKONDO RACINGTOYOTA RI4A1'38.295 0.935 0.014212.67832/38
1565ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACINGHONDA HR-414E1'38.370 1.010 0.075212.51630/31
1605松下 信治HONDA Test CarHONDA HR-414E1'38.776 1.416 0.406211.64320/35
1718中山 雄一KCMGTOYOTA RI4A1'38.969 1.609 0.193211.23028/30
187ナレイン・カーティケヤンSUNOCO Team LeMansTOYOTA RI4A1'39.219 1.859 0.250210.69816/29
1916山本 尚貴TEAM無限 HONDA HR-414E1'40.822 3.462 1.603207.3485/5
-10塚越 広大REAL RACINGHONDA HR-414Eabsence-- --

SUPER FORMULA

SF:公式合同テスト鈴鹿1日目 波乱の展開で今シーズンが幕開け

 鈴鹿ファン感謝デーの行われた翌14日、タイヤがブリヂストンからヨコハマに変更、GP2王者のストフェル・バンドーンの参戦などで話題豊富となったスーパーフォーミュラの今季初めての公式合同テストが同地で行われた。

 鈴鹿は早朝から冷たい春雨に見舞われた。午前10時30分からのテストは、開始10分過ぎにストフェル・バンドーン(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が鈴鹿の洗礼を受け逆バンク手前でクラッシュ。赤旗が提示される波乱の展開で始まった。

 その後もスピン、コースアウトするドラバーが続出、何度も赤旗中断となった。そしてテスト終盤には塚越広大(REAL RACING)がバックストレッチでスロー走行をしていた小暮卓史(DRAGO CORSE)に乗り上げマシンが横転する大クラッシュが発生。塚越は自力でマシンを離れ大きなけがはなかったが、このセッションは終了となった。

 トップタイムをマークしたのはただ一人2分を切るタイムをたたき出したアンドレ・ロッテラー(VANTELIN TEAM TOM’S)。2位には小林可夢偉(SUNOCO Team LeMans)が、3位にはディフェンディングチャンピオンの石浦宏明(P.MU / CERUMO · INGING)が付け、実力者がトップ3を占めた。

 午後のセッションは降雨の中、危険と判断され中止。変わってドライバーのサイン会が行われた。

 テストは15日も行われる。

トップタイムのアンドレ ロッテラー

トップタイムのアンドレ ロッテラー

二番手タイムの小林可夢偉

二番手タイムの小林可夢偉

ルーキー、関口雄飛

ルーキー、関口雄飛

ホンダ開発車

ホンダ開発車

ホンダエンジン開発主任佐伯氏と元ホンダF1の新井氏

ホンダエンジン開発主任佐伯氏と元ホンダF1の新井氏

ルーキー、ストフェル・バンドーン

ルーキー、ストフェル・バンドーン

セッション最初にクラッシュしたストフェル・バンドーン

開始直後にクラッシュしたストフェル・バンドーン

クラッシュしたジェーム・ス ロシター

クラッシュしたジェーム・ス ロシター

アクシデントに見舞われた塚越広大

アクシデントに見舞われた塚越広大

午後のテストはキャンセルされた

午後のテストはキャンセルされた

走行中止に伴い急遽実施されたファンサービス

走行中止に伴い急遽実施されたファンサービス

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroyuki MINAMI

SUPER FORMULA

SF:第1回公式合同テスト鈴鹿走行1回目結果(3/14)

第1回公式合同テスト -RIJ- (2016/03/14) Official Testing 1 Weather:Rainy Course:Wet
2016 SUPER FORMULA Official Joint Testing 鈴鹿サーキット 5.807km

PosNoDriverCarEngine TimeBehindGapkm/hLap
136アンドレ・ロッテラーVANTELIN TEAM TOM’STOYOTA RI4A1'58.761--176.0279/11
28小林 可夢偉SUNOCO Team LeMansTOYOTA RI4A2'00.226 1.465 1.465173.8834/6
31石浦 宏明 P.MU / CERUMO · INGINGTOYOTA RI4A2'00.264 1.503 0.038173.8288/15
43ジェームス・ロシターKONDO RACINGTOYOTA RI4A2'00.264 1.503 0.000173.82815/15
565ベルトラン・バゲットNAKAJIMA RACINGHONDA HR-414E2'00.472 1.711 0.208173.5276/18
64ウィリアム・ブラーKONDO RACINGTOYOTA RI4A2'00.513 1.752 0.041173.4689/25
737中嶋 一貴VANTELIN TEAM TOM’STOYOTA RI4A2'00.727 1.966 0.214173.1617/24
864中嶋 大祐NAKAJIMA RACINGHONDA HR-414E2'01.110 2.349 0.383172.6138/13
910塚越 広大REAL RACINGHONDA HR-414E2'01.317 2.556 0.207172.31915/21
1018中山 雄一KCMGTOYOTA RI4A2'01.985 3.224 0.668171.37510/28
117ナレイン・カーティケヤンSUNOCO Team LeMansTOYOTA RI4A2'01.998 3.237 0.013171.3573/4
1220関口 雄飛ITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA RI4A2'03.093 4.332 1.095169.8337/20
1319ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラITOCHU ENEX TEAM IMPULTOYOTA RI4A2'03.165 4.404 0.072169.7336/15
142国本 雄資P.MU / CERUMO · INGINGTOYOTA RI4A2'03.238 4.477 0.073169.6338/20
1511伊沢 拓也REAL RACINGHONDA HR-414E2'03.314 4.553 0.076169.52814/15
1634小暮 卓史DRAGO CORSEHONDA HR-414E2'03.675 4.914 0.361169.03319/25
1741ストフェル・バンドールンDOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA HR-414E2'03.848 5.087 0.173168.7973/7
1840野尻 智紀DOCOMO TEAM DANDELION RACINGHONDA HR-414E2'03.910 5.149 0.062168.7136/15
1916山本 尚貴TEAM無限 HONDA HR-414E2'04.967 6.206 1.057167.2867/19
2005松下 信治HONDA Test CarHONDA HR-414E8'47.9356'49.1746'42.96839.5984/6

SUPER FORMULA

SF:鈴鹿モータースポーツファン感謝デー 中山雄一のコメント「ここで振り出しに戻らないよう、毎回成長していきたい」

スーパーフォーミュラの2016年開催概要発表会の行われた鈴鹿サーキットで、KCMGで3年目のシーズンを迎える中山雄一選手に、今季にかける意気込みを聞いた。

-今季の感触は

sf-suzuka-fan-18d 昨年はQ3進出とポイント獲得を目標に戦ってきましたが、富士でQ3に残れて、最後の鈴鹿でポイントも取れました。鈴鹿もQ2に上がれて、ほとんどQ3進出と換わらないタイムも出ていたので感触はいいです。
シーズン中は箸にも棒にも、という感じでずっと来ていたんですが、菅生、鈴鹿と調子がいいし、昨年のテストもみんなと同じタイムで走れているので、後ちょっとというところだと思うので、そこをしっかり詰められるようにしたいと思います。

-昨年もQ3に残れたことから、課題は決勝ということか

去年も菅生の前まではまっすぐ走らなかったり、ブレーキを踏むと左ばっかロックしちゃって、みたいな根本的なところを直している状況でした。今はだいぶそういうのが少なくなっていて、そういうのがなくなっているので、走り出しからしっかりセッティングを変えるとか、メニューに入っていける状況なので、進歩しているのかなと思います。

-最初は苦労したんですね

そうですね。一年目は問題がクルマなのか、自分なのか、どこまでがクルマの範囲で、どこから自分がやんなきゃいけないのか、その線引きがすごく難しくて、それが二年目になると分かってきました。FCJもF3も3年めに結果が出ているんで、スーパーフォーミュラも同じようにいければいいなと思います。

-FCJもF3も三年目はぶっちぎりだったが、今回も?

そうですね(笑)、さすがにこのクラスになるとだいぶ難しいとは思いますけど、トップドライバーと同じような戦いができれば。そこにいかないと分からない経験がいっぱいあるので、まず今年もQ3に残って、ポイントを獲得するレースを続けていく。そういううちにもっと上で走ることができるような、ヒントをつかむことができるのではないかと思います。

-FCJ、F3ともに2年目の終盤に感触をつかんでシーズンオフのテストで波に乗って、という流れだったが、今その状態にあるのか

そうなりたいな、と思います。ここで振り出しに戻らないように、コースにいるときにはできるだけチームにインフォメーションを残して、データを残して、毎回成長していけるように、頑張っていきたいです。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:鈴鹿モータースポーツファン感謝デー 野尻智紀のコメント「チャンピオンを争う中の一人でいることが最低限の目標です」

スーパーフォーミュラの2016年開催概要発表会の行われた鈴鹿サーキットで、今季GP2チャンピオンのストフェル・バンドーンをチームメイトに迎える野尻智紀選手に、今季にかける意気込みを聞いた。

-バンドーン選手の印象は

sf07_001.jpg GP2って走行時間も短いし、そういう中で結果を残してきた順応性の高さはすごいなと。前に鈴鹿は走ってるんで、雰囲気は分かっててこれぐらい、てのは分かると思うんですけど、朝一の一発目の走行から普通に限界近くで飛び込んで走れるのはすごいなと感じたんで、そういう意味ではすごく速いと思います。
あとはスーパーフォーミュラの車両だったり。タイヤはみんな合わせていかなきゃいけない部分なので、僕もそうですが、彼もドライビングにあってるかどうかが重なってくると思います。でも速さはあると思いますよ。こないだ来てたほかの外人なんかとは全然違うと思うし、F1に乗ってるドライバーと比べても相当なトップレベルのドライバーなんじゃないかと、昨日今日一緒に乗ってみて思うところはありました。

-でも、負けないぞ、と

そうですね。だからといって僕たちが遅いというようなデータではなかったし、厳しい戦いになると思うし、ライバルが増えて楽しくなるのかなと。

-タイヤが変わったことの影響は?

結構違うな、と思いますね。いいところもあるし、そうじゃないところもある。いろんな性能の違いもありますが、ピークのグリップ自体はあると思います。グリップしてる分、そこを超えちゃったときの滑り出しがすごく速いところもあるので、限界を超えたところのコントロールはすごく難しいです。

-グリップがあがったことでフィジカル面への負担は増えたか

あんまり感じませんね。ハンドルとかもちょっと重いかな、という感じですが、だからといって「もう無理」っていう感じでもないので、今のところは。
ロングランをやったらちょっと変わるかもしれませんけど。
まあロングランになると難しそうですね。滑ったり、どれぐらいグリップダウンするのか、まだみんなわかってないんで。

-ピーキーな感じなのか

そうですね、ちょっとピーキー感はあります。難しい。飛び出す人も増えると思うし、スピンも増えるんじゃないかな。予選一発でも結構リスク背負って飛び出したりとか、そういうケースも多々出てきそうな気がします。

-今年の目標は

3年目で、去年は優勝もできなかったので今年はしっかり優勝もして、チャンピオンを本当に争っている中の一人でいたい、というのが最低限の目標ですね。
僕個人のタイトルもそうですし、チームのタイトルもストフェルと一緒に獲れたら最高ですね。

-3年目のホンダエンジンの印象は

よくなってる手ごたえはありますね。あれだけいろんな人が開発をがんばってくれているんで。ただ、もう少しこうしたいっていうのはまだあるし、その辺もしっかり伝えて、トヨタさんに負けないように僕たちもしっかりフィードバックしていかなきゃいけないと思います。

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA

SF:鈴鹿モータースポーツファン感謝デー 関口雄飛のコメント「星野監督からはガンガンいけよといわれてます」

スーパーフォーミュラの2016年開催概要発表会の行われた鈴鹿サーキットで、今季待望のSFデビューを実現させた関口雄飛選手に話を聞いた。

-契約に至るまでの経緯は

sf-suzuka-fan-20d 年末のテストのあと、いったん話が流れたんですが、その後いろんなことがあり、星野監督に評価いただいたことなどもあって2月の末に契約のお話をいただきました。それまでにもちょくちょくお話はしていました。

-契約の決め手になったのはなんだったと思うか

やっぱり速くないと。速くないとこの話は無いわけで。結果は別としてインパクトを、「速い」っていうイメージをテストで残せたのかなと思います。
年末のテストで乗ってなかったらこの話は無かったんで。

-ステップアップまでに長い時間がかかったが、今の率直な心境は

時間がかかったなあと。FCJでチャンピオン獲ったときにフォーミュラニッポンのテストくらいさせてもらえるのかな、と思っていたんですが、そういうのはなかった。今GTAではF4のチャンピオンに1千万の奨学金とステップアップのチャンスを与えるとかやってますけど、そういうシステムがFCJのときにあればよかったなと思いますね。

-F3のチャンピオンを獲った翌年についてはどう思ったか

まあどっちにしてもお金のかかる話なんで。エンジンメーカーさんの後押しがないと難しいと思います。
僕は当時どこのメーカーにも属してなかったんで、それをカバーできるお金も無かったし。

-星野監督からはどのようにいわれているか

ガンガンいけよと。

-自信はあるか

やっぱりこのカテゴリーを長くやってる人たちがいるんで。去年チャンピオン獲った石浦さんにしても、みんな一年目は苦労しているんで、僕も苦労すると思うんですけど、それは分かった上で、自分の中でベストを尽くすと。尽くせると思います。

-開幕戦の目標は

それは勿論優勝ですけど。明日からの合同テストでやっと始まるんで。昨日今日も走りましたが、やっぱりイベント的な感じでしたし。明日あさって走ればシーズンの予想ができると思います。まだほとんど走ってないんで、よくわかんないです。

-今季からタイヤがヨコハマに変わったが、GTでの経験はプラスになると思うか

どうなんでしょうね。まだわかりませんけど、でもやっぱり根本的なところはメーカーによって癖とか特性とかあると思うんで。
ヨコハマさんとはGTで2年やってきて、それは絶対マイナスにはならないと思います。
あとスーパーフォーミュラをやることによってGTもよくなると思います。自分もドライビングに生かせるし、ヨコハマさんもいろいろデータを得るので、GTの結果にもつながるとうれしいです

まとめ: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:スーパーフォーミュラ公式ライブタイミングアプリが新登場!! 開幕戦導入に向けて鋭意開発中

sf-rd7-r2-start1.jpg

今回のシリーズ開催概要の中で触れられていた公式アプリについて、日本レースプロモーションの中野聖二氏にお話を伺った。

今回配信されるのはスマートフォンでの使用を想定した無料のライブタイミングアプリで、iOS版、アンドロイド版の両方に対応する。
各ドライバーのラップタイムや区間タイム、トップとのタイム差などをリアルタイムで表示するもの。
既存のF1やスーパーGTのライブタイミングアプリをイメージしていただければ分かりやすいだろう。
JRPでは将来的に更なる機能充実も進めていきたいという。

導入時期は開幕戦からの運用を目指してプログラムを製作中。
今回の鈴鹿合同テスト、次の岡山合同テストで関係者向けに試験配信を実施し、それを元に調整作業を行って開幕前までに一般公開される予定になっている。

レース観戦をよりいっそう面白くするツールとして今後の動向に注目していきたい。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum

SUPER FORMULA

SF:JRPが2016年開催概要発表会を開催。 公式ライブタイミングアプリの配信が明らかに

2016-jrp-6 2016-jrp-7

日本レースプロモーション(JRP)は3月13日、三重県の鈴鹿サーキットで2016年全日本スーパーフォーミュラ選手権の開催概要発表会を行った。

2016-jrp-1

2016-jrp-2

2016-jrp-3

会の冒頭では同社代表取締役社長の白井裕氏が登壇、概要発表骨子として今シーズン新たに昨年度GP2チャンピオンのストフェル・バンドーンとスーパーGTなどで活躍する関口雄飛が参戦することや、既報のとおりタイヤ供給がヨコハマゴムに変更されること、パワートレインについても後半戦からより大きな出力アップを目指した新バージョンを投入する予定であることなどを明らかにした。

また海外での認知度アップをはかるためにFacebook英語版の「Japanese Formula」の立ち上げや、ニュース報道映像の海外への無償提供、各国TV局との連携を図ることなどを併せて発表。一昨年から取り組んできたスカパーWAKUWAKUジャパンを通じたアジア各国への番組提供も継続するほか、海外でのエキジビジョンマッチ開催の可能性も継続して模索していくとした。

さらにサーキットでのファンの方々への満足度向上のため、新たに「スーパーフォーミュラ公式アプリ」を導入することなども発表された。

2016-jrp-4

2016-jrp-5

なおテレビ放送については例年同様Jスポーツが予選、決勝を生中継するほか、BSフジでダイジェスト番組をレース終了直近の金曜日に初回放送すること、CSフジでもトークショー番組の「スーパーフォーミュラTV」をF1中継の直近時間に編成し、F1ファンに魅力を伝えていくなどの取り組みを続けていく。
また昨年第3戦富士で行ったJスポーツでの朝8時からの終日生中継も引き続き行う予定とのこと。

「スマイルキッズプロジェクト」などの啓蒙活動や、日本赤十字社とのタイアップ協力による社会貢献活動の推進などにも引き続き取り組んでいくという。

最後には参加全チームの監督とドライバーが登壇し、今季への抱負を語った。

この発表会は鈴鹿サーキットモータースポーツファン感謝デーのアトラクションのひとつとしてセッティングされ、レース関係者、報道関係者のほか、多くのレースファンが参加して盛況裏に終了した。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA

SF:鈴鹿ファン感謝デー マシン&ドライバーラインナップ

sf-suzuka-fan-drivers
2016年に参戦するドライバーたち

sf-suzuka-fan-1sf-suzuka-fan-1d
石浦宏明(No.1 P.MU / CERUMO · INGING/TOYOTA RI4A)

sf-suzuka-fan-2sf-suzuka-fan-2d
国本雄資(No.2 P.MU / CERUMO · INGING/TOYOTA RI4A)

sf-suzuka-fan-3sf-suzuka-fan-3d
ジェームス・ロシター(No.3 KONDO RACING/TOYOTA RI4A)

sf-suzuka-fan-4sf-suzuka-fan-4d
ウィリアム・ブラー(No.4 KONDO RACING/TOYOTA RI4A)

sf-suzuka-fan-7sf-suzuka-fan-7d
ナレイン・カーティケヤン(No.7 SUNOCO Team LeMans/TOYOTA RI4A)

sf-suzuka-fan-8sf-suzuka-fan-8d
小林可夢偉(No.8 SUNOCO Team LeMans/TOYOTA RI4A)

sf-suzuka-fan-10sf-suzuka-fan-10d
塚越広大(No.10 REAL RACING/HONDA HR-414E)

sf-suzuka-fan-11sf-suzuka-fan-11d
伊沢拓也(No.11 REAL RACING/HONDA HR-414E)

sf-suzuka-fan-16sf-suzuka-fan-16d
山本尚貴(No.16 TEAM 無限/HONDA HR-414E)

sf-suzuka-fan-18sf-suzuka-fan-18d
中山雄一(No.18 KCMG/TOYOTA RI4A)

sf-suzuka-fan-19sf-suzuka-fan-19d
ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラ(No.19 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/TOYOTA RI4A)

sf-suzuka-fan-20sf-suzuka-fan-20d
関口雄飛(No.20 ITOCHU ENEX TEAM IMPUL/TOYOTA RI4A)

sf-suzuka-fan-34sf-suzuka-fan-34d
小暮卓史(No.34 DRAGO CORSE/HONDA HR-414E)

sf-suzuka-fan-36sf-suzuka-fan-36d
アンドレ・ロッテラー(No.36 VANTELIN TEAM TOM’S/TOYOTA RI4A)

sf-suzuka-fan-37sf-suzuka-fan-37d
中嶋一貴(No.37 VANTELIN TEAM TOM’S/TOYOTA RI4A)

sf-suzuka-fan-40sf-suzuka-fan-40d
野尻智紀(No.40 DOCOMO TEAM DANDELION RACING/HONDA HR-414E)

sf-suzuka-fan-41sf-suzuka-fan-41d
ストフェル・バンドーン(No.41 DOCOMO TEAM DANDELION RACING/HONDA HR-414E)

sf-suzuka-fan-64sf-suzuka-fan-64d
中嶋大祐(No.64 NAKAJIMA RACING/HONDA HR-414E)

sf-suzuka-fan-65sf-suzuka-fan-65d
ベルトラン・バゲット(No.65 NAKAJIMA RACING/HONDA HR-414E)

Photo: Motorsports Forum

SUPER GT | その他

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー 第2戦を制したのは#36関谷。同ポイントでのじゃんけん対決も関谷が制す!!

suzuka-fan-legend-2 suzuka-fan-legend-3

鈴鹿モータースポーツファン感謝デー恒例の「永遠のライバル対決」。
お馴染みの星野一義、中嶋悟の「両選手」に新たに関谷正徳「選手」が加わっての第2戦が3月13日に鈴鹿サーキット東コースを使って行われた。

使用されたのは昨日に引き続いて#12星野車が2008年型ニッサンGT-R(青い車体のしたから何か見慣れたステッカーが透けているがあえてこれ以上は触れない)、#32中嶋車は2013年型ホンダHSV-010、そして#36関谷車が2013年型レクサスSC430。
昨日の結果を踏まえて関谷車はリヤウィングをわずかに寝かせ、ストレート勝負に打って出た。

スタート順は昨日の結果に従い中嶋、星野、関谷の順。
リバースグリッド案は通らなかったようだ。

緊張からか乗り込むのに時間のかかった中嶋に対し、星野はさかんにエンジンを煽り、激しくホイールスピンさせながらローリングに出て行くなど気合十分の様子だ。

オープニングラップを制したのはポールの中嶋。
しかしそのインに星野が並びかけ、さらいその内側から関谷が隙をうかがうという、まさかの3ワイド状態で一斉に1コーナーへ。
ここで星野がトップに立ち、関谷が2番手に浮上。
さらに逆バンクで星野のGT-Rがアウトに膨らむのを見逃さず、関谷がインをついてトップに躍り出た。

その後も接近戦を繰り広げた三人だったが、ストレートスピードに勝る関谷が逃げ切ってこのレースを制した。

これにより二日間のトータルポイントは関谷3Pt、中嶋3Pt、星野2Pt。(各レース1位3Pt、2位1Pt、3位0Ptというルール)
このため関谷、中嶋によるじゃんけんで決着をつけることになった。
その結果、宣言どおり2度続けてパーを出した関谷が中嶋を退け、チャンピオンベルトは関谷が持ち帰ることに。
かくして関谷には来年の参加が義務付けられることになった。
応じなければ罰金と星野は要求。しかしこれはスタンドに詰め掛けた54万の大観衆(星野選手発表)もまた同じ気持ちであるに違いない。

注目の2017年永遠のライバル対決の日程はいずれ鈴鹿サーキットより発表があるものと思われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Katsuhiko KOBAYASHI

SUPER FORMULA | その他

SF:鈴鹿モータースポーツファン感謝デー スーパーフォーミュラオープニングラップは2015王者#1石浦が優勝

鈴鹿モータースポーツファン感謝デーではおなじみとなった全日本スーパーフォーミュラ選手権のデモレース「スーパーフォーミュラ オープニングラップ」が3月13日、鈴鹿サーキットで行われた。
めまぐるしくトップが入れ替わる本番さながらの激しいドッグファイトを制したのは2015年チャンピオンの#1石浦宏明(セルモインギング)。2位の#16山本尚貴(無限)とはわずか0.231秒だった。

二日間通して好天に恵まれた今年のファン感謝デー。
この日もゲートオープン前からたくさんのレースファンが詰めかけ、スーパーフォーミュラやJSB1000の走りを思い思いに楽しんでいた。

そうした中、スーパーフォーミュラオープニングラップは午後1時15分より7周で行われた。
今回のグリッドは前年のランキングをベースにトヨタ、ホンダの2メーカーでフロントローを分け合うよう調整を加えたもの。
ただし、海外でのテストに参加したため今週末の参加が微妙な状況だった#37中嶋一貴(トムス)と#8小林可夢偉(チームルマン)は最後列でスタートに臨むことになった。

ホールショットを奪ったのはポールシッターの石浦。
しかし2周目の1コーナーで山本が石浦のインをついてトップに。
さらに3番手を走っていた#40野尻智紀がこの周の130R手前で石浦のインに飛び込んで2位に浮上すると、3周目の1コーナーでは山本をも抜き去ってトップに立つが、4周目には山本が抜き返す。
二人が接近戦を繰り広げている間に石浦も次第に追いついてきた。

石浦は5周目の130Rで野尻を抜いて2位に浮上すると、6周目の1コーナーで山本のインをついてトップを奪い返し、そのままファイナルラップへ。
1コーナー、スプーン、シケインと果敢に並びかけていく山本だったが、石浦はこれをことごとく退け、そのままトップでチェッカーを受けた。
3位は野尻、4位には#36アンドレ・ロッテラーがつけ、注目のGP2チャンピオン#41ストフェル・バンドーンは13位だった。

全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦は4月23-24日にこの鈴鹿サーキットで行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER FORMULA | その他

SF:鈴鹿モータースポーツファン感謝デー スペシャルテストラン 1'37.736を記録した#34小暮がトップタイム

全日本スーパーフォーミュラ選手権のスペシャルテストランが3月13日、昨日に引き鈴鹿サーキットで行われた。
今回トップタイムを記録したのは#34小暮卓史(ドラゴコルセ)で1'37.736。
トップから1秒以内に8台が入るという相変わらずの接戦となった。

モータースポーツファン感謝デー二日目を迎えた鈴鹿サーキットも朝から好天に恵まれ、ゲートオープン前から多くの観客が詰めかけた。
スーパーフォーミュラのテスト走行は午前8時50分から60分間で行われた。

序盤トップに立ったのは#3ジェームス・ロシター(コンドーレーシング)。しかし開始5分余りで小暮が1'38.519でトップに躍り出ると、ニュータイヤを投入して行われたセッション終盤のタイムアタックでも1'37.736までタイムを縮める好調ぶりをみせた。
2番手には終盤1'37.836を記録した#65ベルトラン・バゲット(ナカジマレーシング)がつけ、ロシター、#19ジョアオ・パオロ・デ・オリベイラとトヨタエンジン勢が3-4位に続く。
注目のGP2チャンピオン、#41ストフェル・バンドーン(ダンデライアン)はこの日も走り出しからトップレベルの速さを見せ、最終的に1'38.979で9番手につけた。

なお、#8小林可夢偉(チームルマン)と#37中嶋一貴(トムス)はヨーロッパでのテストに参加した影響で昨日に続いて出走しなかったが、午後からのオープニングラップと夕方のJRP発表会には参加予定とのことだ。

スーパーフォーミュラオープニングラップは午後1時15分より8周で行われる。

Text:Kazuhisa SUEHIRO

SUPER GT | その他

SGT:鈴鹿モータースポーツファン感謝デー 今年の「永遠のライバル対決」は#32中嶋が先制!独走で第1戦を制す

2016-fan-rival

鈴鹿モータースポーツファン感謝デーではすっかりおなじみとなった「永遠のライバル対決」。
今年は星野一義、中嶋悟の「両選手」に加え、新たに関谷正徳「選手」が参戦、なんとGT500マシンを使っての国内三大メーカーの威信を賭けた戦いとして第1戦が3月12日に鈴鹿サーキット東コースを使って行われた。

使用されたのは#12星野車が2008年型ニッサンGT-R、#32中嶋車は2013年型ホンダHSV-010、そして#36関谷車が2013年型レクサスSC430。
星野だけ4.5Lエンジンで他は3.4Lってちょっとどうなのと思わなくもないラインナップだったが、ローリングスタートが始まってみれば#32中嶋が見事な加速で大外からポールの星野を抜き去り、そのまま独走状態に持ち込んで1日目の戦いを制して見せた。

スタート前は「ローリングスタートは経験無いので」と弱気な発言をしていた中嶋だったが、彼がかつてWECインジャパンやルマン24時間でトムス童夢のグループCカーを駆って活躍していたことはオールドファンには周知の事実である。経験は十分すぎるほどだ。
一方それを聞いた星野選手も「ローリングスタートでは1周目の1コーナーは追い越し禁止だ」などと怪しげな情報を中嶋に吹き込もうとしており、このライバル同士の戦いは今回もスタート前からちょっと感心しない形で始まっていたのだった。
一方、レースでは先輩二人に遠慮してか僅差の3位に終わった関谷選手だったが、レース後には明日のスタートをリバースグリッドでと主張するなど、こちらも一歩も引かない様子。

かくして三人の遺恨試合(?)はスポーティングレギュレーション不明のまま明日に持ち越された。
果たして栄光のチャンピオンベルトを持ち帰るのは誰なのか。
注目の第2戦は明日午後3時10分より同じく東コースにて3周で行われる。

Text & Photo: Kazuhisa SUEHIRO

検索

最新ニュース