Archives

  • [—]2017 (7)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

SUPER FORMULA | SUPER GT | その他

SUZUKA Sound of ENGNE:F1デモレースはベネトン189がトップチェッカー

鈴鹿サーキットで行われている「SUZUKA Sound of ENGINE2016」第1日目のF1デモレースは参加16台中11台が出走して午後3時30分より20分間で行われた。
朝から降っていた雨はF1の走行が始まる頃にはすっかり上がって、上空には青空が広がり始めていた。

この日は葉巻型のクーパー・マセラティT86のほかロータス72C、ティレル006、ウルフWR1といったフォードコスワースDFVの全盛期である1970年代を支えた名車たちと、そのライバルであるフェラーリ312T、そして1980年代〜1990年代に活躍したアルファロメオ179C、ロータス97T、ベネトン189、そして中嶋悟、大祐親子がドライブする2台のティレル019が出走した。ロータス97Tも当初石浦宏明選手が登録されていたが、この日はオーナーの久保田克昭「選手」がドライブすることになった。

トップでチェッカーを受けたのはベネトン189をドライブした吉田広樹選手。
現在はスーパーGTで活躍する吉田選手、このベネトンはギアレシオが鈴鹿に合っておらず、ストレートの途中でアクセルを戻していたと語ったが、久々のフォーミュラカーのドライブを大いに楽しんだようだ。

またデモレースに先立って行われたグリッドウォークではヴェンチュリラルースLC92に当時のままのスーツ、ヘルメットに身を包んだ片山右京「選手」が乗り込み、ファンを大いに喜ばせた。
残念ながらLC92はこの日の走行には加わらなかったが、好天の予想される2日目には参加が大いに期待される1台だ。
このほか鈴鹿サーキットにはF187、F310後期型、2003GAらの3台のフェラーリやミナルディM190が持ち込まれている。

2日目のデモレースは20日午後1時15分より10周(20分間)で行われる。

ssoe-alfaromeo-179c-1 ssoe-benneton-b189-1 ssoe-cooper-t86-1 ssoe-ferrari-f312-t-1 ssoe-ferrari-f2003-1 ssoe-lotus-72c-1 ssoe-lotus-97t-1 ssoe-tyrrell-006-1 ssoe-tyrrell-019-daisuke-1 ssoe-tyrrell-019-satoru-1 ssoe-wolf-wr1-1

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Yoshinori OHNISHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース