Archives

  • [—]2017 (242)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

JSPC | SUZUKA 1000km | その他

SUZUKA Sound of ENGINE:グループCカーデモレース 二日目は#3シルクカットジャガーがトップチェッカー!#55マツダ787Bも快音を響かせる

鈴鹿サーキットで開催されている「SUZUKA Sound of ENGINE2016」最後のメニューとなるグループCカーのデモレースが午後3時40分より10周で行われた。

スタートでトップに立ったのは星野一義「選手」のドライブする#1カルソニック日産R92CP。
ややフライング気味かなと思われるタイミングで一気に後続をぶっちぎって1コーナーに飛び込んだ。
しかしそれを#3シルクカットジャガーXJR-8(ケント・アブラハムソン)が2周目にパス、そのままトップでチェッカーを受けた。
R92CPはレース半ばにピットイン。「血が寄っちゃって」とのこと。一旦はコースに戻った星野選手だったが、今度はスプーン入り口で右リヤタイヤがバーストしたため、結局4周
で走行を終えることになった。

長谷見昌弘「選手」のドライブする#11トミカスカイラインスーパーシルエットもレース開始早々にピットに戻って来たが、こちらは間も無くコースに復帰し、派手なアフターファイヤを披露しつつ7周を走りきり、7位でチェッカーを受けている。

またウェットタイヤを用意していなかったため19日の走行を見合わせた1991年ルマン24時間優勝車の#55マツダ787Bもこの日は寺田陽次朗「選手」のドライビングで4ローターの快音を響かせながら3位でフィニッシュしている。

このほか#023日産NP25、#23シルビアターボCニチラ(マーチ83G)、タイサンスターカードポルシェ962Cなど9台が走行に参加し、この日詰め掛けた19,000人の観衆を魅了してチェッカーを受けた。

Text:Kazuhisa SUEHIRO


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース