Archives

  • [—]2017 (501)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJ日本一決定戦

SFJ:日本一決定戦もてぎ決勝 角田裕毅が優勝し日本一の栄冠を手に

ポールポジションのグリッドに付く名取鉄平(INOKI M2 KK-SⅡ制動屋)

ポールポジションのグリッドに付く名取鉄平(INOKI M2 KK-SⅡ制動屋)

10周の決勝レースがスタートした

10周の決勝レースがスタートした

ウィングを破損した兒島弘訓(小林電工ダイキンWAKO'SコウゲRS)

ウィングを破損した兒島弘訓(小林電工ダイキンWAKO'SコウゲRS)

優勝した角田裕毅(制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ)

優勝した角田裕毅(制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ)

決勝2位の山内飛侑(藤井工務店勝男武士号KK-SⅡ)

決勝2位の山内飛侑(藤井工務店勝男武士号KK-SⅡ)

決勝3位の名取鉄平(INOKI M2 KK-SⅡ制動屋)

決勝3位の名取鉄平(INOKI M2 KK-SⅡ制動屋)

トップでゴールする角田裕毅(制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ)

トップでゴールする角田裕毅(制動屋・ファーストモールディングKKSⅡ)

表彰式

表彰式

 スーパーFJ日本一決定戦は27日、ツインリンクもてぎで最終の決勝を行い、2番グリッドからスタートした角田裕毅(制動屋・ファーストモールディングKKSII)が10周・22分34秒667で優勝。S-FJ日本一の称号を手にした。

 最終レースは午後2時50分から。31台が参加してフォーメーションラップ1周を回りスタートが切られた。

 ポールシッターの名取鉄平(INOKI M2 KK-SII 制動屋)はスタートの蹴り出しが悪く出遅れ、2番グリッドの角田裕毅がホールショットを決める。

 4番グリッドから上位をうかがう兒島弘訓(小林電工ダイキンWAKO’SコウゲRS)は接触によりフロントウイングを破損し、中段以下にポジションをドロップさせてしまう。先月のもてぎ最終戦でも速さを見せていただけに残念だ。

 その後これまで速さを見せ続けた名取鉄平が逆襲するかと思われたが、なかなかペースを上げられず2位のポジションを山内飛侑(藤井工務店 勝男武士号)に明け渡してしまう。その間にトップ角田裕毅はどんどん逃げて終わってみれば2位に6秒754のギャップを築き優勝。S-FJ日本一の称号を手にした。2位には山内飛侑、3位には名取鉄平が入った。

 4位は大原佳祐(自動車工房 MYST KKSII 制動屋)、5位は浦田裕喜(RISEONE-EAGLEKKSIITODA)、6位は伊藤鷹志(スーパーウィンズ花島ED10V)となった。

Text & Photo: Hiroshi ICHIMURA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース