Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Japanese F3

JF3:第9戦富士公式予選 ポールポジションは#22マーデンボロー。Nクラスは今回デビューの#25松井がトップ!

全日本F3選手権第9戦の公式予選が7月16日、静岡県の富士スピードウェイで行われ、#22ヤン・マーデンボロー(B-MAX NDDP F3)が1’51.268で今季4度目のポールポジションを獲得した。
Nクラスは今大会から参加してきた#25松井孝允(サムライサポーターズF306)が総合でも11位という圧倒的な速さでいきなりトップタイムを記録した。

f3-rd9-q-22 f3-rd9-q-23 f3-rd9-q-36 f3-rd9-q-25 f3-rd9-q-78 f3-rd9-q-10

第9戦の公式予選は午前11時30分より10分間で行われた。
スーパーフォーミュラのフリー走行の際に降っていた小雨がいったん収まり、コース上はハーフウェットの状態。
このため周回を重ねるごとにラップタイムは上がっていった。

同じ富士で行われた第3,4戦でも速さをみせつけたB-MAX勢は今回も速く、走り出してすぐにマーデンボローがトップに立つと、セッション終盤には#23千代勝正が1’53.170を記録して2番手に上がってきた。
対するトムス勢は#37山下健太が3位、#37坪井翔が5位という結果に。
この二人に#12牧野任祐(戸田レーシング)が割って入り、4位につけた。
#3三浦愛(EXEDY)も6位と今季最高位を獲得している。

なお、第1~4戦を佐々木大樹、第5~8戦を高星明誠がドライブしてきたB-MAXの21号車を今回は中国人ドライバーのイェ・ホンリーがドライブしており、この予選では7位につけている。
ホンリーはフォーミュラルノー・アジアシリーズなどで活躍してきたドライバーで、今シーズンはGP3の開幕前テストにも参加している。

Nクラスは今季初参戦の松井が終始クラストップのタイムを記録、最終的にはCクラスの#28山口大陸をも上回る1’56.472を記録してデビュー戦をトップからスタートする。
2番手には#78片山義章(プチルマン)がつけた。

第9戦決勝はこのあと午後4時15分より15周で行われる。

Text: Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース