Archives

  • [—]2017 (113)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

F4 JAPANESE CHAMPIONSHIP (FIA-F4)

FIAF4:第6戦もてぎ決勝 タイヤチョイスが分けた明暗!!#60川合がF4初優勝を獲得!!

タイヤチョイスが分けた明暗!!
FIA-F4選手権第6戦の決勝レースが11月12日、栃木県のツインリンクもてぎで行われ、#60川合孝汰(DENSO ル・ボーセF4)が予選11番手から大きくジャンプアップを果たし、F4初勝利をものにした。#62平木湧也(DENSO ル・ボーセFTRS)も3位につけ、ル・ボーセ勢がホームレースで1-3を達成した。

第3戦決勝は午前9時45分より12周で行われた。
この日のもてぎは朝から快晴だったが、前日の雨により路面はまだハーフウェットの状態。先に行われたスーパーGTの公式予選はウェットタイヤが正解という状態。
このためポールポジションの#11大湯都史樹(エヴァ弐号機RT F110)、予選2位の#36宮田莉朋(FTRSスカラシップF4)らはウェットタイヤを選択下が、予選3位の#9阪口晴南(HFDP/SRS/コチラレーシング)以下、後続のドライバーの何人かはスリックタイヤを選択。
これがレース展開を大いに左右する結果となった。

fiaf4-rd6-r-start

fiaf4-rd6-r-9

fiaf4-rd6-r-11

fiaf4-rd6-r-60

fiaf4-rd6-r-4

fiaf4-rd6-r-62

fiaf4-rd6-r-winner

fiaf4-rd6-r-podium-winner

fiaf4-rd6-r-podium

スタートでトップに立ったのは大湯。予選4位の#10大滝拓也(SRS/コチラレーシング)とドッグファイトを展開しながら序盤リードを広げていった。3位に阪口、4位には#16篠原拓朗(Media Do Kageyama F110)が続く。
一方宮田はスタートで出遅れて5位に後退、阪口に仕掛けようとした篠原がヘアピンでコースオフしたことで一つ順位を戻してホームストレートに戻ってくると、続く1コーナーで阪口のインをついて3位に浮上する。
一方阪口は後方にいた#8上村優太(HFDP/SRS/コチラレーシング)のスピンに巻き込まれてコースアウト、序盤でレースを終えることになった。
ここまではウェットタイヤ勢が上位を独占した格好だ。

しかし路面コンディションは急速に回復しており、2周目に入ると予選11位の川合、予選9位の#4河野駿佑(グッドスマイル初音ミクF110)、予選14位の#88川端伸太朗(SUCCEED SPORTS F110)らが次々に宮田をパスしていった。
彼らはいずれもスリックタイヤ装着組だ。

川合はその後も大湯、大滝のトップ争いとの差をぐんぐん詰めていき、5周目のバックストレートで大滝を抜き去って2位に浮上すると、6周目の4コーナーでは早くも大湯を捉えてトップに浮上する。
続いて河野も6周目の90度コーナーで大湯を捉えて2位に上がってきた。

その後方では#70平優弥(Leprix Sport F110)、#50澤田真治(B-MAX RACING F110)、平木湧也らが激しい3位争いを展開、平木がこのバトルを制して3位に浮上した。

結局川合は河野に4.21秒の差をつけて12周を走りきり、デビュー1年目にして見事初優勝をものにした。2位は河野、平木湧也が3位でフィニッシュ。
一方、ウェットタイヤでスタートした大湯は13位、宮田はなんと22位に終わってしまい、ランキング上位5人がノーポイントというまさかの結果となった。

なお、第14戦の決勝グリッドはこのレースで述べストラップ順となるが、序盤にコースアウトした篠原がコース復帰後の6周目に1’58.620を記録してポールポジションを獲得。
2位に平木湧也、3位が河野という結果になり、ウェットタイヤ勢大湯は22位、宮田は27位とここでも大きなハンデを背負う格好となった。

第14戦決勝は明日午前9時55分より12周で行われる。

優勝 #60 川合孝汰(DENSO ル・ボーセ F4)
「コースインする前はウェットにしようと思っていましたが、1周回ってみてドライで行こうと決心しました。SUGOの時にタイヤ選択でミスっちゃったので、今回は自分の意思で決めました。乾くか乾かないかという難しい路面で、最初の数周はポジションキープを心がけて慎重に走りましたが、路面の回復が結構早く、前の方にもウェット勢がいたのでそこから攻めていきました。ハーフウェットの状態に対してクルマのセットも決まっていたので安心して攻めていくことができました。次も7番手スタートですが、路面は完全に乾くと思うし、もともとここはホームコースなので、しっかりとみんなに勝てるように準備したいです。」

2位 #4 河野駿佑(グッドスマイル 初音ミク F110)
「ドライかウェットか悩むとこだったんですけど、気温などを考えたら絶対ドライだと思い、自信を持ってチームに言いました。スタートはよくなかったんですけど、前が潰れてってくれたのはラッキーだったなと思います。その中でドライ勢がトップに立ちましたが、その時に自分が勝てなかったのが残念というか、悔しいです。宮田選手を抜くのに1周半もかかったのがよくなかったかなと思います。今年一度も表彰台がなくて辛いシーズンだったんですけど、チームやグッスマのファンの人たち、応援してくださっている方々が喜んでくれたのが嬉しかったです。でも優勝したかったですね。次は9番手スタートですが、落ち着いて一つずつ順位を上げていければいいなと思います。」

3位 #62 平木湧也(DENSO ル・ボーセ FTRS)
「レコードラインは乾いていたので普通に走る分にはスリックタイヤでよかったんですが、僕は18番手スタートで、抜く時には濡れたところを走らなきゃいけないということでタイヤ選択の難しい状況でした。そこで順位を上げるというより最後の方でいいタイムを出すつもりでスリックを選びました。ただ思ったよりペースがよく、混乱もあったのでうまく順位を上げられました。残り2戦は3レース目でニュータイヤを履いていい状態でレースができるように。また2レース目もしっかり順位を上げて、3レース目に繋げられたらと思います。」

Text:Kazuhisa SUEHIRO
Photo: Motorsports Forum


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース