Archives

  • [—]2019 (35)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJ岡山シリーズ

SFJ:第3戦岡山公式予選 デビューレースの阪口晴南がポールポジション

 スーパーFJ岡山シリーズは26日、岡山国際サーキットで公式予選を行い、阪口晴南(ドラゴコルセKKSⅡ戸田パワー)が1分38秒936でポールポジションを獲得した。

PPの阪口晴南

PPの阪口晴南

予選3位の兒島弘訓

予選2位の片山義章

予選2位の片山義章

予選3位の兒島弘訓

PPの阪口晴南

PPの阪口晴南

 公式予選は夏の太陽がじりじりと照りつける中、午前9時15分より15分間で行われた。

 注目はスーパーフォーミュラ、スーパーGTにも参戦する道上龍率いるドラゴ・コルセから4輪レースデビューを果たした阪口晴南(ドラゴコルセKKSⅡ戸田パワー)。「初レースだがカートも走っていたいので緊張はしなかった」という阪口が3周目に1分40秒208を出すとそのタイムを39秒205、39秒125、39秒033と着実に縮め、最終的には8周目にただ一人39秒を切る1分38秒936をたたき出し「練習ではもっといいタイムが出てたので少し悔しい」と余裕のポールポジションを獲得した。

 2位には片山義章(Team KRS)が、3位には兒島弘訓(OUSFPコウゲレーシングKK-SⅡ)が入った。

 決勝レースは午後1時25分より12周で争われる。「スタートの練習は少ししかしてないけど、抜かれても抜き返すので大丈夫です」という阪口の初レースに注目だ。

Text: Yoshinori OHNISHI
Photo: Hiroyuki MINAMI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース