Archives

  • [—]2019 (1)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

S-FJもてぎシリーズ

SFJ:第1戦もてぎ決勝 武村和希(ル・ボーセフォーミュラアカ デミーPFC)が混戦を制し優勝

sfjm-r1-r-62p

sfjm-r1-r-start

sfjm-r1-r-top-group

sfjm-r1-r-8-5th

sfjm-r1-r-l6-spin

sfjm-r1-r-l6-8

sfjm-r1-r-l7-spin

sfjm-r1-r-10vs8

sfjm-r1-r-finish

sfjm-r1-r-podium

 JAF地方選手権スーパーFJもてぎシリーズ第1戦は15日、ツインリンクもてぎ(1周4.801379km)で第1戦の決勝を行い、武村和希(ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC)が20分50秒833で4番グリッドから混戦を制し優勝を飾った。

 ツインリンクもてぎは朝から止まない冷たい風にさらされながら、午後12時35分よりフォーメーションラップを開始。

 シグナルブラックアウトからスタートするとポールポジションの川合孝汰(ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC)がスタートに失敗し、蹴り出しが遅れてしまい、2番グリッド徳升広平(ZAP SPEED 10VED)と4番グリッドから好ダッシュを決めた武村和希(ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC)にかわされてしまう。

 その後トップ争いが4台、5位争いが4台と二つの集団に分かれて激しいバトルの応酬が数ラップ続く。

 レースが大きく動いたのが6周目の5コーナー。トップ争いの集団にいた山浦聖人(ZAP ミマキエンジニア ED)が痛恨のスピン。レースに復帰出来たものの7番手まで大きくポジションを落としてしまう。

 しかしこれだけに終わらず、次の7周目の同じく5コーナーで2位までポジションを回復していた川合孝汰(ル・ボーセフォーミュラアカデミー PFC)がスピンを喫し、終盤で痛いポジションダウンを喫した。

 これでトップ争いは武村和希(ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC)と徳升広平(ZAP SPEED 10VED)の二人に絞られたが、終盤スピンからポジションを回復した山浦聖人(ZAP ミマキエンジニア ED)と最後尾グリッドから上がって来た飯嶋郁陽(ZAP SPEED・ED)との間でZAP SPEED同士の3位表彰台をかけたバトルが勃発。ファイナルラップまでテールツーノーズ、サイドバイサイドの激しい攻防が続いた。

 10周で争われた決勝は武村和希(ル・ボーセフォーミュラアカデミーPFC)が制し優勝を飾った。2位には徳升広平(ZAP SPEED 10V ED)が入り、3位には激しいバトルを制した山浦聖人(ZAP ミマキエンジニア ED)が入った。

 4位にはわずか0秒334届かなかった飯嶋郁陽(ZAP SPEED・ED)、5位には飛田陽宏(Deep-R・10V関口ED)が入った。

Text & Photo: Hiroshi ICHIMURA


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース