Archives

  • [—]2019 (6)
  • [+]2018 (552)
  • [+]2017 (564)
  • [+]2016 (639)
  • [+]2015 (714)
  • [+]2014 (655)
  • [+]2013 (623)
  • [+]2012 (621)
  • [+]2011 (484)
  • [+]2010 (554)
  • [+]2009 (522)
  • [+]2008 (467)
  • [+]2007 (596)
  • [+]2006 (530)
  • [+]2005 (460)
  • [+]2004 (304)
  • [+]2003 (454)
  • [+]2002 (454)
  • [+]2001 (217)
  • [+]2000 (408)
  • [+]1999 (376)
  • [+]1998 (465)
  • [+]1997 (424)
  • [+]1996 (1)
  • [+]1995 (425)
  • [+]1994 (411)
  • [+]1993 (423)
  • [+]1992 (519)
  • [+]1991 (423)
  • [+]1990 (250)
  • [+]1970 (1)

ニュース内検索

Super Car Race Series

SCR:第3戦もてぎ カテゴリーⅠはシュ・ウェイ/横溝直輝が、カテゴリーⅡは上野嘉三/影山正美組が優勝

■SCRシリーズ2015年第3戦レースリポート

2015スーパーカーレースシリーズ第3戦、第4戦がツインリンクもてぎを舞台に開幕!

 4月に富士スピードウェイで開幕した2015スーパーカーレースシリーズは、新緑かおる栃木県のツインリンクもてぎに舞台を移し第2ラウンドが行われ5月9日、公式予選に続いて第3戦の決勝が行われた。

scr_tmr3st001
ツインリンクもてぎで第3戦がスタート

カテゴリーⅠに横溝直輝、カテゴリーⅡに影山正美、新たに2人のプラチナドライバーが参戦

 今回カテゴリーⅠのディレクションチームから横溝直輝がフェラーリ458Italia GT3で参戦。横溝はスーパーGT のGT300クラスで活躍する国内トップドライバー。その横溝の教え子でもある中国のジェントルマン、シュ・ウェイが今回の相棒だ。公式予選では横溝が本領発揮! Bドライバー予選で佐々木孝太(フェラーリ458Italia GT3)に0秒872の差をつける1分51秒509を記録してPP(ポール・ポジション)を獲得。これは今年3月ツインリンクもてぎで行われたスーパー耐久開幕戦、同じGT3車両で争われるST-Xクラスのレコードを破る速さだった。ジェントルマンによるAドライバー予選は、佐々木とともに第2戦で優勝を飾ったアゲアゲレーシングのNAORYUが貫禄のPPゲットとなった。

scr_tmr3c177001
Bドライバー予選でPPを獲得した横溝直輝
scr_tmr3c170001
Aドライバー予選でPPを獲得したNAORYU

第3戦決勝はディレクションレーシング458GT3がシュ・ウェイ、横溝直輝とつないで逆転の初優勝!!カテゴリーⅡは上野嘉三/影山正美組が優勝!

 第3戦決勝はAドライバーのジェントルマンがスタートを務め、カテゴリーⅠはPPのNAORYU(フェラーリ458Italia GT3)がトップをキープ。これをシュ(フェラーリ458Italia GT3)が追う展開。両者の差は少しずつ開き始め、9秒以上のマージンを築いた11周終了でNAORYUがピットイン。佐々木孝太に交代。続いてシュもピットインして横溝直輝にバトンタッチ。ここから横溝の猛追が始まった。逃げる佐々木との差を1周1秒以上も縮める快走。50分レースも残り14分を切った18周目。90度コーナーでインをついてついに横溝がトップ浮上。そのまま残り周回を走り切って横溝、シュともに初優勝を飾った。

 カテゴリーⅡはPPの上野嘉三(ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4)がスタート直後の第3コーナーで舩井俊仁(フェラーリ458チャレンジ)に抜かれたものの、舩井がスタート前に作業違反があったとしてドライブスルーペナルティ。これで上野が再びトップ。あとは影山正美が落ち着いて走るだけでよかった。影山は初、上野は開幕戦以来の2勝目を飾った。

scr_tmr3c252001
カテゴリーⅡでPPから優勝を飾った
上野嘉三/影山正美組ランボルギーニ
scr_tmr3c2winpo001
表彰式でトロフィーを掲げる
上野嘉三(左)と影山正美
scr_tmr3c1po001
SCRレースクィーンに囲まれカップを
掲げるカテゴリーⅠの表彰式。
左から佐々木孝太、NAORYU、
シュ・ウェイ、横溝直輝の各選手
scr_tmr3c1001
レース終了後SCRラウンジで表彰式が行われた
(カテゴリーⅠ)
scr_tmr3c2po001
レース終了後SCRラウンジで表彰式が行われた
(カテゴリーⅡ)

■ドライバーコメント

カテゴリーⅠ優勝:横溝直輝「クルマはすごく良かったし、シュ選手も速かった。NAORYU選手も速かったけど、それにくらいついてくれたので自分もレースを作ることができました。20秒くらい離されると思っていたので、それが勝因ですね」
優勝:シュ・ウェイ「すごく楽しかったし、本当にいいレースができた。いっぱい勉強できましたよ(笑)。これで自分もレベルアップできたと思うし、明日も頑張ります」
2位:佐々木孝太「厳しいのは分かっていた。明日はこのギャップをなんとか埋めて勝てるよう頑張ります」
2位:NAORYU「無線でもう少し(2位との)ギャップがほしいと言われてプッシュしたけど、シュ選手が思った以上に速くてきつかった。明日は勝てるよう頑張ります」

カテゴリーⅡ優勝 影山正美「上野君が12秒まで2位を離してくれて、あとはタイヤを温存しながら走りました。上野君がトップで帰ってきてくれたのが今日の勝因です」
優勝:上野嘉三「スタートで抜かれてしまったけど、無理はしなかった。今日は勝てる感触があった。トップで影山さんにバトンを渡せたので、あとは安心して見ていました」

 第4戦は10日午後2時スタート(50分レース)。カテゴリーⅠは横溝直輝/シュ・ウェイ組(フェラーリ458Italia GT3)が、カテゴリーⅡはJ.TAD/吉田広樹組(ランボルギーニ・ガヤルドLP570-4)がPPからスタートする。

「Kids Traffic Safety School Projects」開催。パドックに多くの家族連れが訪れ初夏の一日を満喫

 ツインリンクもてぎのパドックで「Kids Traffic Safety School Projects」が行われ、多くの家族連れが楽しんだ。今シーズンSCR全戦で開催される全く新しいイベントで、信号機や横断歩道、道路標識などミチュア交差点を設置し、子供たちが自ら電気自動車を運転して、楽しみながら交通ルールを学ぶことができるもの。子供たちはすぐに交通ルールを覚え、ドライブを楽しんでいた。

scr_tm_kids001
走行が終わって笑顔で免許証を手にする子供たち
scr_tm_kids003
多くの子供たちがイベントを楽しんだ
Text: Hideyasu USUI
Photo: Eiji TAKEUCHI


トラックバック

このエントリーのトラックバックURL:

検索

最新ニュース